塾・予備校

ある日の教室

書家詩人である作者が、書道教室での子ども達の様子や、日々の生き方のヒントをお届けします。

全て表示する >

ある日の教室

2010/04/28

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
【ある日の教室】〜塾講師から見た子供の世界 Vol.384
   作者:荒木崇
(合資会社マネジメント・ブレイン・アソシエイツ)
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

「字を書くということ」(前編)

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

「字を書く」ということにコンプレックスを持っている人が意外と多いこと
に驚く。
僕が書道をやっていることを話すと「字がきれいに書けるといいですよね」
としみじみとお話になる人が結構いるのだ。


しかし、よく考えてほしい。日常生活で字を書くことなんてそんなに多くは
ないと思うのだがどうだろう。
このメルマガはもちろんのこと、職業柄、毎日文章を書いたり、資料を作成
したりする。しかし、それらは全てパソコンで行う。


構想を練るのにシャーペンを片手に思いついたことを紙に書いていくのだが、
それは誰かに見られることを想定していない。
殴り書きだが、自分さえ読めればよいので問題ない。


だから僕は「どんなときに上手に書けるといいなと思います?」と尋ねてみ
る。
すると、返ってくる答えで多いのが「芳名帳」。結婚式や展覧会などで、芳
名帳に自分の名前を書かなければならないときに「上手く書けるといいな」
と思うらしい。


そんな場面、年に何回もないと思うのだが、それだけ印象が強いってことは、
自分の字を他人に見られるって相当なプレッシャーなのだろう。


先日、あるお母さんとお話したら、幼稚園や小学校の持ち物に子どもの名前
を書かなくちゃならないので、それがやっぱり嫌なのだとか。
上履きだの、雑巾だの、ノートだのってかなりの数になる。お子さんの名前
を書くことにプレッシャーを感じるお母さんって多いのかもしれない。


「じゃぁ、『お子さんのお名前上手に書けます講座』とかやったら、人が来
ますかね?」と冗談で言ったら、「絶対、来ますよ!私行きたいですもん!!」
とのこと(いつか、ホンキで考えよっと)。


「字を書く」という話と「小学校」という話題が出たところで、ふと思い出
したことがある。小学校2年生のときの僕の思い出だ。


○次回へ続く。

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
    ◇◇◇ Global Thinking and Local Acting ◇◇◇
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★☆★☆ ある日の教室〜塾講師から見た子供の世界 ☆★☆★
発行:合資会社マネジメント・ブレイン・アソシエイツ(MBA)
作者:荒木崇
編集・管理:MBAメルマガ管理部
URL:   http://www.management-brain.co.jp/
お問い合せ・ご意見・ご感想: mailto:mailadm@management-brain.co.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■□解除の方法□■ 
解除は以下のサイトよりお願いします。
まぐまぐ  :http://www.mag2.com/(0000102025)
E-Magazine :http://www.emaga.com/(コード aruhi)
Melma    :http://melma.com/contents/taikai/(ID 00077243)
メルモ :http://merumo.ne.jp/reader/main_nf.html(ID 00119783)
めろんぱん :http://www.melonpan.net/index.html(ID 003727)
旧ミニまぐ  :http://www.mag2.com/(M0039651)

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2002-10-30  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: 100 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。