塾・予備校

ある日の教室

書家詩人である作者が、書道教室での子ども達の様子や、日々の生き方のヒントをお届けします。

全て表示する >

ある日の教室

2007/03/14

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

【ある日の教室】〜塾講師から見た子供の世界 Vol.224
   作者:荒木崇
(合資会社マネジメント・ブレイン・アソシエイツ)

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

「マイケル」(中編)

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

○前回のあらすじ

普段、国語しか教えていない僕が「新中学1年生準備講座」の英語の授業
を担当することとなった。


国語教師「荒木又衛門」は「マイケル荒木」と名を変え、授業に備えなけ
ればならなくなった。


〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

さて、「パーフェクトマイケル」に一歩でも近づくためには入念な準備が
必要である。


英語のY先生から、「生徒が絶対『お〜』って言うよ」というパフォーマ
ンスを教わる。


生徒に配布するサブノートにはアルファベットを正確に書くために4本
の横線が引いてある。上から3番目の線は赤い。授業では、黒板に4本
線を引き、アルファベットを書く際の注意点を指導する。


この横線を黒板に一気に引くのだそうだ。


僕は右利きなので、右手を使用する。言うまでもないが、両手合わせて
指は10本。右手には5本。ということは、指と指の間にチョークを挟
んでいくと、指の間に4本のチョークを挟むことができる。


中指と薬指の間には赤いチョークを、その他には白いチョークを挟み、
握りこぶしを作る。


すると、握りこぶしの間から4本のチョークが顔を出す。その4本を親
指を上にして黒板にぶつけ、一気に直線を引くと・・・。


はい、4本の直線がほぼ等間隔で引ける。赤チョークを挟んだ上から3
番目の直線は赤い。


これで生徒は盛り上がるらしい。ホントかどうか疑わしいが、その真偽
は実際の授業で生徒達が証明してくれる。


英語の中身とは全く関係のないそんなパフォーマンスを結構練習した。
指の間が痛いが、マイケル荒木の「マ」ぐらいは克服できただろうか。
そんなことを考えながら、並行して別の練習もする。


お決まりの「ABCの歌」である。ただし、「これを歌うんだよ」と教
室の英語責任者のU先生から渡されたCDから流れてきた「ABCの歌」
は僕がよく知っている「キ〜ラキ〜ラひ〜か〜る〜〜」の節ではない。
アップテンポで、どことなくラップ調の「ABCの歌」なのだ。


心の底からオ〜マイゴッド!


そんな歌を生徒が知っているはずもなく、彼らが歌えるようになるには
彼らを導く、教師が必要だ。


それは誰だ?と問うてみたが、CDが臨機応変に歌指導ができるはずも
ないことは、鯨が魚でないのと同様に明らかなことである。


授業前、CDプレイヤー片手に誰もいない教室で一人カラオケである。
とっても寂しい。とっても寂しいのだが、それに負けていては真のマイ
ケルにはなれない。マイケルへの道は遠く、そして険しい。


いろいろと英語の先生に聞いているうちに「教える内容」よりも「教え
方」が重要であることが分かってきた。


教える内容は、アルファベットに、英語のあいさつに、dogやらbagや
らの簡単な単語なのだ。


「A」はどんなに頑張っても所詮「エー」でしかなく、ただ教えるだけ
なら、全部ひっくるめたってたいした時間にはならない。


アルファベットを覚えるための「ハエ叩きゲーム」や体の各部の単語を
覚えるための「ダンス」も仕込み、本番に臨んだ。


まさに歌って踊れるマイケル荒木である。


○次回へ続く。
(登場する生徒名は全て仮名です。)

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
    ◇◇◇ Global Thinking and Local Acting ◇◇◇
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
↓↓マネジメント・ブレイン・アソシエイツからのお知らせです。↓↓
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■塾経営のデジタル専門誌「塾経営・サクセスネットMBA」
「塾経営・サクセスネットMBA」は教育専門コンサルタント
マネジメント・ブレイン・アソシエイツのノウハウを凝縮した塾経営に
特化した画期的専門誌です。毎月2回メールにて配信いたします。

第85号(3月1日発行)の特集は・・・
 
「新規校舎出店戦略の基本」です。

無料サンプル配信いたします。お気軽にお問い合わせください。

http://blog.management-brain.co.jp/archives/2007/03/31.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
『夢見る力を!』合資会社マネジメント・ブレイン・アソシエイツ

バックナンバーはホームページの「教育コラム」にあります。
    http://www.management-brain.co.jp/

お問い合せ・感想はこちら
    mailto:mailadm@management-brain.co.jp

◇いただいたご意見は許可なく匿名にて掲載させていただくことが
ございます。掲載を望まない方は一言お書き添えください。
================================
最後まで読んでいただきありがとうございました。もしよろしければ
他の人にもこのマガジンを紹介してください。よろしくお願いします。
ご友人・知人の方への転送は自由になさってください。
転載ご希望の方はご連絡ください。
================================
■MBAのメルマガに広告を出しませんか。
詳細は上記アドレスにお問い合わせ下さい。
>> MBAのメルマガラインナップ
(毎週月曜)
○【塾経営の戦略・戦術】:「会社経営+塾運営」の側面からえぐる。
(毎週火曜)
●【子どものやる気を引き出す親のアプローチ】 親子のコミュニケー
ション方法を伝授!
(毎週水曜)
○【ある日の教室】:日本初!塾エッセイ
(毎週金曜)
○【教育記事から教育を考える】:最新教育記事と専門的解説
(毎週土曜)
●【U30のためのコーチングのススメ】 実践的なコーチングを学ぼう!
(月〜土)
○【考えるヒント・今日の言霊】:名言と元気が出る解説!

================================
■□解除の方法□■ 
解除は以下のサイトよりお願いします。
まぐまぐ  :http://www.mag2.com/(0000102025)
E-Magazine :http://www.emaga.com/(コード aruhi)
Melma    :http://melma.com/contents/taikai/(ID 00077243)
メルマガ天国:http://melten.com/(ID 12172)
カプライト :http://kapu.biglobe.ne.jp/(ID 6767)
メルモ :http://merumo.ne.jp/reader/main_nf.html(ID 00119783)
まぐびー :http://magbee.ad-j.com/mlm/index.php(コード 00000173)
めろんぱん :http://www.melonpan.net/index.html(ID 003727)
ミニまぐ  :http://mini.mag2.com/pc/k/(ID M0039652)

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2002-10-30  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: 100 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。