塾・予備校

ある日の教室

書家詩人である作者が、書道教室での子ども達の様子や、日々の生き方のヒントをお届けします。

全て表示する >

ある日の教室

2007/06/20

◇2007年度版、『夏期講習設計パッケージ』販売中。

貴塾のコースは『通いやすい』ですか?

お申し込みは本日までです。

詳細はこちら。⇒
http://blog.management-brain.co.jp/archives/2007/05/post_488.html

◇6月18日発売「プレジデント・ファミリー」8月号に
『地域一番塾が見つかるチェックポイント15』というテーマで
弊社代表 中土井 鉄信の取材された記事が掲載されております。

ご興味のある方は・・・お近くの書店にて、お買い求めください。
読者の皆様の御意見・御感想をお待ちしております。

詳しくは、「プレジデント・ファミリー」ホームページをご覧下さい。

http://www.president.co.jp/family/

なお、御意見・御感想はコチラまで。

mailadm@management-brain.co.jp

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

【ある日の教室】〜塾講師から見た子供の世界 Vol.238
   作者:荒木崇
(合資会社マネジメント・ブレイン・アソシエイツ)

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

「対決」(後編)

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

○前回のあらすじ

授業前の空き教室で、自習をしている生徒がいた。
中2の涼子と香織、小6、中学受験生の翔平だ。

しばらくすると、涼子と香織のはしゃぎ声がする。
このままでは翔平の勉強の邪魔になる。

そこで、彼女たちにちょっと刺激を与えてやろうと思った。

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

「どうした、君たちのでかい声が聞こえてきたぞ!」


涼子が言う。


「もう、プリント終わっちゃった」。


「他に何かやることないのか?」


「う〜ん、特にない」と香織。


教室の一番前の端で翔平は黙々と漢字を書いている。


「そうか、じゃ、ちょっと待ってろ」


職員室に戻り、3枚分のコピーを持って教室へ戻る。


「じゃぁ、今からこれをやりなさい」


涼子と香織に渡す。


「翔平もちょっとやってみようか。3人で競争な!」


そう言いながら翔平にも同じプリントを渡す。
小5の漢字書き取りテストである。全30問。


「涼子と香織は中2だから、完璧だよな。小学生の翔平より悪い点数って
ことはないよな」


わざとおどけて言ってみた。


「えぇ、チョープレッシャーじゃない!?ワタシ、駄目かも・・・」
と涼子。


「負けたらどうする?」と香織


翔平は何も言わず、ただニコッと微笑んだ。


「時間は7分。ヨーイドン!」



中学生にとって、小5の漢字の書き取りは「楽勝」かと思いきや、実はそ
うではない。


例えば、

気持ちを「レンメン」とつづる。

「ヨセ」へ落語を聴きにいく。

敵を「シリゾける」。


これらは全て小5範囲までの漢字だ。ちなみに「連綿」「寄席」「退ける」
である。


公立高校入試の漢字の書き取りは、ほぼ、どこの都道府県も小学校で習
う範囲からの出題である。


漢字。小学生範囲とはいえ、侮れないのである。



と、いうわけでこの勝負、最初から翔平が勝つのは分かっていた。中学受
験生の勉強の量は半端ではない。もちろん、漢字の学習量も。


中2の場合、定期テストでは教科書範囲の漢字を学習する。毎回の塾の漢
字テストでは小学校範囲から繰り返し学習させるのであるが、それでも、
やはり忘れてしまう。


結果、翔平は満点。涼子24点。香織25点だった。


「いやぁ、二人とも健闘したけれど、翔平には敵わなかったねぇ」


「だって、小学生は現役じゃん!私達、中学生だもん。ねぇ」


『ねぇ』で顔を見合わせる二人。


「お前らだって現役だろうが!間違えた漢字、やり直しして持って来いよ」


「はーーい」と意外と素直な二人。


翔平はやはりただニコニコと微笑むばかりであった。



(登場する生徒名は全て仮名です。)

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
    ◇◇◇ Global Thinking and Local Acting ◇◇◇
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
↓↓マネジメント・ブレイン・アソシエイツからのお知らせです。↓↓
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■『2007年教育サービス・感動創出リーダーセミナー』のお知らせ

5月24日(木)開催のセミナー参加者の声を掲載させて頂きましたので、
ご参考にしてください。


【『塾経営アドバンスセミナー』参加者の声(一部抜粋)】

○「経営幹部の醍醐味を学べた気がします。目標設定の重要さ、
「リーダーシップ・コンピテンシー」(行動・視点・存在感の流れなど)は
自分が今までに考えていたリーダーシップとは違っていた面が多くありました。」
(参加者S様)


○「ワークショップがとても良かった。案内する方もされる方も難しいし、
あの行動がリーダーシップにつながることが驚きだった。」(参加者H様)


○「経営幹部の行動特性に関してあまり意識していなかったことを自覚しました。」
(参加者A様)


◇6月開催のセミナーは以下1種類です。現在申し込み受付中。

 
6月27日(水) 『校舎運営活性化セミナー』

プログラム: 講習継続作戦/退学防止作戦



◇7月開催のセミナーは以下5種類です。現在申し込み受付中。


7月4日(水) 『授業スキルプレゼンテーションセミナー』

プログラム: 授業構成の考え方と導入授業/模擬授業(プレゼンテーションスキル)


7月5日(木) 『生徒・保護者対応コミュニケーションセミナー』

プログラム: 子どもに勇気づけよう/保護者に生徒の肯定的側面を伝えよう


7月11日(水) 『個別指導教室生徒倍増セミナー』

プログラム: 個別指導が出来る付加価値を考える


7月12日(木) 『人材活性コーチングセミナー』

プログラム: 社員の能力を引き出す「傾聴のスキル」


7月15日(日) 『戦略立案セミナー』

プログラム: ビジネスモデル構築戦略


お気軽にお問合せください。お待ちしております。

【お申込み・お問い合わせ】 マネジメント・ブレイン・アソシエイツ
担当:吉田(ヨシダ)
電話:045−651−6922  
メール:mailadm@management-brain.co.jp


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
↓↓↓    お気軽にお問い合わせください。   ↓↓↓
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■塾経営のデジタル専門誌「塾経営・サクセスネットMBA」
「塾経営・サクセスネットMBA」は教育専門コンサルタント
マネジメント・ブレイン・アソシエイツのノウハウを凝縮した塾経営に
特化した画期的専門誌です。毎月2回メールにて配信いたします。

第92号(6月15日発行)の特集は・・・

 
「問い合わせを確実に講習参加に結びつける

       〜効果的な受付対応を考える」です。


無料サンプル配信いたします。お気軽にお問い合わせください。

http://blog.management-brain.co.jp/archives/2007/07/post_522.htm 

================================
■□解除の方法□■ 
解除は以下のサイトよりお願いします。
まぐまぐ  :http://www.mag2.com/(0000102025)
E-Magazine :http://www.emaga.com/(コード aruhi)
Melma    :http://melma.com/contents/taikai/(ID 00077243)
メルマガ天国:http://melten.com/(ID 12172)
カプライト :http://kapu.biglobe.ne.jp/(ID 6767)
メルモ :http://merumo.ne.jp/reader/main_nf.html(ID 00119783)
まぐびー :http://magbee.ad-j.com/mlm/index.php(コード 00000173)
めろんぱん :http://www.melonpan.net/index.html(ID 003727)
ミニまぐ  :http://mini.mag2.com/pc/k/(ID M0039652)

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2002-10-30  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: 100 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。