演劇

月刊インプロ

即興演劇、即興音楽等、「インプロ」の情報をお届けします。

全て表示する >

月刊インプロ2月号

2006/02/01

┏━┳━┳━┳━┳━┳━┳━━━━┓
┃月┃刊┃イ┃ン┃プ┃ロ┃2月号  ┃
┃★┃★┃★┃★┃★┃★┃ ★   ┃
┗━┻━┻━┻━┻━┻━┻━━━━┛
第37号(2006年2月1日)(毎月上旬発行)
編集・発行 インプロ・ジャパン(http://www.improjapan.co.jp

<今回の目次>
★【インプロの本】共著『楽しい仕事』が出版されました
☆【受講生インタビュー】「っていうか」をNGワードにしています
★【ご案内】ショー&ワークショップ情報
☆【コラム】「姫で出るか?暴君で出るか?」秋山桃里

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ◇● 【インプロの本】
 ■▽ 共著『楽しい仕事』が出版されました
___________________________
プレジデント社刊の
『楽しい仕事 なぜ働いても達成感がないのか 明日からやる気が
わき出る心理学』に
「変化対応力を高めるインプロ・シンキングとは」
が紹介されています。
以前のプレジデント誌への寄稿が収録されたものです。
他にも神田昌典さんなど、様々な方の寄稿が収録されているおトク
本です。
ぜひ御覧ください!

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4833450208/
qid=1138675827/sr=1-1/ref=sr_1_10_1/503-7594986-5774325

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ◇● 受講生インタビュー
 ■▽ 「っていうか」をNGワードにしています。
_______________________________
今回はワークショップ受講生の正志さんにお話を伺いました。

Q1.お仕事の概略を教えて下さい。
A1.複合再開発やオフィスビル事業を手掛ける森ビル(株)で、ファ
シリティマネジメントに関する保守契約や修繕工事の金額査定・交
渉をしています。

Q2.インプロのワークショップに参加しようと思ったきっかけは何
ですか?
A2.大学4年の冬、学生生活最後の思い出にこれまでの生活とは全く
違うことをしたいと思い、偶然見つけたのがきっかけです。

Q3.ワークショップの醍醐味を教えて下さい。
A3.仕事の良し悪しの基準は、お金(安いか高いか)ですが、イン
プロは逆で、皆が楽しいか楽しくないかですので、とてもいい気分
転換になっています。その人の素が出たときが一番面白いです。

Q4.参加して、自分自身が変わったと思われる点は何でしょうか?
A4.人前で話すときに、緊張してるようには見られなくなりました。
(本当は緊張していますが)そして、会社では愚痴や相手の会話を
遮ることが多かったのですが、なるべくイエスアンドをして前向き
な会話をするようにしてます。「っていうか」が私のNGワードで
す。

Q5.職場や日常でどうインプロが役になっていますか?また、今後
どう生かしていきたいですか?
A5.会社にいると腹立たしい事や理不尽な事がたくさんあります。
だけどインプロシンキングのおかげで前向きに、言い換えれば、ど
うでもいいことはどうでもいいと考えられるようになり、身軽にな
った気がします。インプロは当初の「気分転換」から、「生きてい
くための方法論」に変わってきました。今後も続けていって楽しく
暮らしていこうと思います。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ◇● 【ご案内】2月のショー&ワークショップ
 ■▽ 
_______________________________
■コミュニュケーションコース
『1日集中クラス』2月11日(土・祝)12:00〜17:45
『トレーニングクラス』2月11日(土・祝)19:00〜22:00
『2日間集中クラス』3月20・27日(月)19:00〜22:00
http://www.improjapan.co.jp/company/class_c1.html

■パフォーマンスコース
『ベーシック金曜クラス』締めきり迫る!2月3日スタートです。
http://www.improjapan.co.jp/company/class_p1.html#b
『トライアル(体験)クラス』
2月25日(19:00〜21:00)
http://www.improjapan.co.jp/company/class_p1.html#try

■2月26日(日)こども国連環境会議にてワークショップを実
施します(中高生対象)。お問い合わせ・お申し込みは
http://www.junec.gr.jp/top.html

■NeXT IMPRO THEATRE
老舗のインプロシアターです。
日時:2006年2月24日(金)
場所:新宿プーク人形劇場
詳細・チケット:http://www.nextimpro.com

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ◇● 「姫で出るか?暴君で出るか?」 秋山桃里
 ■▽   
_______________________________
インプロシアターでは、配役さえも事前には決まっていません。
では、もし自分が暴君の役で出たとして、相手には隣国の暴君の役
で出てほしかったらどうするのでしょう?
「隣国の暴君の役で出て!」と口にするわけにはもちろん行きませ
ん。
台詞や、目線、行動で、そのアイディアを相手に伝えるのです。
そして相手役は、
(お姫さまでもなく、下僕でもなく、隣国の暴君の役で出てほしい
んだな。)
と感じ取り、舞台に登場するわけです。
(もちろんいつもこんなにうまくコミュニケーションが進むわけで
はありませんが......)

相手が言葉にしていない要望を感じ取ることの大切さ。
これは舞台の上にかぎりません。

火曜日に約束をしていた友だちから
「水曜日って忙しい?」
と聞かれました。
しかし、この友だちの真意は
「水曜日に会いたい」ということではなく、たぶん
「火曜日が都合が悪くなったので、他の日に変えてほしい」
ということですよね。

たとえばあなたに水曜日、時間がなかったとしら、
「水曜はダメだけど木曜の午後か金曜の夜は?」
と問い返すことが、前に進むコミュニケーションの秘けつでしょう。

インプロシアターは特別な世界ではありません。
感じ取り、言語外でも確認しあいながら確実にコミュニケーショ
ンをするための様々なスキルが凝縮されているのです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
インプロに関する詳しい情報はwww.impro.jpのホームページをご覧下
さい。

本メールは転送フリーです。ただし、内容の無断転載はご遠慮下さい。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
          発行 : 有限会社 インプロ・ジャパン
          URL : http://www.improjapan.co.jp
          問い合わせ先 :info@improjapan.co.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2002-08-28  
最終発行日:  
発行周期:月刊  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。