トップ > ショッピング > ファッション > 最新ヨーロッパメンズファッション情報

数年間のヨーロッパ生活で知った常識,非常識や最新ファッショントレンドであるクラシコイタリアの着こなしなどの情報をお届けします。
これさえ知っていれば粋な紳士になれます。

RSS


メルマガの登録・解除

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。



お洒落に興味のある方必見!

発行日:10/28

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/


〜ヨーロッパファッション通信〜 第15号 10月28日


みなさんご無沙汰しております、お元気ですか?
今回もメールマガジンを読んで頂いて有難うございます。



先日、政府・与党が新たな経済対策に盛り込む、
税制抜本改革に関する工程表(中期プログラム)
の基本方針が明らかになったようです。
今後3年間を景気回復期間と位置づけ、減税を時限的、先行的に実施し、
その後、消費税率の引き上げを念頭に、
社会保障の安定的な財源確保のための税制改革を2010年代半ばまでに
段階的に実行するとしているようです。

景気回復期間は今年度を起点として10年度までとする方向のようです。
麻生首相は、自民党総裁選などで
「消費税は2015年くらいに10%台にするのが流れだ」
と指摘しておられましたが・・・。
5%台でも大変なのに・・・++;) 


話は変わりますが、10月26日日曜からイタリア、フランスは夏時間(−7時間)
に変わって、標準時間(ー8時間)になったそうです。
ヨーロッパでは、10月の最終日曜日から標準の時間に変わります。

サマータイムは伊語で、Ora legale(直訳すると法律の時間). 
標準時間は ora solare(太陽の時間).
なんでかな・・・?
仏語だとサマータイムは、そのまんま東のl'heure d'e'te'(夏時間).
l'heure d'hiver(冬時間)になります。



当店ではブログも始めましたので、そちらの方でも、
最新のファションや着こなしのHOW TOなど、皆様に役立つ情報等をご紹介しております。
また新着商品やセール情報もお知らせしますので、お楽しみに!





----------------- 目次 ------------------




 (1)大人の男性がスーツスタイルに合わせるホーズ(靴下)


 (2)11月の耳より情報


 (3)「リンカーン」 




----------------------------------------



(1)大人の男性がスーツスタイルに合わせるホーズ(靴下)




英語では長い靴下をストッキング(STOCKING)またはホーズ(HOSE)、
短い靴下をソックス(SOCKS)と呼びます。

伊語ではハイソックス、ストッキングをCALZE(カルツェ)、
ソックスをCALZINI(カルツィーニ)
un paio di calze (一足の靴下)となるわけです。
※全て”L”の発音なので、注意してください。


ファッションは、もともと「礼儀、マナー」の意味を持っています。
靴下は、西洋ではお洒落のための独立したアイテムでありながら、
礼儀とマナーをも兼ね備えた、スーツ同様の存在なのです。
礼儀とマナーは、自分と他人のために存在するのです。

悲しいかな日本の男性の靴下の場合、お洒落の為ではなく、水虫や臭い対策など
機能一点張りになってしまっています。
電車内に座っている男性で、靴下がずり落ちている人をよく見かけますが、
あれは”だらしなく”見えますね!
大人の男なら、靴下がずり落ちて、素肌、すね毛を人目にさらさないように
注意したいところ。
これだけはやめたいのが、「スーツスタイルに白い靴下」最悪です!
学生時代の余波なんでしょうね・・・**;)

また、デパートの靴下売り場で売られているような、
くるぶし部分にブランドロゴの付いた物、
男性の足元を引き締めるそのわずかな隙間にブランドロゴマークは不要です!
いい靴を履いていても、足元のバランスを壊し、エレガントとはかけ離れてしまいます。

ではどのようなソックスがいいかと言うと、
これからの季節特にお勧めしたいのが、ホーズです。
ホーズ(ハイソックス)の長さは、靴下底からひざ下まで50cmがもっとも一般的です。

靴下の色選びですが、ズボンの色に合わせるか、靴の色に合わせてもOKです。
または単純に黒い靴には黒無地、茶の靴には黒無地か濃紺、それだけでも大丈夫です。
もうワンランク上のお洒落を楽しみたい方には、ストライプがお薦めです。

当店からご紹介させていただくのは、
国内の靴下では非常に人気とクオリティーの高いナッソーの靴下です。
綿、ナイロン素材は、ウールのように暑くならず、シルクのようにスケ過ぎません。
 履心地も薄からず厚からず、吸湿性、耐久性も抜群です。 
プライス税込み ¥1,890円


※画像は当店HPのブログにてどうぞ。





----------------------------------------------------------------------------------



(2) 11月の耳より情報




   皆様のお陰で、11月で当店もリニューアルオープン後9周年を迎えます。
   平成10年に類焼に見舞われ、その後多くの方々にご支援いただき、
   今日まで来ることができました。
   この場をお借りしましてお礼を申し上げます。

   そこで、リニューアル9周年記念としまして、
   期間限定「感謝フェア」を開催いたします。
   店頭の全商品20%OFF(靴、時計、ベルト、財布、ネクタイ、ALLアイテム)
   
   期間2008.11.1〜11.10までの限定。
   メルマガ、ブログ読者の方
   (送料お客様負担で、通信販売もご利用いただけます。)





----------------------------------------------------------------------------------



(3)「リンカーン」


   
   10月28日火曜日22:00時放送の、TBSテレビ「リンカーン」にて、
   当店のシューズ紹介されます。
   
   コーナータイトルは、「3周年一発勝負」です。
   レギュラーメンバーのダウンタウン・さまぁ〜ず・雨上がり決死隊・
      キャイ〜ン・山口智充さんの9人で団結してお題に挑戦です。

   そのお題の中で見事に1つでもクリアーできれば商品ゲット!!
   
   ただし、全てのゲームは一発勝負!!

   果して出演者の三村マサカズさんは、
   当店のシューズをゲットできるのでしょうか・・・???






---------------------------------------

 

 編集者:レオナルド 店長下浦博行
 大阪市北区天神橋筋5丁目
 E-Mail: classico@leonardo.jp
 http://www.leonardo.jp/

| 次の記事>> | 最新の記事

ブックマークに登録する

TwitterでつぶやくLismeトピックスに追加するdel.icio.usに追加Buzzurlにブックマークニフティクリップに追加Yahoo!ブックマークに登録記事をEvernoteへクリップ
My Yahoo!に追加Add to Google

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。


この記事へのコメント

コメントを書く


上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。
コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  1. とても質の高い内容。装道にも長けた方、好きな方の情報発信形態は、なかなか♪

     2008/10/28

このメルマガもおすすめ

  1. 萬晩報-お江戸のデスク日記

    最終発行日:
    2014/11/19
    読者数:
    4979人

    戦前に日本最大の発行部数を誇った黒岩涙香 の「萬朝報」にあやかり命名、経済を中心に 分野を超えたコラムを発信します。主筆を中 心に内外に65人の通信員を抱えます。

  2. 月刊アカシックレコード

    最終発行日:
    2017/06/15
    読者数:
    17022人

    02年W杯サッカー韓国戦の「誤審」を世界で唯一「前日」に誌上予測し、誤審報道を「常識化」した推理作家が、政官財界の分析にも進出し、宣伝費ゼロで読者19,000人を獲得。2009年9月から月刊化。

  3. 宮崎正弘の国際ニュース・早読み

    最終発行日:
    2017/06/20
    読者数:
    24332人

     評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

  4. イタリア猫の小言と夢

    最終発行日:
    2017/06/20
    読者数:
    365人

    イタリアに興味のあるあなたに発信。軽やかなイタリア案内、大人のイタリアエッセイです。 気になる話題を、軽い猫足のコラムと日記でお届けします。

  5. 金では買えない「金融裏情報」

    最終発行日:
    2017/01/09
    読者数:
    20423人

    世の中にはびこる金融商品や投資話の80%以上は投資家を欺きはめ込むためのものです。当研究会では、そんな金融業界に一石を投じます。

発行者プロフィール

過去の発行記事