インテリア

ヨーロッパの豊かな暮らし

家具をこよなく愛する人達のメールマガジン「ヨーロッパの豊かな暮らし」。家具を中心にインテリアのこと、快適に暮らせる家作り早く帰りたくなる家を考えて行きたいと思っています。

全て表示する >

ヨーロッパの豊かな暮らし NO40

2004/05/03

◇◇◆◇◇◆◇◇◆◇◇◆◇◇◆◇◇◆◇◇◆◇◇◆◇◇◆◇◇◆◇◇

         ★ 家具をこよなく愛する人達のメールマガジン★

                     NO.0040 [2004年5月3日]
                                            毎月第1月曜日発行
     『 ヨ ー ロ ッ パ の 豊 か な 暮 ら し 』

◇◇◆◇◇◆◇◇◆◇◇◆◇◇◆◇◇◆◇◇◆◇◇◆◇◇◆◇◇◆◇◇

   当店では、英国アンティーク家具や小物をイギリスから
  直接コンテナーで輸入しています。そして到着してからすべて当店で
  修理をして展示しています。

  そのほかにアンティーク家具にはない商品を国内オリジナルで
  作っています。それだけでなくヨーロッパ伝統家具を
  オランダ・イタリア・イギリスなどからも直輸入しています。

★☆〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜☆★
 
  先週からゴールデンウイークが始まっていますが皆さんいかが
 お過ごしですか?
 4月はお天気に恵まれ晴れの日が多く、異常に暑い日があるかと思う
 と薄着をしていると朝晩が寒くなったりしましたが、皆さんも体調を
 整えて5月という良い季節をさわやかにお過ごし下さい。
★☆〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜☆★ 
              新着情報

 ファニチュアマサキ&ヒロシでは、「アンティーク家具を使ったあたら
 しいトータルコーディネートの提案」の講演などをしてきましたが、
 このたびファニチュアマサキの3階にショールームを作って
 います。5月の連休明けには大体出来上がる予定ですので完成しまし
 たらお知らせします。
(ゴールデンウィーク期間の営業について)
 ゴールデンウィーク期間の5月5日までは休まず営業しています。
 ショールームの内装は出来上がっていますので 英国調の内装をお楽
 しみください。本格的な英国スタイルで仕上げました。
 ご来店おまちしています。

★☆〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜☆★ 

    「英国アンティーク家具に使われている材質」

  皆さん アンティークショップに行かれると、色合いやデザインが
 違う家具を見かけたことがあると思いますが、いかがですか?
 私が お客様と話をしているときによく質問される事なのでアンティー
 ク家具に使われている材質と材質別の様式についてなどお話したいと
 思います。
 主に使われている木の種類は、オーク(日本ではナラ材)・ウオールナッ
 ト(クルミ材)・マホガニーの3種類です。

 この3種類の材質を使って作られた家具は、その時代の経済や政治的な
 影響で入手しやすい木を使ったといわれています。
 各時代の様式や色々な技法を受け継いで1920年〜1960年の間に
 作られたエクレクティックスタイル(折衷様式)の家具がよく見かけら
 れます。
 職人達が一点一点丹精こめて作り上げた家具なので今でも直しながら
 大切に使えばまだまだもちます。。

 1,長く続いたオーク材を使った時代

 1200年〜1600年ぐらいまでのゴシック・チューダー様式で
 す。ゴシック様式は、十字軍が聖地エルサレム奪回のために長い遠征
 をした時代に 北フランスで生まれました。
 十字軍について
http://www007.upp.so-net.ne.jp/togo/dic/si/crusader.html

 主に寺院建築に合わせた家具が作られました。
 1400年ごろには、王様や貴族や商人の生活にはいりカップボード・
 ドレッサー・テーブルなどが作られ、アンティーク家具では定番と
 言ってもいいドローリーフテーブル(伸長式で俗にDLT)の脚に円形
 部分に彫刻が施されているメロンバルブ(メロン形や球根)は、イギ
 リスのゴシック僧院から始まったようです。

 チューダー様式の特徴はオーク材でつくられ 細かい細工がみごと
 な彫刻やアイアンの黒い金物です。
 彫刻は、リネンホールドやトリサリー(透かし彫り)やアカンサス葉
 やチューダーローズなどがあります。

 私は、素朴な雰囲気の中に丹精込めて彫られている彫刻が好きです。
 田舎くさい感じもしますが毎日見ていても飽きないのが魅力なのだと
 思います。

 それと1720年ごろにつくられたウィンザーチェアも代表的な
 オーク材のイスです。
 イギリスのウィンザー城周辺で作られたと言われており、農民用や
 実用的な家具として使われていました。
 素朴な中にも美しさがあり、背の部分は櫛形になっていて座面が
 1枚の板をおしりの形に掘り込んである所など 機能性が高く
 見た目もきれいです。

 2、ウォールナットを使った時代
 
 1600年〜1720年ぐらいに、オーク材にかわりウォールナット
 が使われるようになり、木目がつまって赤みをおびた深い色合いの美
 しい木目で、洗錬されたデザインとジャコビアン様式の装飾が人気で
 需要が増えたようです。
 ジャコビアン様式は、フランスなどのバロックやロココの影響をうけ
  たデザインが多く、イスの背もたれは透かし彫りで曲線を使い、テー
 ブルは蛇腹(ジャバラ)模様の彫刻で脚の部分は鐘形をデザインした
 物が使われています。

 イスの代表的なもので、写真を見ればわかる方が多いと思いますが
 画像がないのが残念です。
 女性に人気で、現代の家具にも取り入れられているデザインです。

 ☆クイーン・アン様式☆

 背もたれに透かし彫りがあり、脚はカブリオール(猫脚)で
 全体に丸みを帯びた曲線でデザインされているのでイギリス家具
 の中ではやさしい雰囲気で、座面は布張りが多く女性ごのみ
 のデザインだと思います。
 背もたれが高く 背筋を伸ばして座るダイニング用のイスです。


 3、マホガニーを使った時代

 1720〜1810年ぐらいにウォールナットにかわりマホガニーが
 使われました。
 ウォールナットより木目がつんでいて深みがある質感が高級で繊細な
 家具が多くあります。マホガニーは広葉樹で硬い木で耐久性に優れて
  感じが出ています。 アフリカや東南アジアなどの熱帯地域で植栽さ
  れています。
 華奢なように見えて丈夫な木なので現在も高級家具に使われています。
 イギリスのアンティーク家具史の中で黄金時代と言われるジョージア
  ン様式の家具が大量生産された時代です。

☆チッペンデール様式☆

 クイーン・アンスタイルを変形して作られたイスです。
 トーマス・チッペンデールがデザインした物で脚の形はカブリオ
 ール(猫脚)で鷹の爪が玉をつかんだ形のものが多く作られてい
 ます。
 背もたれのデザインはさまざまですがボリューム感があり彫刻が
 きれいです。
 このデザインは中国の影響を強く受けていると言われていて
 中国家具に使われている装飾が背もたれや脚の部分に使われて
 います。
 材質は、ウオールナット材も使われていますがマホガニー材が多
 く残っています。


 その他にヘップルホワイトなどのデザインが登場して家庭用の家具と
 して普及しました。
           &&&&&&&

 数百年の歴史ある様式を取り入れてデザインされて、再生しやすい
 構造に作られたエクレクティックスタイル(折衷様式)が日本で
  見る事ができる家具のほとんどです。
  折衷様式の家具は、実用に耐えられる丈夫で再生できる構造になっ
  ているので これから先 安心して使っていただけます。
  大切に愛情を持って使っていただければ一生使えて次の代にも
  受け継がれていくと思います。
  そのためにも 普段からのお手入れをしっかりして不具合な所が
  あればその都度 直したり交換して使っていただくとあなたの
  宝物の一つになると思います。


★☆〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜☆★ 
             ★お勧めの本★

      全国版の本にファニチュアマサキ&ヒロシが
        載っていますので書店で是非 御覧になってください。
 
 ☆・♪。・★・。☆・♪。・★・。☆・♪。・★・。☆・♪。・★

    04〜05買いたい人?のためのベストガイドブック
      全国 和洋アンティークショップ年鑑
         私のアンティーク編集部編
         発行所 (株)学習研究社 ¥1,800+税
    私どもファニチュアマサキ&ヒロシも13ページで紹介
    されていて全国のこだわりの一品を扱っているところが
       載っていますのでご覧下さい。

  ☆・♪。・★・。☆・♪。・★・。☆・♪。・★・。☆・♪。・★

    日本で売れているものがすぐに分かるブーム商品全ガイド
    「ブームの真相」インターネット対応BOOK
     2004年度全国版
     発行 ミスター・パートナー/ 発売星雲社 ¥1,000+税
     http://www.mrpartner.co.jp/boom2004
    この本には家のリフォームのことで紹介されています。
    47ページに載っています。

 ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


       「英国が好きな人にお勧めのホームページ」

コッツウォルズ観光局 -
   
 グロスターシャー、コッツウォルズの観光、グルメ、宿泊、基本情報。
 コッツウォルズは東京都程の大きさで、英国人はもとより世界各地から
 の旅行者が訪れる大変人気のある観光地です。コッツウォルズは
 穏やかな丘陵地帯 ('wolds'), 静寂な村々、そして「イングランドを
 象徴する地域」としても有名です。

 http://www.the-cotswolds.org/top/japanese/intro.shtml

 一言 
   すべて日本語で説明がしてありコッツウォルズの豊富な情報が
   満載のサイトです。
   英国式生活に興味がある方やガーデニングが好きな方には最高
   ですね!

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

         「話題の映画を見ました」


 近頃の話題作だという事で「ロード・オブ・ザ・リング」3部作の
 3作目「王の生還」を見ました。
 芝居でも落語でも見るもの、聞く物は何でも好きで、見た以上は必ず
 どこかおもしろいところを見つける事が出来る私Kですが、この映画は
 一寸ちがいました。

 私がターゲット外なのだといってしまえばそれまでですが、3時間を
 こす上映時間の殆ど戦いのシーンで、これがファンタジー史上の最高の
 作品なのですってね。
 若い皆さんはこの原作を読んだり、1・2作の映画を見たりしている
 でしょうから ここでストーリーとかスタッフとかの事にはふれませ
 ん。大体原作も読んでないし、その他の資料もまったく手許にない状態
 なのです。
 だからこれは批評ではなく単なる感想です。

 主人公の少年が指輪(リング)を持って旅しているうちに次々に襲って
 来る困難、恐怖、見るもおぞましい怪物はまだわかります。
 だけど象のお化けのような巨大動物とか空飛ぶ恐龍(?)とかがこれで
 もか、これでもかと登場する戦いの場面はいくらなんでも長すぎは
 しませんか。

 テレビゲームなど何時間でも仮想戦いのシーンに慣れている現代っ子
 にはなんでも刺戟なのかもしれませんが、CGとか、合成とかロボット
 などの現代科学の技術をトコトン駆使したと言う事はわかりますが
 どうしてそれがあんなに物凄い殺戮の場面を作るために用いられなくて
 はならないのか。

 何年前になるでしょうか。ショーン・コネリー主演の「サンダーボール
 作戦」ご存知007の映画とか ブルース・リーの「燃えよドラゴン」
 とか当時の話題作はとても面白くて今でも覚えていますが、今度の映画
 には とてもついていけない、と思いました。
 若い人でも私Kと 同じ感想を持った方は一人や二人必ずいるはずだ
 と思います。

 それにしても原作者のトールキンと言い「ハリーポッター」のローリン
 グと言い一世を風靡する人の想像力というものは凄いものです。
 凡人の身としては温度が10℃上がったら何を着たらいいか、考える
 ぐらいが関の山です。

 2・3日前の新聞で報じられた「第2のロゼッタストーン」の記事に
 はビックリしました。
 大英博物館にあるロゼッタストーンが発見されたナイル河口のラシード
 の南東で今回 同じような石が見つかったというものです。
 18世紀末エジプト遠征したナポレオンの名前とか、ギリシャ文字とか
 古代エジプト暦とか、遠い遠い歴史の中から浮かび上がってきて私達に
 何かを伝えようとしている、訴えようとしている、これこそ壮大な
 ロマンを感じます。

 まあ。いいや。自分の歳を考えて理解できる物に共鳴し、あまり
 判らないものは無理して判ろうとしなくてもいいのではないか、
 ついにはそういう結論に達したのです。
                      (By K)

 =*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*==*=*=

 インテリア雑誌の特集やホームページを見て、旅行がてら日本各地
 から お客様がいらしていただくのも、私達の励みになるし、楽しみ
 のひとつです。
 ご来店していただき色々インテリアの話など聞けたらうれしいです。

 =*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*==*=*=

           [発行責任者]  伊藤 博司
        ご意見・ご感想    info@mandh.co.jp
        その他の詳しいことは http://www.mandh.co.jp/
        過去の全バックナンバーがご覧になれます。
    まぐまぐ http://www.mag2.com/m/0000096373.html
        メルマ! http://www.melma.com/mag/96/m00072496/
       サンプルはこちら 
 http://www.mandh.co.jp/mailmag/index.html
 
     メールマガジンへの登録・解除は 
             http://www.mandh.co.jp/mailmag/index.html

   このメールマガジン転送はOKですが
  掲載された記事の内容を許可なく転載する
 ことを禁じます。問い合わせ下さい。        (C) Copyright -2003 

 ******************************
       ファニチュア マサキ&ヒロシ
        〒980-0014 宮城県仙台市青葉区本町2丁目5-15
           Tel 022-225-7731 fax 022-221-0046


規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2002-08-21  
最終発行日:  
発行周期:毎月第1週の月曜  
Score!: 100 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。