ビジネス一般

スーパー普通人のキャリアアップ

「キャリアアップ」は自分には無縁だと思っていませんか?ごく普通の銀行OLだった私が、今はコンサルタント、ビジネスコーチとして独立し、仕事と人生を楽しんで生きています。何かをやりたい」あなたのために!

全て表示する >

スーパー普通人のキャリアアップ Vol.23

2003/12/27

───────────────────────────────────
  ζ
./\ ζ   【スーパー普通人】のキャリアアップ
(∵.)
 \/                     Vo.23 2003/12/27

───────────────────────────────────

こんにちは。スーパー普通人前田です。
今年も残すところ4日となりました。いつもこの時期苦労する年賀状書きがほ
ぼ終了。昨年までは宛名書きを手でやっていたのですが、今年はPCでアウトプ
ットしました。楽ですねー。

これまでも、検討したことはあったのです。しかし、住所を入力することを考
え、そんな暇はない!とやらなかった。昨年の年末、あまりの忙しさに「死に
そう」な気分を味わいました。年明けに参加したCTIジャパンのコーチングコ
ースではついその話をしてしまいました。たまたま組んだ熱血コーチのSさん
に「来年も同じような年末を迎えるの?」と問いかけられました。その時思っ
たのは「また追いつめられたような年末はイヤだ」ということ。そこで、彼と
のコーチングで約束してしまったのです。年賀状ソフトを買い早急に住所録を
作るということを。

本当は2月には住所録が完成する筈だったのが、結局半分しか入力できないま
ま年末を迎えました。しかし、残りを入力して印刷しても、手書きよりもずー
っと楽。今すっきりとした気分でSさんの顔を思い浮かべています。彼にあり
がとうと伝えたいと思います。

限られた時間を上手く使うためには、効率化をはからなければなりません。そ
のための投資は惜しんではいけないなあと改めて感じたのでした。

───────────────────────────────────
★☆★ Index ★☆★

★ 3大ニュース

★ キャリアアップおすすめ本
     「メジャーリーグで覚えた〜僕の英語勉強法」
             <長谷川滋利著 幻冬舎 1,300円+税>

★ セミナーのお知らせ
      早稲田エクステンションセンター冬講座

───────────────────────────────────

★3大ニュース

先週、事務局幹事をしている日本コーチ協会東京チャプタースタッフが集まり
極秘(?)WSが開かれました。その中で、今年一年を振り返り「3大ニュー
ス」について話し合いました。

私も挙げてみました。

1.事務所をオープンした
   「職」「住」を分けたことで、仕事が格段にやり易くなった。仕事に集
   中できること、そして家に居る時(特に夜)にリラックスできるように
   なった。   

2.自分の中での「コーチング」の位置が明確になった
    コーチになって4年以上経つが、今年になってから、この仕事とどの
    ように付き合ってゆくのかが若干わからなくなっていた。コーチング
    に一生懸命取り組んでいる仲間と会えば会うほどわからなくなり、エ
    ネルギーがダウンした。ここではまたコーチの助けを借りた。何回か
    のセッションを経て自分のライフワークのどこにコーチングをリンク
    させて行くのか、それが見えてきた。そして、また元気になった。
    
3.自分が課題にしていたコミュニケーションセミナーを開催した
    このメルマガにも書いたことがありますが、私はコミュニケーション
    下手です。昔は人前で話すことも大変だったし、知らない人と人間関
    係を作るのにも苦労がありました。今も下手なのは変わりませんが、
    それでも自分なりにあれこれ工夫をし、最低限必要なコミュニケーシ
    ョンが可能になりました。その結果、世界がぐぐーっと広がったので
    す。もし同じような悩みを持っている人がいたら、克服して人生を豊
    かにして欲しい。そう思っていました。その気持ちを込めたセミナー
    を初めて実施することができました。   

WSで挙げたのはこの3つ。しかし、もう1つ挙げておきたいものがあります。
手首を痛めたこと。そのもの自体は手が使えないという不便さはあっても軽傷
ですし、大したことはありません。それよりも、大変だったのが、接骨医通い。
3ヶ月間、東京に居るときは必ず通いました。所要時間1時間〜1.5時間。
この時間を作るのは正直きつかった。犠牲になったのが英語学校とスポーツジ
ム(手が使えないのでこれは無理でしたが)、そして仕事場や家などの環境を
整えるということ。それでも時間のやりくりで気持ちの余裕が全くなくなりま
した。手は全然よくならないし、やろうと思っていたことが全く終わらず未完
了の山がどんどん高くなっていきます。仕事だけは何とかこなしていましたが、
あとは滅茶苦茶な状況でした。時には気持ちが落ち込み、友達の前で子供のよ
うにメソメソ泣いたこともありました。

手が90%治った今も、その余波で雑務がかなり溜まっています。でも、その
ことで学んだことも多かったのも事実です。

・身体のどこか1つが思うように使えないということの大変さ
今までもいくつか怪我はしてきているので、その気持ちをわかっていたつもり
だったのだが、いつしか忘れていた。片手が使えないともう片方の手やら腰や
ら足やらにも負担がかかる。バッグを持っていると吊革が掴めない。足ではな
くて、手を怪我している人に対しても席は譲ってあげたいと思う。

・精神面をケアする必要性
もともと「物事が思うように進まない」ということ対して大きなストレスを感
じる人なのだが、ギリギリのスケジュールで動いていたところにこれはキツか
った。瞑想したり、ハーブティーを飲んだり、音楽を聴いたり・・・・という
ことをする余裕もなかったため、かなり不安定な精神状態になったように思う。
「頑張らなくていい」「これでOK」そう思えるといいなあ。

・泣ける相手を作っておくことの大切さ
客観的に見たら全然対したことはないのだ、このくらい。今、自分でもそう思
う。でも、その時はパンパンなのだ。そんな時、どんな弱みを見せてもアンバ
ランスなところを見せても受け止め承認してくれる信頼関係を誰かと作ってお
くというのは大切。身内でも、友人でも、そしてコーチでも。

・いざという時・・・について考えること
いつ何時身体が動かなくなるかわからない(今回は手だったからよかったが、
これがもし足だったら・・・と思うとゾッとする)。その時に助け合える人脈
を作っておくこと。いざというときの対処方法(連絡等)も考えておくこと。


こんなことを考えつつも、あるご夫婦のことが頭に浮かんでいます。1ヶ月ほ
ど前にTVで見た全盲のご夫婦です。ご主人はアスリート、奥さんは声楽家。そ
して赤ちゃんが1人。ご主人はトレーニングや大会があります。奥さんはコン
サートで出張をすることもあります。お子さんを保育園に預けながら2人とも
夢を実現させようと頑張っています。奥さんはお料理を含めた家事を完璧にこ
なしながら仕事をしていました。その上もう1人お腹の中に。とにかくすごい
んです。この夫婦、というより奥さん。ちょっと手を痛めたくらいでぐちゃぐ
ちゃになっている家を見、自分の生活態度を振り返りながら、この様子を見て
いて、やっぱり私って能力不足かなあ・・・なんて思ってしまうわけです。

来年は仕事面では大きな一歩を踏み出す予定です(*^.^*)
それとともに、「自分を取り巻く環境をきちんと整え、心身共に安定した日々
を過ごし、エネルギーロスを出さない」これが目標です。

皆さまにとって2003年はどんな一年でしたか?
そして2004年はどんな年になるのでしょうか?

───────────────────────────────────
「スーパー普通人のキャリアアップ」を今年もお読みいただきまして本当に
ありがとうございました。次号は来年になります。お楽しみに。

よいお年をお迎えください!

───────────────────────────────────

★キャリアアップおすすめ本

■ メジャーリーグで覚えた
         僕の英語勉強法    

             <長谷川滋利著 幻冬舎 1,300円+税>

シアトル・マリナーズの長谷川選手の本。日本人メジャーリーガーでただ1人
通訳なしでインタビューに答えているのが彼。ニュース番組で話しているのを
見て、直感的に「芯がある人だなあ」と感じた。そこで早速著書を購入。最初
に読んだのがこれ。勉強法そのものよりも、それを選んだ経緯、英語、アメリ
カ人、アメリカそのものに長谷川選手が感じていることの方が面白い。「や
る」と決めたら、必ず「やり遂げる」という姿勢は当然のことながら感じられ
る。何かしらで成功できる人というのは、結局何でもやれるんだなあと、また
また確信。人生を充実させられるかさせられないかは「行動」によって決まる
わけだ。「やる気」を刺激してくれる本。
───────────────────────────────────

★セミナーのお知らせ

早稲田エクステンションセンターで冬講座を担当します。

生活経済ジャーナリストでTBSの「ウォッチ」でコメンテーターをされている
和泉昭子さん、ファイナンシャルプランナーとして活躍されている上野やすみ
さんと一緒に「キャリア」「マネー」「コミュニケーション」とテーマにした
講座を開催します。私は「コミュニケーション」の回を担当します。ぜひご参
加下さい。


「和泉昭子のライフデザイン−人生で大切な3つの事柄をじっくりと考える」

期間:1/14〜3/10 水曜日:8回 18:30〜19:45
受講料:24,000円

ちかごろは随分とシビアな時代になりました。右肩上がりで、皆と同じように
無難に生きていればつつがなく人生を終えられるという時代は終わろうとし、
個々の価値観は多様化し「モデル家族」や「モデルケース」といったものも意
味を失いつつあります。幸せや成功の形は人それぞれ異なるため、まずは「自
分らしく」生きること、が大切な世の中になりました。このような時代には、
自分はどのように生きてみたいか、どんな自分になりたいか、といった「ライ
フデザイン」を描き、その夢の実現のために具体的な「マネープラン」を持つ
ことが大切です。とりわけ、「仕事」と「お金」は、ライフプランを実現し、
大切なものを育てていく上で必要不可欠な2本柱です。言い換えると、仕事と
お金に関するプランさえしっかりしておけば、一見厳しく見えるこの時代も、
実はとても自由で、可能性のある時代と受け止められるかもしれません。今回
は、この2本柱に、それらを円滑に実現していくうえで大切なスキルである
「コミュニケーション」を加え、自分自身をトータルでブラッシュアップでき
る講座にしていきたいと考えています。講義は一方通行でなく、ワークショッ
プ等を取り入れた、和気あいあいかつ溌剌とした講座を目指したいと思います。
皆様の積極的なご参加をお待ちしています。

【各回講義テーマ】
ライフキャリアプランとは?/自己分析(興味・価値観・能力)/キャリアビ
ジョンの作成/公的年金と社会保険の基礎知識/生命保険の見直し/マネープ
ラン作成等々。

【お申し込み】 早稲田エクステンションセンター
 http://www.waseda.ac.jp/extension/lecture/2003win/8511.html#840515
───────────────────────────────────
☆ホームページをのぞいてみてください!
 → http://www.kei-business.com/

「コーチング」にご興味のある方はこちら
 → http://www.kei-business.com/coa/index.html

==================================================================

「Gentle Breeze.....Noriko Maeda のひとりごと」
 → http://www.kei-business.com/gbr/index.html

───────────────────────────────────

■ご意見・ご感想・ご要望はこちらまで
mailto:kei-business@mbh.nifty.com
■登録/解除はこちらから
http://www.kei-business.com/mag/index.html

==================================================================
■発行責任者 :Kei Business  代表 前田典子
■無断転載を禁じます。
Copyright(c)2003 Kei Business All rights reserved.
==================================================================

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2002-07-07  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。