塾・予備校

ある日の教室

書家詩人である作者が、書道教室での子ども達の様子や、日々の生き方のヒントをお届けします。

全て表示する >

ある日の教室

2007/07/18

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  マネジメント・ブレイン・アソシエイツからのお知らせです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

この度、NPO法人ピースコミュニケーション研究所(PCI)は、
第1回教師サポートセミナー「学習塾の実践から学ぶ保護者対応術」
を開催いたします。
(資)マネジメント・ブレイン・アソシエイツは、このセミナーに全
面的に協力します。今まで以上に良好な保護者との関係を構築したい
とお考えの先生方のご参加をお待ちしております。

詳細はコチラをご覧下さい。
↓   ↓   ↓
http://blog.management-brain.co.jp/archives/01about/001/

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

【ある日の教室】〜塾講師から見た子供の世界 Vol.242
   作者:荒木崇
(合資会社マネジメント・ブレイン・アソシエイツ)

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

「帰国」(後編)

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

○前回のあらすじ

帰国子女の舞とお母さんが塾へやってきたのは小6の5月だった。
中学受験を希望しているのだが、他の塾では断られたらしい。

しかし、僕たちは大歓迎だった。
室長も僕もある確信があったのだ。

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

実は、それまでに何人もの帰国子女の生徒の中学受験を経験していた。
「帰国子女枠」を設けている学校も少なくないのだ。


受験条件は学校によって異なるが、「帰国してからの年数」と「帰国前
に住んでいた国」がポイントとなる学校が多かった。


例えば、小学1年生のときに帰国した場合、帰国してからの年数が長
いため、帰国枠としての受験資格を得られなかったりする。


また、「英語圏」の国に住んでいた場合、受験可能な学校が多かったよ
うに記憶している。「英語に堪能な生徒」というのは、学校にとっても
欲しい生徒であるのだ。


問い合わせにいらっしゃった段階で、舞がこれらの条件に合致するか
どうかの確認はしていた。


彼女の場合、帰国後1年に満たない。アメリカに暮らしていたという
ことで、もちろん「英語圏」である。


しかも、お母さんによると、「帰国枠」で受験できる学校をご希望であ
った。この条件で帰国枠受験で不合格だった生徒を実は知らない。入
塾を断る理由は何もない。


英語による面接をする場合があるので、後は舞がしっかりとしゃべる
ことができるように面接訓練を行う必要があるが、英語の先生に協力
してもらえば、ほぼ問題ないだろう。


「入学してから、困らないようにしっかりと学力をつけてあげなきゃ
いけないな」と、早くもそんなことまで考えていた。


最初は遠慮していたようだったが、塾で友達もでき、舞は、徐々に積
極的になっていった。苦手な漢字も一生懸命練習して、少しずつテス
トの点数も上がっていった。


ある日のことだ。授業中の記述問題の書き直しの指示を与えようと思
い、授業後、職員室へ舞を呼び出した。すると、舞がこう言った。


「先生、早くしてね。遅くなっちゃうと、バスをミスしちゃう」


『バスをミスする』。


面白い表現だと思った。一瞬、何のことだか分からなかったが、確か
に「miss」には「電車などを乗りそこなう」という意味がある。


「やはり帰国枠での合格は間違いない!」と思った。もちろん、何の
根拠もないのだが、何故かそう思ったのだ。


舞が帰った後、英語のR先生に、舞がしゃべった「miss」について話
した。


「そりゃ、中3でも、よう使わん表現やな」と神戸出身の彼は関西弁
で言う。「もう、それだけで合格や!」


R先生の関西弁まじりの英語の面接訓練を経て、舞は帰国枠受験に臨
んだ。3校受験し、見事、全校合格。


合格してからも漢字と計算の練習だけは欠かさずやらせた。「ミス」も
かなり減ってはいたのだが。


(登場する生徒名は全て仮名です。)



〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
     ◇◇◇ Global Thinking and Local Acting ◇◇◇
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
↓↓マネジメント・ブレイン・アソシエイツからのお知らせです。↓↓
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■『2007年教育サービス・感動創出リーダーセミナー』のお知らせ

◇8月開催のセミナーは以下の通りです。現在申し込み受付中。

8月26日(日) 『戦略立案セミナー』
プログラム: ビジネスモデル構築戦略

<本開催は7月15日(日)開催予定のセミナーが台風被害により順延と
なったものです>


お気軽にお問合せください。お待ちしております。

【お申込み・お問い合わせ】 マネジメント・ブレイン・アソシエイツ
電話:045−651−6922  
メール:mailadm@management-brain.co.jp


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
↓↓↓    お気軽にお問い合わせください。   ↓↓↓
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■塾経営のデジタル専門誌「塾経営・サクセスネットMBA」
「塾経営・サクセスネットMBA」は教育専門コンサルタント
マネジメント・ブレイン・アソシエイツのノウハウを凝縮した塾経営に
特化した画期的専門誌です。毎月2回メールにて配信いたします。

第94号(7月16日発行)の特集は・・・

「退塾を防ぐ積極的保護者対応術」です。

巻頭所惑は、コチラからご覧いただけます。
↓    ↓      ↓
http://blog.management-brain.co.jp/archives/2007/07/716.html#more

無料サンプル配信いたします。お気軽にお問い合わせください。

================================
最後まで読んでいただきありがとうございました。もしよろしければ
他の人にもこのマガジンを紹介してください。よろしくお願いします。
ご友人・知人の方への転送は自由になさってください。
転載ご希望の方はご連絡ください。
================================
■□解除の方法□■ 
解除は以下のサイトよりお願いします。
まぐまぐ  :http://www.mag2.com/(0000102025)
E-Magazine :http://www.emaga.com/(コード aruhi)
Melma    :http://melma.com/contents/taikai/(ID 00077243)
メルマガ天国:http://melten.com/(ID 12172)
カプライト :http://kapu.biglobe.ne.jp/(ID 6767)
メルモ :http://merumo.ne.jp/reader/main_nf.html(ID 00119783)
まぐびー :http://magbee.ad-j.com/mlm/index.php(コード 00000173)
めろんぱん :http://www.melonpan.net/index.html(ID 003727)
ミニまぐ  :http://mini.mag2.com/pc/k/(ID M0039652)

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2002-10-30  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: 100 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。