口コミ

「パン屋のオヤジの独り言」

[食」が信じられなくなった昨今、特にパンに関し、心配するべきところ、心配しなくても良い点を、わかりやすい切り口で述べて生きたい。

全て表示する >

残りパンの使い方。美味しいパンの選び方。パンの材料説明。

2004/05/13


     パン屋のオヤジの独り言。    04年5月15日号

―――――――――――――――――――――――――――――――――

  今朝起きる時、本当に足腰立たないんですよ。起きる気持ちは有って
頑張って起きようとするのですが、寝返りも打てず、足にも腰にも力が入
りません。

  まずいな。これっていわゆる「金縛り」? 意識もしっかりしていた
し、別に悪い夢見たわけでもないし。私の愛猫「五郎」の脳みそよりも少
し多い程度の私の脳みそは、必死に考えました。

原因がわかりました。昨日の私のスケジュールです。

早朝からフジテレビ「スーパーニュース」のロケだったんですが、途
中2時間は「でぶや」の追加ロケ、疲れるわけです。

  たかがパン屋のオヤジが「気取って」ロケ、疲れるわけです。でも
「怒りキャラ」をそろそろ卒業できそうです。

―――――――――――――――――――――――――――――――――


  話は変わりますが、このメールマガジン、結構海外でお読みくださっ
ている方が多いんです。その方々がその国々でしっかりと根づき、旺盛な
好奇心と真面目な感動をメールマガジンで配信されています。今回はお二
人の方々のメールマガジンをご紹介します。

  お一人はお隣韓国の物凄い田舎にお住まいになり、優しい旦那様とお
姑さんともども、楽しくも刺激的な日常を送っていらっしゃる「有沢いず
みさん」です。文章も楽しいのですが、お姑さんとのヤリトリ、方言での
会話、「美容室」での出来事、等など、冷静に考えればかなり大変なこと
を「楽し」んでる様子、本当に面白いです。

 メルマガ『韓国ド田舎ライフのすすめ』  発行者:有沢いずみ 
http://www.geocities.co.jp/SilkRoad-Lake/2618/
                     から申し込めます。

   もう一人は四本さん。イタリアのトスカーナで暮らしている方です。
ご主人のリナルドさんは優秀な料理人、そして奥様は芸術家。メールマガ
ジンの中でイタリアの風俗習慣だけでなく、食品素材、料理、調理法そし
て食と文化にも触れた濃厚重大な内容のマガジンです。

  メルマガ「トスカーナの食いしん坊日記」
       http://www.buonobuono.net/jikosyoukai.html
               から申し込めます。

―――――――――――――――――――――――――――――――――

もくじ

1)ベーグルの秘密
2)パン業界の裏側
3)宣伝

―――――――――――――――――――――――――――――――――

1)ベーグルの秘密(この部分はあまりヒトに教えないで下さい)

   ベーグルは17世紀の終わりごろユダヤの人々によって考案され、
20世紀初めには米国の東海岸でポピュラーな食べ物になっていました。
日本で紹介されたのは1995年頃からで、、、というのはいわゆる一般
的な「パン本」での紹介です。

   ベーグルの怖いところは苛性ソーダが使用されている場合がある、
というところです。工程において「湯通し」という工程があるのですが、
その際そのお湯に、量的には本の少量ですが苛性ソーダを混入する場合が
あります。「色付き」を良くする為です。

   最近は「湯通し」のお湯に入れるどころか、ミキシングの工程にお
いて粉と一緒に練りこんでいる場合も有るようです。皆さんパン製造に苛
性ソーダとは穏やかでない、と思うでしょうが苛性ソーダはプレッツェル
等のドイツ系のスナック的パンには、焼く前に薄い溶液をパンに塗り「色
付き」を良くする場合があります。

   でもご安心下さい。日本のパン屋さんでそんなことをやっているパ
ン屋さんは、一軒も無いでしょうから(たぶん)。心配なのは海外からの
輸入製品、また冷凍生地の状態で輸入しているもの、若しくは輸入物のミ
ックス粉でベーグルを製造している場合には、、、取り敢えず私自身は勿
論のこと、親類縁者、そして恨み骨髄に思っている知り合いにも、間違っ
ても「輸入物」は勧めません。

   アッ、ついでに申し上げておきますけど、海外からの輸入小麦粉は
100%「遺伝子操作」が成されています。国内産小麦粉は(現在の段階
では)殆ど「遺伝子操作」がされていないでしょう。

―――ホント、最近はポストハーベストの問題どころでは無くなって来て
   います。今度パン屋さんでベーグル売っているのを見かけたら、
   「お宅のベーグルは自家配合ですか?」と聞いてから買って下さい。
   嫌な顔されたり、答えに窮しているようだったら、、、
   
           オレだったら買わないよなーーー!

―――――――――――――――――――――――――――――――――


2)パン業界の裏側

   これ書くとまた嫌われるんですよね。今さら「いい子」になろうな
んて思ってないなけど。

   各種メディアで「人気のパン屋さん、トップ10」とかやっていま
すけど、殆どの場合かなりの「組織票」が入っているようです。大きなチ
ェーンベーカリーが「組織票」というのはまだ解りますが、パン愛好家の
方々の各種グループが相談の元に組織票を入れている、というお話しも聞
いたことが有ります。

   殆どのパン屋さん達は「その事」を知っていても言わないんですよ
ね。自分のところの人気が下がったら困るから。私のところ? 「いい子
のパン屋」じゃないから良いんです。でも「トップ10」に入ったら何が
そんなに良いのでしょうね?私には解りません。

   遺伝子操作された原材料を「知らない内に」(ホントは知ってる人
もいるんだろうけど)使い、食品添加物の知識が無いままパン作りをして
いるパン屋さんって、結構上位にランクインされています。

(ちなみにウチは、万年ワーストテン!!!。ここに書いた意見、「ヒガ
ンデいる廣瀬」の戯言、だったらいいんだけど。)by ヒガミ満雄


―――――――――――――――――――――――――――――――――

3)宣伝(お知らせ)

*「第二会 懸賞カウント」のお知らせ。

    この前は「オール セブン」で盛り上がりました。今度は10万
    で盛り上がりたいと思います。タダーシ、参加資格はこのメール
    マガジンの読者に限ります。今「8万チョボチョボ」、まだ時間
    が有りますので「懸賞品」、次回までに考えておきます。


*パン業界とパンを愛して止まない廣瀬が、またまた本を出します。
    
    面白いのは、この本の中にパスワードが入っており、私の「激励
    肉声メッセージ」を聞くことが出来ます。
         (聞きたかねー、と言われればそれまでなんですが)

a.「どうしてもやる気が出ないときに!」
b.「今日は絶対頑張る 一仕事があるときに!」
c.「もう明日生きるのもイヤになった時に!」
d.「悩みが有り過ぎ、押しつぶされそうな時に!」
e.「辛く悲しく情けないと感じたときに!」

   本の題名は「パンパン売れる、パン屋開店」 イデア出版局


*最近のテレビでのご紹介予定(地方によって映らないかも)

5月15日(土) 夕方5時半〜  フジテレビ 「スーパーニュース」
                         (5分くらい)
  21日(金) 夜9時〜    テレビ東京 「元祖 でぶや」
                         (5分くらい)
6月2日(水) 朝6時半〜 テレビ東京 「おはスタ」(弊社 奥専務)
                         (5分くらい)


―――――――――――――――――――――――――――――――――

御注意:

文章責任は全て廣瀬満雄に有ります。同業者及び関連業者の方々で、廣瀬
の意見に異論、反論がおありの場合には下記の住所までお寄せ下さい。
なを匿名の方の場合には、その全文と判断しうる情報をこの誌上にて公表
することを、何ら躊躇うものではないことを念のため申し添えておきます。
              (だって、頑固なんだもん!)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

#### 廣瀬満雄  ####Dr.M Hirose(D.B.A)

ーーーパンは作り手の都合ではなく、
  麦と自然酵母の都合で出来上がる。ーーー
 
無添加パン工房 リスドオル ミツ
(株)ミツ 東京都杉並区西荻南3-8-7
TEL: 81-3-3332-9683, 81-3-5344-7370
FAX: 81-3-5346-0032
 
E-mail : mutenkap@mvg.biglobe.ne.jp
弊社総合URL http://www2s.biglobe.ne.jp/~mutenkap/
弊社韓国語URL  http://mutenkapan.com.ne.kr
通販用URL:  http://homepage3.nifty.com/mutenkap/



規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2002-10-04  
最終発行日:  
発行周期:週間 毎週月曜日発行  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。