塾・予備校

ある日の教室

書家詩人である作者が、書道教室での子ども達の様子や、日々の生き方のヒントをお届けします。

全て表示する >

ある日の教室号外

2007/08/23

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

【ある日の教室】〜塾講師から見た子供の世界 号外
 (合資会社マネジメント・ブレイン・アソシエイツ)

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ NPO法人 ピースコミュニケーション研究所主催
  第二回教師サポートセミナー
  <学習塾の実践から学ぶ「やる気を引き出す授業術」>のご案内
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
学習塾と学校の垣根を越えて!
「先生、わかった」の笑顔を引き出し、保護者の信頼を獲得する
授業のヒントを研究します。


「もっと魅力的な授業をしたい」−−これは教師になった日から教壇を
降りるその日まで教師である限り抱き続ける願いでしょう。「先生、わ
かった」「できるようになったよ!」という生徒の笑顔ほど、私たち教
師の明日を勇気づけてくれる栄養剤はありません。

 本セミナーは、そんな生徒の笑顔を引き出す授業について、講師も含
め参加者一同で考え、研究し、その結果生まれたノウハウをそれぞれ
の現場へと持ち帰るために企画されたものです。

 本セミナーの講師は、大手学習塾で新人教師研修を長年、担当してき
ました。学習塾といえば受験指導にばかり目が向けられますが、実はこ
れには誤解が含まれており、学習塾の授業の生命線は、いかに子ども達
の学習意欲、本人の「やる気」を引き出すかにあります。

 というのも、子どもたちの知的好奇心や「やる気」がなくては単なる
詰め込みとなり受験そのものが成功しないからです。そのため、学習塾
の教師は、いかに生徒の目を輝かせるか、知的好奇心が刺激できるかと
いう視点から、発声やアイコンタクトなどの授業パフォーマンス、例文
や例題選び、「教材」の利用法などに苦心してきました。

 これは、日々授業研究で奮闘されている学校の先生方も同じでしょう。

 学校であっても、学習塾であっても、生徒の「分かった」の笑顔を引
き出すことこそが、最大の喜びであることに変わりはありません。しか、
し学習塾と学校では、不幸にも相互交流が妨げられてきた経緯があります。

 本セミナーでは、教育機関を専門とする経営コンサルタント会社(マ
ネジメント・ブレイン・アソシエイツ  URL:http://www.management-
brain.co.jp/)より講師を招き、学習塾の授業ノウハウを題材とし、学
校でも生かせる授業方法を研究していきます。



セミナー概要は以下の通りです。

■第二回教師サポートセミナー

テーマ●<学習塾の実践から学ぶ「やる気を引き出す授業術」>
主催:ピースコミュニケーション研究所(PCI)
後援:社団法人かながわ民間教育協会、神奈川県教育委員会(申請中)、
埼玉県教育委員会(申請中)、千葉県教育委員会(申請中)、横浜市教
育委員会(申請中)
協催:財団法人日本児童教育振興財団
定員●定員:20名
参加費●無料
(ただし、資料代実費として1回につき1,500円をご負担いただきます。
当日、会場にてお支払いください)

●日程
1回目‥‥‥‥9月29日(土)  13:30〜16:30
2回目‥‥‥‥10月20日(土) 13:30〜16:30
3回目‥‥‥‥11月10日(土) 13:30〜16:30
(本セミナーは3回連続の開催ですが、1回のみの受講も可能です)

●会場
東京都立産業貿易センター浜松町館
〔1回目9月29日(土)、2回目10月20日(土)の会場〕

南部労政会館(東京都大崎)〔3回目11月10日(土)の会場〕

●対 象
学校の先生方、及び、教育委員会などの学校管理・支援機関の方々
これから教師を目指す社会人・学生の方


●内容:
1日目〔9/29(土)〕:生徒のやる気を引き出す授業パフォーマンス

「良い授業をしたい!」、教師であれば誰でも願うこと。そのために
先生方は、日々教材研究に取り組まれていることでしょう。それに加
え、授業の中での生徒との好ましい関係のとり方、コミュニケーショ
ン術を身につければ、より効果的な授業が期待できます。同じ内容で
あっても先生の伝え方ひとつで、生徒の受け入れ方が変わるのはご存
知ですか?

2日目〔10/20(土)〕:生徒の興味・関心を引き出す授業展開

授業が成功するかどうかは、生徒が教師の示す問題提起や意味づけに
関心や理解を示すかに左右されます。ここでは問題提起、発問、作業
にこだわり、「先生の授業は短い」と生徒に感じさせる授業を研究し
ます。

3日目〔11/10(土)〕:達成感の授業構成

生徒が「わかった!」「できるようになった!」という実感は、生徒
の自信や学ぶ意欲をさらに高めます。ここでは、生徒に課題の配列や
提示の仕方、教師の対応によって、生徒にとって達成感のある授業の
展開法を研究します。

申 込:電話・Eメール・FAXにて。ご住所・お電話/FAX番号・
    ご参加者の氏名をお伝え下さい。後日、FAXにて受講票を
    お送りいたします。
    (郵送・Eメールをご希望の方はお伝え下さい)

*********************************
・貴校名:
・お名前:
・ご住所:
・TEL:
・FAX:
・メールアドレス:
・お申し込み日 全3回 9月29日のみ 10月20日のみ 11月10日のみ
*********************************
・メールでお申し込みの方は件名を「授業術申し込み」としてください。
・貴校名は差し支えなければお書きください。
・お申し込み日は参加をご希望する日をお選びください。3回のセミナー
を連続して受講する場合は、「全3回」としてください。
・上記のご連絡先に受講票をお送りいたします。


↓↓セミナーに関するお申し込み・お問い合わせはこちらへ ↓↓

特定非営利法人ピースコミュニケーション研究所(PCI)
peacecom@tbu.t-com.ne.jp
TEL / FAX:045(651)7030


*本セミナー講師の実績・予定

中土井鉄信(マネジメント・ブレイン・アソシエイツ代表)
井上 郁夫(シニアコーチ・心理カウンセラー)

・「教師のためのコーチング体験講座」(06年8月)
・「生徒の態度変容を生み出す教師学」(06年10・11月)
・「学習術の実践から学ぶ保護者対応術」(07年8月)
・「コーチングを活用した学校経営(青森県総合学校教育センター主催)」
 (07年11月予定) 他


第一回教師サポートセミナー「学習塾の実践から学ぶ保護者対応術」の
レポートは以下のアドレスからご覧いただけます。
         ↓       ↓
http://blog.management-brain.co.jp/archives/01about/001/


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
           ◇◇◇Global Thinking and Local Acting◇◇◇
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇◇◇◇ ある日の教室 ◇◇◇◇
発行:合資会社マネジメント・ブレイン・アソシエイツ(MBA)
作者:荒木崇
編集・管理:MBAメルマガ管理部
URL::http://www.management-brain.co.jp/
ブログ:http://blog.management-brain.co.jp/
お問い合せ・ご意見・ご感想: mailadm@management-brain.co.jp
==================================
最後まで読んでいただきありがとうございました。もしよろしければ
他の人にもこのマガジンを紹介してください。よろしくお願いします。
ご友人・知人の方への転送は自由になさってください。
転載ご希望の方はご連絡ください。
==================================
■□解除の方法□■ 
解除は以下のサイトよりお願いします。
まぐまぐ  :http://www.mag2.com/(0000102025)
E-Magazine :http://www.emaga.com/(コード aruhi)
Melma    :http://melma.com/contents/taikai/(ID 00077243)
メルマガ天国:http://melten.com/(ID 12172)
カプライト :http://kapu.biglobe.ne.jp/(ID 6767)
メルモ :http://merumo.ne.jp/reader/main_nf.html(ID 00119783)
まぐびー :http://magbee.ad-j.com/mlm/index.php(コード 00000173)
めろんぱん :http://www.melonpan.net/index.html(ID 003727)
ミニまぐ  :http://mini.mag2.com/pc/k/(ID M0039652)

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2002-10-30  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: 100 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。