住宅・不動産

健さんの マンションアドバイス

一級建築士・マンション管理士 健さんがアドバイスします。
マンションを買う人のために、マンションに住んでいる人のために、管理組合のために。   
内覧会検査リポートもお楽しみに。

全て表示する >

健さんの マンションアドバイス ?37 再開号

2003/04/04

 __________________________________

 ■□■□       一級建築士・マンション管理士
 □■□■                         2003.04.04
 ■□■□     「 健さんの マンションアドバイス 」     ? 37
 □■□■ 
  マンションを買う人のために・住んでいる人のために・管理組合のために
 __________________________________


 ■ みなさま、お久しぶりでございます。

   長らくごぶさたいたしました。
  1月10日発行の?36以来、3ヶ月もの間メルマガ発行がストップしてし
  まいました。
  予告もなくストップしてしまいましたので、病気になったんじゃないかと
  か、死んじゃったんじゃないかとご心配いただきましたが、なんとか生き
  ておりました。
 
   実は大勢の方からの内覧会検査の御依頼を受けて、連日の検査をこなす
  のが精一杯で、メルマガ発行を犠牲にせざるを得ませんでした。
  内覧会の直前になって心配になり、依頼してこられた方がかなりいらっし
  ゃいました。日程調整ができずお断りせざるを得ませんで、申し訳ありま
  せんでした。
  
   なんとか過労死もせずに魔の3月を乗り切りることができました。
  リタイアして半ばボランティアでやっているのに、過労死なんかしたら笑
  われてしまいますよね。

   桜の花も咲きはじめました。メルマガのリポートも再開です。


 ■ 再開の今号は、この3ヶ月間を振り返り、思いつくままにお伝えしよう
  と思います。
  
 ■ こんなひどい状況のマンションも

 □ キッチンシンク配管からジャジャ漏れ

 □ トイレや洗面室の排気ダクトが外れていて、天井内に排気していた。

 □ 洗面化粧台ボウルから水が溢れ出し、床下に水が溜まっていた。
  オーバーフローから流出する水量よりも水洗から出る水量の方が多く、飲
  みきれず溢れた。原因は減圧弁の取付忘れ。

 □ トイレ天井の排気口の吸込みをチェックすると、なんと逆に風が吹き出
  していました。売主も施工者もきょとん。誰もチェックしてないのかっ。
 
 □ どうして水が出ないんです? 「すみません、排水管が未だ繋がってな
  い所があって、水漏れが心配なんで止めてあります。」
  はぁーっ・・・(ため息) 

 □ 共用廊下に面した洋室の窓に面格子が取り付いていない。
  「あっ、忘れてました。」 泥棒入ったらどうしてくれるの?

 □ バルコニーの形状寸法が契約図と大幅に相違している。
  勝手に変えないでよ。変更の理由と面積算定根拠と承認願いを提出して
  ください。

 □ 床コンクリートスラブを削って排水横引管を埋め込んでしまっていた。
  こんなことやったら躯体をいじめることになるし、メンテナンス出来ない
  じゃない。絶対やっちゃいけないことでしょ。建築の常識を知らないの?
  工事中に検査したから発見できたこと。内覧会検査ではわからない。

 □ 外壁内断熱施工が隙間だらけ、結露しちゃうじゃない。やり直して下さ
  い。これも工事中のチェックで発見したこと。内覧会時点では既に隠れて
  しまっている。
 
 □ トイレと寝室との間仕切壁が遮音仕様になっていない。
  「モデルルーム通りです。」水廻りはボードを両面2枚貼りにするとか、
  吸音材を充填するとか、常識でしょ。
  モデルルーム通りと言えば、なんでも通ると思ってるのか?
  モデルルームに「この壁はボード1枚貼で遮音仕様ではありません。」と
  書いてあったのですか?

 □ 和室に足を踏み入れると、目眩して身体が倒れそうになりました。
  一瞬何が起こったのかわかりませんでしたが、傾いた畳を持ち上げると、
  なんと床下地に大きな孔が・・・下地の工事が終わってないのを隠す為に
  畳を被せただけ。間に合わないなら間に合わないと言えばいいのに。こん
  な子供だましみたいなことされたら、全てが疑わしくなってしまう。

 □ ポーチやバルコニー外壁タイルが広い範囲にわたり、浮いていた。
  外観上は全く異常なかったが打診チェックで判明。
  引張試験を行ない接着強度不足が確認され、剥がして貼替えることに。

 □ 玄関前廊下吹き抜けの上部からジャージャーと水が落ちてくる。
  「すみません、タイルの酸洗いの水でして」おいおい買主検査の日に酸洗
  いだなんて、塩酸使ってるんでしょ? 化繊の服やストッキングにかかっ
  たら溶けちゃうじゃない。これ大手不動産会社。

 □ 販売パンフレットでは、隣が「倉庫」となっていたのに実際は機械室。
  そんな説明はなかった。機械室だと売れないから「倉庫」にしたのか? 
  早く機械を動かして騒音振動の影響を実感してみなきゃ、安心して引き渡
  しを受けられない。

 □ 目の前が一面の大海原。その素晴らしい眺望を取り込むはずのはめ殺し
  大型ガラスがなんと網入ガラス。そんなことパンフレットに書いてないじ
  ゃないか、説明も受けてない。「消防の指導ですから止むを得ません。」
  この素晴らしい眺望が気に入ったから、このマンションを買ったのだ。
  それが網入ガラスでは、全く価値の無いのも同然だ。

 □ 「契約図」なるものが無く、図面集のタイプ間取図が契約図。
  ただしこの買主の住戸の場合、ズバリの間取図が無くパンフレットの間取
  図の反転図(ひっくり返しの図)「頭の中でひっくり返して下さい。」
  そんな器用なことが出来るかっ、売主の手抜きだ。ちゃんとした実際通り
  の図を出してくれ。

 □ 検査記録用紙の間取図に於いて、バルコニー部分が消されている。
  なぜ? 「今日はお部屋の中だけをご覧いただきます。」
  冗談じゃないよ、専有部分だけでなくポーチやバルコニーの専用使用部分
  だって検査対象じゃないか。バルコニーも含んだ図を作り直して下さい。

 □ 検査記録用紙の指摘記入欄が、ものすごく狭い。そして2枚目は無い。
  沢山指摘されないように無言の圧力。これじゃ10項目くらいしか書けな
  い。指摘内容を具体的に詳細に書けるように、用紙を作り直して下さい。
  検査指摘事項は90項目になりました。

 □ 戸界壁の断熱折り返し部分の仕上げが、なんとGL工法。まだこんなこ
  とやってる。持参したラジカセを隣戸に持ち込んで音を聴くと、コンクリ
  ート直壁部分に比べてGL工法部分は音が何倍も聞こえやすかった。
  改善を求める。 

 □ 内覧会検査所要時間9時間。再内覧会検査所要時間8時間。
  もうふらふら。

 □ 朝一番で検査を始めたのに、終わった時は外は真っ暗。他の客はとっく
  に帰ったのに、不動産会社の社員は帰るに帰れず大勢突っ立っていた。
  これというのも、あなた方が事前にしっかり検査してくれていなかったせ
  いですので、悪しからず。

 □ 指摘事項176項目。買主(建築設計のプロ)と私とで、工事中に何回
  か検査を行いその都度手直しさせて来ました。それでもこんな状態・・・
  こんな状態なのに、なんとこの日に入居した人がいました。かわいそう。

 □ 「工事は完成しているんですね?」前日に確認する。「大丈夫です。」
  ところが行ってみると全然大丈夫じゃない、未完成がいっぱい。
  ほんとのこと言うと、来てもらえないから・・・ 

 □ エントランス前に「見学会」という大きな看板が出ていた。
  見学ですか? 見学会ってなにを見学するんですか?
  「我が社では、昔からずっと”見学会”なんですけど」
  ××不動産のマンションがいかに悪いかを見学する会なんですね。それな
  らわかります。
 
 □ 検査記録のタイトルも「見学会シート」
  見学なんかしに来たんじゃない、検査しに来たんだ。書き直して下さい。
  「何と書けばいいんですか?」
  購入者検査記録に決まってるでしょ。
  「最初の1枚だけでいいですか?」 だめ6枚全部書き直して。

 □ 施工したばかりのコーキングが服にくっついてしまったことに気付かず
  壁に触れてしまい、白い壁のあちこちに黒いコーキングがべたべた。
  検査直前にコーキングなんかするな!

 □ 道路を掘削している作業員に聞いてみると「水道の引込み工事だよ。」
  なにーっ、内覧会検査だというのに今頃水道管の引き込みだと?

 □ 紅白の幕が張り巡らされ、生花スタンドがずらっと並んでいる。
  おめでたムードだ。でも幕をめくってみるとその向こうはまだ工事中。
  エントランスや廊下の赤絨毯をめくってみると、凸凹のコンクリート。
  カモフラージュに躍起。受付時に花束贈呈。心理的カモフラージュ。 

 □ マンション建設反対の看板や幟がエントランス前にびっしり。
  中には、「マンション購入者にも責任があるぞ。」というものも。
  入居者は気が滅入る。

 □ 内覧会の御案内に「ご購入者以外の方はご遠慮下さい。」
  誰の支援を受けて検査しようが、買主の自由だ。

 □ 内覧会のご案内に「内覧は15分以内とさせていただきます。」
  15時間の間違いじゃないの?

 □ 内覧会検査結果がひどかったので、今度は専門家に頼んで改めて検査し
  直してもらうからと伝えておいたのに、今日の分の検査記録用紙を準備し
  ていない。
  「前回の手直し完了確認だけかと思いまして・・・」 とぼけるなっ。

 □ 前回の内覧会では、ガス・湯・床暖房の確認をさせてもらえなかったと
  いうので、再内覧会検査ではガスを出すように事前に指示していたにも拘
  わらず、「ガスは閉栓しております。」出しなさい。「東京ガスが来るま
  で時間がかかりますよ。」結構です。何時間でも待ちますよ。重要なこと
  なんですから。
 
 □ 売主からの通知「工事が順調でしたので、引渡日を予定より早めさせて
  いただきます。」
  その直後売主は倒産してしまった。


 ■ 困ったときの売主の言い分

 □ こんなにひどい状態で何が内覧会だっ!。
  「内覧会につきましては、私どもは最終確認とは認識しておりません。
  私どものチェックよりも、実際にお住まいになられるお客様の目で
  チェックしていただいたほうが確かかと思いまして、その御指摘に基づき
  まして手直ししてお引き渡しいたします。」
  そんな無責任な。

 □ 「この時期に完成物件が集中してしまって、手が足りないんですよ。」
  自分たちが集中させているんでしょう。それで購入者に迷惑をかけないで
  もらいたい。

 □ 施工者任せでなく、売主が立ち会って下さいよ。 
  「なにしろ一日に100組ものお客様がいらっしゃいますので、とても皆
  様に立会うなんてことは出来ません。お客様ご自身でご確認いただいてお
  ります。」
  そういうスケジュールを組んだのは売主自身なのであって、もっと分散さ
  せればいいだけの話。
   
 □ 「ご確認の結果はお客様ご自身で記録していただいております。とても
  手が足りませんので。」
  専門用語もわからない素人にまともな記録が出来ますか? 状況を文字で
  伝えることは難しい。売主と施工者が指摘の場所と状況をその目で見て確
  認しなけりゃ、実際に手直しする作業員に正確に伝わらないでしょ。
  買主の指摘の趣旨も直接話を聞かなきゃ、理解できないでしょう。
  次回手直し完了確認に来ても直ってないじゃないかとか、そういう意味で
  言ったんじゃないんだよということになり、何度も何度も繰り返すことに
  なって、お互い不幸ですよ。

 □ 「モデルルーム通りです。」バカの一つ覚え。こう言えば買主は諦める
  と思っている。モデルルーム通りに造ればいいってもんじゃないだろ。
  モデルルームは初期段階に造られる。検討不十分な箇所が沢山あるはず。
  購入者にとって問題の箇所は改善すべきでしょう。

 □ 「役所の指導です」「消防署の指導です」
  指導といえば何でも許されると思ってるのか? 指導を受けないように、
  努力が足りなかったのではないか? どうしてもやむを得ない事もあるだ
  ろうが、それなら事前に報告して了承を得るべきでしょ。
  内覧会検査当日になって実は・・と事後承諾の捺印を求められても困る。
  ましてやこちらが指摘するまで黙っているなんて、絶対に許せない。

 □ 売主の検査記録を見せて下さい。 「検査記録はありません。」
  検査してないのですか? 「検査はしましたが、全て口頭指示です。」
  記録なしで施工会社社員や作業員に正確に伝えることが出来るのですか?
  また手直し完了確認はどのように管理しているのですか? 
  そんなだらしのないやり方やってるんですか?     
  これが業界トップクラスの不動産会社か。信じられない。
  検査を全くやっていないから出すに出せない。或いは、検査はやったが
  ろくな検査でないので恥ずかしくて出せない。 

 □ ずいぶん未済工事がありますね。
  「当然です。なにしろ足場がばれたばかりですから」
  「当然」はないだろ。施工者がだらしないからなどと、他人事みたいに言
  わないでよ。
  買主に対する責任は売主にあるのだ。施工者ではない。

 □ 「私共より、お客様の目でチェックしていただいた方が確かかと・・」
  なんということを言うのだ。契約通りの住戸が完成したことをチェック
  するのは売主だろうが。自分たちが検査していないことのいいわけ。
  本来自分たちがやるべき検査を購入者に代行させているのだ。

 □ 「これまでずっとこのようにやってきています。」
   問題があればその都度改善して行くべき。
   
 □ 「すでに何千戸も供給してきましたが、クレームは全くありません。」
   何千戸も欠陥マンションを供給してきたということ。泣いている人が大
   勢いるだろう。

 □ 「見えないところなんだから、このままでいいと思うんですけどねえ」
  私たちは前回の内覧会で未完成だったこの部分を見ているんですよ。ひど
  い工事をやってることを。知ってしまった以上、入居しても毎日気分悪い
  思いをさせられるのには耐えられない。壊してでもきちんとした仕事をや
  って下さい。

 □ 「あたしゃこれまで何百戸も売ってきたけど、内覧会に水を出したこと
  なんか一度もありませんよーっ。」
  これまでそんなに客をなめてきたのか。買主が引渡しを受ける前のたった
  一回限りの大事な検査なんだ。設備機能を確認する必要がある。出せっ。
  出ました。

 □ 「水やガスは出しません。建設会社がしっかり検査していますから。
  素人に設備機能のチェックなんか出来ませんよ。」
  買主としては、人生最大の買物の引き渡しを受けるに際し、与えられた一
  回限りの検査だ。買主が検査する権利を束縛しないでもらいたい。
  と強く要求して出させた。その結果、水のジャジャ漏れが発見された。
  
  □ 「ガスは出ません」なぜ?「お子さま連れのお客様が大勢来らています
  ので危険防止のため・・・」
  「お子さまは来てませんよ。」ガスが出なきゃ浴槽への湯張りや床暖房の
  チェックができないじゃない。「東京ガスが閉栓してますんで」 
  買主の検査も終わってないのに勝手に閉栓しないでよ。東京ガスを呼べば
  いいじゃない。すぐに東京ガスが来てガスが出ました。お湯も出ました。
  これで安心。

 □ 「近隣住民がうるさくって時間外作業や休日作業が出来なかったので、
  こんなに遅れてしまったんですよ。」近隣に迷惑をかけるような無理な
  スケジュールを組んだ方が悪いんじゃないのか?

 □ 「なにしろ300戸もありまして、売主としては対応できないので施工
  者に任せています。」300戸も売って儲けてるんだから、人を増やせば
  いい。

  □ 「お客様の公平を期すために、脚立はご用意いたしません。」
    公平って・・・必要な客には用意すべきでしょう。検査に必要な用具は検
  査を受ける立場の売主が準備すべきでしょう。

 □ 「お宅だけ直すわけにはきません。」
  じゃ、全戸直せばいい。

 □ 「前例がありません」そんな役所みたいなこと言ってたら、会社つぶれ
  っちゃいますよ。しっかりした購入者はインターネットで情報交換して、
  勉強しているんでよ。お客様の本当の気持を理解した商売をしないと、お
  いてかれますよ。

 □ 「売主検査記録は出しません。水は出ません。ガスも出ません。従って
  湯も出ません。従って床暖房も運転できません。脚立は御自分でお持ち下
  さい。」
  事前確認事項に対する売主回答内容です。買主の要求に対して全てNO。
  このマンション3日間の内覧会で、4人の方から検査依頼を受けました。
  それぞれ全然面識のない方々でしたが、メールのやりとりで情報交換し
  一致団結して売主にメール攻撃で交渉。売主遂に全面降伏。全ての要求を
  のみました。トップバッターの方が一番ご苦労なさいましたが、順次楽に
  なり4番の方は何もせずにすみました。
   

 ■ 困ったときの施工者の言い分

 □ 「設計図通りです。」
  設計図通りならば問題ないと言うのですか? 設計図にも誤りや配慮不足
  はある。施工者は基本的に設計図書の通りに施工する立場であるが、売主
  は設計図書内容についても責任がある。
  あなたは施工者だが、本来買主の検査を受けるべき売主の代行をさせられ
  ているのだから、施工者としての言い訳をされても困る。

 □ 「そのような使い方は想定しておりません。」
   居住者は多種多様な行動をします。一つだけの使い方だけ想定するのは
   困ります。

 □ 「そういう使い方をする方が悪いのです。」
  ちょっとそういう言い方はすべきじゃないでしょ。
  マンションでは子供から年寄りまでが生活するのですよ。こと安全に関す
  ることは常識的に考えて想定できる行動に対しての配慮が必要でしょう?
  人間の注意力だけに期待するのは、危険です。
  自分たちが一所懸命に苦労して造った建築で、人を怪我させたりなんかし
  たくないでしょ。
  お金をかけなくても気配りさえあれば、出来ることなんですよ。

 □ 「こういう製品なのですから、どうしようもありません。」
  ちょっとした工夫をすれば改善できることは沢山ある。
  あなたのところで拒否したりせずに、メーカーに伝えて改善の努力をして
  下さい。
  面倒くさがらず、ここで生活する人の身になって考えて下さいよ。

 □ 「壁に段差が付いてしまうので、断熱折り返しはやってません。」
  戸界壁が外壁とTのように取り合う部分は、結露の心配があるから断熱の
  折り返しが必要でしょ。断熱施工をしても段差が付かない方法はいくらで
  もありますよ。本末転倒じゃないですか。

 □ 「お宅だけ直すというわけにはいきません。他の住戸も同じですから」
  居住者にとって困ることなのだから、要望する住戸には対応すべきじゃな
  いですか。 

 □ 「共用部分ですから、変更できません。」
  管理組合が発足してからは、勝手に変更できないのは承知しているが、
  まだ引き渡しは行われておらず、売主・施工者の管理下にある。購入者に
  とって不都合な点は改善の努力をすべきでしょう。

 □ 「無理です。」
  これで諦めてはいけない。その理由を聞きましょう。ただやりたくないだ
  けということが多いので。

 □ 「消防の検査済証が下りてますから、問題ありません。」
  バルコニー床スラブの窓に接近したこんな所に、大きな孔が開いていては
  火災時に上下階で延焼してしまうでしょ。検査済証の紙っぺらさえもらっ
  ちまえば、もうこっちのもんだと考えてるんですか?

 □ 「この項目、記録しなきゃダメですか?」
  購入者の指摘事項はしっかり記録して下さい。対応可能か否かや対処方法
  については次の段階のことです。売主がここに立ち会っていれば売主から
  直接その意向を聞けますが立ち会っていないのですから、それを代行して
  いる施工会社のあなたが、指摘の趣旨をしっかり記録して伝えてもらわな
  いと困ります。


 ■ 購入者の声

 □ 車を買うのと同じようなつもりでいましたが、マンションってこんなに
  ひどいものだったのですね。不勉強でした。

 □ 内覧会検査の通知が来たので軽い気持で出かけたが、ひどい出来で不安
  になり、次は専門家に見てもらわなければと・・・

 □ 舞い上がってしまって、細かいことにばっかり目がいってしまい、肝心
  な検査が出来ませんでした。 

 □ 平日の日時を勝手に指定してきて、買主の都合を無視しやがって・・・

 □ 内覧会に行ったら、工事が終わっていなかった。共用部分はまあしかた
  ないとしても、肝心な専有部分・専用使用部分が未完成・・・ 

 □ 検査に立ち会った施工会社の社員が、私たちの指摘をまともに取り合っ
  てくれないんです。
  素人ではとても太刀打ちできないので、プロの助けを借りようと・・・

 □ 本来売主がやるべき検査を、代わりに我々購入者がやらせられている。

 □ こんな傷物なのに売物になると思ってんの?
  お店に並べられると思う? えっ?

 □ こんなにいろいろ問題があるのに、他の購入者は気付かないまま、引き
  渡しを受けてしまっているのですねえ。

 □ 建設会社の方は誠実に対応してくれるのですが、売主があまりにも・・

 □ 売主から仮で構わないので、チェックして欲しいという要望があり、仮
  買主検査をしてきました。数日後手直し完了確認して欲しいとのことだっ
  たので行ったところ、手直しは結局未完…。完了しているのは半分以下。
  だったら呼ぶなっ!

 □ こちらの質問に対して、売主はまともに回答せず突っ立ったまま、ただ
  ひたすら謝りつづけるばかり…。
  あまりに頭にきたので「こんな状況では契約違反みたいなもんだ。こんな
  ことでは入居後も何があるか不安だ!あなた達は買主側に立って考えたこ
  とはあるのか?!全く信用できない!要求した書面の回答内容及び対応、
  次回の再内覧会の状態によっては、契約についてもう一度考え直す!」と
  言ってやりました。

 □ 会社に無理言って休ませてもらって来ているのに、こんな検査にもなら
  ない状態で、これからも何回も検査に来なければならないかと思うと・・

 □ 検査を終えて家に帰り、ショックと不安で疲れ果ててしまいました。
  家を購入するということは、本当に大変な事なんだと実感しました。

 □ たくさん売れ残っているのに、こんな悪い状態だと区分所有者としては
  心配です。値引きしたり賃貸にしたりしやしないかと・・・

 □ 他の購入者はどうしているんでかね? (専門家同行の)私には販売代
  理と施工者の責任者が付いてくれましたが、他人事ながら心配になる。

 □ 怒るというより呆れてしまって・・・ 異常な業界ですね。売主が一度
  も顔を出さないなんて。

 □ 今度買うときは、3月完成物件はやめます。


 ■ こんなに素晴らしい売主もいました。

 □ 「私どもでは、技術的な検査はベテランOBの建築技術者に担当させて
  おります。また傷とか汚れとかのチェックは女性細やかな目で検査させて
  おります。」「これだけたくさんの手直し指摘をしましたが、残念ながら
  この項目とこの項目だけは、今日現在終わっておりません。申し訳ござい
  ません。」
  正直に報告してくれて、安心感があります。
  実際にその工事に携わっている当事者では無理です。
  殆どが期限に間に合わせることに追われて、まともな検査など出来ませ
    ん。慣れっこになって盲目になってしまうし、当然判断も甘くなります。
  とりあえず形式的にでも検査だけはしなければならないので、建築素人の
  社員を大勢かき集めてちょこちょこっと検査記録を作らせる。全く無駄。
  やはり当事者以外の第三者による、公正で冷静な目での検査が必須です。
  この売主のやっていることは当たり前のことなのですが、こんな売主滅多
  にいないので、素晴らしい事と感じてしまいました。


 ■ 以上お伝えしました内覧会検査状況は、依頼主の方々からのご了承をい
  ただけましたら、これまで同様に詳細の御報告を「内覧会検査リポート」
  として、毎週お送りしたいと思います。

   依頼主の皆様、これからマンションを購入される後輩の方々のために、
  皆様先輩方がご苦労なさった体験談を御披露させていただくことに、ご協
  力をいただきたくお願い申しあげます。
   
   このメルマガはマンション購入者だけでなく、売主さん・施工者さんの
  方々も読んでいらっしゃるようです。ですから内覧会検査体験者の皆様の
  声が伝わることにもなります。
  マンションを買う人の気持を売る人・造る人にわかってもらい、これから
  のマンションに活かされ三者がみんな幸せになることを期待いたします。

 ■ これまでコメントをいただいていました皆様、お忙しい中お送りいただ
  きましたにもかかわらず、発行できずに申し訳ありませんでした。
  来週から順次発行させていただきます。

 ■ 編集後記

   すみません、気がついたらこんなに長文になってしまいました。
  突然休刊して3ヶ月ぶりに再開。今までずっと書きたくて書きたくてしか
  たなかった欲求不満が、爆発してしまいました。
  最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。

 ■ 次号?38から、マンション内覧会検査リポートを再開いたします。

 ■ マンション内覧会立会検査のご依頼は  
            →  http://www5d.biglobe.ne.jp/~t-muraka/
  

 ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ 
 
   一級建築士 ・ マンション管理士
   村上 健
   eMail   kensan._@anet.ne.jp
   HP   http://www5d.biglobe.ne.jp/~t-muraka/
   メルマガ http://www.melma.com/mag/26/m00063026/index_bn.html
  
 ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ 

 

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2002-04-23  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: 74 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。