トップ > エンターテイメント > 演劇 > 月刊インプロ

即興演劇、即興音楽等、「インプロ」の情報をお届けします。

RSS


メルマガの登録・解除

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。



月刊インプロ12月号

発行日:12/9

 <目次>
1.「関係を築く」part1.〜池上奈生美
2.NEWS!「即興ソングクラス」開講!
3.“インプロを観せる”子ども達 〜キッズクラス
4.【TIF/インタビュー】〜Will Luera氏に聞く〜
5.『フロー』状態を体験できる非日常空間〜秋山桃里
6. 次回のインプロシアターは、1月27日(木)
7.「関係を築く」part2.〜池上奈生美
8.年末年始・お休みのお知らせ

【初めての方向けおすすめクラス】
≪コミュニケーション≫
1日体験:1/10(月・祝)10:00〜16:30
レギュラー(毎週土曜):1/15〜2/19(10:00〜12:00)
≪パフォーマンス≫
即興ソング:12/11(土)10:00〜12:00
トライアル:12/12(日)10:00〜12:00
ベーシック日曜:12/19〜2/13(10:00〜12:30)
冬期3日間集中:1/8〜1/10(8日:12:30〜15:30/9,10日:13:30〜16:30)
≪キッズ≫12/19(日)14:00〜15:30
*現在募集中一覧はこちら
http://www.improjapan.co.jp/company/new_class.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 「関係を築く」part.1〜池上奈生美
______________________
先月末、東京インプロフェスティバル2010が無事閉幕いたしました。
観にきてくださった皆様、メール等で激励の言葉をくださった皆様、
陰で応援してくださった皆様、本当にありがとうございました。

今回、このフェスティバルのために、アメリカ、ボストンよりImprovBoston主宰
のWill Luera氏をお招きしました。
ImprovBostonは、100名のインプロヴァイザーと200名の受講生が所属しているボ
ストンを代表するインプロ集団です。
彼には、今回2つのショーの出演と2つのワークショップをお願いしましたが、
日本のインプロヴァイザーや観客と触れて、とても協力的であることや、
フィジカルな表現が豊かで見ているだけで想像をかき立てられるなど、素敵な賛
美を沢山頂きました。
また、彼も私も世界中のフェスティバルに参加しているので、国の違いを
超え、2010年の今のインプロを語り合いました。

その中で、もっとも共感したのは「受信の大切さ」でした。
日本やアメリカだけでなく世界中の多くのインプロヴァイザーが、〜〜〜

続きは、メルマガ後半にて。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
NEWS!「即興ソングクラス」開講!
_____________________
インプロシアターのミュージシャンとして国内で最も長く、
かつ多くの舞台で演奏している秋山桃花による即興ソングワークショップが
開催されます。
音を使った簡単なゲームから始まって、即興で歌詞やメロディはもちろん、
ハーモニーを作ったり。最後には全員で簡単なミュージカルを作るところまでを
目指します。
生演奏で即興ソングを歌えるチャンスはめったにありません。

インプロや即興ソングの経験がなくても、音楽を愛し、歌を楽しみたい方なら、
どなたでもご参加いただけます。譜面は使いません。音楽知識も不要です。

■日時:2010年12月11日(土)10:00〜12:00
■会場:インプロジャパンスタジオ
■受講料:4,200円
■定員:16名

クラス詳細、お申し込みはこちら。
http://www.improjapan.co.jp/company/class_p1.html#special
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「“インプロを観せる”子ども達」
 〜キッズクラス発表会より〜 峰松佳代
_______________________
インプロジャパンのキッズクラスのメンバーが、
東京インプロフェスティバルに参戦しました!

100席近い客席のある劇場でのインプロ。
リハーサルで舞台に上がった子ども達は、いつもと
少し表情が違い、緊張した面持ち(笑)。

続きはこちら
http://www.impro.jp/edu/archives/83.html

■次回クラスは、12月19日(日)14:00〜15:30
http://www.improjapan.co.jp/company/class_p1.html#kids
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 TIF/インタビュー 〜Will Luera氏に聞く〜
__________________________
11月下旬に行われた「東京インプロフェスティバル(TIF)」。
国内外、総勢100名超のインプロヴァイザー達が、5日間10公演、
様々なインプロを見せてくれました。

今回のメルマガでは、このTIFで、スペシャルアドバイザーを務めてくれた
ImprovBostonのArtistic Director/Will Luera 氏のインタビューをお届けします。
----------------------------------------------
1)東京インプロフェスティバルの感想を聞かせてください。

素晴らしく楽しいフェスティバルでした。
日本やアジアの多くのグループのインプロを見れたことや
私達がアメリカを代表して参加させてもらったことは本当に最高でした。
以前参加したメンバーから、実に協力的なフェスティバルだと
聞いていましたが、まったくその通りで、役者、お客さま、皆さんからの
インプロへの支持をとても感じるフェスティバルでした。

また、私は土曜日に行われたシアタースポーツ(チーム対抗戦)の審査員を務めまし
たが、日本の各インプロ団体が参加していて、それもとても興味深かったです。

2)インプロボストンが行っている企業研修はどのようなものですか?

私達は、様々な企業研修をやっており、その多くは、チームビルディング研修や、ブレインストーミング、
経営者研修、問題解決能力向上研修、接客力向上研修、表現力研修です。

新しいチームづくりに取り組む企業や、古い歴史がある企業が新しいアイデアを
シェアして、よりよい環境づくりをするための研修依頼を受けます。

また、営業チームの商品プレゼンや、講演者のスピーチの際に、
インプロの技術を使ってより効果が出せるよう、彼らのサポートすることもしています。

3)今後、日本のインプロヴァイザーとどのような交流を図っていきたいですか?

今後も、芸術的で専門的な有益な交流を図っていきたい。
私達は、日本のショーを見せてもらい、多くのことを学ばせてもらいましたし、
日本のプレイヤーにとって、私達の存在もそうであって欲しいです。
インプロボストンは、この関係を楽しみ、今後何年も続くことを願っています。
そして、よりよいインプロヴァイザーになるため、毎年、こうしてお互いの考
えや構想をシェアし続けたいと思います。
もちろん、日本から誰かがボストンに来たら、いつでもインプロボストンが待っ
ています。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 「『フロー』状態を体験できる非日常空間」 
   〜企業研修の現場から〜秋山桃里
______________________
心理学者のミハイ・チクセントミハイによって提唱された「フロー(flow)」とい
う概念があります。
WIKIによれば「人間がそのときしていることに、完全に浸り、精力的に集中して
いる感覚に特徴づけられ、完全にのめり込んでいて、その過程が活発さにおいて
成功しているような活動における、精神的な状態をいう。」
そしてこのような状態に有るとき個人や集団は当然高いパフォーマンスを発揮し
ます。インプロのアクティビティをやっているとき、受講者はまさにこの状態に
あり、びっくりするような発想が次々と出てきます。日常の業務の中ではなかな
か経験することのできない場です。
ある受講者の方がこんなことをおっしゃっていました。
「ふだんはどうしても日常業務に追われてしまって、新しいことに取り組むのが
大切だとわかっていても、時間が取れなかった。でも、問題は時間が取れなかっ
たことではなく、環境がなかったことだとわかった。」
インプロのワークショップでは参加者が自由な発想や協力を自然と行えるような
場作りを行っています。日常では出てこなかったアイディアを見つけたり、新た
な自分を発見したり。ぜひ、この非日常空間で、フローを一緒に体験しましょう。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
次回のインプロ公演は、「Impro Box」2011年1月27日(木)
 _______________________
音楽中心のimp公演。
お客様も一緒に手拍子したり、ハミングしたり、
心地よい音楽と笑いを、お酒を片手にお楽しみください。

日時:2011年1月27日(木) 19:30開演
場所:渋谷公園通りクラシックス
詳しくは http://www.nextimpro.com

動画も配信中
http://impro-movie.seesaa.net/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 「関係を築く」part.2〜池上奈生美
______________________
その中で、もっとも共感したのは「受信の大切さ」でした。
日本やアメリカだけでなく世界中の多くのインプロヴァイザーが、自分が何を表
現するか、発信するかに意識がいきがちです。
そのため、周囲との関係が薄れてしまう、影響を受け合わないという問題があり
ます。
そういう発信型のプレイヤーが多いと、シーンは自然と言葉や情報にあふれ、問
題が次々と埋まれていきます。
結果、演じているプレイヤー達もその情報を把握しきれず、楽しむよりもその状
況に流されてしまっている場面をよく見かけます。

しかし、Luera氏の言葉を借りると、「言葉を使わない動きからそこに存在する
“ギフト”を見つける」ことこそが、互いに違いがある人々が即興で深い関係、関わりを生み出せるのです。

物事の多くは自分からは生まれていません。
それなのに、周囲の変化を感じぬまま、発信をしているとどんどんずれていった
り、強引な展開になってしまいます。
周囲との関わりをもつための受信とは、まず、よく聞く、よく観るということです。

これは、インプロの舞台上だけの問題ではありません。

現在はとても情報にあふれ、私たちの脳もそれを処理することで精一杯です。
なおかつ、受信した情報をきちんと感じる暇もなく、「では、どうしようか」
と、すぐに発信する、つまり「発信するためだけに情報を入力してしている」こ
とが少なくありません。

それでは、そこにある”ギフト”に気づきません。
ほんの一瞬でも、「自分がやるべき事」を横に置いて、相手の言葉を黙って聞
く、周囲を眺める、余裕が大切であり、そのことが「関係」を築きあげていくの
だと思います。
関係を築くのは、相手に何を言うかではなく、相手にどう反応するか、ではない
かと思うのです。
「私があなたをどう思う」だけでなく「相手にとって自分がどういう存在なの
か」、相手からのギフトを受信し、その上でのリアクションが重要だと思いました。

彼から、日本のインプロヴァイザーは、相手への集中力がある、表面的な
ジョークに走ることなく、細かい心の動きを感じ合い、思いやる優しさが伝わっ
たと、嬉しい言葉も頂きました。
情報に流されることなく、今ある物を最大限に生かす。
これは、私たち日本人が世界に誇れる長所でもありますよね。

今回、客席に、舞台上に、たくさんの”ギフト”があふれていました。
感謝の思いとともに、どうリアクションするかが、今インプロジャパンに求めら
れていると思います。
2011年にさらに飛躍したフェスティバルをお届けできるよう、頂いたギフト
を享受し、リアクションしていきます。
本当にありがとうございました。

皆様お元気で新春をお迎えになられますよう
心よりお祈り申し上げます。
━━━━━━━━━━━━━━━
年末年始・お休みのお知らせ
_______________
2010年12月29日(水)〜2011年1月4日(火)は、
年末年始のお休みとさせていただきます。
来年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
インプロに関する詳しい情報は www.impro.jp をご覧下さい。

このメールは購読を申し込まれた方の他に、インプロジャパンの受講生やお客
様、過去に問い合わせを頂いた方にお送りしています。以後の配信をご希望され
ない場合は、お手数ですが、このまま本メールをご返信下さい。

本メールは転送フリーです。ただし、内容の無断転載はご遠慮下さい。

| 次の記事>> | 最新の記事

ブックマークに登録する

TwitterでつぶやくLismeトピックスに追加するdel.icio.usに追加Buzzurlにブックマークニフティクリップに追加Yahoo!ブックマークに登録記事をEvernoteへクリップ
My Yahoo!に追加Add to Google

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。


この記事へのコメント

コメントを書く


上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。
コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  1. コメントはありません。

このメルマガもおすすめ

  1. Japan on the Globe 国際派日本人養成講座

    最終発行日:
    2017/05/21
    読者数:
    13242人

    日本に元気と良識を。歴史・文化・政治・外交など、多方面の教養を毎週一話完結型でお届けします。3万8千部突破!

  2. 【起業家精神・人生を変えた言葉】

    最終発行日:
    2017/05/23
    読者数:
    4025人

    苦難を乗り越え人生を変えるきっかけになる言葉を、ほぼ毎日贈ります。

  3. 社長、「小さい会社」のままじゃダメなんです!

    最終発行日:
    2017/05/22
    読者数:
    5059人

    シリーズ第6弾!は『多様化するマーケットを読み解く力を身につけよう・編』。成熟した社会では「個としての在り方」が強く問われます。「みんな一緒」から「個」の時代へと大きく変革を遂げた日本の未来のために、エッジの効いたサジェスチョンを毎週月曜の朝お届けします☆

  4. インプロ大好き!即興マガジン

    最終発行日:
    2017/05/09
    読者数:
    525人

    プロ・インプロバイザー(即興表現者)の絹川友梨がお届けする、国際的・元気マガジン

  5. OurPlanet-TV News

    最終発行日:
    2017/05/19
    読者数:
    1301人

    インターネット放送局OurPlanet-TVの最新のコンテンツやイベント・トピックス、ドキュメンタリー情報などを配信。映画鑑賞チケットのプレゼント告知あり。

発行者プロフィール

過去の発行記事