トップ > 自然科学&技術 > 環境 > アイサーチ・ジャパン メールマガジン

“いつまでもイルカ・クジラと出会える地球であるために”…「海の環境学習教室」などアイサーチ・ジャパンの活動・イベントなどのご案内やイルカ・クジラに関する様々な情報をお届けします。

RSS


メルマガの登録・解除

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。



Voices of Dolphin Vol.6B

発行日:12/21

==================================================================

        ○○○ アイサーチ・ジャパン・メールマガジン ○○○
              Voices of Dolphin

==================================================================
         〜 イルカ・クジラを知ることは地球を知ること 〜
                 12/21/2002/Vol.6B
─────────────────────────────────
やり残したことありませんか?2002年もあと少しですよぉ!
アイサーチ・ジャパンのシマザキです。

今年はこのメルマガを始めたことを中心に、アイサーチの活動にも参加す
る機会が増えたように感じます。それだけ、イルカやクジラの情報に触れ
ることも多く、色々と勉強させていただきました。来年は野生の彼らと出
会える機会も増えたら良いなぁ…と、思っておりますが、どうかなぁ〜?

◇◆ CONTENTS ◆◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

(1)トッピックス・アイサーチ

 ▼News Letter「FLIPPER」最新号から:
 「イルカによるアニマル・カウンセリングの現場から」
  心理カウンセラー 佐々木美帆さんのレクチャーより
 ▼事務局からのお知らせ
 ▼オフィス便り
 ▼ホームページから:「Network」

(2)Editor's Choice Corner

 ▼イルカ・クジラ・マメ知識6:「ブリーチ」
 ▼Monthly Cetacean:File No.6 セミクジラ
 ▼イルカ&クジラクイズ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■1■ トッピックス・アイサーチ <アイサーチ情報>
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

※ 今回イベント情報はVol.6A号に掲載しております。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼News Letter「 FLIPPER 」最新号から
------------------------------------------------------------------
○Cover Story「 イルカによるアニマル・カウンセリングの現場から 」
         心理カウンセラー 佐々木美帆さんのレクチャーより
------------------------------------------------------------------
イルカ・クジラに関わる仕事が日本でも少しずつ増えてきています。
アイサーチ・ジャパンのボランティア経験を経て、イルカ・クジラに関わ
る仕事に就いている人たちのお話を伺う機会を設けることにしました。

今回は、第1回の「イルカによるアニマルカウンセリングの現場から」の
レクチャー内容を当日の写真も交えて紹介しています。

1.アイサーチでの活動とカウンセリング
2.アニマル・カウンセリングとは
3.イルカによるカウンセリングの現場から
4.イルカ・クジラに関する仕事に就きたいあなたへ
5.参加者とのQ&A(Q:カウンセラーになるための勉強法は?等)

※ 残念ながら、News Letter「 FLIPPER 」はメンバーのみの購読とさせ
ていただいております。お読みになりたい方は、ぜひ!アイサーチのメン
バーになってください。詳しくは下記入会案内をご参照ください。
                            (サエキ)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼事務局からのお知らせ
------------------------------------------------------------------
○入会方法
------------------------------------------------------------------
イルカ・クジラが好きな方、自然環境に興味のある方・・・。アイサーチ
・ジャパン・メンバーになって活動をサポートしてください!

メンバーには毎月、貴重なイルカ・クジラ情報満載の会報誌「 FLIPPER 」
をお送りするほか、イベントやお買い物の優待料金制度、メンバーのみが
参加できるメンバーメーリングリストへご参加いただけます。

★入会申込みはホームページから! http://www.icerc.org/joinus.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼オフィス便り (事務局 やまぐち)
------------------------------------------------------------------
先日、アイサーチレクチャー「イルカ・クジラの仕事と私」第2回「イル
カ・クジラウォッチングの現場から」を開催しました。スピーカーの松本
さんの仕事をしていく上での喜びや努力。そして、現実的な厳しい話もあ
り、お越しいただいた方からは具体的な話が興味深かったとの声を多くい
ただきました。次回、2月25日に開催する「イルカ・クジラの仕事と私」
第3回「イルカ・クジラとネイチャーガイドの現場から」で、この大人気
のシリーズも最終回。イルカ・クジラだけでなく、様々な自然へ案内する
ツアーのガイドをしている人見さんのお話です。
ご興味のある方はお早めにお申し込みくださいね。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼ホームページから
------------------------------------------------------------------
○「Network」
     アイサーチ・ジャパンHPではリンクの紹介もしています。

●調査・研究機関:「御蔵島イルカ協会」
 アイサーチ・ジャパンと共同で、御蔵島のイルカの個体識別調査を行っ
 ています。また、御蔵島のイルカや、よりよいドルフィン・スイムにつ
 いての啓蒙活動も行っています。
●ウォッチング&スイム:「小笠原ホエールウォッチング協会」
●etc:「いるか村」
 イルカ・クジラ好きのコミュニティ・サイト

上記は一例です。

★詳しくはこちら http://www.icerc.org/network.html
                            (サエキ)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■2■ Editor's Choice Corner
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼イルカ・クジラ・マメ知識 その6
------------------------------------------------------------------
○ブリーチ
------------------------------------------------------------------
ザトウクジラなどが海面上でジャンプするシーンをよく目にすることがあ
ると思います。こうした身体の大部分を海面上に露出し、海面に打付ける
行動をブリーチもしくはブリーチングと呼んでいます。体表の古い組織や
身体についた寄生虫を落とすため、あるいは水面に打付けた時に生じる音
を仲間との合図に用いているなど多くの意味を持つと考えられています。
また、子供の個体の場合は単に遊びの真っ最中ということもあります。い
ずれにしてもホエールウォッチングにおいてブリーチに出会った時は、最
も興奮するひとときであることでしょう。

【参考図書】

○「 クジラ・イルカ大百科 」水口博也著 / TBSブリタニカ / ¥4800-
  ISBN4-484-98298-6  
                           (シマザキ)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼Monthly Cetacean
------------------------------------------------------------------
○File No.6 セミクジラ
------------------------------------------------------------------
■ヒゲクジラ亜目セミクジラ科セミクジラ
■体長:12〜16M
■分布:温帯から亜極圏までの海域。育児や摂餌の海域は浅く、岸に近い
    海域と思われる。

■特徴:頭部が大きく体の1/3ほどにもなる。体色は黒色でズングリし
た(太った)形をしている。クジラヒゲは通常220〜270枚で黒色も
しくは黒茶色をしており、最長で2.9Mにもなる。ヒゲ板の房毛は非常
に繊細で、これは餌となる生物が小さいことを反映している。上顎は極端
に細めで、前端近くにボンネット(カロシティの中でも大きいものをこう
呼ぶ。カロシティとは、皮膚のざらついた部分にクジラシラミやフジツボ
の仲間が付着した部分)と呼ばれる皮膚の突起がいくつか見られる。背ビ
レはなく、大きな両面とも黒色の胸ビレと尾ビレを持つ。噴気の高さは4
〜8Mで、V字型の墳気を上げる。

■生態:たいてい12頭以下のグループを作る。約4.5〜6Mで出生し、
体長約14.5〜17Mで性成熟すると考えられている。雌の方が大きい。
3〜4年に1回出産し、妊娠期間は約10〜12ヶ月。通常1頭から多く
ても十数頭で行動するが、動きは遅い。小型の無脊椎動物などを食する。

■備考:1977・4に伊豆の雲見で体長11.5Mの個体が座礁。19
37年から全世界で捕獲禁止となっている種で、北太平洋のセミクジラは
ほぼ絶滅寸前まで獲り尽くされたいた。現在完全に保護されているにもか
かわらず、回復する気配がなく絶滅が危惧されている。

【参考書籍】

○「鯨とイルカのフィールドガイド」大隈清治監修
  笠松不二男・宮下富夫著 / 東京大学出版会 / ¥1854-
  ISBN4-13-063300-7

○「海の哺乳類FAO種同定ガイド」トマス・A・ジェファソン&ステ
  ィーブン・レザウッド&マーク・A・ウェーバー著 / 山田格訳
  NTT出版 / ¥4300- / ISBN4-7571-6001-1

                           (シマザキ)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼イルカ&クジラ・クイズ
------------------------------------------------------------------
Q2:イルカやクジラは海の中でどうやって寝るのでしょう?
------------------------------------------------------------------
○知っていましたか?ふふふ、答えは次号で発表です!
------------------------------------------------------------------
■先月号の答え
Q1「イルカ」と「クジラ」はどうやって区別するのでしょうか?の答え
は(2)体長でした。一般的には体長3〜4メートル以下のものをイルカ、
それ以上の大きさのものをクジラと呼んでわけています。世界には82種
類の鯨類がいますが、四方を海に囲まれた日本では、その約半分35種類
を近海で自然に見ることができます。遺伝子研究のレベルでは、同じハク
ジラ同志よりも、ヒゲクジラにより近いハクジラがいることなどがわかっ
てきています。今後の調査・研究が進むにつれて、いまとは違ったイルカ
・クジラの区別の仕方がでてくるかもしれませんね。   (タカハシ)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●編集後記
------------------------------------------------------------------
2002年もあとわずか、このメルマガもいよいよ今年最後の号となりま
した。創刊して半年。創刊号から読んでくれている貴方!途中から読み始
めてくれた貴方!!今日はじめて読んでくれている貴方!!!本当にあり
がとうぅ!!!このメルマガがイルカ・クジラを知るキッカケになってく
れていたら嬉しいです。右も左もわからずここまで来ましたが、来年はも
っともっと読んで楽しく、ためになるメルマガを目指したいと思っていま
す。そして、みなさんともイルカやクジラの話が出来たらなぁ…とも。そ
れでは、また来年もよろしくお願いいたしますっ!
                           (シマザキ)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆メルマガ専用BBSはこちら!イルカやクジラについてお話しましょ!
   http://bbs.melma.com/cgi-bin/forum/m00068972/

○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○
このメールマガジンの配信は自動登録となっているため、登録変更・解除
も、お手数ですが皆様御自身で操作していただいております。御自分の登
録先を確認のうえ、下記のホームページで操作をしてください。自動的に
行えます。 http://www.icerc.org/mailmag.html
─────────────────────────────────
国際イルカ・クジラ教育リサーチセンター(アイサーチ・ジャパン)
〒154-0003 東京都世田谷区野沢4-22-7
TEL:03-5712-3480 FAX:03-5712-3481
URL:http://www.icerc.org/index.html
e‐mail:info@icerc.org
─────────────────────────────────
「イルカ・クジラについて知ること、学ぶことを通して、イルカ・クジラ
や自然を大切にできる人を増やしたい。」…そんな思いから、アイサーチ
・ジャパンは、イルカ・クジラに関するリサーチ(正しく理解する)・教
育(分かりやすく伝える)活動を展開しています。
─────────────────────────────────
◆発行:国際イルカ・クジラ教育リサーチセンター(アイサーチ・ジャパン)
◆アイサーチ・ジャパン・メールマガジン担当:シマザキ・サエキ
◆読者数:364(12/20現在)
◆お問い合わせ、ご意見、ご要望は下記のメールまで  
e‐mail:info@icerc.org

○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○


※ 本メールは「MSゴシック」などの
等幅フォントで最適に表示されます。

※ メールマガジンポータルサイト「melma!」から
発行させていただいております。
http://www.melma.com/



| 次の記事>> | 最新の記事

ブックマークに登録する

TwitterでつぶやくLismeトピックスに追加するdel.icio.usに追加Buzzurlにブックマークニフティクリップに追加Yahoo!ブックマークに登録記事をEvernoteへクリップ
My Yahoo!に追加Add to Google

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。


この記事へのコメント

コメントを書く


上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。
コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  1. コメントはありません。

このメルマガもおすすめ

  1. Green Earth Express

    最終発行日:
    2017/03/16
    読者数:
    1616人

    国際環境NGO FoE Japanは、広く一般の皆様にその活動を知っていただくために、ニュースや活動報告などを本メールマガジンにてお届けしてまいります。ご愛読よろしくお願いいたします!!

  2. 東京港野鳥公園メールマガジン

    最終発行日:
    2017/03/10
    読者数:
    1815人

    都立東京港野鳥公園の最新のイベント情報や自然情報などを毎月お届けします。

  3. ネットワーク『地球村』えこめーる”ONE”

    最終発行日:
    2017/03/15
    読者数:
    3418人

    NPO法人ネットワーク『地球村』発行のメールマガジンです。地球温暖化、地球環境問題、最新の環境情報やグリーンコンシューマとしてすぐに取り組めることなどを楽しくわかりやすくお伝えします♪ <melma!&まぐまぐ発行総部数:約4,300部>

  4. 日本環境教育フォーラム 身近メール

    最終発行日:
    2017/03/17
    読者数:
    523人

    このメルマガは、日本環境教育フォーラムの最新情報を不定期に発行するものです。「環境教育」がよりみなさんの身近になるような情報を、短かめに、見やすく提供することを目指していきます。

  5. アロハ通信

    最終発行日:
    2017/03/24
    読者数:
    1974人

    ハワイ島からイルカのこと、ヒーリングのこと、自己成長にコミットする人たちへ向けて、情報を発信しています。

発行者プロフィール

アイサーチ

アイサーチ

http://www.icerc.org/

過去の発行記事