演劇

劇団阿佐ヶ谷南南京おしらせ小僧●電子郵便通信

劇団阿佐ヶ谷南南京小僧の公演情報・劇団員の客演情報などをお届けします。
時にはおまけ情報があるかもしれないよ。
http://homepage2.nifty.com/nankin/

全て表示する >

劇団阿佐ヶ谷南南京おしらせ小僧●電子郵便通信●118通目●2008年3月14日

2008/03/14

こんにちは、劇団阿佐ヶ谷南南京おしらせ小僧です。
今回は、劇団員のおはなしです。

──────────────────────────────
●飯野邦彦のおはなし●
──────────────────────────────
みなさん、すっかり春めいてきましたね?
浮き足立っていませんか?
すっかり、脳みそから春めいている、飯野です。

暖かいって、素敵ですね〜。
もう、このまま、陽だまりで、溶けていきたい・・・zzzzz

なんて油断していては、いけません!!
そこには、とんでもない落とし穴が・・・

題名「訴えてやる!(あるいは訴えられてやる!)・・・どこへ?」

それは、ある初春の暖かい日のことであった。
分厚いコートも脱ぎ捨てて、
満員電車に乗る人も、どこか呑気な感じだった・・・そんな日だ。

飯野は、年度末の処理で、その日、寝不足であった。
ただ、気温が高いのと、太陽の光が暖かく降り注ぐので、
なんとなく穏やかな気持ちで電車に乗った。

「ああ、今日は、他の人も呑気な感じだね〜」

と思い、中央線(快速)に揺られて仕事場を目指していた。
まどろむ体。
うとうとしながら、
ちょうど、新宿を出たときだ。
その穏やかさを破る声が。

「ここ、女性専用車両ですよ。」

のんびり穏やか雰囲気の中で、
一人だけ俗世間の正義を振りかざす女。
その女学級委員長的イメージの正義感に威圧され
(ちなみに、アニメでは、こういう女学級委員長は、その叱る相手を
好きそうなイメージも・・・萌え?)
座っていた座席を立ち上がり、後ろを振り向くと
確かに「女性専用車両」の赤いマークが!

「すみません!」

と謝ったが、よく考えれば快速。隣の車両までいけない程度の満員。
・・・四谷まで降りられるはずも無く・・・。

そのまま、その車両にいなければいけない飯野。
この世界の中で、とんでもなく違法なことをしている不安・・・。
ちがう、おれは痴漢でも、変態でもないのだ。
見るな、俺をそんな目でみるな〜!!
混乱する中、女人ばかりの視線を浴びる男がひとり・・・この恐怖・・・。

と、その憤り顔で注意した女は、何食わぬ顔で先ほどまで飯野が
座っていた席に座っている。
「どうぞ、どうぞお座りくださいませ。おみ足、お揉みしましょう
か、へっへっへ。」 

などと卑屈さに拍車がかかり、確かに変態かもとも思うのだが・・・
その女性の座っている頭上、
飯野が立ち上がった時に見た「女性専用車両」マークの注意書きに・・・

「新宿駅7:30〜9:30発着の電車は・・・女性専用車両とします」

この注意書きに気付いた時点で9:33。
この電車は、新宿発は9:31。(ダイヤによる。飯野調べ)

正義はどこにあるのか?
つうか、声をあげていいのではないかしら、男ドモも。
つうか、初心な私のような人の為、せめて放送で注意してよ、JR。
いらん放送ばかりしやがって。

次回は、女性専用車両の法的根拠など・・・(ウソ)

劇団員の客演ラッシュも終了しました。
いよいよ、南京小僧の活動も活発に(???)!!!
わたしも春なので体を動かすようにしますわ。
しばし、楽しみにお待ちくださいませ〜。

ではでは〜。

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2002-08-05  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: 85 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。