塾・予備校

ある日の教室

書家詩人である作者が、書道教室での子ども達の様子や、日々の生き方のヒントをお届けします。

全て表示する >

ある日の教室

2007/05/23

■マネジメント・ブレイン・アソシエイツよりお知らせ■

5月13日(日)『塾経営戦略構築セミナー』資料の抜粋となりますが
弊社ブログより期間限定5月31日まで、無料ダウンロード可能です。

ご希望の方は、コチラから。

http://blog.management-brain.co.jp/archives/2007/05/post_470.html


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

【ある日の教室】〜塾講師から見た子供の世界 Vol.234
   作者:荒木崇
(合資会社マネジメント・ブレイン・アソシエイツ)

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

「偏差値」(後編)

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

○前回のあらすじ

小学4年生の女の子で中学受験を考えていらっしゃるお母さんのお話を
うかがった。

友人の、知り合いのお子さんがY学園にお通いになっているらしく、Y
学園の受験を考えていらっしゃるとのこと。

お母さんは「偏差値は50くらいですよね?」ということをおっしゃっ
た。

学校の偏差値は、その年によっても、そして学習塾によっても異なる。

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

偏差値は、あくまで、その「母集団」での自分の位置を表したものに
すぎないのである。


それでは考えてほしい。


二つの学習塾において、同じY学園が、A塾では偏差値60であり、
B塾では偏差値50である。それはどうしてだろか?どのようなこと
が考えられるだろうか?


その母集団における平均点が偏差値50であることは述べた。そこで、
仮に、A塾とB塾で同じ内容のテストを行い、それぞれの塾で偏差値
を出したとしよう。


母集団Aでの平均点が40点だった場合、Aに所属する生徒は40点
を取れば、偏差値は50となる。この集団の中で80点をとったとし
たなら、偏差値は軽く60は超えるだろう。


ところが、母集団Bでは、平均点が80点だった。Bに所属する生徒
は80点を取っていないと偏差値は50とはならない。たとえ、90
点だったとしても、「偏差値的には」さほど高い数値とはならない。


このケースで、B塾で偏差値50の生徒がA塾へ移籍した場合、当然
A塾では偏差値50ではなくなる。A塾での偏差値50の得点は40
点であるから、元B塾の生徒は50よりも高い偏差値となる。


さて、同じY学園がA塾では偏差値60であり、B塾では偏差値50
であるカラクリもおおよそ見当がつくのではなかろうか。


A塾内で行われるテストで、A塾の生徒を母集団とした場合、A塾の
生徒にとって、Y学園は「A塾での平均点以上」を獲得していないと
合格は難しい学校である。


一方、B塾内で行われるテストで、B塾の生徒を母集団とした場合、
B塾の生徒にとって、Y学園は「B塾の平均点」で合格可能な学校で
ある。


つまり、同じ偏差値50でも、B塾でのそれのほうが、学力的なレベ
ルは高いということであり、それだけ、勉強の得意な生徒がB塾には
多いということになる。



「Y学園って偏差値は50くらいですよね?」とおっしゃるお母さん
からは、言外に「だからちょっと頑張れば合格できるでしょ」という
ニュアンスを感じ取れた。


ちょっと長くはなるが、このような「偏差値」の話をし、もちろん、
目安として考えなくてはならないが、あまり当てにしすぎるのも良く
ないということをご説明した。



偏差値に一喜一憂するのではなく、テストの得点状況、解答の中身自
体を吟味することをお勧めしたい。


(登場する生徒名は全て仮名です。)

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
    ◇◇◇ Global Thinking and Local Acting ◇◇◇
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
↓↓マネジメント・ブレイン・アソシエイツからのお知らせです。↓↓
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■『2007年教育サービス・感動創出リーダーセミナー』のお知らせ

◇5月開催のセミナーは以下の5種類です。現在申し込み受付中です。
 
 5月24日(木)  塾経営アドバンスセミナー
           『リーダーの態度と行動を学ぶ』

 5月30日(水)  校舎運営活性化セミナー
           『リーダーシップ理論/夏期講習集客戦術』
  
 5月31日(木)  人材活性コーチングセミナー 
           『社員との絆を作る 傾聴のスキル 』

今回のセミナーについて、MBA代表 中土井鉄信がブログの中で
ご案内致します。
詳しくは、下記ブログをご参照ください。

http://blog.management-brain.co.jp/archives/2007/05/semina-.html


【お申込み・お問い合わせ】 マネジメント・ブレイン・アソシエイツ
担当:吉田(ヨシダ)
電話:045−651−6922  
メール:mailadm@management-brain.co.jp

----------------------------------------------------------------

■塾経営のデジタル専門誌「塾経営・サクセスネットMBA」
「塾経営・サクセスネットMBA」は教育専門コンサルタント
マネジメント・ブレイン・アソシエイツのノウハウを凝縮した塾経営に
特化した画期的専門誌です。毎月2回メールにて配信いたします。

第90号(5月15日発行)の特集は・・・
 
「塾内キャンペーン実行策〜夏期講習に向けた内部充実を!」です。

無料サンプル配信いたします。お気軽にお問い合わせください。

http://blog.management-brain.co.jp/archives/2007/06/515.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
『夢見る力を!』合資会社マネジメント・ブレイン・アソシエイツ

バックナンバーはホームページの「教育コラム」にあります。
    http://www.management-brain.co.jp/

お問い合せ・感想はこちら
    mailto:mailadm@management-brain.co.jp

◇いただいたご意見は許可なく匿名にて掲載させていただくことが
ございます。掲載を望まない方は一言お書き添えください。
================================
最後まで読んでいただきありがとうございました。もしよろしければ
他の人にもこのマガジンを紹介してください。よろしくお願いします。
ご友人・知人の方への転送は自由になさってください。
転載ご希望の方はご連絡ください。
================================
■□解除の方法□■ 
解除は以下のサイトよりお願いします。
まぐまぐ  :http://www.mag2.com/(0000102025)
E-Magazine :http://www.emaga.com/(コード aruhi)
Melma    :http://melma.com/contents/taikai/(ID 00077243)
メルマガ天国:http://melten.com/(ID 12172)
カプライト :http://kapu.biglobe.ne.jp/(ID 6767)
メルモ :http://merumo.ne.jp/reader/main_nf.html(ID 00119783)
まぐびー :http://magbee.ad-j.com/mlm/index.php(コード 00000173)
めろんぱん :http://www.melonpan.net/index.html(ID 003727)
ミニまぐ  :http://mini.mag2.com/pc/k/(ID M0039652)







規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2002-10-30  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: 100 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。