塾・予備校

ある日の教室

書家詩人である作者が、書道教室での子ども達の様子や、日々の生き方のヒントをお届けします。

全て表示する >

ある日の教室

2010/05/19

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「あの塾の○○先生の下で勉強したい!」
「あの塾の○○先生になら勉強も学校のことも相談できる!」
そんな学習塾の先生を育てるセミナーのご紹介です
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「人を大切にする塾は成長します」というキャッチフレーズのもと
弊社シニアコーチ・心理カウンセラーの井上郁夫が、新人・中堅社員向けの
塾人プロ養成セミナーを担当してから5年ほどが経ちます。

塾人として一人前になるとはどういうことなのでしょう?

このセミナーでは、それが授業であれ、
生徒や保護者とのコミュニケーションであれ、

「あの塾の○○先生の下で勉強したい!」
「あの塾の○○先生になら勉強も学校のことも相談できる!」
「あの塾の○○先生に子どもを預けておけば安心」
「あの塾の○○先生の授業は分かりやすい」

と、生徒や保護者に自然と言わせられることのできる塾人であると考えます。

つまり、顧客の満足度を高め、プラスの口コミを発生させ、
学習塾の集客に寄与できて、はじめて一人前の塾人であるということです。

昨年から加わった英語指導コンサルタント浅井正美と井上がタッグを組み
開催する塾人プロ養成セミナーがもうすぐスタートします。

今年は、どんな人材がこのセミナーから輩出されるのか楽しみでなりません。

若者の教育への夢が、このセミナーではっきりしたカタチを与えられるはず
です。

「塾人スキルアップセミナー」(全7回)

初回のスタートは5月19日(水)より
会場●東京都産業貿易会館 浜松町館
  ●東京都品川区大井町「きゅりあん」


「生徒・保護者対応セミナー」(全7回)

初回のスタートは5月21日(金)より
会場●東京都品川区大井町「きゅりあん」

各セミナーとも単発でも受講も可能です。

セミナーの詳細は、
http://www.management-brain.com/pro/
からご確認いただければ幸いです。


皆様のご参加をスタッフ一同、心からお待ちしております。

■ お問合せ先■
(資)マネジメント・ブレイン・アソシエイツ
045-651-6922
mailadm@management-brain.co.jp


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
    【ある日の教室】〜塾講師から見た子供の世界 Vol.387
   作者:荒木崇
    (合資会社マネジメント・ブレイン・アソシエイツ)
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

「教科書の思い出」(前編)

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

新学習指導要領の実施に伴い、教科書も厚くなるらしい。
2004年の検定で合格した現在の教科書よりも、全体で25%も増加になるとの
ニュースを少し前に見た。

思えば、義務教育が始まり、高校を卒業するまで、たくさんの教科書に接し
てきた。量にするとものすごいものになるはずだ。

塾で国語を教えていたとき、生徒たちが宮沢賢治の「やまなし」の一節をよ
く口にしていたのを覚えている。
『クラムボン』という謎の生物の音の響きと、『死んだ』、『殺された』と
いう部分は頭から離れないのもよく分かる。

インターネットで「国語 教科書 思い出」などで検索したら、結構な数の掲
示板などがヒットした。それぞれが思い出の作品を紹介している。
「大造じいさんとガン」、「ゴンぎつね」、「山月記」など、懐かしい名前
がたくさん挙がっていた。

あなたにも忘れられない国語の教科書に載った文学作品があるだろうか。

国語なんてキライな教科だったのに、それでもやはり僕にも心に残っている
作品がある。

まず「注文の多い料理店」。

『料理はもうすぐできます。十五分とお待たせはいたしません。すぐたべら
れます』。

今思えば、結構ブラックな作品だ。

次に、中2で習った漢文。廣瀬淡窓の「桂林荘雑詠諸生に示す」。

道(い)うを休(や)めよ 他郷苦辛(くしん)多しと同袍(どうほう)
友有り 自(おのづか)ら相(あい)親しむ柴扉(さいひ)暁に出づれば
霜 雪の如し君は川流(せんりう)を汲め 我は薪(たきぎ)を拾わん

この漢詩の詳しい意味はよく覚えていない。確か、「一緒に頑張ろうぜ」的
な内容だったと思う。

どうして、心に残っているのか。それは、最後の一節の音の響きがとっても
カッコイイと思ったからだ。

「きみはせんりゅうをくめ われはたきぎをひろわん」。
「われ」という言い方に「ひろわん」という勇ましさ。
これが心に響いた。「あぁ、かっこいいな」と。『俺は薪を拾うぜ』ってだ
けの意味なのに・・・。

ただ、一番印象に残っているのは高校生のときに習った作品だ。それは僕の
甘酸っぱい思い出と結びついて忘れられないものとなっている。

○後編に続く。

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
    ◇◇◇ Global Thinking and Local Acting ◇◇◇
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★☆★☆ ある日の教室〜塾講師から見た子供の世界 ☆★☆★
発行:合資会社マネジメント・ブレイン・アソシエイツ(MBA)
作者:荒木崇
編集・管理:MBAメルマガ管理部
URL:   http://www.management-brain.co.jp/
お問い合せ・ご意見・ご感想: mailto:mailadm@management-brain.co.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■□解除の方法□■ 
解除は以下のサイトよりお願いします。
まぐまぐ  :http://www.mag2.com/(0000102025)
E-Magazine :http://www.emaga.com/(コード aruhi)
Melma    :http://melma.com/contents/taikai/(ID 00077243)
メルモ :http://merumo.ne.jp/reader/main_nf.html(ID 00119783)
めろんぱん :http://www.melonpan.net/index.html(ID 003727)
旧ミニまぐ  :http://www.mag2.com/(M0039651)

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2002-10-30  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: 100 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。