ブランド品

時計の小話

時計の歴史・修理技術の連載、スイス高級腕時計(ROLEX・インター等)の最新情報を提供。マイスター公認高級時計師(CMW)があなたの腕時計の診察を致します。また、アンティークの修理・買付・販売します。

全て表示する >

時計の小話

2008/12/19

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
□■□□□□□■□□□■■■□□■■■■■□■■■■□□■□□□□■□
□■□□□□□■□□■□□□■□□□■□□■□□□□■□■□□□□■□
□■□□■□□■□■□□□□□■□□■□□■□□□□■□■□□□□■□
□■□■□■□■□■□□□□□■□□■□□■□□□□□□■□□□□■□
□■□■□■□■□■■■■■■■□□■□□■□□□□□□■■■■■■□
□■□■□■□■□■□□□□□■□□■□□■□□□□□□■□□□□■□
□■□■□■□■□■□□□□□■□□■□□■□□□□□□■□□□□■□
□■□■□■□■□■□□□□□■□□■□□■□□□□■□■□□□□■□
□□■■□■■□□■□□□□□■□□■□□■□□□□■□■□□□□■□
□□□■□■□□□■□□□□□■□□■□□□■■■■□□■□□□□■□
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□



                         続・時計の小話   Vol.93   

                

                 http://www.isozaki-tokei.com/       
                            
              
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

私はマイスター公認高級時計師(CMW)の資格を持っていて、時計宝石メガネ店を
営んでおります。
時計のことなら任せて!と思っています。
(贋作・コピー商品の修理は受け付けておりませんので、その点ご了承下さい。) 



● 続・時計の小話  第93話 高級腕時計の時計修理 ● 



機械式腕時計の復興と共に、時計修理(オーバーホール等を含む)依頼の中で
高精度高級腕時計(クロノメーター級クラス)の占める割合が、
とても高くなってきたのが現況です。
小生がこの業界に入った30数年前では、クロノメーター級クラスの分解掃除・
修理は20個の内、1個程度しかなかった記憶がありますが、現在では、
約半数近くが高精度メカ式腕時計になっています。
ユーザーの方の精度を求める要求が強いと共に、メカ式時計愛好家の方が増え、
また可処分所得が豊かになり、高級腕時計がよく売られている事も原因に
考えられます。
若い頃はクロノメーター級クラスの腕時計のOH時は嬉しくて意気込んで
作業をしたものですが最近では殆ど毎日ですので非常に疲れるのも事実ではあります。
クロノメーター級高精度腕時計を時計修理するには、経験と勘だけでは
とても太刀打ち出来ず、時計理論に立脚した、調整技術を習得しなければ
ユーザーの方の満足を得られません。


精度調整には大きく分けて、二つあります。
平姿勢(文字板上・DU、文字板下・DD)における等時性調整と、
縦姿勢(リューズ上・PU、リューズ下・PD、リューズ右・PR、リューズ左・PL)
における等時性調整があり、それを複合的に考慮して精度を絞り込むという
作業があります。
(特に文字板上・DU、リューズ左・PL、リューズ下・PDが重要になります)


分解、洗浄をして完全に組み立て、アンクル注油等も非の打ち所がない
注油作業をし、アンクル入り爪、出爪の第一、第二停止量を適量か確認し、
ヒゲゼンマイの縦振れ、テンワの縦振れ、ヒゲゼンマイの偏心取りを100%に
近い状態にした上で、平姿勢、縦姿勢の等時性の調整を行うのです。
平姿勢及び、縦姿勢の等時性の調整をする前には、ゼンマイ全巻き状態で
テンプの振り角が300度前後あり、ゼンマイを24時間経過した時点での
巻き上げ状態でテンプの振り角が220度以上ある事を確認してから、
下記の作業に入っていかなければなりません。
テンプ振り角が充分に確保できていない場合は歩度調整するには難儀なもので
無理が生じます。


平姿勢等時性の調整には、ヒゲ棒、ヒゲ受けの間のヒゲゼンマイのアオリ調整が
非常に重要なポイントになります。
ゼンマイ全巻きと、角穴車が3回転半もどした24時間経過した
ゼンマイ巻き上げ状態との日差が、10秒前後以内に仕上げるのが
クロノメーター級調整には要求されます。
(程度の良いアンティークのクロノメーター級クラスでも、各パーツの損耗・
摩耗が見られる為、テンプ振り角が十分に得られない為に日差15秒前後に
ならざるを得ない場合があります。)
ヒゲゼンマイのヒゲ受け内のアオリ調整は、時計職人が漠然と修理作業を
するのでは無く、多くの経験を積んでデーターを頭の中に貯め込み、
即座に調整する時にどの様にヒゲ調整すれば精度が絞れるか、
理論と共に経験を積み上げていかなければならないでしょう。
ヒゲゼンマイの巻込角(ヒゲのピンニングポイントとヒゲ棒との角度)も
平姿勢等時性に対して影響力が大きいのですが、この点は時計設計者の善処を
求める以外、時計職人としてはどうしようもない所です。


縦姿勢の等時性の調整には、大きく分けてテンプの片重り、ヒゲ玉の片重り、
ヒゲゼンマイの片重り、及び脱進機誤差、及び天真ホゾの微妙な曲がり等の
調整が考えられます。
今日では、テンプの片重り調整や、ヒゲ玉の片重り調整等は、メーカーの
工作機械の精密加工技術が過去と比較して数段良くなったのと設計が完璧なまでに
出来ている為、時計職人が片重り器を使って、調整する事は皆無になりました。
(特にロレックスのヒゲ玉の形状は設計に苦心惨憺の痕が伺い知れます)
ヒゲゼンマイの重心移動による誤差はピンニングポイントからの理想内端曲線に
しなければ、取れない為に毎日の修理作業では、それをする事は不可能な為、
出来うる限りヒゲゼンマイ偏心・収縮運動をなくす様にヒゲ調整をするのが
一番大事な作業になります。
ヒゲゼンマイの外端は必ず理想曲線に近い状態にしなければなりません。


脱進機誤差の調整には、爪石とガンギ歯のロッキングコーナーの咬み合いを
爪石面の1/5にし、ドテピンを限界にまで狭めて第二停止量のアンクルの引きを
小さくする事により、重力から受ける脱進機誤差を少なく調整する事ができますが、
現在では時計精密加工技術が極限にまで理想近い状態になっている為、
この作業もほとんどする事が無くなりましたが、アンティーク・クロノメーター級
腕時計の時計修理には必要な調整技術と、言えます。
(古いアンティークの修理の場合、各パーツの損耗・摩耗が激しく調子が出ず、
交換したくても純正パーツが入手できない時は、止まっている仮死状態を1日動
かすだけでも目一杯の修理になる時があり、当然充分な精度も出ず、
その時は長時間修理作業しても脱力感に襲われるものです)

●  今週の超お買得 No、1 ●

2008年クリスマス・ボーナスセール!!(12月19日〜12月25日)

・ハミルトン(http://www.isozaki-tokei.com/hamilton.htm)
・ロンジン(http://www.isozaki-tokei.com/longines.htm)
・ユンハンス(http://www.isozaki-tokei.com/junghans.htm)
・ルイエラール(http://www.isozaki-tokei.com/le.htm)
・ティソ(http://www.isozaki-tokei.com/tissot.htm)
・ミューレグラスシュッテ(http://www.isozaki-tokei.com/muhle.htm)
・ジャッケエトアール(http://www.isozaki-tokei.com/jacques.htm)
・ペルレ(http://www.isozaki-tokei.com/perrelet.htm)
・ゼノウォッチ(http://www.isozaki-tokei.com/zeno.htm)
・セイコー
・シチズンを全品27,5%オフ!!

お一人様1個限り、必ず続・時計の小話の読者であることを明記して下さいませ。
(限定品は除きます)


●  今週の超お買得 No、2●

2008年クリスマス・ボーナスセール!!(12月19日〜12月25日)

・オリス(http://www.isozaki-tokei.com/oris.htm)
・エポス(http://www.isozaki-tokei.com/epos.htm)
・フォルティス(http://www.isozaki-tokei.com/epos.htm)
・ノモス(http://www.isozaki-tokei.com/nomos.htm)
・アルピナ(http://www.isozaki-tokei.com/alpina.htm)
・フレデリックコンスタント(http://www.isozaki-tokei.com/fc.htm)
・モバード(http://www.isozaki-tokei.com/movado.htm)
・ラコ(http://www.isozaki-tokei.com/laco.htm)
・ハンハルト(http://www.isozaki-tokei.com/hanhart.htm)
・ユニバーサル(http://www.isozaki-tokei.com/universal_geneve.htm)
・ラドー(http://www.isozaki-tokei.com/rado.htm)
を全品30%オフ!!

お一人様1個限り、必ず続・時計の小話の読者であることを明記して下さいませ。
(限定品は除きます)



● お問い合わせは下記のメールまで  ●
isozaki@40net.jp

--------------------------------------------------------------------- 
■ 発行者:磯崎 輝男   (有)イソザキ時計宝石店
       石川県白山市安田町17-1 
      電話番号・FAX(076)-276-7479
■ ご意見・ご感想など:isozaki@40net.jp
■ http://www.isozaki-tokei.com/
全ての掲載記事の無断転載、複写を禁じます 
Copyright (C) 2000-2008 Isozaki-Teruo, all rights reserved. 

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2002-04-02  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: 74 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。