塾・予備校

ある日の教室

書家詩人である作者が、書道教室での子ども達の様子や、日々の生き方のヒントをお届けします。

全て表示する >

ある日の教室

2007/07/04

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

【ある日の教室】〜塾講師から見た子供の世界 Vol.240
   作者:荒木崇
(合資会社マネジメント・ブレイン・アソシエイツ)

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

「場面設定」(後編)

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

○前回のあらすじ

職員室で、中3の麻美がM先生の話を聞いている。
ある英語の一文の和訳の説明なのだが、どうも納得がいかないらしい。


『あなたはいくら必要ですか?』というその和訳に対して、「そんな日
本語、普段、言うのか?」と疑問を持ったらしい。

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

例えば英語の「受動態」の授業。これも僕は前から疑問に思っていた。
ある塾用テキストの例文がこれである。


『This computer is used by Ken.』
(このコンピューターは健によって使われています。)


「不自然でしょ、これ?」と思う。


普通の会話なら、「このコンピューター、誰が使うの?」「健だよ」だ
ろう。


受身の形なんて、日常会話に滅多に登場しないように思う。(もっとも
僕の感覚がおかしいだけなのかもしれないが。)


受動態って、やる側とやられる側の注目度の問題だと僕は考える。上
の例文で言えば、やる側は「Ken」であり、やられる側は「computer」
である。


この両者のどちらにも注目すべきことがない場合、通常は能動態を使
うはずだ。つまり、「健はこのコンピューターを使う」である。


どちらか一方に注目したい場合に、受動態を使うのではないか。


例えば、何らかの理由があって「僕がキムタクを蹴る」という事件が
あったとしよう。(もちろん、そんなことはありえないが)


翌日のスポーツ新聞の一面の見出しはどうなるか・・・・。


『荒木がキムタクを蹴る!』


では、ない。絶対に。なぜなら、荒木は全く無名の、どこの馬の骨だ
か分からない素人。一方、キクタクは誰もが知る、国民的大スター。
よって、見出しはこうなる。


『キムタク、蹴られる!』


である。注目度合いの高いほうが主語になる。この「蹴られる」は受
動態(受身)である。


反対に、僕がキムタクに蹴られても、見出しは、『キムタク、一般人
を蹴る!」であり、『荒木、蹴られる!』とはならない。


『This computer is used by Ken.』が不自然だと感じるのがお分か
りいただけるだろうか。


もちろん、この例文は「受動態の仕組み」として、きっちりと教え
なければならない。


しかし、ただ教えるのと、「受動態とはどういうものか」という思
想なり考えなりがあって教えるのとでは、生徒に与える「知的好奇
心」が異なるのではないか。


『This computer is used by Ken.』を教えるのなら、やはり、こ
れを用いてもおかしくないような場面設定が必要なのだ。



M先生には悪かったが、僕がちょっと口をはさんだ。


「麻美、例えばね、君が欲しい服があるとするだろ。でも、欲しい
んだけどお金がない。で、お母さんにおねだりをするじゃん。

『ねぇねぇ、お母さん、服が欲しいんだけど、お小遣いもらえる?』

で、お母さんが答えるよな。

『分かったわ。じゃぁ、あなた、いくら必要なの?』

ってこんな感じで使うんじゃないかな。分かる?」


「あぁ、そうか」と麻美。とりあえず、その後の英文解説はスムース
に運んでいた。


(登場する生徒名は全て仮名です。)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
           ◇◇◇Global Thinking and Local Acting◇◇◇
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
↓↓マネジメント・ブレイン・アソシエイツからのお知らせです。↓↓
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■『2007年教育サービス・感動創出リーダーセミナー』のお知らせ


◇7月開催のセミナーは以下5種類です。現在申し込み受付中。


7月4日(水) 『授業スキルプレゼンテーションセミナー』

プログラム: 授業構成の考え方と導入授業/模擬授業(プレゼンテーションスキル)


7月5日(木) 『生徒・保護者対応コミュニケーションセミナー』

プログラム: 子どもに勇気づけよう/保護者に生徒の肯定的側面を伝えよう


7月11日(水) 『個別指導教室生徒倍増セミナー』

プログラム: 個別指導が出来る付加価値を考える


7月12日(木) 『人材活性コーチングセミナー』

プログラム: 社員の能力を引き出す「傾聴のスキル」


7月15日(日) 『戦略立案セミナー』

プログラム: ビジネスモデル構築戦略


お気軽にお問合せください。お待ちしております。

【お申込み・お問い合わせ】 マネジメント・ブレイン・アソシエイツ
電話:045−651−6922  
メール:mailadm@management-brain.co.jp


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
↓↓↓    お気軽にお問い合わせください。   ↓↓↓
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■塾経営のデジタル専門誌「塾経営・サクセスネットMBA」
「塾経営・サクセスネットMBA」は教育専門コンサルタント
マネジメント・ブレイン・アソシエイツのノウハウを凝縮した塾経営に
特化した画期的専門誌です。毎月2回メールにて配信いたします。

第93号(7月2日発行)の特集は・・・

 
「教育再生会議第二次報告考察」です。


無料サンプル配信いたします。お気軽にお問い合わせください。

http://blog.management-brain.co.jp/archives/2007/07/72.html#more

================================
最後まで読んでいただきありがとうございました。もしよろしければ
他の人にもこのマガジンを紹介してください。よろしくお願いします。
ご友人・知人の方への転送は自由になさってください。
転載ご希望の方はご連絡ください。
================================
■□解除の方法□■ 
解除は以下のサイトよりお願いします。
まぐまぐ  :http://www.mag2.com/(0000102025)
E-Magazine :http://www.emaga.com/(コード aruhi)
Melma    :http://melma.com/contents/taikai/(ID 00077243)
メルマガ天国:http://melten.com/(ID 12172)
カプライト :http://kapu.biglobe.ne.jp/(ID 6767)
メルモ :http://merumo.ne.jp/reader/main_nf.html(ID 00119783)
まぐびー :http://magbee.ad-j.com/mlm/index.php(コード 00000173)
めろんぱん :http://www.melonpan.net/index.html(ID 003727)
ミニまぐ  :http://mini.mag2.com/pc/k/(ID M0039652)






規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2002-10-30  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: 100 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。