日記・blog

(〃 ̄ω ̄〃ゞ  なっとく 知っ得 歯の学校

こんにちは 野寺義典です。銀座の開業医(歯科)が、ちょっとした歯のお話しを、短編にてみなさんにお贈りします。


全て表示する >

(〃 ̄ω ̄〃ゞ なっとく 知っ得 歯の学校 平成 20年 8月 3日号

2008/08/03


       平成20年8月3日号です

歯科と喫煙

喫煙が様々な疾病の原因となることは、もはや周知の事実ですよね。

我々の関わる歯科においても、例外ではなく、喫煙が多くの「不利益」をもたらして
いるんです。

まず、筆頭にあげるべきは、歯周病との関連でしょう。
喫煙によってもたらされる、ニコチンや一酸化炭素は、歯肉の毛細血管を細くし、
血行を妨げます。それによって、血液中の白血球が持つ免疫力や治癒力を弱める
ことになります。

また、喫煙によってもたらされるタールは、歯の表面にプラーク(お口のばい菌)を
つきやすくし、発癌性の物質でもあります。

それから、お子さんのいらしゃる方でしたら、子供の歯ぐきにも影響があることを
覚えていてください。

子供の歯ぐきが、少し黒い色がついているようでしたら、喫煙の影響が考えられます。

喫煙は止めても、その影響が完全に、無くなるまでには、およそ10年かかるようです。

"今からでも遅くはありません。"

10年後の自分と未来の子供たちのために、そろそろ禁煙を考えてみてはいかが
でしょうか。

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2002-10-14  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。