日記・blog

(〃 ̄ω ̄〃ゞ  なっとく 知っ得 歯の学校

こんにちは 野寺義典です。銀座の開業医(歯科)が、ちょっとした歯のお話しを、短編にてみなさんにお贈りします。


全て表示する >

(〃 ̄ω ̄〃ゞ なっとく 知っ得 歯の学校 平成 18 年 12 月 31 日号

2006/12/31

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

   〃~  ヾ
   〃 ノ丿))) 
  (e ・J・     
   | ー丿   n     なっとく 知っ得 歯の学校  第50号  
  ,へ_工   /厶  
 /  、 ヽ ,べ 亅 
 |   \_/  >~
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

       平成18年12月31日号です

マイクロスコ−プ

みなさんは、歯科医院の中で、大きな顕微鏡を見たことはありませんか。
直接、お口の中をのぞかないで、顕微鏡(マイクロスコ−プ)を通して歯の治療をするん
です。
マイクロスコ−プを通して、歯や歯肉を見ることでとてもたくさんの情報を得ることができ
るのです。

人間の眼の能力は、小さなものを見分けるのが少々苦手のようです。
分解能という、二つの点を、一つの点ではなく二つの点として見分ける最小の距離は、
約0.2mmです。(0.2mmより点が近づくと、人間は一つの点に見えてしまいます!)

つまり、0.2mmより小さな仕事は、それが何かもわからない状態で、仕事をしなけれ
ばならないんです。

マイクロスコ−プを使用すると、数倍から数十倍も拡大してものを見ることができるため、
削った歯の形や(歯の)根の治療にとっても有用です。

しかし、マイクロスコ−プは、しっかりとした土台を設置し、しかも高額な器械なため、
まだ、一部の歯科医院にしか見られません。

器械が高額な上、余裕のある時間をとって治療するとなると、とても今の日本の保険
治療ではカバ−できるものではありません。

より確実な治療受けるためには、なんでも「保険」で済ませてきた日本の医療をそろそろ
考え直さねばいけないのかもしれませんね。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ご質問、ご感想、ご要望等、皆様からのメール、お待ちしています。
 mailto:melma@ginza-avenue.jp

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

筆者の紹介

野寺 義典

現在、銀座アベニュー矯正歯科にて勤務
( http://www.ginza-avenue.jp/ )

日々の出来事をブログにて更新しています。
http://blog.livedoor.jp/ginza_avenue/

ご質問等は
 mailto:melma@ginza-avenue.jp

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇このメールに掲載された内容は、いかなる形式であれ、許可なく転載する
  ことを禁じております。

◇このメールマガジンの配信解除・配信先の変更
 配信解除・配信先の変更は、原則的に下記のURLのページで簡単に行うこと
 ができます。
  メルマガ天国 http://melten.com/m/11948.html
  まぐまぐ  http://www.mag2.com/m/0000099219.htm
    melma      http://www.melma.com/      ID:m00076173    
    めろんぱん http://www.melonpan.net/melonpa/mag-detail.php?mag_id=003543
    カプライト http://cgi.kapu.biglobe.ne.jp/m/6656.html  


◇発行/編集/お問い合わせ先/バックナンバー
 電子メールマガジン「なっとく 知っ得 歯の学校」 18/12/31
 編集責任者:野寺 義典 ( mailto:nodera@ginza-avenue.jp )
  URL : http://homepage2.nifty.com/casaparadis/nodera/index.htm

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2002-10-14  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。