トップ > ライフスタイル > 住宅・不動産 > 健さんの マンションアドバイス

一級建築士・マンション管理士 健さんがアドバイスします。
マンションを買う人のために、マンションに住んでいる人のために、管理組合のために。   
内覧会検査リポートもお楽しみに。

RSS


メルマガの登録・解除

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。



「健さんの マンションアドバイス」 !) 118

発行日:10/27

_____________________________________


■□■□      一級建築士・マンション管理士
□■□■                                2005.10.27
■□■□    「健さんの マンションアドバイス」          !) 118
□■□■ 
        マンションを買う人のために・住んでいる人のために・管理組合のために
_____________________________________


 皆様、大変ご無沙汰いたしました。
 8月5日号の「真夏の内覧会検査対策」以来、3ヶ月近くもあいてしまいま
 した。
 連日の検査や相談対応で忙殺され、メルマガ書けませんでした。
 ネタはたくさんあるというのに・・・
 このままでは、melmaから配信を止められてしまうことが心配。
 というわけで、とりあえずこの1本だけ配信します。
 この忙しさは、このまま年末まで続いてしまいそう。
 次号は新年号となってしまうのでしょうか・・・?


■ ■ マンション選び リポート その4  ■ ■

■ 今回御紹介するのは、GTさんの江東区のNGTマンションです。


2003年 (2年前) 

10月4日

■ GTさんからメール
 「マンション購入のアドバイスをお願いしたい者です」

□ はじめまして、GTと申します。
 メルマガ「健さんのマンションアドバイス」を拝見して、ぜひ、お力をお借
 りしたいと考え、メールさせていただきます。

□  自宅近くに新築マンションが建築中で、親との同居を考えていた時期
 でもありましたので、2件のモデルルームを見たところ、気に入った物件
 にぶつかりました。
  購入を前向きに検討しています。

□  建築の素人には、パンフレットや営業の説明内容からでは、物件の
 評価を下すのはとても難しいものです。
 ネットで情報収集を行いましたが、購入者の立場にたった情報は皆無で
 した。

□  村上様のメールマガジンを読み込むうち、どんなに勉強をしても、超え
 られない壁のようなものを感じています。
 特に、耐震や騒音、設計上の問題などは専門家でなければ判断できない
 のではないかと思います。
 ぜひ、私どもが気に入っている物件の評価をして頂き、出来れば、工事状況
 の視察、内覧会の立会いまでお付き合い頂ければと考えています。

□ お住まいもお近くのようですで、ぜひお会いしてお話できればと思います。

□ 夫婦でダイビングを趣味としていますが、物件購入後はあまり潜れないと
 危惧しています。夫婦で酒好き、これも控えめに・・・

□ 購入動機

 ・ 親の同居を考える。いまの賃貸住居では部屋がない
 ・ 長期ローンと年齢
 ・ 現住所と妻の実家との近くに新築物件が登場
 ・ 現賃貸マンションは築20年で、居住性がいまいち
 ・ 1階なのでセキュリティに問題がある
 ・ カビが生える

□ 物件

 ・ マンション名 NGT
 ・ 構造規模   鉄骨鉄筋コンクリート造 16階建 55戸 4LDK 70�
 ・ 売主      NIC
 ・ 設計監理   UL
 ・ 工事請負   HSK
 ・ 施工      GD工務店
 ・ 販売開始   平成15年10月中旬
 ・ 完成予定   平成16年12月下旬
 ・ 入居予定   平成17年 2月下旬
 ・ 特徴      ワイドスパン  界床スラブ・アンボンド工法  24時間換気 
            さや管ヘッダー  ディスポーザー
 ・ 性能      直床  LL45  エアタイトサッシュ  

□ 物件等評価

 ○ 良いと思う点

 ・ 現住所に非常に近く、立地・環境に不安が無い。
 ・ 駅に近い
 ・ 妻の実家に近い
 ・ ワイドスパン
 ・ 購入可能な価格帯
 ・ 標準的なのだろうが、現状からは飛躍的な設備
 ・ 大規模過ぎない
 ・ 売主と販売が同一で1社
 ・ 販売の対応が人が変っても、質問には即時的確に返事が返ってくる
  私たちの話をよく聞く姿勢、物件に自信があるのか押し売りしてこない点
  に好感
 ・ 売主には江東区内に多数の実績がある。

 × 悪いと思う点

 ・ 収納スペースが少なく感じる
 ・ 西日の問題
 ・ 北側の結露が心配
 ・ 駐車・駐輪場がすくない

■ 私からメール

□ 内覧会検査ではなく、購入段階からの御相談は理想的です。 
 よろこんで協力させていただきます。

□ マンション選び検討の進め方は、下記のようになります。

 ・ 提供資料をお送りいただき、検討候補住戸を複数示していただきます。
 ・ 上記資料を検討いたします。
 ・ モデルルーム・現地に同行・確認いたします。
 ・ 設計図書をチェックいたします。 
 ・ 上記検討結果を御報告いたします。

□ 最低限必要な資料としましては、販売パンフレット・図面集です。
 内容的には、概要書(建築・構造・設備)・仕上表・配置図・各階平面図・
 立面図・間取図・案内図(最寄駅からの道順)・マンションHP
 構造・設備・性能・仕様・安全等について説明しているページ
 
10月5日

■ GTさんからメール

□ 早速、ご返事いただきありがとうございます。
 購入希望マンションのチェックを宜しくお願いいたします。

□ パンフレットは、本日送付させていただきました。
 希望は、Fタイプの2階または10階としています。

□ モデルルームの確認は、10日18時からでよろしいでしょうか。

□ 先日、販売担当者との打ち合わせで、

 1.建築中の現場の検査
 2.内装工事前の確認
 3.工事進捗の報告
 4.内覧会前の検査資料の提示
 5.内覧会での第三者専門家の立会い

 が可能なものかを確認したところ、担当者の顔色が少し変わりましたが、

 1.施工者の責任範疇のため、即答できない。
  危険な現場であるため、事故を考えると売主としても難しいと考える。
  (過去に例がない)
  必要な情報は写真の提示等で対応してゆきたい。

 2.買主から希望されたことはあるが、実施したことはないと思われる。
  絶対にできないとは考えていない。
 
 3.定期的な通信を作成予定

 4.求められる内容によるが、提示する方向で考える

 5.第三者・建築士の立会いは「ぜひご参加いただきたい」

 との返事でした。
 社長の考え方が、改善思考であると聞きました。
 過去のトラブル事例も隠さず話してくるなど、概ね前向きな姿勢なのでは
 と感じました。

 私も積極的に専門家のアドバイスを取り入れる旨を伝えておきました。

□ メルマガ全て読了しました!!


10月7日

■ GTさんからメール

□ モデルルームチェックは、10月10日にお願いいたします。
 責任者が同席するように手配してもらいました。
 村上様がチェックに来られることも連絡済です。 

■ 私から

□ モデルルーム行きの際、設計図をチェックできるように準備しておくよう、
 御指示願います。    

10月10日

■ モデルルーム行きの当日です。

□ ビル街という場所柄、モデルルームはビルの中にありました。

□ 設計図は建築図のみしかなく、構造図・設備図は1週間後には整うとのこと
 でした。

□ 浴室入口部になんと19�もの段差がある。
 殆どの新築マンションがバリアフリーの時代だというのに。
 若いうちならいいが、そしてずっと健康ならいいのだが・・・

□ GTさん「これ貸しますので全部読んで勉強しといてください」と、分厚い
 ファイルを売主に渡しています。
 驚いたことになんと、私のメルマガ検査リポートをプリントアウトしたもの。
 まだ買うかどうかもわからないのに、相手にものすごいプレッシャーを・・・
 先手必勝です。

□ 帰りがけ、建設現場にも立ち寄ってみましたが、夜でしかも仮囲いの外か
 らだったので、施工状況はよくわかりませんでした。
 仮囲いに掲示してある看板・標識類の内容を確認しました。

10月11日

■ 私からメール

□ モデルルーム行き、おつかれさまでした。
 「NGT」検討結果を御報告いたします。

■ 確認内容(2003年10月10日調査)

□ モデルルーム 
□ 設計図(建築設計図のみ)
□ 建設現場(仮囲いの外から)

■ モデルルーム(Eタイプ)確認

□ 内装・設備・備品等は最近の一般的マンション同等の仕様です。
□ 浴室入口部床段差が大きいことは、バリアフリー面での大きなデメリット
 です。
□ アルミサッシュ指挟み防止が設置されており、安全上の配慮がされて
 いました。
□ 立地環境上、防音サッシュは当然ですが、給気口も防音型が採用されて
 いましたので、外部騒音に関しては配慮されています。

■ 設計図(建築のみ)・パンフレット確認結果

□ 一般的な設計内容です。

□ 構造スラブには、アンボンド工法が採用されています。

 ・ メリットとしては、小梁が必要ないため自由な間取りが可能なこと。
 ・ デメリットとしては、部分的に床スラブを下げることが出来にくいので、
    浴室の床が上がってしまい、バリアフリーでなくなってしまうこと。
 ・ 工法上の問題点としては、高度な技術力と慎重さが要求されること。
    一歩間違えると構造上の欠陥につながる恐れがあること。

■ 階の選択について

□ Fタイプ2階住戸のデメリット

 ・ 外部から侵入の危険性があります。(ゴミ置場から・地上用変圧器から)
 ・ 下階は駐車場への車路となっており、騒音・排気ガスの影響を受けます。
 ・ 夜間出入りする車のヘッドライトの光害を受ける。
 ・ 下階はピロティー(駐車場への車路)となっており、外部です。
   ということは、床下が外気の影響(熱損失・結露等)を受けやすい。 
   (もちろん、床スラブ面に断熱施工や二重天井等の配慮はある筈ですが)
 ・ 接近しているゴミ置場による不衛生・騒音の影響を受ける。
 ・ エントランスへの人の出入りに伴う話し声などの影響を受ける。
 ・ 地上用変圧器のうなり音が聞こえるかもしれない。
 ・ 2階住戸は最初の施工開始階となるので、技術的問題が発生し易い。

□ Fタイプ2階住戸のメリット
 
 ・ 下階が住戸でないことで、騒音の迷惑をかけることがない。

□ 最上階は下記理由により、出来れば避けた方がよろしいかと思います。

 ・ 雨漏りの可能性あり。(施工次第だが)
 ・ 屋根設置の設備機器類による振動騒音等の影響があるかもしれない。
 ・ 最終施工階なので、工期のしわ寄せを受けやすく、仕事が荒れ易い。

□ 最上階の直下階も、出来れば避けた方がよろしいかと思います。

 ・ 最上階の住人はその上の住戸がないので、自分が発生している騒音を実
   感確認することがない。そのため下階への気配りがされない傾向にある
   のです。

■ 施工会社について

□ 同じ設計であっても、施工会社の技術力・姿勢により、結果は大きく違って
 きます。

□ 「工事請負」HSKと「施工」GD工務店の2社がこの工事に対してどの
 ように関わるのか? 
 両者はどのような関係になるのか? 
 工事請負契約上NICの相手方はどちらになるのか? 
 施工に関する事実上の最終責任はどちらになるのか? 
 これらのことを売主から文書で回答させるべきかと考えます。

■ 下記を御確認願います。

□ 「確認済」の標識が仮囲いに掲示されているか? 
 建築確認申請を行い、監督官庁等の審査が済み、確認済証が交付されると、
 確認済であることを建設現場仮囲いに掲示する義務があります。

□ 現在現場は何をやっているのか?を、売主に確認なさってください。
 建設現場仮囲いに掲示された週間予定表では、立体駐車場耐圧コンクリート
 工事と記載されていましたが、外から覗いた限りではそれらしき様子はありま
 せんでした。 
 表向き着工したことにしなければならない事情でもあるのか?を確認なさって
  ください。

■ 最終判断に於いては、下記のこともお考えになられてはどうでしょうか?

□ 老後でも安心して住めること。

□ 売却しやすいこと。 

■ 構造図・設備図が届きましたら、呼んでください。
 

10月20日

■ GTさんからメール

□ 先日は、ありがとうございました。
 その後、検討を重ねましたが、この物件購入に気持を固めています。
 村上様の指摘に従い、10階を希望するようにしています。
 前回、確認が出来ませんでした、構造・設備の設計図が、モデルルームに
 備えられましたので、できれば、22日の午後の時間で空いているようでした
 ら同行をお願いしたいのですが、いかがでしょうか?
 
10月21日

■ GTさんからメール

□ 急なスケジュール依頼を対応いただきありがとうございます。
 明日、10月22日 14:00 にお待ちしております。

10月22日

■ モデルルーム行き 2回目

□ 売主に各種説明を求めました。

□ 売主と工事請負と施工者の3者の関係や指示系統等について説明を求めま
 した。
 HSKの持ち込み物件だが、金が合わずGD工務店に。
 地方の建設会社だが、過去に他社とのJVでNICのマンションの実績はあること。

□ 構造設計図・設備設計図をチェックしました。
 特にアンボンド工法関係について。

□ 着工が遅れ、引渡しが2月中旬にずれること。

□ 第1期販売開始は今週末。

□ 「工程表を提出してください」
  「ここにはありません」
  「え? 販売事務所に工事の工程表が無いのですか? ということは自社が売る
   物件の工事工程を把握していないということ・・・」
  「すみません、現場にありますので走ってとってきます」

■ 建設現場確認

□ 地下掘削工事中で、アースドリル杭頭鉄筋が確認されました。
 

10月23日

■ GTさんからメール

□ 昨日は、構造図・設備図の確認のため、2回も足を運んでいただき、あり
 がとうございました。
 アンボンド工法によるリスクも、希望する部屋が高いことも、丁寧な説明で
 よく理解できました。

□ 本日、営業担当から連絡があり、希望する10階の部屋は無抽選で契約
 できることになりました。
 構造・設備とも、大きな欠点はないようですので、購入に向けて手続きを
 行おうと思います。
 購入前に村上さんに入っていただいたことで、今後の確認等もスムーズに
 進むことを期待しています。
 
□ 売主=販売ということで、はじめのプレッシャーが良いほうに向かうこと
 を願っています。
 対応した2名の営業もビビッっていましたし、昨日は、営業担当を現場迄
 走らせましたからね。
 営業にとっても、いい勉強になっていると感じます。
 
□ 気が早いようですが、内覧会(平成17年2月ごろ)の立会いは、必ずお
 願いいたします。
 NICとの契約が完了後、正式にご依頼いたします。
 契約後は、アドバイスの通り、工事進捗にあわせて、現場検査が出来るよ
 う強く要望します。
 機会があれば同行をお願いすると思いますので、宜しくお願いいたします。
 なにか、注意事項があればご連絡ください。

■ 私からメール

□ 無抽選ですか、よかったですね。
 NICさんは、今回の対応といい、過去の内覧会検査出の対応といい、
 まじめさが感じられました。
 買主がしっかり要求さえすれば、まじめに応ずるのではないでしょうか。
 施工中の現場検査と内覧会検査、喜んでやらせていただきます。


12月24日

■ GTさんからメール

□ モデルルームのチェック・相談では、大変お世話になりました。

□ 村上さんは、日頃の忙しさに輪をかけて・・・年末年始もゆっくりされる
 時間もないかと思いますが、何よりも、体調には充分気をつけてお過ご
 しください。
 来年もまた、素敵な1年でありますよう、心よりお祈りしております。
 メリークリスマス、そして、良い年をお迎えください。  

■ 私からメール

□ 「メリークリスマス」
 御心配いただきまして、ありがとうございます。
 来年こそは、素晴らしい我が家を手に入れてください。 
 去年の3月に始めた私のマンション検査も、200件を超えました。
 400人もの依頼主の方々と出会うことが出来ました。
 検査そのものも一つとして同じものはなく、大変にやりがいを感じていますが、
 それと共にさまざまな方々との出会いも楽しみなのです。
 さて来年は何人の方と、どんな方々と出会うことが出来るか・・・ 
 どうぞよいお年をお迎えください。 

(そして1年たちました)

2004年

12月1日

■ GTさんからメール

□ 御無沙汰しております。

□ 昨年、10月にモデルルームのチェックを依頼いたしましたGTです。
 その後、契約を結び、現在、建設工事も最終段階に来ております。
 工事は順調のようで、内覧会(3月初)の予定連絡がありました。
 
□ 先日、売主の営業より、建設途中の現場見学会の案内をもらいました。
 モデルルームチェック時の村上さんアッピールが効いたのでしょうか。
 あの時は、建設中現場を見せるなんて前例がないなどと言っていましたが・・・
 住戸によって、内装完了、途中、前の状態が見れるようです。  
 営業の話なので正確ではないかもしれません。
 
□ 内覧会の前に、不具合を指摘できる良い機会だと思いますので、
 村上さんに、ぜひ、一緒に行っていただければと考えています。 
 私たちだけでは、何もわかりませんから・・・残念!!

□ 見学会予定日 05年01月23日 ご予定はいかがでしょうか?
 時間の案内はまだ来ていませんが、村上さんのご都合優先で、
 調整いたします。

□ PS.嫁さんの友人(TKさん)がマンション購入を検討中でしたので、 
 村上さんを紹介しましたが・・・連絡はありましたか?

■ 私からメール

□ お久しぶりです。

□ 「見学会」ではなく、「検査会」でなければ意味がないですね。
 それもご自身の購入住戸でなければ。

□ 今のところこの日は空いておりますが、売主側が用意した「見学会」では
 あまり意味がありません。 
 GT様の購入住戸ズバリの施工中現場検査をさせることを要求なさっては
 いかがでしょうか。

□ そのタイミングは、以下の条件が揃った時です。
 確認したい部分の工事が終わっていて、内装ボード等で塞がれていない
 時期です。
 その時期を報告するよう、売主に指示なさってください。
 ・ サッシュ取り付け完了 
 ・ バルコニー床防水完了 
 ・ 断熱完了 
 ・ 設備配管完了 
 ・ 壁ボード貼り着工前 
 ・ 天井ボード貼り着工前  
 ・ 二重床着工前 


2005年

1月11日

■ GTさんからメール

□ 明けましておめでとうございます。
 前回のメールのあと、売主と交渉しています。
 購入予定の部屋の検査は OKですが、既にの7項目については、完了との
 ことですので躯体の検査のタイミングではないそうです。
 実施日については、私どものスケジュールのこともあり、1月23日としています。
 私自身は、村上さんに確認していただくことは無駄ではないと考えていますが、
 連絡が遅くなったこともあり、村上さんの都合が合わない、村上さんが足を
 運んでも、このタイミングではあまり効果がないのであれば、素人の私でも
 価値のある検査ができるアドバイスがあればお願いしたいのです。
 
□ いわゆる「内覧会」の予定は、2月27日(一回目)となっています。
 この日は、必ず村上さんに同行を依頼したいのですが、躯体が検査できない
 のであれば、ここに注力したほうがよいのでしょうか?

1月31日

■ GTさんからメール

□ 2年前にモデルルームのチェックをしていただきましたGTです。

□ 最近、お忙しいのかメルマガの更新もされていないようですし、先日、
 アドバイスをお願いしましたが、ご返事をいただけなかったこともあり、
 体調を崩しているのでは? と心配しております。

□ 内覧会の日程が確定いたしましたので、正式に同行をお願いいたしたいの
 ですが。 
 2月28日 10時30分〜 まずは、上記日程で対応可能でしょうか?

■ 私からメール

□ メールチェックもままならない状況でして、失礼いたしました。
 2月から3月上旬にかけて検査御依頼が集中しておりまして、この日はあいにく
 お引き受けできません。 
 3月8日以降の平日でしたら、今のところ対応できます。

2月1日

■ GTさんからメール

□ 大変に残念ですが、仕方ありません。
 村上さんのメルマガを頼りに、自分たちでできる限りチャレンジしようとも
 思っています。
 素人が見落とす落とし穴など、ありましたら教えていただけるとうれしい
 ですが、お忙しいようなので、ご無理は申しません。
 これから、寒いなか、厳しい検査の毎日でしょうが、体調に充分に注意
 して闘ってください。ご縁がありませんでしたが、ご活躍をお祈りしております。


8月1日

■ GTさんからメール

□ 大変お世話になりました。
 大変暑くなってまいりましたが、お元気でいらっしゃいますか?
 3月末、無事に引越しも終わりまして、今では快適な新居生活を送っており
 ます。
 メルマガに紹介いただけるとのことで、光栄に思います。
 村上さんの日ごろの活動が、多くの方々に勇気を与えていることは間違い
 ないのですから・・・かくさなければならないことは、何もありません。

 【モデルルーム】
 
□ マンション購入を考え始めたころから、構造や設計など素人では判断が
 出来ない点に不安を感じていました。
 内覧会時点では、手遅れになることがある。そんなリスクを背負って、契約
 などできるほど人間が大きくありません。

□ そのころ、村上さんのメルマガから現実を知ることとなり、不安の解消の
 ためには、マンション選択時にプロの目で検証されることの重要性を認識
 いたしました。 

□ 村上さんにモデルルームをチェックしていただいた後、数件のモデル
 ルームに夫婦で足を運びましたが、村上さんにマンションの良し悪しを説明
 していただいていたおかげで、冷静に比較検討することができました。

□ 指摘を受けたマイナス面も含めて、納得して契約をしましたので、「内覧
 会でのチェック」から依頼される方々よりも、不安材料はかなり削減できて
 いたと思っています。

 【内覧会】

□ 「内覧会」では、売主検査記録も、「GT様だけ特別です」といいながら、
 提示させることができました。
 また、給排水・ガス・給湯など、当然のようにスムーズに検査できたのも、
 村上さんパワーと感じております。

□ はじめから、「建築士のかたもいらっしゃるのですよね」と、かなり警戒
 しておりました(^^)v
 売主完成検査時に、50項目を超える手直しが完了していたことから、私た
 ちがチェックする段階では、もう、何も不具合が無い状態でした。

□ 3時間ほどかけて確認しましたが、汚れの類が数件でした・・・
 村上さんにも見てもらいたかった!

□ ちょうど、メルマガ100号のアドバイスを参考に、自分なりにチェックリスト
 (80項目を超える)を作成して検証に臨みました。
 (恥ずかしいですが、添付しておきます)

□ 残念ながら、素人の目ですから、見抜けなかったところはあるかも知れま
 せんが・・・
 他の部屋の方の状況を聞くと、当初から村上さんに入っていただいたことで、
 かなりの好影響を与えたことは間違いありません。
 (レイアウトが間違っていた部屋もあったそうですから)
 
□ 購入を決める前から、村上さんのメルマガの「内覧会検査リポート」」を
 印刷して売主に渡したことは、かなりのインパクトだったのでしょうね。
 その後も、「メルマガ」読後の感想なども、求めていましたし・・・・(^^ゞ

□ 簡単に、自分のブログに紹介させていただきました。

 【満足】・・・・

□ 当たり前のことなのですが売主=販売の営業担当者も、最後まで代わるこ
 となく、誠意ある対応で好感をもてました。

□ 施工会社もトラブルをよく聞く大手ゼネコンより、「自分たちが作っています」
 と感じるほど顔が見える対応で安心できました。

□ 騒音実感確認も積極的に上階で飛び跳ねるなど、自信をうかがわせるほ
 どの対応でした。

□ 設計者も、説明会ごとに本人から変更項目について設計書を持参の上、
 変更理由と変更内容について明確に報告がありました。

□ 村上さんが、内覧会のチェック事例を紹介していただいたおかげで、自分
 達でしっかり検証してやろうという気持で臨めたことが最高に良かったこと
 です。

□ とにかく、モデルルームのときから、建築士の目でチェックすることは、
 設計上の問題が改善され、施工時のプレッシャーにもなる。

【不満足】

□ 「内覧会」時には、立会者がおりませんでした。
 村上さんが一緒でしたら、強く対応を迫ったのでしょうね。
 チェック後、不具合を施工会社の代表が一緒に確認して回りましたが・・・(-_-;)

■ 先日御紹介した知人のTKさんも、新居に遊びにきまして、村上さんに
 依頼したと聞いております。お子さんの出産も控えて、 Wおめでたです。
 なにとぞ、宜しくお願いいたします。
 これからも、ご自愛いただきながら、更なるご活躍を応援しております。
 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

■ 編集後記

□ 気合の入った依頼主でした。
 依頼主が真剣なら、当然こちらも気合が入ります。
 売主・施工者にも気合が入ります。
 
□ 自分達の求める住宅を明確にイメージし、早めに準備を始める。理想的
 です。

□ GTさん自作のチェックリストを拝見致しましたが、まさに玄人はだしです。
 私のメルマガのリポートを徹底的に読みこなしての、手作りであることが
 わかりました。

□ 残念ながら内覧会検査には立ち会えませんでしたが、購入前から売主と
 折衝しプレッシャーを与えることが出来たことが、幸いしました。
 厳しい購入者であることを売主が意識してくれ、その結果、施工も売主検査も
 他の住戸とは格段の差があったはずです。

□ 本来、内覧会で買主にチェックさせる前に、売主自身がしっかり検査して
 手直ししておくべきなのです。
 それが殆どのマンションでおざなりな状況。
 今回は、その本来の形が実現できたのですから、GTさんのやったことは
 すごいことです。

□ 購入者が皆さん、GTさんのようだったらなーと思いました。

□ GTさ〜ん コメント早々といただいておきながら、こんなに遅くなってしまい
 ました。ごめんなさい。

■ 後日談

□ GTさんが紹介してくださったTKさんの内覧会検査に行ったら、なんとGTさん
 御夫妻が応援に駆けつけてきていました。
 相変わらず真っ黒な顔で、頭にはタオルを被った張り切りよう。
 GTさんからの最初の依頼メールで、物件購入後は趣味のダイビングも控めに、
 などと仰ってましたが、全然そんなことなさそうでした。


■ ■ マンション選び・施工中現場検査・マンション内覧会立会検査のご依頼は
    
         →  http://www5d.biglobe.ne.jp/~t-muraka/ 


  ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆   

  一級建築士 ・ マンション管理士   
  村上 健 
  HP    http://www5d.biglobe.ne.jp/~t-muraka/   
  メルマガ http://www.melma.com/backnumber_63026/

  ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆


| 次の記事>> | 最新の記事

ブックマークに登録する

TwitterでつぶやくLismeトピックスに追加するdel.icio.usに追加Buzzurlにブックマークニフティクリップに追加Yahoo!ブックマークに登録記事をEvernoteへクリップ
My Yahoo!に追加Add to Google

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。


この記事へのコメント

コメントを書く


上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。
コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  1. はじめましてPauliと申します。
    藤和不動産のマンションを購入したゴルゴさんから紹介され、マンション購入に際しお力をお借りしたくメールしました。
    現在、気に入ったマンションがあり、契約まで進んでいます。ただ、内覧会を12月中頃に控えているのですが、勝手がわからずまた、”専門家が同伴したほうが良い”とのアドバイスもいただいています。

    つきましては是非内覧会にご同行願えれば幸いに思います。できれば一度お会いし、お話できればと思います。

    pauli 2005/11/15

このメルマガもおすすめ

  1. 月刊アカシックレコード

    最終発行日:
    2017/03/11
    読者数:
    17038人

    02年W杯サッカー韓国戦の「誤審」を世界で唯一「前日」に誌上予測し、誤審報道を「常識化」した推理作家が、政官財界の分析にも進出し、宣伝費ゼロで読者19,000人を獲得。2009年9月から月刊化。

  2. 社長、「小さい会社」のままじゃダメなんです!

    最終発行日:
    2017/04/24
    読者数:
    5059人

    シリーズ第6弾!は『多様化するマーケットを読み解く力を身につけよう・編』。成熟した社会では「個としての在り方」が強く問われます。「みんな一緒」から「個」の時代へと大きく変革を遂げた日本の未来のために、エッジの効いたサジェスチョンを毎週月曜の朝お届けします☆

  3. アメリカ永住権取得への道(GET THE GREENCARD!)

    最終発行日:
    2015/11/02
    読者数:
    958人

    抽選によるアメリカ永住権取得プログラム(DVプログラム)を始め、アメリカでのビジネス展開から駐在員のビザ、アメリカでの就労ビザ、移民局からの発表等々、アメリカのビザに関する旬の情報をお届けします。

  4. マンションの管理費・修繕工事費の削減豆知識

    最終発行日:
    2017/03/24
    読者数:
    142人

    昨今話題になっているマンション問題について、管理費及び修繕工事費の削減方法等を中心に、事例などを交え素人にもわかりやすくご提供しています。

  5. 榊淳司の注目マンション情報

    最終発行日:
    2010/10/20
    読者数:
    1937人

    「マンション値引き情報」総合版 を主宰する榊淳司が、自らの「眼」で選んだ注目のマンションを随時ご紹介します。

発行者プロフィール

過去の発行記事