政治・経済

参議院議員森元つねおの国会だより

自由民主党参議院議員森元恒雄の国会での活動報告です。現在の国会の情勢、地方分権や教育問題などに関する情報を、原則週1回配信します。

全て表示する >

【参議院議員森元恒雄の国会だより】

2006/06/05

■□■===============================================■□■

 
 参議院議員 森元恒雄の国会だより  2006/6/5---No.216
                http://www.t-morimoto.com/

■□■===============================================■□■

 明後日6月7日(水)、参議院決算委員会において決算に対する
締めくくり総括質疑が行われますが、その中で私が約20分間、
総理、総務大臣及び財務大臣に対し、質問をすることになりました。
主に地方財政の現状と課題等について政府に質問します。
 審議の模様は当日 NHK総合テレビ で中継されます。私の担当
時間はおよそ PM1:40(13時40分) 頃からになります。
 ご都合が合えばテレビでご覧いただければ幸いに存じます。
よろしくお願い申し上げます。

————————————————————————————

● 外国人労働者問題(1)

 
 外国人労働者問題については、産業界を中心に受け入れ拡大を求める
声が強く、政府及び党においてその是非が検討されています。

 外国人労働者に対する政府のこれまでの基本方針は、専門的・技術的
労働者は積極的に受け入れるが、単純労働者は受け入れない。また、研
修生や技能実習生、留学生はその管理を強化し、不法就労や不法滞在を
防止するというものです。私は、このような政府の基本方針はこれから
も堅持すべきであり、大きく方向転換する必要はないと考えています。

(1)外国人労働者の受け入れは、日本の国際的責務ではない。

 日本で働きたいという強い要望がある以上、それに応えるのがわが国
の国際的な責務であるかのように主張する人がいます。しかし、このよ
うな考え方に立てば、受け入れに上限を設けること自体論理矛盾であ
り、歯止めがかけられなくなります。
 また、欧米諸国は、いずこも外国人労動者の受け入れに伴う住民間の
軋轢の拡大、治安の悪化、失業の増大などの社会問題発生の処理、対応
に追われており、日本に外国人労働者の受け入れを迫る国際世論はあり
ません。

 わが国との間に大きな所得格差が存在するがゆえに、日本で働きたい
という強い要望があるからと言って、それをストレートに受け入れるこ
とは、双方の国に様々な問題を引き起こしかねません。むしろ、開発途
上国の産業経済の発展を支援することによって、所得格差の縮小、解消
を図ることで、わが国の国際的な責務を果たすべきであると思います。

(2)外国人労働者の受け入れは、労働力不足対策の視点だけでは捉え
られない。

 ようやく景気回復が本格化してきたとは言え、一部には依然過剰労働
力を抱える部門もあります。しかし、農林水産業や中小企業の中には労
働内容がきつい上に、労働条件が悪いために、日本人労働者の確保が難
しくなっているところも少なくありません。

 このため、慢性的に労働者不足状態にある中小企業等からは外国人労
働者の受け入れを拡大してほしいとの強い声が寄せられています。
 確かに、どのような職場環境でも厭わず、安い賃金で喜んで働いてく
れる外国人労働者を受け入れることができれば、当該企業にとってはメ
リットが大きいことは言うまでもありません。
 しかし、その陰で医療費や生活保護費、教育費など公費負担せざるを
えない部分が地方自治体にシワ寄せされており、社会全体のトータルコ
ストは決して安くないことを見過ごすことはできないと思います。

 また、日本語が十分話せない外国人労働者や日本社会に馴染めない外
国人労働者の増加は、日本社会に様々な軋轢をもたらし、治安の悪化、
子弟の不就労の増大につながるなど、日本社会を不安定化させる虞が大
きいことを考えておく必要があります。

 外国人労働者の受け入れに伴うマイナス面をできるだけ小さくするに
は、その出入国や日本滞在中の管理を徹底し、違反した場合は本人のみ
ならず受け入れ先の企業を含め、厳しく対処すれば解決できるはずだと
の主張があります。
 しかし、意思を持った外国人労働者を物と同じように杓子定規に扱う
ことは、実際問題として難しい面があります。たとえ期間を限って受け
入れても、そのうちの何割かの人は、その間に結婚などして日本に定住
する可能性が大きいこと、あるいは期限が過ぎても違法に滞在し続ける
人も出てくることを十分念頭において、外国人労働者受け入れ拡大の是
非を検討する必要があります。


                    参議院議員 森元恒雄


◆=====================================================◆

☆参議院議員森元恒雄事務所☆
〒100-8962東京都千代田区永田町2-1-1参議院議員会館325号室
TEL 03-3508-8325  FAX03-5512-2325
ホームページ
http://www.t-morimoto.com/
メールアドレス
tsuneo_morimoto01@sangiin.go.jp

————————————————————————————

● メルマガの解除は、
http://www.t-morimoto.com/mm.htm
(「まぐまぐ」でご登録の方)
にて、解除の手続きをよろしくお願いいたします
(「melma!・メルマ」でご登録の方は最後尾で↓)。

手続きをしても解除されない場合等は、
アドレスの転送設定等をご確認の上、
tsuneo_morimoto01@sangiin.go.jp
までご連絡ください。

● メルマガの新規登録は、
http://www.t-morimoto.com/mailform/mmm.htm
にて受付中です。

=========================================================
  【「参議院議員森元恒雄の国会だより」の著作権は、
    森元恒雄事務所に帰属します。】

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2002-05-26  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: 92 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。