トップ > エンターテイメント > 演劇 > 月刊インプロ

即興演劇、即興音楽等、「インプロ」の情報をお届けします。

RSS


メルマガの登録・解除

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。



月刊インプロ3月号

発行日:3/8

=================================
<目次>
[1]現在募集中クラス情報
[2]仙台ライヴ&ワークショップ情報
[3]池上奈生美コラム
[4]【インタビュー/Mr.Volker Quandt】
=================================

━━━━━━━━━━━━━
 [1]現在募集中クラス情報
_____________
http://www.improjapan.co.jp/company/new_class.html

【初めての方向け/お勧めクラス】
■パフォーマンスコース
『春季3日間集中クラス』
http://www.improjapan.co.jp/company/class_p1.html#try2
(1日目)3月18日(土)16:00〜19:00
(2日目)3月19日(日)16:00〜19:00
(3日目)3月20日(月祝)16:00〜19:00(18:00〜発表会予定〉

■シンキングコース
『入門クラス』
http://www.improjapan.co.jp/company/class_c1.html#c_1day
3月26日(日)14:00〜17:00

■中学生クラス
http://www.improjapan.co.jp/company/class_p1.html#chugaku
3月20日(月祝)13:00〜15:00

■キッズクラス
http://www.improjapan.co.jp/company/class_p1.html#kids
『ジュニアクラス』3月19日(日)12:30〜14:00
『シニアクラス』 3月19日(日)14:15〜15:45

※その他の募集クラス※
http://www.improjapan.co.jp/company/new_class.html

【Impro workshop for smile〜無料ワークショップ〜】
http://www.improjapan.co.jp/company/community.html
次回日時:3/11(水)14:46〜16:30

ツイッター:https://twitter.com/ImproJapan
フェイスブック:http://www.facebook.com/ImproJapan

━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 [2]仙台/ライヴ&ワークショップ情報
__________________
今月、仙台で、インプロジャパンのライヴとワークショップを
体験できます!

■「インプロ・ライヴ in 仙台」≪要事前予約≫
https://www.facebook.com/events/210946002708902/

インプロジャパンによる、仙台でのインプロライヴ!

お食事を味わいながら、この日この時しか見られない物語が生まれる瞬間を、
一緒に楽しみませんか?

日時:2017年3月18日(土) 17:30 OPEN /18:00 START
会場:長町遊楽庵びすた〜り(仙台市太白区長町3-7-1)
観覧料:大人(中学生以上)3,500円/お食事+1drink付き
予約・お問い合わせ:ws@improjapan.co.jp

ライヴ詳細: https://www.facebook.com/events/210946002708902/

■「インプロ・ワークショップ in 仙台」
http://www.improjapan.co.jp/company/class_p1.html#try
facebook : https://www.facebook.com/events/571307556392322/

※初心者の方からご参加いただけます※(要事前予約)

日時:3月19日(日)13:30〜16:00
講師:池上奈生美(インプロジャパン代表)
場所:せんだい演劇工房10-BOX(box-5)
受講料:2,700円(シェア割有/お問い合わせください)
申込み: http://www.improjapan.co.jp/company/class_p1.html#try

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 [3]池上奈生美コラム 〜「ドイツの27時間インプロショーに出演して」〜 
_______________________________
1月19日〜2月1日にドイツのチュービンゲンに行ってまいりました。
Harlekin Theaterというインプロ劇団の27周年のインターナショナル公演に
出演するためです。

今回、この劇団が企画したフェスティバル・・それは、27周年ということで、
27時間インプロ公演でした。
しかも、世界的にも人気のあるインプロのショースタイル「シアタースポーツ」
の?9”連続上演です。

私は、そのうちの2公演に出演させていただきましたが、
1つは、日本とネットで繋がり、パブリックビューイング形式で行われました。
日本の客席の様子が、ドイツのステージ上に映し出され、
日本からタイトルをもらったり、審査をしてもらったりと、
数年前には考えられなかった、はるか遠い地を身近に感じられる世界を繋ぐライヴでした。

そして、もう1つの公演は、今回のフェスティバルの為に、
様々な国から集まったパフォーマー達、ほぼ全員が出演しました。
ドイツ人、アメリカ人、ブラジル人、オーストラリア人、そして、私日本人。
ショーのルール、それは、基本的に全員が母国語で話すというものでした。
日本語を完璧に分かるプレイヤーはいませんし、
私自身も、ドイツ語、ポルトガル語は全くわかりませんし、
そもそも、どのプレイヤーがどれだけ理解して、シーンを演じているのかも
わかりませんでした。

なにしろ、時にタイトルだって理解できないままシーンが始まるのですから。
もし、すべての言語が分かる観客がいたなら、
かなりチグハグな会話になっていたと思います。

しかし、さずが各国から選ばれたパフォーマーたち、
何が起きても、全員がお互いを受け入れ合い、
どんな流れになろうと、それに対応してシーンは進んでいきました。
というのも、たとえ言語が分からずとも、彼らは皆、
今、その瞬間に生まれている芝居の世界観を掴む能力が非常に高かったのです。

ですので、言葉による細かいニュアンスがわからなくても、
大まかなストーリーはみんな理解し、様々な役割を演じたり、
時に、ダンスや音楽でその場を盛り上げていました。
私もかなり必死だったのですが、たった一つのジェスチャーで、
一瞬にしてみんながサポートしてくれるので、
どの瞬間も、心地よく安心して演じることができました。

心地よい理由は、受け入れ合うだけではありません。
どのパフォーマーも、他者に対して「敬意を払う」という姿勢を崩しません。
ですから、お互いの「長所」「美点」しか見えてこないのです。
彼らと関わるだけで、自然と自分の「長所」「美点」が
引き出されていきました。

それぞれを尊重し合い、言葉の壁、文化の壁、国境の壁を、
一瞬にして越えていったパフォーマーたち。
サッカーの選手たちが言う
「サッカーボール1つあれば、世界中の誰とでも仲良くなれる・・・」
この言葉に、憧れていましたが、
「イエスアンドがあれば、世界中の誰とでも仲良くなれる」
そう、感じることができたショーでした。

Harlekin Theaterは、週に数回インプロの公演をし、
毎回満員で立ち見も出るほどです。
27年間の歳月をかけ、ドイツ・チュービンゲンに
インプロの文化を根付かせた、ディレクターのVolker氏に
心から敬意を表したいと思います。
そして、日本にも同じように、「受け入れ、励まし合う文化」を
創っていきたいと、心を新たにした2週間でした。

池上奈生美のツイッターはこちら
http://twitter.com/naomiikegami

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 [4]【インタビュー】〜Mr.Volker Quandt(ドイツ・HARLEKIN Theater 演出家)〜
_________________________________
今回のインタビューは、ドイツのチュービンゲンという町で、
27年間インプロの劇団「Harlekin Theater」を続けてきているVolker Quandt 氏です。
http://www.harlekintheater.de/index.htm

演出家でもあり、ヨーロッパをはじめ、世界各国で演劇の指導に当たっており、
以前には、日本にも演劇の指導に来たことがあるVolker氏。

そして、そのVolker氏が率いる「Harlekin Theater」が、
今回、創設27年を迎えるにあたり、企画したプロジェクトが
様々な国のプロのインプロヴァイザー達を呼び、
27時間/9公演を、それぞれが母国の言語で行うというもの。
しかも、各公演、その国々と中継を繋ぎ、パブリックビューイングを
するというインプロ界初の試みでした。

今回のビックイベントを終えたVolker氏に、お話を伺ってみました。
=========================================
IJ:
チュービンゲンでは、シアタースポーツ(インプロのショー形式の一つで、
チームに分かれ、ラウンドごとにジャッジされて競い合うスタイル)
が人気のエンターテイメントだそうですが、それはなぜだとお考えですか?

Volker:
まずは、即興だから、どのパフォーマンスもすべて違って、
一つとして同じ作品がないということでしょうね。

それから、誰も、何が起こるか分からないこと。観客も、俳優も・・
観客は驚かされることを好みます。
それが、皆さんが何度も何度もご友人やご家族と一緒に、足を運んでくれる理由でしょう。

実際、これまでに65万人ものお客様が、私達の即興パフォーマンスを観てくださいました。

IJ:
65万人?!
そういえば、お客様の中には、27年間、毎週のライブに、
ずっと通い続けてくださっている方達もいらっしゃると伺いました。
素晴らしいですね!!

動員数もどんどんと増えていき、今や毎ライブ、劇場が満席とのことですが、
その秘訣を教えてもらえますか?

Volker:
一つ確かなことは、クオリティの高い俳優やミュージシャン達です。

我々は、常により良いものをパフォーマンスできるよう、挑戦しています。
違う言葉で言うと、
かなりハイクオリティな失敗をするようにしています。

私達は、、、
続きはこちら ⇒ http://blog.livedoor.jp/improthinking/archives/9503760.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
インプロに関する詳しい情報は www.impro.jp をご覧下さい。

このメールは購読を申し込まれた方の他に、インプロジャパンの受講生やお客
様、過去に問い合わせを頂いた方にお送りしています。以後の配信をご希望され
ない場合は、お手数ですが、このまま本メールをご返信下さい。

本メールは転送フリーです。ただし、内容の無断転載はご遠慮下さい。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

最新の記事

ブックマークに登録する

TwitterでつぶやくLismeトピックスに追加するdel.icio.usに追加Buzzurlにブックマークニフティクリップに追加Yahoo!ブックマークに登録記事をEvernoteへクリップ
My Yahoo!に追加Add to Google

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。


この記事へのコメント

コメントを書く


上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。
コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  1. コメントはありません。

このメルマガもおすすめ

  1. Japan on the Globe 国際派日本人養成講座

    最終発行日:
    2017/04/23
    読者数:
    13253人

    日本に元気と良識を。歴史・文化・政治・外交など、多方面の教養を毎週一話完結型でお届けします。3万8千部突破!

  2. 【起業家精神・人生を変えた言葉】

    最終発行日:
    2017/04/25
    読者数:
    4030人

    苦難を乗り越え人生を変えるきっかけになる言葉を、ほぼ毎日贈ります。

  3. 社長、「小さい会社」のままじゃダメなんです!

    最終発行日:
    2017/04/24
    読者数:
    5059人

    シリーズ第6弾!は『多様化するマーケットを読み解く力を身につけよう・編』。成熟した社会では「個としての在り方」が強く問われます。「みんな一緒」から「個」の時代へと大きく変革を遂げた日本の未来のために、エッジの効いたサジェスチョンを毎週月曜の朝お届けします☆

  4. インプロ大好き!即興マガジン

    最終発行日:
    2017/03/01
    読者数:
    525人

    プロ・インプロバイザー(即興表現者)の絹川友梨がお届けする、国際的・元気マガジン

  5. OurPlanet-TV News

    最終発行日:
    2017/04/21
    読者数:
    1302人

    インターネット放送局OurPlanet-TVの最新のコンテンツやイベント・トピックス、ドキュメンタリー情報などを配信。映画鑑賞チケットのプレゼント告知あり。

発行者プロフィール

過去の発行記事