政治・経済

参議院議員森元つねおの国会だより

自由民主党参議院議員森元恒雄の国会での活動報告です。現在の国会の情勢、地方分権や教育問題などに関する情報を、原則週1回配信します。

全て表示する >

【参議院議員森元恒雄の国会だより】

2006/05/01

■□■===============================================■□■

 
 参議院議員 森元恒雄の国会だより  2006/5/1---No.211
                http://www.t-morimoto.com/

■□■===============================================■□■


● 出生率の地域差


 わが国の合計特殊出生率は1.29ですが、そこには大きな地域差があり
ます。都道府県別では、最高が沖縄県の1.72、最低が東京都の1.01と
なっています。さらに市町村別では、最高が沖縄県多良間村の3.14、そ
して、2を超えている団体は全国で83です。一方、最低が東京都渋谷区
で0.75です。東京の都心部では1人の女性が生涯にもうける子供の数
は、平均すると1人にも満たないという状況です。

 このように、出生率が地域で大きく異なるのはなぜか。平成15年度版
厚生労働白書は、その要因として次の5点を挙げています。
・男女とも長時間労働者比率の高い地域ほど、出生率が低い。
・3世代同居比率の低い地域の方が、出生率が低い。
・有配偶女性の労働力率が高い地域の方が、出生率が高い。
・出産後、常勤雇用で残る割合が高い地域では、出生率が高い。
・持ち家比率の高い地域の方が、出生率が高い。

 少子化が進む背景には様々な要因が複合的に絡んでいるものと思われ
ますが、このように地域差が生じているところを見ると、少子化は即ち
一面地域問題であることが判ります。

 確かに、女性が家庭を離れて外で働くようになったのは最近のことで
す。しかし、昔は女性も重要な一家の働き手の一人として、結婚後も農
業や商売を夫と共に担っていました。女性を労働力率で捉えた場合、昔
の方が高かったはずです。そして、専業主婦と呼べる人は、極く一部の
特権階級だけだったと言えます。しかし、そのような時代に少子化問題
はありませんでした。
 したがって、女性が社会に進出し、働くようになったことが少子化の
原因であると考えることは適当ではありません。むしろ、働きながら子
育てする環境や条件が十分整っていないことに、その原因を求めるべき
であると思います。
 近年、工業化の進展とともに、サラリーマン化、都市化、核家族化が
進み、家事や育児をめぐる状況が大きく変化しました。昔と今の大きな
違いは、「家で」働いているか、「家から離れて」働いているかです。
家と職場が一体であれば、仕事はもとより家事や育児も家族ぐるみでお
互いに助け合うことが出来ます。しかも、三世代が同居していれば、祖
父母に幼な子の世話を手伝ってもらうことも可能です。
 しかし、都市では家と職場が離れており、しかも、東京のような大都
市では通勤に時間がかかり過ぎます。また、三世代が同居できる住宅な
ど願っても手に入る状況ではありません。夫が家事、育児を分担するよ
うになったかと言えば、とてもそういう状況ではありません。

 このように、家と職場が分離し、家事、育児をめぐる家庭の事情が大
きく変化しているにもかかわらず、それに応じて新しい時代にふさわし
い子育てのための「社会のしくみ」を十分に造ってこなかったところ
に、少子化対策の弱点があるように思われます。

 都市化の進展、とりわけ東京一極集中には経済面を中心にメリットが
大きいとは言え、その反面、例えば少子化問題では、それに拍車を掛け
る大きな要因の一つになっていることを考えると、地方分散、国土の均
衡ある発展を重要な政策課題として絶えず追求していく必要がありま
す。

 また、女性が働きながら子育てできるように、育児休業給制度の拡充
と、全ての働く女性がそれを実際に受け取ることが出来る運用の確保を
図ることが特に重要です。さらに、その受給期間経過後も、子供が幼い
間は、引き続き時間を短縮して勤務できるような職場の条件整備も必要
です。


                    参議院議員 森元恒雄


◆=====================================================◆

☆参議院議員森元恒雄事務所☆
〒100-8962東京都千代田区永田町2-1-1参議院議員会館325号室
TEL 03-3508-8325  FAX03-5512-2325
ホームページ
http://www.t-morimoto.com/
メールアドレス
tsuneo_morimoto01@sangiin.go.jp

――――――――――――――――――――――――――――

● メルマガの解除は、
http://www.t-morimoto.com/mm.htm
(「まぐまぐ」でご登録の方)
にて、解除の手続きをよろしくお願いいたします
(「melma!・メルマ」でご登録の方は最後尾で↓)。

手続きをしても解除されない場合等は、
アドレスの転送設定等をご確認の上、
tsuneo_morimoto01@sangiin.go.jp
までご連絡ください。

● メルマガの新規登録は、
http://www.t-morimoto.com/mailform/mmm.htm
にて受付中です。

=========================================================
  【「参議院議員森元恒雄の国会だより」の著作権は、
    森元恒雄事務所に帰属します。】

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2002-05-26  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: 92 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。