政治・経済

参議院議員森元つねおの国会だより

自由民主党参議院議員森元恒雄の国会での活動報告です。現在の国会の情勢、地方分権や教育問題などに関する情報を、原則週1回配信します。

全て表示する >

【参議院議員森元恒雄の国会だより】

2006/11/21

■□■===============================================■□■

 
 参議院議員 森元恒雄の国会だより  2006/11/21---No.240
                http://www.t-morimoto.com/

■□■===============================================■□■


● いじめ問題(1)


 このところ、全国各地でいじめと、それに起因する子供達や関係者の
深刻な状況が連日報道されています。

 いじめに関する事件が起こる度に、教育委員会や学校の責任が追及さ
れ、文部科学省による指導強化が叫ばれます。しかし、その多くは事件
の表面をなぞっているだけで、問題の本質に迫り、その根源を断ち切る
にはどうすればよいかというところまで踏み込んだ提言がほとんど見ら
れないのは残念なことです。

 事件が学校を舞台として、そこに学ぶ子供達の間で発生しているだけ
に、まず何よりも先に教育現場の問題として捉えられるのは、当然のこ
とでしょう。確かに、教育委員会や教師のいじめに関する対応の仕方や
態度には、反省を促し、改善を求めるべきところが多々あることは否め
ません。

 しかし、教育現場が追及されているような様々な問題点、例えば具体
的にいじめが行われていることが指摘されているのに、それを真正面か
ら受け止めず、事態が深刻化する前に必要な手立てを十分講じなかった
ことや、教師が問題を1人で抱え込み、校長を含め学校全体で取り組ま
なかったこと、あるいは教育委員会に報告しなかったことをいくら追及
してみても、問題の根本的な解決には何の役にも立たないと思います。

 これまでもいじめが社会問題化し、教育現場の対応ぶりが批判されて
きたにもかかわらず、相変わらず同じことが繰り返されるのはなぜで
しょうか。

 それは、まず第一に、どうすればいじめを無くせるか、解消できるか
ということについて、教育現場にしっかりとした具体的な対策案が無い
からではないでしょうか。たとえ、いじめの事実を把握しても、具体的
にどのように対応すればよいのか、その処方箋が無ければ手の施しよう
がありません。また、仮に打つべき手は打ったとしても、必ずその効果
が直ちに現れるとは限りません。いじめの解消に即効薬といえるものが
ないところに、問題解決を難しくしている抜本的な原因があるように思
われます。

 第二に、いじめが学校という教育の場で行われているために、当然の
こととは言え、教育関係者の間に教育的配慮が強く働くからではないで
しょうか。いじめ問題の当事者が思春期の子供達であるだけに、双方を
傷つけず、周囲にもなるべく波風を立てずに事態を納めたいという傾向
があるかもしれません。また、子供同士の間で発生した問題は子供達の
中で解決させるべきだ、子供のけんかに大人や親が口を出すべきではな
いという考え方も根強くあるでしょう。しかし、実際にいじめ被害に遭
いながら、親に心配をかけたくない、相談できる友人もいないという切
羽詰った状況にいる子供の立場はどうなるのでしょう。こうした教育現
場の、どちらかといえば周囲を慮り過ぎる風潮が、学校の対応が甘いと
いう批判を受ける原因になっているのではないでしょうか。

 いじめは、それがどんなに些細なものでも、将来にわたって当事者の
心に大きな傷を残します。いじめ問題を解消するには、いじめが行わ
れ、それが深刻な事態になる前に、どのような手立てを講じるべきか、
その具体的な手法を明らかにすることが第一に重要です。

 次に、いじめの問題を学校の内部で解決できるならそれに越したこと
はありませんが、それができないのであれば、外部の力を借りることを
ためらうべきではないでしょう。それは、単に教育委員会に報告したか
否かというようなレベルの問題ではないと思います。学校としては、家
庭はもちろんのこと、地域や社会の力を総動員して事に当たる気構えが
必要です。そして、いじめが犯罪行為とも言えるほど悪質な場合には、
警察への通報をためらうべきではないと思います。

 しかし、いじめが起こる原因は子供達の心の中にあります。このた
め、いじめの根本的な解決には、教育の内容にまで立ち入って、それを
見直すことが必要です。この際子供達の教育について、改めて抜本的に
問い直す必要があるのではないでしょうか。


                    参議院議員 森元恒雄


◆=====================================================◆

☆参議院議員森元恒雄事務所☆
〒100-8962東京都千代田区永田町2-1-1参議院議員会館325号室
TEL 03-3508-8325  FAX03-5512-2325
ホームページ
http://www.t-morimoto.com/
メールアドレス
tsuneo_morimoto01@sangiin.go.jp

――――――――――――――――――――――――――――

● メルマガの解除は、
http://www.t-morimoto.com/mm.htm
(「まぐまぐ」でご登録の方)
にて、解除の手続きをよろしくお願いいたします
(「melma!・メルマ」でご登録の方は最後尾で↓)。

手続きをしても解除されない場合等は、
アドレスの転送設定等をご確認の上、
tsuneo_morimoto01@sangiin.go.jp
までご連絡ください。

● メルマガの新規登録は、
http://www.t-morimoto.com/mailform/mmm.htm
にて受付中です。

=========================================================
  【「参議院議員森元恒雄の国会だより」の著作権は、
    森元恒雄事務所に帰属します。】

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2002-05-26  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: 92 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。