塾・予備校

ある日の教室

書家詩人である作者が、書道教室での子ども達の様子や、日々の生き方のヒントをお届けします。

全て表示する >

ある日の教室

2010/08/11

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
【ある日の教室】〜塾講師から見た子供の世界 Vol.399
   作者:荒木崇
(合資会社マネジメント・ブレイン・アソシエイツ)
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

「生きる意味についての考察」

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

「何のために生まれてきたのか、自分が生まれたことにどんな意味があるの
か、生きる意味とは何なのか」。


私の知り合いで、この問いに対する答えが見つからず、非常に悩んでいる女
性がいる。
これは本人にとって、非常に大きな重要な問題であり、悩みである。


彼女はとても真面目で思いやりがある優しい人間で、不真面目でいい加減に
生きている僕とは真逆の存在だ。


だから、僕の意見なんて、とるに足らないものではあるが、しかし、失礼や
暴論を承知で言わせてもらえば、私は、そんなもの、いくら問うても意味の
ない、くだらないものだと考えている。


「自分が生まれた意味は何のか」。


この問いかけ、そもそも出発点がおかしくはないのか。
これは、「生まれたことには必ず『意味』がある」という前提の問いかけだ
からだ。
「人が生まれるからには、何かしら意味が必ずあるのですが、その意味の中
身は人それぞれ違います。あなたの場合は何ですか?」という問いである。


僕の考えは全く違う。「生まれたことに意味はない」と思っている。
両親が結婚し、たまたま僕がこの世に生まれた。
「両親が、子供が欲しかったから」か「種の保存」以上の意味はない。
僕という存在は必然ではなく偶然なのだ。
僕が死んでも世界は回る。きっと、みんなたくましく生きていく。


「自分が生まれた意味は何のか」。


この問いかけに悩む人が多いのは、答えがないにかかわらず、一生懸命、真
面目に答えを考えるからではないか。
ないものを捜し求めるから苦しいのだ。
「生まれた意味なんてない」と考えれば、悩まずにすむ。


ふざけんな、馬鹿なこというな、という批判の声が聞こえてきそうだが、
「ふざけた馬鹿なこと」を言っている自覚は一応ある。


そして、言いたいことは続く。


「自分が生まれた意味などない」。だから「生きていてもしょうがない」
のではない。ここは声を大にして強く強く言いたい。


「自分が生まれたことに意味などない」。だから「自由に生きればよい」。
生きる意味になんかに囚われず、自分が好きなように生きればよい。
意味なんてないんだから、後付けで生きればいい。
生きたいように生きればいい(もちろん、「何をやってもいい」というのと
は違うよ)。


人生の意味なんて与えられたものを捜すんじゃない。
優先されるべきは自分の意志だ。
意味じゃなくって意志なのだ!捜すんじゃなくって創るのだ!


取るに足らない人間の、たわごとだと思って受け止めてもらえれば幸いな今
日のメルマガである。
最近、何のメルマガだか分からなくなることが自分でも多いけど、言いたかっ
たことを書いて、ちょっとスッキリしている。

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
    ◇◇◇ Global Thinking and Local Acting ◇◇◇
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★☆★☆ ある日の教室〜塾講師から見た子供の世界 ☆★☆★
発行:合資会社マネジメント・ブレイン・アソシエイツ(MBA)
作者:荒木崇
編集・管理:MBAメルマガ管理部
URL:   http://www.management-brain.co.jp/
お問い合せ・ご意見・ご感想: mailto:mailadm@management-brain.co.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■□解除の方法□■ 
解除は以下のサイトよりお願いします。
まぐまぐ  :http://www.mag2.com/(0000102025)
E-Magazine :http://www.emaga.com/(コード aruhi)
Melma    :http://melma.com/contents/taikai/(ID 00077243)
メルモ     :http://merumo.ne.jp/reader/main_nf.html(ID 00119783)
めろんぱん :http://www.melonpan.net/index.html(ID 003727)
旧ミニまぐ :http://www.mag2.com/(M0039651)

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2002-10-30  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: 100 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。