演劇

月刊インプロ

即興演劇、即興音楽等、「インプロ」の情報をお届けします。

全て表示する >

月刊インプロ6月号

2009/06/01

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 <今回の目次>
 ★   NHK「ソクラテスの人事」で「インプロ研修」紹介。
 ☆ 「インプロシンキングで変化に強い組織をつくる」
 ★ 「やってみて気づくこと」
 ☆ 「一つになれる喜び」
 ★ 「フォロワーシップを育成する」
 ☆ NEWS!! 「インプロワークショップ in 福岡」開催決定!
 ★ インプロのゲーム紹介(12)「Play Book(プレイブック)」
 ☆ ひらめきトレーニングノート「台本ゲーム」
 ★ NeXT IMPRO THEATREは6月26日(金)

 〜〜〜〜〜☆ 〜〜〜〜〜☆ 〜〜〜〜〜☆ 〜〜〜〜〜☆
【今月のおすすめクラス】(どれもはじめての方でもご参加頂けるクラスです)
■ベーシック木曜クラス: 6/25〜8/27(19:30〜22:00)
■トライアルクラス: 6/2(火)19:30〜21:30
■エクササイズクラス: 6/24(水)10:00〜12:00
■コミュニケーション/1日集中:6/13(土)10:00〜16:30
■キッズクラス:6/28(日) 
1)キッズジュニアクラス(対象:小学1年生〜小学3年生)13:30〜15:00
2)キッズシニアクラス  (対象:小学4年生〜小学6年生)15:10〜16:40
*現在募集中のクラスは下記をご覧ください。
http://www.improjapan.co.jp/company/new_class.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ◇●NHK「時頭クイズ ソクラテスの人事」で、
 ■▽ インプロ研修が紹介されます!
____________________________
<番組紹介>*公式HPより抜粋
「世界で人気の先端企業などが実際に面接試験で出題する難問奇問 に、スタジオに
招かれたタレント、学者、芸人…様々な解答者が挑戦!
なんとも答えようのない、哲学もどきの新趣向の問題の数々に、 解答者が徹底的に
悩みまくる。
スタジオでは、実際に企業の人事担当者が集まり、出演者の合否 を直接判断する。
発想力を競い合い、本当の頭のよさとは、人間の価値とは何かを 考える新感覚・ク
イズトークバラエティ。」

この番組の中で、NHKアナウンサー神田愛花さんが、ビジネススキル向上のため、
いろんな企業の研修に実際に参加し紹介するコーナーがあります。
そこで、インプロジャパンの研修が紹介され、ゲストの皆さんに「チャンスゲーム」
を即興でやっていただきました。
見るのとやるのは大違い、意外と難しいチャンスゲームに、スタジオは大盛り上がり
でした!
是非、その様子をテレビでご覧ください。

放映予定日:6月11日(木)22:00〜22:45
*ニュースなどの影響により、放送日時変更の可能性もございます。
ご了承ください。
番組のHPは、こちらをご覧ください。
http://www.nhk.or.jp/jinji/index.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ◇●「インプロシンキングで変化に強い組織をつくる」
 ■▽〜自分の直感をとらえよう〜池上奈生美
____________________________
「インプロシンキングで変化に強い組織をつくる」、今週は「直感を大切にす
る」についてです。
※本稿は、経営品質アセッサーフォーラムより出版の「アセッサージャーナル」
掲載の原稿から抜粋して再構成しております。
ーーーーーーーーーーーーーー
今回は「失敗を恐れない」ということについて書かせていただきます。

インプロの役者たちは
「Take a risk」
と、よく言います。
自らリスクに飛び込むことが大切だからです。

私たちは誰でも、失敗は怖いものです。
何かを始めるとき、できるだけ失敗をしないリスクが少ないものを選ぶでしょう。
でも、それでは無難なもの、予想範囲内のものしかできあがりません。
インプロの世界は全て自分でその先を選択していきます。
ですから、リスクに飛び込まないと、小さくまとまったごくありふれた物語しか
できあがりません。
リスクに飛び込まなければ、予想を超えた「成功」もありません。

「失敗」とはなんでしょう?

「失敗」とは、予定していた結果が得られないこと、目的とは違う状況になった
ことではないでしょうか?
つまり、予定した状況から見たマイナスの面をみていることになります。
でも、その「予定」とは違ったプラスの面をみるようにしてみると実は成功して
いたことがたくさんあったります。

たとえば、
「新システムの導入に向けて、お客様と何度も話し合い、その結果今回は見送りに
なった。」という事実があったとします。

これを「契約をとる」ことが成功だったとしたら、これは失敗です。
しかし、実はこの出来事によって、
・新システムのブラッシュアップ
・お客様との信頼関係の構築
・お客様との協業のスキル
など、たくさんのものを手に入れているのです。

私にも同じような経験があります。
しかし、その後同じお客様から時期を変え、さらに良い条件でご依頼をいただいた
り、その時できたプログラムが他社に導入されるという嬉しい結果が待っていまし
た。

失敗かどうかは見方の問題です。
それを恐れず、リスクに飛び込んでいかないと「今」を越えた成功もなく、
時代を追いかけるばかりになってしまいますよね。
増えてくる経験に負けないよう、日々「Take a risk!」と呟き、
「同じことの繰り返し」を、飛び越えていきましょう。

次号は、無意識に抱いてしまう「固定概念」についてお話させていただきます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ◇●「やってみて気づくこと」
 ■▽〜インプロシンキングスタジオ報告より〜 岡崎チカ
____________________________
(抜粋)
インプロでは、受け入れることが大前提です。しかし頭ではわかっていても実際なか
なかうまくいかないことも多く、ワークショップでは丁寧に“イエスアンド”を確認
しながら進めていきます。

ワンワード(一人“一文節”づつ、協力して文章を作っていきます)ゲームでは、前
の人の言った言葉が自分の予想と違った単語だったりすると、アイディアを否定する
ような「〜ではなくて」「しかし〜」「〜と思ったが、実は〜」といった言葉を出し
てしまったり、前の人の出した言葉をつい否定的に繰り返し復唱してしまったり、
「え〜」といった否定的な態度をとってしまうことがあります。
そしてそのほとんどが、自分ではイエスアンドしていこうと思っているにも関わら
ず、無意識に出てしまうのです。

全文は、こちら ⇒ 
http://maglog.jp/impro/Article611622.html

■次回のコミュニケーションコースは・・
6月13日(土)です。詳細はこちらをご覧ください。
http://www.improjapan.co.jp/company/class_c1.html#c_1day

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ◇●「一つになれる喜び」
 ■▽〜インプロEDU報告より〜 峰松佳代
____________________________
「一心同体になれたみたいで、楽しかった」
「○○ちゃんが私が思ったことと同じように動いてくれたのが嬉しかった」

先月のキッズクラスでの子ども達のコメントの一部です。
この日、シニアクラス(高学年クラス)では、インプロのゲーム「二人羽織」を
やりました。
二人1組で前後に立ち、一人が後ろから手を出し手で伝えたいことを表現、
そして、前にいる一人がその人物となって言葉で表現するというゲーム。

このゲームで大切なこと、それは、お友達が手で伝えていることを言葉にし、
言葉で伝えていることをボディーランゲージで伝えていくことです。
そのキャッチボールで、様々な達人のキャラクターを創り上がっていったのですが、
とにかく皆、パートナーであるお友達が伝えてくることが互いに楽しいらしく、
伝え合うことが止まることはありませんでした。

続きは、こちら ⇒ http://www.impro.jp/edu/archives/62.html

■次回のキッズクラスは・・
6月28日(日)です。詳細はこちらをご覧ください。
http://www.improjapan.co.jp/company/class_p1.html#kids

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ◇● 「フォロワーシップを育成する」
  ■▽ 〜企業研修の現場から(秋山桃里)
_____________________________

最近「フォロワーシップ・スキル」に注目が集まっています。
フォロワーシップとは、follower(部下)としてのマインドやスキル。「部下
力」と言い換えてもいいでしょう。優れた組織やチームを作るためには、リー
ダーのリーダーシップスキルと同時に、その周りの人々のフォロワーシップスキ
ルを高めることが欠かせません。

優れたフォロワーは、リーダーと建設的な関係を築き、効果的に補完・協働し、
自分たちやチームの成功のために、主体性をもって行動します。

このフォロワーシップ、実は、インプロシンキング研修でわれわれが提唱してい
る「Reader」の考え方によく似ています。
「Reader」は、「Leader(リードする人)」に対する語で、状況を読みながら、
受け入れ、反応し、変化・行動していく役割を持ちます。
フォロワーには、まさにこの「Reader」としてのあり方が求められるのです。

1点付け加えると、インプロシンキングの考え方では、
「Leader」と「Reader」の役割は固定したものではなく、状況により瞬時にして
変化していくという点が、一般のリーダーシップ論、フォロワーシップ論と異な
り、特徴的です。
状況に応じて、リーダーとフォロワーの役割が変化し、全員がリーダーシップと
主体性を持ったチーム。これこそ理想のチームなのではないでしょうか。

■今月の企業研修
各地の商工会議所・青年会議所での実施が増加しています。100名前後の受講者
を対象に、講義とミニインプロ体験のプログラム。大人数での講演会の実施をお
考えの企業・団体様、ぜひお気軽にお問合せ下さい。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ◇● NEWS!!
  ■▽ 「インプロワークショップ」福岡開催決定!
_____________________________

この夏、インプロジャパンが九州・福岡で初のワークショップを開催いたします!
日程は、7月29日(水)夜を予定。

インプロの基本的な事を楽しく学べるだけでなく、コミュニケーション能力、
発想力、表現力のトレーニングにもなります。

初めての方でも、ご参加いただけるクラスです。
お近くにお住まいの方、是非この機会にご参加ください。

近日中に詳細をホームページにアップいたします。
乞うご期待!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ◇● インプロゲームの紹介(12)
  ■▽ 〜Play Book(プレイブック)
_____________________________
インプロのゲームを1つずつご紹介するコーナーです。
今月は「プレイブック」というゲームをご紹介いたします。
*ゲームの名前や解釈は団体によって異なる場合があります。
同じ内容でもその都市によって、ゲーム名が変わることもあります。
あくまでインプロジャパンで上演しているスタイルのご紹介でありますことを、
ご了承ください。

「プレイブック」
インプロには珍しく、台本やシナリオを使用するゲームです。
一人のプレイヤーははじめから台本を持っています。
しかし、事前にその本を読むことはできませんし、これから作られるシーンは、その
台本とは全く関係ありません。
シーンの直前に渡され、そこに書かれてある台詞しか言えないのです。
シーンはどんどん進んでいき、選ぶこともほとんどできませんので、
流れとは、全然関係ない台詞ばかりです。
時には、それまでの流れを壊すような台詞が発せられることもあります。
他のプレイヤーは自由に話すことができるので、どんな台詞がきても、それを生かし
て、お話を展開させていくゲームです。

インプロは時間と共に物語が出来上がっていきます。
プレイヤーたちは時に自分の発言や行動で、その物語を壊すことが怖くなり、
出来上がってくるほど、無難な関わりしかしなくなるときがあります。
このゲームでは、
台本を読むプレイヤーは、自発的に変化を起こし、
それ以外のプレイヤーは、その突然の変化を受け入れます。
楽しくゲームをしているだけで自然と、変化を起こし、受け入れるためのトレーニン
グにもなります。

インプロジャパン主催の公演では、この台本を読む役を、観客にお願いすることもあ
ります。
以前の公演映像がネットで見られますので、良かったらご覧ください。
http://impro-movie.seesaa.net/article/113565707.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ◇● ひとりでインプロトレーニングできる
  ■▽ ひらめきトレーニングノートをダウンロード
_____________________________

第16回目は、「カテゴリーゲーム」と「台本ゲーム」です。
右脳を使って取り組んでみてください。

下記よりダウンロードしていただけます。
http://guide.impro.jp/0906note_improjapan.pdf

*ご記入いただいたひらめきトレーニングノートを
FAXにて下記までお送りください。
抽選で毎月2組4枚さまをインプロジャパン主催のインプロ公演に
ご招待いたします。
FAX番号:03-3865-0481(インプロジャパンスタジオ)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   ◇● 歌や踊りも満載です。
   ■▽   〜次回のNeXT IMPRO THEATREは6月26日(金)
 _____________________________
今月はお客様の「願い」がドラマになります。
その場で生まれる数々の世界をお楽しみください。

   日時:6月26日(金) 19:30開演
   場所:プーク人形劇場(新宿)
   詳しくは http://www.nextimpro.com

現在、下記のサイトから事前にタイトルの投稿ができます。
当日劇場に来られない方も、是非参加してみてください。
http://fm.sekkaku.net/mail/1232461516/

動画も配信中
http://impro-movie.seesaa.net/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
インプロに関する詳しい情報はwww.impro.jpをご覧下さい。

このメールは購読を申し込まれた方の他に、インプロジャパンの受講生やお客
様、過去に問い合わせを頂いた方にお送りしています。以後の配信をご希望され
ない場合は、お手数ですが、このまま本メールをご返信下さい。

本メールは転送フリーです。ただし、内容の無断転載はご遠慮下さい。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2002-08-28  
最終発行日:  
発行周期:月刊  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。