塾・予備校

ある日の教室

書家詩人である作者が、書道教室での子ども達の様子や、日々の生き方のヒントをお届けします。

全て表示する >

ある日の教室

2010/12/15

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
【ある日の教室】作者:荒木崇 Vol.417
   (合資会社マネジメント・ブレイン・アソシエイツ)
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

「何度言っても」(後編)

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

○前回のあらすじ

僕には、嫁に何度注意されても直らないことがあります。

「仕事部屋の扉を開けっ放しにしない」
「パンツを裏返しに脱がない」

この二つです。

何度注意されても、どうしてこうも抜けてしまうのか、自分なりの答えを
探してみました。今回は、「パンツを裏返しに脱がない」です。

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

「パンツを裏返しに脱がない」。


風呂に入るときに下着を脱いで、洗濯物籠に入れる。そのときに、裏返って
しまうということらしい。


「らしい」というのは、自分ではよく分からないから。僕はちゃんと、裏返
しにならないように脱いでいるつもりだ。


もっとも、結果が伴っていないので、「ちゃんと脱いでるよ!」と主張して
も空しくはあるのだが。


結論から言うと「パンツなんて裏返しになってようが、そんなもん、どうで
もいいんじゃぁ」である。


裏返しなら、履くときに表にひっくり返せばそれでいいじゃないか。
もし、裏返しのまま履いたとしても、気持ち悪いのは僕である。
ヨメさんには何の影響もない。むしろ、その裏返しが、脱ぐときにさらに裏
返って、表に戻ってメデタシだ。


なぜ、ヨメがこんなことにこだわるのか。


ありがたいことに、彼女は僕の汚れた衣服を洗濯し、おまけに畳んでくれる。
畳むときに「裏返し」がバレてしまうのだが、彼女は、裏返しのまま畳むの
が嫌なのだ。


「もう!裏返しのまま畳むよ!!」という脅しはもはや通用しない。
なぜなら、「いいよ、裏返しのままで」と前に答えたからだ。
だって、別に裏返しでいいんだもん。


「畳まないよ!」という脅しも通用しない。「いいよ、畳まなくて」とやは
り、答えたことがあるからだ。
キレイならば畳んでなくても一向に僕は構わない。


だから、ヨメはプリプリしながら「また裏返しぃ!」と強い口調で言うにと
どめている。
一応、それには「ゴメンねぇ」と答えるようにしている。


何度言っても直らない、原因その2。
『だって、僕は気にしないんだもん』。


言っても直らない。それは、言ってる本人だけが気にしているだけの可能性
が高いように思う。
言われた本人は「また言ってるよ」ぐらいにしか感じていない、のかも・・・。

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
     ◇◇◇ Global Thinking and Local Acting ◇◇◇
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★☆★☆ ある日の教室〜塾講師から見た子供の世界 ☆★☆★
発行:合資会社マネジメント・ブレイン・アソシエイツ(MBA)
作者:荒木崇
編集・管理:MBAメルマガ管理部
URL:   http://www.management-brain.co.jp/
お問い合せ・ご意見・ご感想: mailto:mailadm@management-brain.co.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■□解除の方法□■ 
解除は以下のサイトよりお願いします。
まぐまぐ  :http://www.mag2.com/(0000102025)
E-Magazine :http://www.emaga.com/(コード aruhi)
Melma    :http://melma.com/contents/taikai/(ID 00077243)
メルモ     :http://merumo.ne.jp/reader/main_nf.html(ID 00119783)
めろんぱん :http://www.melonpan.net/index.html(ID 003727)
旧ミニまぐ :http://www.mag2.com/(M0039651)

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2002-10-30  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: 100 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。