塾・予備校

ある日の教室

書家詩人である作者が、書道教室での子ども達の様子や、日々の生き方のヒントをお届けします。

全て表示する >

ある日の教室

2008/01/30

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
          ◇◇◇Global Thinking and Local Acting◇◇◇
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
プロフェッショナルな塾人となるためのMBAのノウハウを
満載した電子書籍「塾人の仕事術」が販売開始!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「塾人の仕事術」は、弊社代表中土井鉄信の見識をはじめ
合資会社マネジメント・ブレイン・アソシエイツがもつ
プロの塾人となるためのノウハウをふんだんに盛り込んだ電子書籍です。

先週より発売を開始した「塾人の仕事術」ですが、早速に
読者の方よりメッセージをいただきましたのでご紹介します。

「塾人としてのスキルが細かく書いてあり、とても参考になりました。
次年度の新入社員に読ませて勉強させたいですし、また社内の研修用
テキストとしても最適だと思いました。まずは、この本を使って幹部
間での勉強会を開こうと企画しています」

「塾人の仕事術」の価格は18,900円(税込み)。

ご購入のうえ、ご高覧いただければ幸いです。

目次など、さらに「塾人の仕事術」の詳しい内容を知りたい方は
専用ホームページまで。
http://www.management-brain.com/

●お問い合わせ先●
(資)マネジメント・ブレイン・アソシエイツ
TEL:045-651-6922
FAX:045-651-6944
mailadm@management-brain.co.jp
(*本冊子は電子書籍ですので、一般書店などでは販売しておりません)

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

【ある日の教室】〜塾講師から見た子供の世界 Vol.269
   作者:荒木崇
(合資会社マネジメント・ブレイン・アソシエイツ)

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

「モチベーション」(前編)

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

だいたい小学4年生あたりから、私立中学入試に向けての受験勉強を始め
るご家庭が多いのではないか。昨今の中学受験ブームで、小3・小2から
という人も少なくないだろう。


受験に必要な単元はだいたい小5で一通り学習する。小6はそれらの単元
をもとに、入試に向けての総合的な力を高めていくという流れになる。


では、小4はどういう位置付けかというと、「基礎学力の定着」、「受験に
備えた学習習慣の確立」。大雑把に言うと、こんな感じだ。


初めて本格的に受験勉強を始める生徒がほとんどである。小学校の宿題
とはおそらく比べ物にならないくらいの宿題が塾から課される。


例えば、僕が担当する国語の場合、ざっとこんな宿題があった。

・漢字の学習。次回の授業で確認テスト実施。
・言葉の学習。次回の授業で確認テスト実施。
・授業で扱った文章の復習問題。
・音読

量自体はさほど多くはないが、毎日、少しずつやるように指示していた。
ノートに日付を書かせる、日付入りプリントを配布する、音読はご家庭
の方に聞いてもらう、などしていた。


それでもやはりなかなか上手くはいかない。モチベーションを維持する
のが大変なのだ。


小5、小6なら、「合格するためにこれをやってこい!」という、やり方
としては上手くないが、「受験・入試」をモチベーションにした指導でな
んとかなる場合が少なくない。


しかし、小4に向かって「受験」、「入試」なんて言葉を使っても、それ
に触発される生徒はあまりいない。


できたところを褒め、できてないところを励まし、明るくて面白い授業
を行い、授業以外でも積極的にコミュニケーションをとって、それで何
とか、という具合である。


勉強することが負担にならないように、モチベーションを上げること、
これが非常に難しく感じる。



さて、そんな小4に関することで、先日、ある中学受験塾の先生からこ
んな話を聞いて、なんだかちょっと悲しくなった。


○次回へ続く

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
     ◇◇◇ Global Thinking and Local Acting ◇◇◇
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓。
================================
最後まで読んでいただきありがとうございました。もしよろしければ
他の人にもこのマガジンを紹介してください。よろしくお願いします。
ご友人・知人の方への転送は自由になさってください。
転載ご希望の方はご連絡ください。
================================
■□解除の方法□■
解除は以下のサイトよりお願いします。
まぐまぐ  :http://www.mag2.com/(0000102025)
E-Magazine :http://www.emaga.com/(コード aruhi)
Melma    :http://melma.com/contents/taikai/(ID 00077243)
メルマガ天国:http://melten.com/(ID 12172)
カプライト :http://kapu.biglobe.ne.jp/(ID 6767)
メルモ :http://merumo.ne.jp/reader/main_nf.html(ID 00119783)
めろんぱん :http://www.melonpan.net/index.html(ID 003727)
ミニまぐ  :http://mini.mag2.com/pc/k/(ID M0039652)





規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2002-10-30  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: 100 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。