塾・予備校

ある日の教室

書家詩人である作者が、書道教室での子ども達の様子や、日々の生き方のヒントをお届けします。

全て表示する >

ある日の教室

2013/02/06

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

【ある日の教室】作者:荒木崇 Vol.526
(合資会社マネジメント・ブレイン・アソシエイツ)

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

「海外の日本人」(後編)

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

○前回のあらすじ

海外の事件・事故における報道と
スポーツ報道における日本人選手の報道について論じています。
その続きです。

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

野球にせよ、サッカーにせよ、その活躍を報道するなら、
一連の流れの中でどうあったのかということまで伝えてほしいのです。

海外の「日本人」ということだけで、
何か歪んだ報道がされているような気がしてなりません。


しかし、です。

(自分で書いときながらですが)
やはりスポーツと事件・事故は違うのだと感じます。


海外で事件・事故が起こった際、
多くの日本人が見る日本人向けの報道において、
例えば「日本人の安否」を真っ先に伝えることは
そんなにおかしなことではないと思います。


「その場にいたのは『日本人』ばかりではない。
『日本人』のことばかり言うのはいかがなものか」
という気持ちも理解できますが、僕はやはり日本人のことが気になります。

僕は日本人であり、日本人が他の外国の方々より
も最上級に身近な存在ですから。


考えてみれば、「国内」の事件・事故でも同様です。

先の大震災の際、私が真っ先に思ったのは学生時代の友人のことでした。
「アイツは無事なのかなぁ」と。


彼の安全を願いながら、そうして僕は、
被害の甚大さに慄き、哀しみ、無力感を覚えたのでした。


さてさて、海外の日本人に関する報道。いろんな考えがありそうですね。
僕は日本人優先であることにそんなに違和感は覚えません。



〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
     ◇◇◇ Global Thinking and Local Acting ◇◇◇
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★☆★☆ ある日の教室 ☆★☆★
発行:合資会社マネジメント・ブレイン・アソシエイツ(MBA)
作者:荒木崇
編集・管理:MBAメルマガ管理部
URL:   http://www.management-brain.co.jp/
お問い合せ・ご意見・ご感想: mailto:mailadm@management-brain.co.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■□解除の方法□■ 
解除は以下のサイトよりお願いします。
まぐまぐ  :http://www.mag2.com/(0000102025)
Melma    :http://melma.com/contents/taikai/(ID 00077243)
メルモ :http://merumo.ne.jp/reader/main_nf.html(ID 00119783)
めろんぱん :http://www.melonpan.net/index.html(ID 003727)
旧ミニまぐ :http://www.mag2.com/(M0039651)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2002-10-30  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: 100 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。