海外

サラリーマン日記 IN マニラ

フィリピン・マニラでのサラリーマンの奮闘記。海外で働くこと、海外に移住を考えてる方、
フィリピンパブのお姉ちゃんにはまってフィリピンに来ようと思ってる方、ちょっと待った!!実行に移す前にこのメルマガで現実を見てください。

全て表示する >

サラリーマン日記 IN マニラ

2017/07/16

==================================
サラリーマン日記 in マニラでも東京なう
==================================

==どうかしてるぜ==

東京に来てはや6ヶ月も過ぎ、変わり果てた日本に幻滅どころか、どっかの
ばか国会議員の様に日本から移住した方が良いのではないかと考えてしまう。

特に東京はひどい。
一応東京都民になったので今回の都議会選挙にも行って来たが、結果は
見ての通り。国会では加計、大阪の詐欺師の話ばかりでどうかしてる。

すべては地上波テレビ、新聞などのマスゴミが垂れ流すフェイクニュースの
おかげだろう。新聞記者としてのプライドってないんだろうか。
ウラ取りもせず、詐欺師、不良官僚の言うことばかりを取り上げる。
我が母校、京産大も話題になってるが、京産大の先日の会見ですべてが
明るみになって、民進党、マスゴミの筋書きが嘘であったことが明確になった。

東京という地方から人が集まった場所だから他人はどうでも良いという意識が
多いからこんな流れになるんだろうか。大阪ならばもう少し違っただろう。
地上波テレビでも骨太のコメンテーターを呼び、真実を言わせるニュースも
ある。もうあったという状況かもしれないが。。。

小池ファーストのムーブメントを大阪維新の会と一緒にするばかな東京の
コメンテーターがいるが、まったく違う。
大阪維新の会は大阪を良くするという大きな目的があって、そのためには
2重行政となってる大阪市、大阪府を統合し、無駄をなくし、それを府民に
還元する。その統合のためには法律改正が必要である。そのためには国会で
法律を変えなければならない。という風に大きな目的があったからこそ
これだけの勢力となってまだ生き残っている。

小池ファーストはどうだろうか。
小池自身が首相になりたい。これが目的であって都民は二の次でも構わない。
これは彼女のこれまでの政歴、今の言動、行動を見ればすぐにでもわかること。
東京都民はそんなこと感心なんだろう。

しかし、今の日本のマスコミ、風潮を見ると一旦流れができると何が何でも
そこに流れる。戦争反対なんてやってるが、これが中国悪い、戦争しろの
流れができれば恐ろしいことになる。これが戦前の状況と同じ様なもの
なんだろうか。その時もマスコミ、新聞が煽ったはずだ。

なんか今頃日本に帰って来たことを後悔しだしてるが、日本を変えるために
政治家にでもならないといけないのだろうか。面白そうだが。。。。

                              つづく
〓〓[PR]〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
プラン数には自信アリ JTBの海外ホテル
・格安から5ツ星まで約50,000軒の品揃え
・約4,200都市から選べる
・24時間オンラインで空室検索・予約が可能
・現地払いプラン・日本払いプランが選択可能
http://vci.jp/servlet/referral?sid=2100230&pid=884772822
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓[PR]〓〓〓

=おすすめの本=
 
いままで紹介したおすすめの本はこちらから、
 http://ameblo.jp/salaryman-nikki-manila/theme-10002503334.html

========================================
このメールマガジン上のすべての文章の無断転載・引用は一切お断りいたします。
お問い合わせは発行者まで。
Copyright(C) 2017 KAZU All rights reserved.

発行者 KAZU 
バックナンバーはこちらから
Website  http://ameblo.jp/salaryman-nikki-manila/
========================================

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2002-04-20  
最終発行日:  
発行周期:週1回くらい  
Score!: 83 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。