食材

パンを語る

パン職人「パンキチ」が美味しいパン屋、パン屋巡りお薦めコース、美味しいパンの食べ方、パンの雑学などを毎日語ります。

全て表示する >

◆◇◆ パンを語る 〜フォカッチャ 続き〜

2005/02/15

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
               パンを語る                      2005. 2.15
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
(ごあいさつ)
 メルマガ読者の方から、パリのパンを頂きました。帰国した日に頂いた
本当にフレッシュで、かつ前々から食べたいと思っていた有名店のパン
ばかりで、とても楽しみにしていました。

 パンのクラムが黄みがかっていたり、クラストが香ばしさの最高峰の色
をしていたりと、いつまでも眺めていたいと思いましたが、焼き戻して
試食。

 どれもこれも美味しかったのですが、1番はポワラーヌのカンパーニュ。
味の表現を文章にするのは難しいと思う程、奥深い味。噛む程に違う味がし、
飲み込んだ後にも口の中に味わいが広がり、「なんだこれは!」と感じながら
食べ進めた。

 酸味があるのに、その酸っぱさが美味しいとは、不思議な感じ。

 思い出せば、数年前もポワーラーヌのパンを食べたことがあったが、その時
は、酸っぱくて美味しくないという印象を受けた。

 今は、美味しいと感じる。舌が超えて、本当に美味しいパンを「美味しい」
と感じる程、成長したんだと思う。「パリがうちの近所にあれば!」と痛切に
感じる楽しいパン時間を過ごした。

 美味しいパンを頂き、本当にありがとうございました。

(フォカッチャ 続き)
 以前の職場でフォカッチャ生地を使った新商品を考えたことがあるが、
タマネギほどフォカッチャ生地とマッチする野菜は無いなと思ったものだ。
 もともとタマネギを使ったパンは結構好きということもある。

 そんなタマネギを使ったフォカッチャで好きなのが、オーバカナルの
「フォカッチャ・チボレ」。
 タマネギスライスを塩・胡椒・オリーブオイルで味付けし、載せただけという
シンプルなものだが、だからこそ、タマネギの甘みと塩加減にハマる。
 生地はもちっとした食感で、口溶けがいい。だから、大きいか、と思っても、
ちゃんと食べられる。

オーバカナル:東京都港区赤坂1-12-32 アーク森ビル2F
☆━━━━━━━━☆━━━━━━━━☆━━━━━━━━☆━━━━━━━━☆
発行者: パンキチ  
 
メールアドレス:  pankichi@f3.dion.ne.jp
ホームページ:http://www.pan1.com
楽天日記:http://plaza.rakuten.co.jp/pan2004/
メルマガの登録・解除:http://www.pan1.com/magazine.html

Copyright(C)  2002-2005 Kanako Ogihara. All rights reserved.
☆━━━━━━━━☆━━━━━━━━☆━━━━━━━━☆━━━━━━━━☆

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2002-06-30  
最終発行日:  
発行周期:日刊  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。