政治・経済

参議院議員森元つねおの国会だより

自由民主党参議院議員森元恒雄の国会での活動報告です。現在の国会の情勢、地方分権や教育問題などに関する情報を、原則週1回配信します。

全て表示する >

【参議院議員森元恒雄の国会だより】

2006/01/04

■□■===============================================■□■

 
 参議院議員 森元恒雄の国会だより  2006/1/4---No.193
                http://www.t-morimoto.com/

■□■===============================================■□■


● 教育の再考


 新年明けましておめでとうございます。本年も何卒よろしくお願い申
し上げます。

 学校でのいじめや校内暴力、少年による非行や犯罪が後を絶たない中
で、昨年春には幼い命が突然奪われる悲惨な事件が相次いで発生するな
ど、今、子供達をめぐる世の中の状況は大きく様変わりしています。

 かつて礼儀正しく、躾が行き届いていると賞賛された日本人は一体ど
こへ行ってしまったのでしょうか。世界一安全だと言われた日本社会は
どこへ行ってしまったのでしょうか。

 学校や通学路の監視を強化し、通学バスを運行するなど、事件の再発
防止に向けて当面先ずやるべきことをやるのは当然です。しかし、それ
だけでは問題の本質的な解決にはなりません。また、別の場所、別の形
で同じような事件が繰り返される危険があります。

 問題の根本的な解決には、教育の建て直し以外にないように思いま
す。膨大な量の知識や難解な数式を教える前に、人間としてやらなけれ
ばならないこと、やってはいけないことを小さい頃から繰り返し教え諭
し、この世に命を授かった者として一生をどう生きるべきかを身体で覚
えさせる必要があります。

 なぜ人を殺してはいけないのか。なぜ人に暴力をふるってはいけない
のか。なぜ人を困らせるといけないのか。そのようなことは論理の帰結
として答えが出てくる事柄ではありません。論理とは別の、論理を超え
たものとして、それはいわば自明のこと、当然のこととして、頭から決
めつけて教える必要があります。「いいことはいい」「悪いことは悪
い」としか言いようがありません。それが論理であり、道徳であり、宗
教であり、哲学です。

 これまでわが国では、家庭でも学校でも知識や論理偏重の教育が行わ
れてきました。それは世の多くの親達がわが子を少しでもいい学校に入
学させ、いい職に就かせたい、試験でいい点数を取らせたいとただひた
すら願ったからにほかなりません。しかし、その歪みが、今、社会の
様々な分野で顕在化して来ました。

 かねて言い古されて来たことではありますが、私達は人の命の大切
さ、心と心が通い合う人との付き合いの大切さ、他人の立場を慮ること
の大切さ、お互いを尊重し合い、幸せに生きていくためにつくられた社
会の約束ごとを守ることの大切さなどをしっかりと身につけさせる教育
に、改めて力を入れなければなりません。


                    参議院議員 森元恒雄


◆=====================================================◆

☆参議院議員森元恒雄事務所☆
〒100-8962東京都千代田区永田町2-1-1参議院議員会館325号室
TEL 03-3508-8325  FAX03-5512-2325
ホームページ
http://www.t-morimoto.com/
メールアドレス
tsuneo_morimoto01@sangiin.go.jp

————————————————————————————

● メルマガの解除は、
http://www.t-morimoto.com/mm.htm
(「まぐまぐ」でご登録の方)
にて、解除の手続きをよろしくお願いいたします
(「melma!・メルマ」でご登録の方は最後尾で↓)。

手続きをしても解除されない場合等は、
アドレスの転送設定等をご確認の上、
tsuneo_morimoto01@sangiin.go.jp
までご連絡ください。

● メルマガの新規登録は、
http://www.t-morimoto.com/mailform/mmm.htm
にて受付中です。

=========================================================
  【「参議院議員森元恒雄の国会だより」の著作権は、
    森元恒雄事務所に帰属します。】

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2002-05-26  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: 92 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。