金融・保険

保険マーケティング

生命保険営業、保険代理店、保険会社、銀行、証券会社など保険ビジネスに携わる方必読の「日本一の保険営業コンサルティングマガジン」

メルマガ情報

創刊日:2002-06-20  
最終発行日:2018-10-08  
発行周期:ほぼ毎日  
Score!: 74 点   

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

このメルマガは最新記事のみ公開されています。

ふるさと納税の返礼品を写真撮影してセミナーコンテンツに使おう

2018/10/08

こんにちは、ふるさと納税のお礼の品が次々と届いている
花田敬です。

【参加者100名】6シーズン連続で突破!(感謝)
DVDプレゼント付きプレセミナー&説明会
マネーセミナー講師プロジェクト6
http://www.efp-sms.com/money_pro/thank_you/s6_orientation/

10月09日(火)福岡(満員→増席しました)申し込み可能
10月11日(木)東京 申し込み可能
10月12日(金)東京 申し込み可能

マネーセミナーの新しいコンテンツとして研究している
「ふるさと納税をポイントサイト経由がお得」ですが、
大好評ですね。

1.ポイントサイト(ハピタス)
http://bit.ly/2xHksgM
43名の方が登録しました。
(登録数だけ通知がくる)

これに関しての記事は
https://blog.goo.ne.jp/e-fp/e/2ed396d57537d5681446ab1ec872d82a

この記事にあとで追加したのが、
返礼品の写真です。

(1つ目)は返礼品の届け先を息子夫婦にした
佐賀県のすき焼き用の佐賀牛。

(2つ目)は返礼品の届け先を孫にした
山形県のシャインマスカット。

どちらも大喜びで写真を送ってきました。

そう、この画像を見ればわかりますが、コンテンツとして
画像は説得力があるのです。

セミナーのコンテンツとして「証拠」の写真は
参加者の心を動かします。

あなたが見るものを写真に撮り、セミナーのコンテンツに
使ってみましょう。

ではポイントをおさらいします。


●大事なのはこの手順を写真や画像で保存しておくこと。
↓これを参考にしてください。
https://blog.goo.ne.jp/e-fp/e/2ed396d57537d5681446ab1ec872d82a

●返礼品が来たら写真を撮ること。

マネーセミナーのスライドにこの画像を使うこと。
あなたのセミナーがグレードアップします。

個別相談に来た方には、あなたが体験したことを
そのまま教えると良いです。

ふるさと納税は年収や家族構成で控除になる金額が
違うので、生保提案に必要な年収などをヒアリングできます。

これから年末に向けて「ふるさと納税の話題」は
盛り上がります。

タイムリーなネタはお客さまの心を動かしますので、
あなたが早めに体験してコンテンツにしましょう。

ということで、マネーセミナーのコンテンツは
無限に作ることができます。

これ、もうすぐ終了です。
【参加者100名】6シーズン連続突破ありがとうございます。
DVDプレゼント付きプレセミナー&説明会
マネーセミナー講師プロジェクト6
http://www.efp-sms.com/money_pro/thank_you/s6_orientation/

10月09日(火)福岡(満員→増席しました)申し込み可能
10月11日(木)東京 申し込み可能
10月12日(金)東京 申し込み可能


最後に【あなたへ】
あなたが大学で教壇に立って講師をすることを楽しみにしています。
すべての大学で「お金と営業」の授業を!  

花田敬

・・・・・・・・・【本文終わり】・・・・・・・・・

【編集後記】

ポイントサイトはあと2つ研究しています。

・外食でポイントが貯まりやすいポイントタウン(GMOが運営)
http://bit.ly/2PjHYr3

・JALのマイルがためやすいモッピー(600万人が登録)
http://bit.ly/2zWni2U

マーケティングを日々研究していると、ポイントサイトの
伸びがすごい。

あなたの周りをもう一度見てください。
ポイントだらけでしょう?




では!

【花田敬がやりたいこと】

1.金銭教育は社会貢献である

小学校、中学校、高校、大学とお金の勉強をする機会が
ない。
しかし、社会に出てお金の知識がなく苦労する人も多い。
会社社長もお金の知識がなくては、経営がうまくいかない。
EFPが行う事業の中で、金銭教育ができる講師を育てる
ことがマネーセミナー講師養成プロジェクトの目的の1つだ。
プロジェクトメンバーを大学や中小企業で行う「お金の授業」の
先生にしたい。


2.営業教育は社会貢献である。

小学校、中学校、高校、大学と営業の勉強をする機会が
ない。経営学部はある・・・しかし、経営者になる数は少なく
実際は、営業マンになる数が圧倒的に多い。
なぜ、営業学部はないのか? 営業の授業はないのか?
また、中小企業の会社社長は忙しく、営業の研修をする
ことができない。

だから、EFPは保険営業マンに
1.「マーケティングプロセス」研修
2.「セールスプロセス」研修
3.「セミナー営業」研修
など営業関係の講師プロジェクトを行っている。

プロジェクトメンバーを大学や中小企業で行う
「営業の授業」の先生にしたい。

これが僕のやりたいことだ。


では、また!
あなたの成功をお祈りしています。
花田









最新のコメント

  • 名無しさん2008-03-12 12:32:36

    面白かったです。

  • 名無しさん2007-09-20 19:27:00

    先生になりたい!

  • 名無しさん2007-05-08 10:59:48

    文中、「プルデンシャルがベトナムでは日本では取っていない代理店方式・・・」とのコメントがありましたが、これは日本のプルデンシャルとは全く別グループで、おそらく英国プルデンシャルのグループかと思われます。