金融・保険

保険マーケティング

生命保険営業、保険代理店、保険会社、銀行、証券会社など保険ビジネスに携わる方必読の「日本一の保険営業コンサルティングマガジン」

メルマガ情報

創刊日:2002-06-20  
最終発行日:2018-07-13  
発行周期:ほぼ毎日  
Score!: 74 点   

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

このメルマガは最新記事のみ公開されています。

税理士の染宮先生から決算書の読み方を学べるグランドステージ保険塾とは

2018/07/13


こんにちは、大学の授業で群馬に向かっている花田敬です。


西日本で発生しているこのたびの記録的な豪雨により、
亡くなられた方々へのご冥福をお祈りするとともに、
被害に遭われた方々に対し、心よりお見舞い申し上げます。


さて、今回は僕がソニー生命時代からお世話になっている
染宮先生からの特別なオファーです。

決算書が読めることは、法人契約を増やすには必要です。
会社の経営者でも決算書を読める人は少ない。

損益計算書(PL)を見て「利益が出ている」「赤字だ」と言っている
社長は多いのですが、貸借対照表(BS)を読んでいる社長は少ない。

経営において大事な資金関係は貸借契約書を見る必要があります。

保険営業マンも同じで、決算書をみて
「儲かっているから保険どうですか?」は
損益計算書だけしか見てない営業マンです。

これでは大きな法人保険は売れません。
資金・・・金繰りについて知る必要があるのです。

ということで、染宮先生にバトンタッチしますね。


花田さんのメルマガをお読みの皆さん、こんにちは!
税理士の染宮勝己です。

http://fp-somemiya.co.jp/?page_id=8879
↑今回のオファーはこれ。

このメールは、生保営業マンの中でも特に
『法人営業』『法人マーケット』参入を目指していたり
もしくは『一気に法人マーケットで大成功したい!』と試行錯誤している
あなたのための『特効薬』のお知らせです。

法人マーケットに飛び込みたいのはやまやまだけど
『どうやって』『どの切り口で』
話したらいいかわからない……

そんなときのための『特効薬』!

法人マーケットに切り込むときに
最大の武器となり
社長さんのツボをグッと押す販売話法があったら……
あなたは、どのように使いこなしますか?

あらゆる法人が身を乗り出す
その販売話法とは……

ズバリ『決算書』です!

 『決算書』は

● 日本中の会社が、100%作っている
● 毎年更新され、最新情報が載る
● お金に関する会社の情報が全部詰まっている

という、生保営業マンにとって
ありがた〜いツール。

ハッキリ言って、決算書を使った話法ほど
社長さんが納得しやすい販売話法は珍しいです。

なぜなら
『社長さんと会社にとって
 最適な保険がオーダーメイドされていく』
ことが、社長さんにもわかるから!


しかし、見た目が数字だらけなので
「なんだか難しそう」
「数字を見ると頭が痛くなる〜!」
「理屈っぽい話は苦手で……」
と、先入観で避けている生保営業マンの多いこと……

実はこれ、社長さんも同じなんです。

だからこそ、あなたの腕の見せ所!


実は、決算書の読み方にはコツがあります。
数字が苦手なら
「数字で見ない」「数字で考えない」「数字で話さない」
ようにすればいいのです。

「そんなこと、できるわけない」と思うでしょうか?
それを可能にするのが
『グランドステージ保険塾』なのです!

グランドステージ保険塾では

● 決算書の“何”を“どう” 読めばいいのか?
● 決算書を3分で『イメージ化』する方法
● 『5つの利益』の本当の意味
● 決算書から自社株の“危険度”がわかる
● 剰余金が埋まってる場所を見つけるには
● 役員退職金の財源を『掘り当てる』方法

などの
社長さんが身を乗り出さずにはいられない
『決算書に眠る宝の掘り当て方』を伝授します。

もちろん、ただセミナーを受けるだけではありません。

セミナー中に
『実際に決算書を読み解き、アプローチトークを話してみる』
実践訓練の場を設け

文字通り
『翌日のアポから、即使えて、結果に繋げられる』
ようにしました。

過去の開催時には
これから法人マーケットに挑戦する方、
決算書は見たことあるけれど活用しきれていなかった方、
もっと伸びたいと考えている方、色んな方がいましたが
どの方からも、大変好評をいただいています!


■□■□【受講生の声】■□■□■□■□■□■□

申込にあたって、私が研修についていけるのか不安でした。
研修が進むにつれて、なるほど…なるほど…
又は、そうだったのか!
と嬉しく感じてワクワクしながら楽しく研修に
参加できました。
本当に今日参加して良かった!
ありがとうございました!

代理店 S.O様【第3回参加】

---------------------------------------------------

ムダを省いた感じの目的にビシッとフォーカスされた内容で
あっという間の1日でした。
単なる保険屋から“良き相談者”へのステップアップできるスキルを
いただけたと思います。
あとはアウトプットの数を増やす努力をしてまいります

代理店 Y.T様【第3回参加】

-----------------------------------------------------

テンポが良くアッという間でしたが、多くの気づきがありました。
特に決算書を通して『説明』するのではなく、社長から色々な言葉を
引き出すことが大切であると教わり、納得です。
本日学んだことは、アウトプットをしていかないと身にならないと
思うので、まずは多くの決算書を分析していきたいと思います。
また、現場で実践して色々と学んでいきたいと思います。

日本社 T.N様【第3回参加】

--------------------------------------------------------

決算書の勉強をいくらしても、生保にどうつながるか分かりませんでした。
しかし、この講座で(面積でビジュアルで捉える)ということを教えていただき
凄く腑に落ちました。
いつも細かい部分ばかり見ていましたが、大きくとらえてから細かい点を
考える意味も理解できました。
特にありがたいのは、決算書を理解して、それを生保にどうつなげるかを教えていただいた点です。
本当にありがとうございました。

代理店 S.H様【第3回参加】

--------------------------------------------------------

■□■□【受講生の声 ここまで】■□■□■□■□■□■□


手数料数百万単位の契約がとれた方、
『エキスパート保険塾』受講後に支社トップにのぼり詰めた方、
ある外資系生保の『三冠王』になった方、
受講後3ヶ月間で手数料1,000万円以上の成績をあげた方……

『エキスパート保険塾』の受講生は
受講料の何倍、何十倍もの成果をどんどんあげていきました。

その『エキスパート保険塾』の内容を凝縮した
『グランドステージ保険塾』。
参加者の皆さんがどこまで大きな成果を上げられるか、
私も楽しみでたまりません。

決算書を使った販売話法は
日本中、あらゆる企業に使える
オールマイティな販売話法でもあります。

さあ、あなたは
この決算書の販売話法でどれぐらい伸びるでしょうか?

あなたのご参加、お待ちしています!

◆◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◆

        グランドステージ保険塾
     染宮式!「ひと目で分かる決算書講座」

 日時 2018年8月8日(水)  10:00〜18:00+懇親会
※セミナー後に懇親会があります。懇親会費は受講料に含まれます

 受講料【最強倶楽部会員】 130,000円(140,400円 税込)
      【一     般】 140,000円(151,200円 税込)

↓ ↓ ↓ 詳しくはこちら! ↓ ↓ ↓
http://fp-somemiya.co.jp/?page_id=8879  

◆◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◆



ということで、
最後に【あなたへ】
あなたが大学で教壇に立って講師をすることを楽しみにしています。
すべての大学で「お金と営業」の授業を!  花田敬

・・・・・・・・・【本文終わり】・・・・・・・・・


【編集後記】

20数年前に熊本にいた頃の話。
大雨で道路に水があふれ、車が流されたことがあります。

最初は「よく降るなぁ」と思っていたのですが、
信号待ちしている間に増水して車が流されたのです。

僕は車に乗ったまま何もできず外にも出られませんでした。
エンジンもやられ、ハンドルの効かず「なすがまま」状態。

運良く水位が下がってくれたので脱出できましたが、
もし、もっと水量が増えていたら、、、怖いですね。

結局、車はダメになりました。

大雨は怖いですね。


【花田敬がやりたいこと】

1.金銭教育は社会貢献である

小学校、中学校、高校、大学とお金の勉強をする機会が
ない。
しかし、社会に出てお金の知識がなく苦労する人も多い。
会社社長もお金の知識がなくては、経営がうまくいかない。
EFPが行う事業の中で、金銭教育ができる講師を育てる
ことがマネーセミナー講師養成プロジェクトの目的の1つだ。
プロジェクトメンバーを大学や中小企業で行う「お金の授業」の
先生にしたい。


2.営業教育は社会貢献である。

小学校、中学校、高校、大学と営業の勉強をする機会が
ない。経営学部はある・・・しかし、経営者になる数は少なく
実際は、営業マンになる数が圧倒的に多い。
なぜ、営業学部はないのか? 営業の授業はないのか?
また、中小企業の会社社長は忙しく、営業の研修をする
ことができない。

だから、EFPは保険営業マンに
1.「マーケティングプロセス」研修
2.「セールスプロセス」研修
3.「セミナー営業」研修
など営業関係の講師プロジェクトを行っている。

プロジェクトメンバーを大学や中小企業で行う
「営業の授業」の先生にしたい。

これが僕のやりたいことだ。


では、また!
あなたの成功をお祈りしています。
花田









最新のコメント

  • 名無しさん2008-03-12 12:32:36

    面白かったです。

  • 名無しさん2007-09-20 19:27:00

    先生になりたい!

  • 名無しさん2007-05-08 10:59:48

    文中、「プルデンシャルがベトナムでは日本では取っていない代理店方式・・・」とのコメントがありましたが、これは日本のプルデンシャルとは全く別グループで、おそらく英国プルデンシャルのグループかと思われます。