塾・予備校

ある日の教室

書家詩人である作者が、書道教室での子ども達の様子や、日々の生き方のヒントをお届けします。

全て表示する >

ある日の教室

2007/01/17

成功の秘訣が、”誰にでもできる小さな事の積み重ね”であることは、
案外  知られています。「継続は力なり」という言葉があるくらいですから・・・。
ではなぜ殆どの人が、この”誰にでもできる小さな事の積み重ね”ができないん
でしょうか?その謎を解く鍵は”本当の自分探し”にありました。

誰もがオンリーワンになれる
★☆★☆★  自分探し心の旅 ★☆★☆★
http://www.mag2.com/m/0000127756.html

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

【ある日の教室】〜塾講師から見た子供の世界 Vol.216
   作者:荒木崇
(合資会社マネジメント・ブレイン・アソシエイツ)

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

「三者面談対策」(前編)

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

今回の入試制度の話は主に神奈川・東京をもとにしています。各県によ
って入試制度はさまざまであることを最初に断っておきます。

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

「お母さん、中学校の三者面談では、あくまで第一志望は公立のK高校
だと担任の先生に伝えてください。そして、K高校の押さえとして私立
の併願のことを聞いてください。

私立一般受験のことは『今までがんばって勉強してきたので、チャンレ
ンジとして私立のK高校とH高校の一般受験をしたい』という言い方で
お話してください。

もし受かっても『公立へ行かせようと考えている』と、とりあえず伝え
てください。そのことは実際に合格してから考えても遅くありませんか
ら」


難関国私立高校進学クラスの中3の進路面談では、たいていこのような
ことを保護者の方に伝える。もちろん、難関と言われる私立高校を第一
志望とする生徒が多いのだが、あえて、こんな言い方をしてもらう。


塾では11月中旬から末あたりにかけて必ず進路面談を行わなければな
らない。その大きな理由の一つが「中学校の三者面談対策」である。


中学校では12月に入ると担任教師と生徒・保護者の三者面談を行う。
内容はもちろん高校受験のことである。


では、なぜ「中学校の三者面談対策」が必要なのか。


ここで、ちょっと私立高校の入試について説明しておこう。私立高校
と言っても入試のパターンはおおよそ4つである。


多くの人がパッと思いつくのは、大学入試や中学入試のような『一般
入試』だろう。これは、入試当日の試験の点数のみで合否が決まる。
学校の内申点は合否の点数に入らない。いわゆる難関と言われる私立
高校のほとんどが一般入試を採用している。


次に『推薦入試』がある。これは試験として、面接や小論文が課され
ることが多いが、ほとんど学校の内申点で合否が決まる。各学校から
『推薦基準』が出されており、その基準に足りていれば試験を受ける
資格が与えられる。


例えば、『9科目で内申点27以上』(オール3以上)という基準が出
ている場合、27に満たない生徒は推薦入試が受けられない。36を
満たしていれば、よほどのことがない限り合格は間違いない。


ただし、推薦入試の場合、他校の受験はできず、合格後は必ずその高
校へ進学しなければならない。(私が知る限り、例外は1校だけである。)


さて、これだけなら分かりやすいのだが、事はそう簡単ではない。や
やこしいのはここからである。


一般入試、推薦入試以外に『単願入試』、『併願入試』という制度があ
るのだ。


「単」という字からも分かるように、『単願入試』は極めて推薦入試
に近い。推薦入試との違いは、「内申点の基準」、「入試日程」、「筆記
試験」の有無である。


単願入試は推薦入試より内申点の基準が高いのが普通だ。例えば、
同じ学校の推薦入試の基準が『9科目で内申点27以上』だとする
と、単願入試では『9科目で内申点30以上』といった具合になる。
もちろん、この内申点に達していなければ、受験資格はない。


また、単願入試は筆記試験を課せられる。私立なので、英数国の3
科目のケースがほとんどだ。入試日も推薦入試よりも遅い。


筆記試験を課せられる「推薦入試」だと考えると分かりやすいかも
しれない。よって、推薦入試同様、他の学校の受験は認められない。


筆記試験はあるが、よほどのことがない限り、―3科目全て一桁の
点数だった、入試会場で暴れたなど―合格である。僕の経験の中で
は不合格だった生徒は皆無である。


一方、併願入試は他校を受験してもよい。ただし、その他校とは、
「公立高校」のみである。


つまり、公立高校を第一志望校とする生徒が「押さえ」いわゆる
「滑り止め」として私立高校を受ける場合に利用するのが、併願入
試である。


当然、推薦や単願よりも、入試を受けることができる内申点の基準
は高い。単願同様、筆記試験も課せられる。


公立高校を第一志望とするほとんどの生徒は万が一の公立高校不合
格に備えて「併願入試」を受験する。これもたいていの場合、よほ
度悪い点数を取らなければ合格となる。


ちなみに、「難関私立A高校を第一志望で一般入試を受験し、不合
格に備えてB高校の併願入試を受ける」ことは許されない。


一般入試なら、試験日程さえ許せば、何校受験しようが一向に構わ
ないが、ある私立高校の滑り止めとして「併願入試」を利用するこ
とはできない。(私は例外の経験はない)



これを踏まえた上で、なぜ「中学校の三者面談対策」を塾で行う
必要があるのか、お話したい。


いろんな思惑とテクニカルな話になってくる。


次回へ続く。(登場する生徒名は全て仮名です。)

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
    ◇◇◇ Global Thinking and Local Acting ◇◇◇
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

■塾経営のデジタル専門誌「塾経営・サクセスネットMBA」
「塾経営・サクセスネットMBA」は教育専門コンサルタント
マネジメント・ブレイン・アソシエイツのノウハウを凝縮した塾経営に
特化した画期的専門誌です。毎月2回メールにて配信いたします。
 
第82号(1月16日発行)の特集は・・・
 
「2007年教育情勢・塾業界展望(後編)
〜(資)マネジメント・ブレイン・アソシエイツ代表 中土井鉄信インタビュー」です。

無料サンプル配信いたします。お気軽にお問い合わせください。

http://blog.management-brain.co.jp/archives/2007/01/post_223.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
『夢見る力を!』合資会社マネジメント・ブレイン・アソシエイツ

バックナンバーはホームページの「教育コラム」にあります。
    http://www.management-brain.co.jp/

お問い合せ・感想はこちら
    mailto:mailadm@management-brain.co.jp

◇いただいたご意見は許可なく匿名にて掲載させていただくことが
ございます。掲載を望まない方は一言お書き添えください。
================================
最後まで読んでいただきありがとうございました。もしよろしければ
他の人にもこのマガジンを紹介してください。よろしくお願いします。
ご友人・知人の方への転送は自由になさってください。
転載ご希望の方はご連絡ください。
================================
■MBAのメルマガに広告を出しませんか。
詳細は上記アドレスにお問い合わせ下さい。
>> MBAのメルマガラインナップ
(毎週月曜)
○【塾経営の戦略・戦術】:「会社経営+塾運営」の側面からえぐる。
(毎週火曜)
●【子どものやる気を引き出す親のアプローチ】 親子のコミュニケー
ション方法を伝授!
(毎週水曜)
○【ある日の教室】:日本初!塾エッセイ
(毎週金曜)
○【教育記事から教育を考える】:最新教育記事と専門的解説
(毎週土曜)
●【U30のためのコーチングのススメ】 実践的なコーチングを学ぼう!
(月〜土)
○【考えるヒント・今日の言霊】:名言と元気が出る解説!

================================
■□解除の方法□■ 
解除は以下のサイトよりお願いします。
まぐまぐ   :http://www.mag2.com/(0000102025)
E-Magazine  :http://www.emaga.com/(コード aruhi)
Melma    :http://melma.com/contents/taikai/(ID 00077243)
メルマガ天国:http://melten.com/(ID 12172)
カプライト  :http://kapu.biglobe.ne.jp/(ID 6767)
メルモ      :http://merumo.ne.jp/reader/main_nf.html(ID 00119783)
まぐびー    :http://magbee.ad-j.com/mlm/index.php(コード 00000173)
めろんぱん  :http://www.melonpan.net/index.html(ID 003727)
ミニまぐ  :http://mini.mag2.com/pc/k/(ID M0039652)

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2002-10-30  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: 100 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。