政治・経済

参議院議員森元つねおの国会だより

自由民主党参議院議員森元恒雄の国会での活動報告です。現在の国会の情勢、地方分権や教育問題などに関する情報を、原則週1回配信します。

全て表示する >

【参議院議員森元恒雄の国会だより】

2006/06/12

■□■===============================================■□■

 
 参議院議員 森元恒雄の国会だより  2006/6/12---No.217
                http://www.t-morimoto.com/

■□■===============================================■□■


● 外国人労働者問題(2)


3 外国人労働者問題は、単純労働者の受け入れをどう考えるかに尽き
る。

 外国人労働者問題は、いわゆる単純労働者の受け入れを真正面から認
め、その枠を拡大することの是非を明らかにすることに尽きると言って
も過言ではありません。なぜなら、専門的、技術的労働者については、
既にわが国は、ほとんど何の制限もなく受け入れることにしているから
です。

 外国人労働者の受け入れに積極的な人々も、これを無制限に受け入れ
てよいと考えているわけではないと思います。単純労働者を受け入れる
場合でも、当然受け入れる人数に上限を設定した上で、一定の条件を満
たす人に限って、一定期間これを受け入れることとすべきであると考え
ているはずです。

 現在、わが国は単純労働者を受け入れないとの方針を採っています。
しかし、現実には、研修生(約5万5千人)や技能実習生(約6万人)が
研修や技能実習の一環であるとの名目の下に、事実上単純労働に従事し
ていることは紛れもない事実です。また留学生(約13万人)について
も、学費や生活費を稼ぐためとの名目の下に、アルバイトに精を出して
いる人が大勢いることは周知の事実です。

 このような状況にあることから、先頃法務副大臣のプロジェクトチー
ム(法務省職員で構成)が、研修や技能実習という建前が有名無実化し
ており、研修や技能実習は実際には単純労働者を受け入れるための口実
に過ぎなくなっている。このように本音と建前の間に大きな乖離が生じ
ているのであれば、むしろこの際方針を転換し、本音の部分を前面に打
ち出して、単純労働者を真正面から受け入れることにしてはどうか、と
いう中間とりまとめを公表しました。近く、パブリックコメントに付
し、広く国民の方々から意見を聞くとともに、関係省庁とも協議しなが
ら最終案をとりまとめるとのことです。

 しかし、このような方針転換は、例えば、いくら交通ルールを定めて
もそれを守ろうとしない人が大勢いる場合、どうすれば守らせることが
できるかということを考えたり、努力したりしないで、むしろ交通ルー
ルの方を大幅に緩和し、撤廃してはどうかというようなものであり、単
純労働者問題への対応策として、基本的にその方向が間違っているので
はないかと思います。実態が研修、技能実習制度の本来の趣旨から大き
く逸脱したものになっているというのであれば、むしろその原因がどこ
にあるのか、その厳格な運用をはかるためには、どこをどのように改め
ればよいのか、それを検討するのが筋ではないかと思います。

 そもそも、現在の研修、技能実習制度そのものが、単純労働者を条件
付きで受け入れるための一種の便法として、設けられた制度ではないか
と思います。物と異なり、完全にコントロールしにくい人を管理する便
宜的な手段としてつくられたしくみを、それが十分守られていないから
と言って廃止したのでは、いよいよどのような方法で管理するというの
でしょうか。私には、それは無制限、野放図な単純労働者受け入れの道
を歩む第一歩になるとしか思えません。


                    参議院議員 森元恒雄


< 参考 >
法務副大臣「今後の外国人の受入れ等に関するプロジェクト」
http://www.t-morimoto.com/mmfiles/2006moj-vicemin-foreigner-pt.pdf


————————————————————————————

 去る6月7日に、参議院決算委員会において、総理及び財務大臣に対
し、地方交付税、地方財政について質問いたしました。
http://www.t-morimoto.com/minutes/q20060607.htm
で私の質問の議事録と当日の様子が動画でご覧いただけます。
お時間のありますときに、お目通しいただければ幸いです。

◆=====================================================◆

☆参議院議員森元恒雄事務所☆
〒100-8962東京都千代田区永田町2-1-1参議院議員会館325号室
TEL 03-3508-8325  FAX03-5512-2325
ホームページ
http://www.t-morimoto.com/
メールアドレス
tsuneo_morimoto01@sangiin.go.jp

————————————————————————————

● メルマガの解除は、
http://www.t-morimoto.com/mm.htm
(「まぐまぐ」でご登録の方)
にて、解除の手続きをよろしくお願いいたします
(「melma!・メルマ」でご登録の方は最後尾で↓)。

手続きをしても解除されない場合等は、
アドレスの転送設定等をご確認の上、
tsuneo_morimoto01@sangiin.go.jp
までご連絡ください。

● メルマガの新規登録は、
http://www.t-morimoto.com/mailform/mmm.htm
にて受付中です。

=========================================================
  【「参議院議員森元恒雄の国会だより」の著作権は、
    森元恒雄事務所に帰属します。】

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2002-05-26  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: 92 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。