塾・予備校

ある日の教室

書家詩人である作者が、書道教室での子ども達の様子や、日々の生き方のヒントをお届けします。

全て表示する >

ある日の教室

2007/12/05

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

【ある日の教室】〜塾講師から見た子供の世界 Vol.262
   作者:荒木崇
(合資会社マネジメント・ブレイン・アソシエイツ)

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

「面白さ」(前編)

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

国語は他の教科と違って教える単元(分野)が少ない。


文章に限れば「小説文/物語文」、「論説文/説明文」、「随筆文」、「古文」、
「漢文」、「韻文(詩・短歌・俳句)」、大きく分けてこの6つである。


さらに、中学受験に限定すれば、「小説文/物語文」、「論説文/説明文」、
「随筆文」、「韻文(詩・短歌・俳句)」の4つということになる。


得意な生徒はいいのだろうが、国語の苦手な生徒にとっては、変わり映
えのしない4つの内容が繰り返されるのだから、たまったもんじゃない
だろう。


と、いうわけで、新しく担当になったクラス、勉強そのものが苦手なク
ラス、受験にはまだ少し間がある小4、小5など、あの手この手で少し
でも興味を持ってもらおうと工夫をしなければならない。


文章を読んで、問題を解いて、はい、授業おしまい!、というわけには
なかなかいかない


国語が嫌い、文章読むのが苦手、というのなら、せめて「でも、先生の
授業は面白い」と感じてもらわなければ辛い。


生徒も辛いのだが、僕も辛い。僕の授業が好きならば、宿題だって、漢
字テストの勉強だって、生徒はやってくる。


つまらなければ、やってこない。やってこないと「宿題忘れるな!」と
か「漢字テストの不合格は居残りだ!」とか怒り、脅し、それでようや
くやってきてくれるかどうか・・・。


僕は、生徒を怒りたくもなければ脅したくもない。それって非常にエネ
ルギーが必要だし、気分も良くない。


だから、「面白い授業」をするのは、「生徒のため」でもあるし、それ以
上に、正直「自分のため」でもあるのだ。


もちろん、面白いといっても、ダジャレ連発、という面白さでない(若
いころはそうやって誤魔化していたことも多々あった)。生徒の知的好奇
心をくすぐるような面白さでなければならない。


ダジャレ連発のような「可笑しな」授業を繰り返すと、そのうち、生徒
はこちらの底の浅さを見抜いてしまう。子供を侮ってはならないのだ。



小5の授業だった。


「物語は今日でいったん終わって、次回から『詩』を勉強するよ」


授業の終わりに次回の予告をした。すると、一番前の席に座っている
友恵が言った。


「詩かぁ。詩はつまんないから、イヤだなぁ」


別に誰かに聞かせようとしたわけではないのだろう。思わず、口をつ
いたようだ。


「うっ、そんなこと言われちゃうと、ちょっと胸が苦しいぞ」


胸を押さえて、前かがみになって友恵に言った。ほとんど冗談だった
が、まだやってもいないのに、「イヤだ」なんて、ちょっと凹んだのは
確かだ。


友恵は笑っていた。が、「こりゃ、次の授業はなんとかせんとなぁ」と
思った。


○次回へ続く
(登場する生徒名は全て仮名です。)

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
     ◇◇◇ Global Thinking and Local Acting ◇◇◇
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
塾経営のデジタル専門誌「塾経営・サクセスネットMBA」
103号を発刊しました。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「塾経営・サクセスネットMBA」は教育専門のコンサルティング会社
マネジメント・ブレイン・アソシエイツのノウハウを凝縮した塾経営に
特化した専門誌です(有料)。

第103号(12月1日発行)の特集は・・・
【全国学力学習状況調査結果考察:中学生編】 です。

巻頭所感及び目次は以下のアドレスからご覧になれます。
       ↓       ↓
http://blog.management-brain.co.jp/archives/01about/003mba/

毎月2回メールで配信しておりますので、
ご購読を希望の方は、お気軽に問い合わせください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
『夢見る力を!』合資会社マネジメント・ブレイン・アソシエイツ

バックナンバーはホームページの「教育コラム」にあります。
    http://www.management-brain.co.jp/

お問い合せ・感想はこちら
    mailto:mailadm@management-brain.co.jp

◇いただいたご意見は許可なく匿名にて掲載させていただくことが
ございます。掲載を望まない方は一言お書き添えください。
================================
最後まで読んでいただきありがとうございました。もしよろしければ
他の人にもこのマガジンを紹介してください。よろしくお願いします。
ご友人・知人の方への転送は自由になさってください。
転載ご希望の方はご連絡ください。
================================
■□解除の方法□■ 
解除は以下のサイトよりお願いします。
まぐまぐ  :http://www.mag2.com/(0000102025)
E-Magazine :http://www.emaga.com/(コード aruhi)
Melma    :http://melma.com/contents/taikai/(ID 00077243)
メルマガ天国:http://melten.com/(ID 12172)
カプライト :http://kapu.biglobe.ne.jp/(ID 6767)
メルモ :http://merumo.ne.jp/reader/main_nf.html(ID 00119783)
まぐびー :http://magbee.ad-j.com/mlm/index.php(コード 00000173)
めろんぱん :http://www.melonpan.net/index.html(ID 003727)
ミニまぐ  :http://mini.mag2.com/pc/k/(ID M0039652)

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2002-10-30  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: 100 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。