小中高校

教室からのプレゼント『メルマガ キッズ』

小学生が教室内の出来事を書いていきます。取材、構成も子どもたちが自分たちの手でおこないます。日本初の小学校の子どもたちによるMMです!?お楽しみください。

全て表示する >

教室からのプレゼント『メルマガ キッズ』

2003/12/21

■△▼□▲▽■△▼□▲▽■△▼□▲▽■△▼□▲▽■△▼□▲▽■△▼□▲
♪♪♪小学校の「教室」をみなさんへ♪♪♪2003.12.22 第24号
   ♪                           ★  ♪
        教室からのプレゼント 「メルマガ キッズ」第24号 ♪♪
♪♪ ★♪                            ♪
                      ☆メルマガキッズ編集委員☆
■△▼□▲▽■△▼□▲▽■△▼□▲▽■△▼□▲▽■△▼□▲▽■△▼□▲
 
         みなさん、こんにちは、お元気ですか?
   
         アッという間に2学期も終わりに近づいて来ました。
         私達はとっても元気です。^0^
         たくさんのことにチャレンジしてきました。
         そして、今もしています。

         発行ができなかった分、これからがんばっていきます。
         これからも応援して下さいね!

                     北九州市立香月小学校6年1組
▼INDEX▼━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

1.がんばった2学期だったよ!!

2.やるキッズディベート県大会 優勝への道のり

3.祝!!大会2連覇!!^0^

4.ショーン先生へのインタビュー♪

5.次号の予告

   編集後記

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━▲ 本号のINDEX▲

 ☆☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆☆
          がんばった2学期だったよ!!
 ☆☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆☆

みなさん、こんにちは。決してさぼっていたわけではないのですが・・・・
発行が遅れてすみませんでした。ごめんなさい。

でも、この2学期もとてもがんばっていたのですよ。
そんな2学期を少し紹介しますね。

10月。
私達の地区では、相撲大会があるのです。
太一君が、個人戦で第3位になりました。去年の2位に続いてのメダル獲得
です。パチパチパチ!!
卒業文集の将来の夢に「相撲取り」と書くほど相撲が大好きなんだそうです。
将来の横綱をめざしてがんばるそうです。みなさん、太一君のことを覚えて
いて下さい。本人は本気です!

月末には、やるキッズディベート県大会がありました。夏の北九州大会で優勝
したので県大会に出場したのです。(詳しい内容はこの後に)
な、な、何と!! 大会2連覇を達成したのです!! す・ば・ら・し・い!
3月には県知事さんから表彰されるのだそうです。

11月。
小学校生活最後の学芸会がありました。6年生は、「踊る大捜査線ハイライト」
を演奏しました。難しかったけれどみんな一生懸命に練習しました。
「さすが、6年生」と言われてうれしかったです。
みんなで一緒にすることがだんだん少なくなってくるので寂しい気持ちもします
が、一つひとつをよい思い出にしようという気持ちになりました。

30日に九州地区小学生ディベート大会がありました。空君は4年連続出場でし
た。そこでも「優勝!」したのです。もう「敵なし」といった感じです。
もちろんそのためには涙の出るような?菊池先生の特訓があったのです。感動!

12月。
「西日本地区語りべ大会」というお話コンクールがありました。昔話などをみん
なの前で話すというコンクールです。そこでもクラスの友達が大活躍!
雪さんが最優秀賞、トミーさんが優秀賞を受賞したのです。す・ご・す・ぎ・る!
「ワンツーフィニッシュ」と先生が喜んでいました。

近くのデイケアセンターに6年生みんなでふれあいに行きました。「読み聞かせ」
などの活動をしました。総合的な学習の時間の取り組みです。お年寄りとも仲良
くなりました。涙を流して喜んで下さった方もいて、私達もうれしかったです。

といった2学期の後半でした。みんな一生懸命にがんばっていたのですよ。
来年は、もう卒業です。残りの小学校生活をもっと楽しいものにしようとみんな
で考えています。


 ☆☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆☆
        やるキッズディベート県大会 優勝への道のり
 ☆☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆☆

10月26日に福岡県やるキッズ大会がありました。そうです。ディベートの県
大会です。夏休みの北九州大会で優勝した後は、この大会で優勝することを目標
にしてがんばってきていたのです。去年優勝していたので、今年は2連覇がかか
っていました。メンバーは雪さんを入れた新チーム5人です。

大会の2週間ほど前からいつものように先生の特訓が始まりました!先生は、
「がんばりましょう。優勝だ。君たちならできる。」
と、口ぐせのように話していました・・・・。そして、休み時間に廊下などで、
すれ違う時に、
「おっ、第2反駁はもう完璧? さすがだな!!」
と、冗談を言って楽しそうにしていました。その冗談を聞くと、当然?第2反駁
を次の特訓の時までにはしておかないといけないのです。(^0^;)冗談は、先
生からの「ちゃんと準備をしておきなさい」というサインのようなものなのです。

大会2日前。
放課後の教室。黒板前にみんなが集合しています。先生が、黒板に作戦やポイン
トを一気に書いていきます。まさに「マシンガン」でした。おおぉぉぉ・・
「よし、これで十分。そうだな・・・先生の予想では、90パーセント優勝でき
ると思うよ。」
最後に先生の言葉。本当に大丈夫なのか・・・。自信と不安が半分半分でした。
「じゃあ、あさってがんばりましょう。おいしいビールが飲みたいなぁ」
先生はそう言って、プレッシャーをかけて?!くれました。
                            (空)

 ☆☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆☆
            祝!!大会2連覇!!^0^
 ☆☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆☆

県大会の日が来ました。北九州から高速バスで会場に向かいました。バスの中で、
そら子さんと反駁の確認をしていました。先生が時々、
「〜〜に対しての反駁は大丈夫?」
「・・・の時は、少なくとも〜〜ということだけは言っといてね。」
などと、アドバイスが入ります。
会場で開会式を待っている間も、
「宿題のメリットを相手が出してきたら、それはプランとは関係がないと言うこ
とを・・・」
と次々に・・・。本当に最後の最後まで徹底していました!!
ある意味ス・ゴ・イ!!

1回戦の抽選です。空君がくじを引きました。その結果「否定側」でした。
去年の県大会3試合と今年の北九州大会3試合は、なぜかすべて肯定側だったの
です。だから、本当に久しぶりの否定側にビックリ! 一瞬、不安に・・。
「いいね。否定側か、基本的に強い立場だからよかったね。」
という先生の言葉。
「うっ、本当かな?なんの根拠で・・?」
と思いましたが、気持ちを切り替えて試合場に行きました。

試合は調子よく無事終了。5人が持ち味をしっかり出して3−0で勝ちました。
相手チームの方と握手をして2回戦の抽選へ。
今度は肯定側でした。この試合に勝つと、決勝戦に進めるのです。私は、再1反
駁でした。質問担当がそら子さん。質問で崩しておいて私の反駁で・・・という
のが作戦でした。ドキドキの試合が始まりました。
そら子さんの「厳しい」質問が、ビシビシ決まっています。すごい迫力!!
そして、私の第1反駁・・・・。3分間があっという間に過ぎました。
結果は、3−0の勝利!  ホッとしました。
ニコニコしながら握手をしました。
「香月小学校が相手だからしかたないなぁ」
「あの人たちはテレビにも出ていた人だよ」
こんな声を聞きました。うれしいような恥ずかしいような・・・(ポッ)

そして、とうとう決勝戦です。相手チームは、去年1回戦で対戦した学校でした。
円陣を組んで何かを話し合っています。そうとう気合が入っているようでした。
それに比べて私たちは、先生が、
「さあ、優勝したらどこでビールを飲もうかな・・居酒屋がいいな」
といった話を聞きながら試合が始まるのを待っていました。(^0^;)

抽選で勝って肯定側になりました。試合開始です。立論の雪さんがドンピシャ4
分間でブザーといっしょに読み終わりました。会場から「ホォー」というどよめ
きが起こりました。真剣です。
そして、私の番。・・・・何かが少し違うように感じました。相手の立論と第1反
駁が理解できていなかったからです。だから、どう反駁していいのか・・。
「これは・・・ダメかも・・・」
そんな気がしました。第2反駁の空君が最後までがんばってくれましたが・・・。
試合が終わっても力が入りませんでした。先生の顔を見ました。少し険しい顔を
しているようにも見えました。お母さんもお父さんも心配そうな顔をしていまし
た・・・。
「私のせいで負けたかも・・」
そんなことばかり考えていました。審判の判定までがとても長く感じられました。
正直、結果を聞くのが怖かったです。先生が来て、
「相手の立論の半分は、自分たちのプランから出るデメリットではない。第1反
駁も、関係のない反駁で意味がないから大丈夫。」
と言ってくれました。でも・・・・・。

結果発表です。会場がシーンとなりました。
「・・・・ということで3−0で、肯定側の香月小学校の優勝です。おめでとう
ございました。」

全身から力が抜けました。「よかった」という気持ちだけでした。(^0^)
みんなと拍手し合って喜び合いました。とうとう大会2連覇です!!祝!!

帰りのバスの中では、みんな疲れて寝ていました。私もぐっすりでした。先生が
写メールでみんなの寝顔を撮っていました。先生は元気がいい!!

北九州に帰ってきて、去年と同じレストランで祝勝会をしました。お母さんに、
「好きなものを食べていいよ」
と言ってもらったので、おいしいものをたくさん食べました。友達との会話もに
ぎやかでした。
相変わらず?先生は、グイグイおいしそうにビールです。お父さんたちも。でも、
先生のペースは違っていました。あっという間に「これをもう1杯」と店員さん
に言っていました。まるで水のようでした!

こうやって私たちのディベート県大会は終わりました。2年間負けなかったこと
よりも、頑張り通せたことがうれしいです。3月の表彰式にはそのことを1番に、
胸を張って参加しようと思っています。
                         (ほし子)

 ☆☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆☆
         ショーン先生へのインタビュー♪
 ☆☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆☆

今年から学校に来れれているショーン先生にメールでインタビューしました。
2週間に1度の英語会話活動の先生です。とってもやさしいカナダから来られ
た先生です。

菊池先生とも仲がよくて、よくビールを飲みに行っているそうです。
「ショーン先生と焼き鳥を食べたよ。お箸の使い方も上手」
「1杯だけ飲むつもりが『いっぱい』(たくさん)飲んでしまった」
などと、よく先生が話しています。(^0^)
そんな楽しいショーン先生へのインタビューです。

Sent: Saturday, October 25, 2003 10:27 AM
Subject: 香月小学校6年1組メールインタビュー♪
| Q1〜生活〜
|
| 〈1〉日本に来て、日常生活の中で余りにもカナダと違いすぎて驚いた事は
| 何ですか(^0^)

One of my biggest shocks upon coming to Japan was the morning 
ceremonycalled chorei.  I suppose the school I was sent to was 
rather conservative,
and the students recited a sort of a Buddhist chant at breakfast 
as well asbowing prolifically.  
I found the chanting spooky, and felt out of place.

最初日本に来たら凄く大きなショックには朝礼でした。勤めている義塾はかな
り保守的だったと思って、朝ご飯を食べたときに生徒達は経を念じていて、
たくさんの礼をしました。少し怖い感じだった、どうすればいいか分からなか
ったです。

| Q2〜食べ物〜
|
| (1)和食で好きな食べ物と、嫌いな食べ物は何ですか<!0!>

I love green tea flavoured ice cream; I don't know why.  
It's rare inCanada.  The first time I had wasabi, I thought it was 
pudding, so I ate amouthful.  I realized what I had done immediately,
 so I swallowed it fast,but my eyes still welled up with tears.  
Before that, I mistook pickled"plums" (actually Japanese apricots, 
apparently) for candy once, and when Ifirst ate Japanese pickles I
 had strange dreams.

抹茶アイスは大好きです。なぜか分からないが。カナダにはあまりないです。
初めてわさびを食べた時プリンだと思って、一口食べました。すぐに間違いが分
かって、早く飲み込んだが、それでも目に涙が込み上げてきました。その前に、
「プラム」(実は梅帽子と言うそう)はキャンディーと思って、初めて漬物を食
べた時もおかしい夢を見ました。

| (2)御箸を使うことは大変ですか?

I don't think so.  I was good with chopsticks when I was very
 young -- Iremember winning a popcorn eating contest at the local 
wading pool.  When Iwent to my Vietnamese friend's house they 
thought it was very funny of me totry to eat soup with chopsticks.  
I like Canadian Chinese food too.

私の場合はそんな事ないです。とても若い頃でも箸で食べれて、近所の子供用の
浅い水遊びプールのポップコーンを食べるコンテストが勝ったのは覚える。
ベトナム系の友達の家に訪ねた時、皆は私がスープを箸で食べてみたのはおかし
がったそうです。
カナダにある中華料理も好きです。

| <日本について>
|
| Q1〜日本のTV〜
|
| (1)好きなTV番組は、何ですか。

I used to watch Astro Boy on Saturday mornings as a child -- 
it brings backfond memories.  I sometimes watch Musashi on 
Sunday nights.

子供の頃鉄腕アトムの英語のバージョンを土曜日の朝いつも観たので、
懐かしいです。時々私も大河ドラマの武蔵が日曜日の晩に見ています。

| (2)好きなタレントは、誰ですか。

I hear my youngest sister likes Koyanagi, Yuki.  They're the 
same age.  Asfor me, I really don't know.  
I don't have a TV of my own now.

一番下の妹は小柳ゆきが好きと聞いた事あります。同じ年齢です。
私は実は知らないです。今テレビも持っていません。

| Q2〜日本について〜
|
| (1)日本とカナダでは、どちらの女性が好みですか。

I don't know much about the fairer sex in either Canada or Japan. 
 Myimpression of Japanese women at first was that they were more 
polite, butI've come to realize that I can't understand them at 
all either.

両方の女性はあまり知らないですよ。日本の女性の方は丁寧だと思ったが、
今は日本の女性も全然理解できないそうです。

| (2)私達6年1組は、英語は上手な方ですか??

English takes a long time to learn, and I only see you 
sporadically, but Isincerely hope you feel you've improved. 
 Some students in your classdefinitely seem to be able to write 
very well already, no thanks 
to me.

英語を習うのはとても長い時間かかって、たまにも教えられるが、誠に英語の
レベルが上手になせたと感じているのは欲しいです。ある生徒は英語を書くの
がもう上手だそうが、私の陰ではないでしょう。

| <一言インタビュー>
|
| 一言で答えてください。
|
| Q1好きな言葉は何ですか・・・

You old fogey.

時代遅れたあなた。

| Q2菊池先生とは、よくお酒を飲みに行くのですか?

Yes, but he's been busy lately.

はい。けれども菊池先生はさいきん忙しかったそうです。

| Q3先生になっていなかったら何になりたかったんですか・・?

I wanted to go into scientific research.

科学研究者になりたかったんです。

| Q4趣味は何ですか。

I want to learn more jojutsu 
(a Japanese martial art using a walking stick).

もっと杖術(ある杖が使う日本の武道)を習いたいんです。

| Q5自分のチャームポイントは何ですか。

If anything, it's patience.

もし何かあれば、辛抱です。

| Q最後に一言感想を言ってください。

Try, try again.

何回もやってみる。

--------------------

You'll have to correct my Japanese.  
あなた達は私の日本語を訂正しなければならなりません。

Sincerely yours,

Sean Fogarty
(フォガーティ翔)

ショーン先生、来年も楽しく英語を教えて下さいね♪

 ☆☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆☆
               次号予告
 ☆☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆☆

次号の予告です。今年中にもう1つ発行する予定です。
今年最後だから、今までよりもパワーアップしていこうと思っています。
楽しみにしていてくださいね。

1.来年の夢大特集
3.6年1組秘密の取り組み
4.クラブ部長さん、委員会委員長さんへのインタビュー1
5.新!教室さわやかミニ話
6.お便り紹介
7.次号予告

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

            〆〆〆〆編集後記〆〆〆〆

長いと思っていた2学期も本当にあっという間でした。
たくさんの行事があって、とても忙しかったような気がします。
でも、さすが6年1組、みんなとてもがんばりました。

来年は中学生。年賀状にも「中学生になって・・・」という言葉が多くなりそう
です。少し大人になるようでドキドキしてきます。

来年も「メルマガキッズ」をよろしくお願いします。
もっともっとがんばっていきますね!!

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼・▼△▼・▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼
 
 ★ ご感想、お問い合わせは   kikuchis@05.alphatec.or.jp まで。
 ★ 編集・発行責任 菊池 省三
        ホームページ  http://www.05.alphatec.or.jp/~kikuchis
 ☆ メールでいただいたご感想などは、本メールマガジンでご紹介させていただ
   くことがあります。
 ☆ 本メールマガジンの無断転載はお断りします。転載については、メールでご
   相談ください。

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽








規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2002-09-06  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。