通信販売

アウトレットファブリックス・ニュース

生地やさんアウトレットファブリックスでは、お買い得生地の新着情報の他に、生地に関するお役立ち情報を、配信します。

全て表示する >

アウトレットファブリックス ・ニュース VOL27

2003/01/13

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

       アウトレットファブリックス・ニュース VOL.27
                2003/01/13
         http://www.asahi-net.or.jp/~ta2t-dukk/
★ ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


■ いつもご購読いただき、ありがとうございます。
やっと、学校も始まって、ほっとしたのもつかの間、またまた連休で、親もいささか疲れます。明日からは、ちゃんとしたペースになりますでしょうか。


■ジーンズのインディゴと日本の藍は同じもの?
長い間の疑問が解明されました。日ごろインディゴも藍染めもよく使っているのですが、どんなに違うのだろうと疑問に思っていました。ある日、見つけた本にその答えがありました。出石尚三(いずいし しょうぞう)著「完本 ブリージーンズ」という本です。
ものすごく、詳しく書かれてますが、詳しく紹介すると大変なので、ごくごく簡単に説明します。
結論から言うと、同じみたいです。植物の葉の絞り汁で糸を染めるということは、歴史的にもずいぶん以前から行われていました。
インディゴブルーに染める植物こそ、大きくわけて、「インド藍」と「ホソバタイセイ」そして、「ホソバタイセイ」の方は英語では、「ウォード」別名「エゾタイセイ」といって、北海道の一部に自生してるそうです。
原産は中国およびアフガニスタンらしいが、かなり古くから、ヨーロッパに広まっていたということです。
日本には、「出藍の誉れ」(青は藍より出でて藍より青し) 「紺屋の白袴」(他人のためばかり忙しくして、自分のことをする暇のないこと)「紺屋のあさって」(紺屋は仕事が天候に支配されるため、染物の仕上げが遅れがちで、客の催促に対して あさってと言いぬけて、あてにならないこと)などの言葉がありますが、ヨーロッパにも同じ様な言葉がインディゴに関して残っているみたいです。
ちなみに 紺屋は「こうや」と読むのが正しくて、藍染め専門店のことをさしています。
さてさて、インド藍とタイセイという植物から染められる糸は、いずれにし手も、手間暇かかりすぎで高価なものになってしまいます。
そこで登場したのが、合成インディゴと呼ばれるもので、1878年にドイツのバイエルがインディゴ染料の化学的、工業的な製法を完成したということです。
以後、高級品には、天然インディゴが、大量生産には合成インディゴが使われる様になったということです。
なるほど、納得ですね。

■ 新着情報のお知らせです。
・ ドビー レースに花柄のプリントが入荷しました。春から夏にかけての素敵な素材です。早めにご用意ください。
・ ファミリアの起毛ブラックウオッチが入荷しましたが、入荷m数が少ないですので、ご入用の方は早めにご注文ください。
・ はぎれコーナーに少しですが、ハギレをアップしてます。

こちらからご覧ください。
http://www.asahi-net.or.jp/~ta2t-dukk/


■ ご意見、ご要望を下記まで、およせください。
Ta2t-dukk@asahi-net.or.jp


規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2002-07-04  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: 87 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。