音楽

京町バの「日常生活めーるDEポン!」

京都を拠点に活動する「京都町内会バンド(KCB)」のほっこりまったり活動報告です。メンバーは笹野みちる、原田博行、有田さとこ、村田聡。CD&ライブ情報もアリ。

全て表示する >

KCB京町バの「日常生活めーるDEポン!」〜京都町内会バンド結成20周年記念スペシャルツアー“お座敷列車よ連れて行け!”えらいことなってます!〜

2017/05/31

__ヽ( ´ー`)ノ ______ヤレヤレ....きょうはどない??_______


  KCB京町バの【日常生活めーるDEポン!】(2017.5/31発行)

〜【京都町内会バンド結成20周年記念スペシャルツアー“お座敷列車よ連れて行け!”】
えらいことなってます!〜

  
____________________ by京都町内会バンド ______
 
“お座敷列車よ連れて行け!”
・・って、バーンと打ち出したせいもあるんかもわからんけど、
もうね、アナタ。。。

お座敷列車、大人気ですわ!!(笑)

この先もうちょいで、ソールドアウトになる勢いでございます。
ちょっとこの場を借りて、ハラダシャッチョサンからご報告が↓

・・・・・
どうも、ハラダです。

おかげさまで、現在47名程のご予約を頂いております。
当日の入場は、ご予約を頂いた順番でと考えています。
後日、整理番号をメールでお知らせします。

客席シートは40席ですが、貸し切り電車ですので、
ライブを行う車両先頭から、半分くらいまでを
「桟敷席」として使って頂ければと考えていますので、
ビニールシートなどをご持参頂ければ、
床に座ってのライブ鑑賞を楽しんで頂けると思います。

もちろん、整理番号の40番以前の方でも、
かぶりつき桟敷席を希望して頂いてかまいません。

立ち見の可能性をアナウンスしていますが、
客席もみなさんで工夫しながら、
快適な空間を作れればと考えています。

限定60名。60名でソールドアウトとします。
お早めにご予約下さい!!

・・・以上、シャッチョサンからでした。

ホンマにねぇ〜、ありがとうございます〜〜。
ひとえに、うれしい。
こんな楽しそうなことを、むっちゃ楽しそうなお客さんと一緒に
電車乗って山登って唄って楽しめるなんて・・・現実とは思えへん!(笑)
きっとアホみたいに楽しいでぇ〜〜(*^O^*)!!
ホンマにウチラ幸せもんやね・・・おおきにありがとう〜〜〜!!! 

とりあえず、こんなことは、今後はほぼない(ないない!!)と思うし、
今しかない!と、思う方は、あと少し、お席…はないかもやけど、
隙間、、、(笑)がございます。ぜひぜひ、お申し込みください。

いやぁ〜、、、ちょっとした、京都の怪しいマジカルミステリーツアーやね!

あと、東山眺望ビヤガーデンと、東京パリピの夕べもよろしく!パリピ〜♪

そんで・・・肝心の、ライブ!!・・・20周年やねんからねっ!!
アルバムも売んにゃさかいね〜!!
ライブもちゃ〜んと見に来てやっ!(笑)


というわけで、どうぞ、下の詳細から
予約専用フォームへとお進み下さいませ〜。

待っとるよ〜〜〜〜〜!!!
__________________________________

★もくじ★

■1■ 20周年記念スペシャルツアー“お座敷列車よ連れて行け!”予約好調!
■2■ メンバーから、「この20年を振り返って」。Vol.4
■3■ 編集後記
__________________________________

■1■ 20周年記念スペシャルツアー“お座敷列車よ連れて行け!”予約好調!

【京都町内会バンド結成20周年記念スペシャルツアー“お座敷列車よ連れて行け!”】
●2017年7月29日(土),30日(日) 吉祥寺STAR PINE'S CAFE 
29日(土)open 18:00 / start 19:00
30日(日)open 17:00 / start 18:00
30日(日)21:00より打ち上げ

※30日のライブ後はスタパで打ち上げ!「パリピの夕べ!!」
メンバーと共に20周年をぜひダラダラと(笑)。
盛り上がったらちょっと演奏もあるかも?!

参加費¥2000で2drink+軽食が出ます。
当日気分での参加表明でも大丈夫ですが、ご予約頂けると助かります。
「ライブには間に合わないけど、20周年祝いに行くよ!パリピ〜♪」という方もぜひ!

ライブ各前売:¥3300+1drink別 / 当日:¥3600+1drink別
通し券:¥6000+各回1drink別 
打ち上げ : ¥2000(ライブ不参加で打ち上げのみ参加の方¥2500)
------------------- 
配券:SPC店頭販売 / SPC HP予約
https://ssl.form-mailer.jp/fms/83e23a1a507367
------------------- 
整理番号:1)SPC店頭販売 No.1〜 / 2)SPC HP予約
     1)通し券 No.1〜 ※2列同時入場 
-------------------- 
問い合わせ:スターパインズカフェ TEL:0422-23-2251  
武蔵野市吉祥寺本町1-20-16 B1 http://mandala.gr.jp/SPC


●2017年8月5日(土) 京都・拾得ワンマンライブ(075-841-1691)
open 17:30 / start 19:00
前売り\2,800/当日\3,300
※電話、メール、↓予約専用フォームにて前売り予約受付中
https://ssl.form-mailer.jp/fms/65798222508364
拾得ホームページ:http://www2.odn.ne.jp/jittoku/


●2017年8月6日(日) 20周年特別企画「昼はお座敷列車、夜はビアガーデン!」
☆昼の部 "京町バと京都の頂上ツアー&お座敷列車ライブ!"
(※叡電の貸し切り運行ですが、内装は畳敷きではなく通常の車両です!)
<ツアー行程>
◯叡電出町柳駅改札 12:30集合
◯出町柳駅13:02発車→八瀬駅13:17到着
 発車と同時にスタートするライブは、八瀬駅到着後も駅に停車してゆっくりと続きます。
 列車の中で飲食可能!
ビールで酔っ払うもよし、ピクニック気分で遅めのランチもよし。
自由に持ち込んでお座敷列車気分でライブをお楽しみ下さい。
◯14:30頃 比叡山頂上へ散策スタート
 ケーブルとロープウェイを使ってメンバーと一緒に比叡山山頂へ。
 京都と滋賀を見渡す展望台を楽しみ、
かわらけ投げを経験する小学校の遠足的散策タイム。
◯八瀬駅17:10発車→出町柳駅17:23到着
 帰りの車内でももちろんミニライブ。

・要予約(ご予約は下記専用フォームからお願いします)
・60名限定
・予約人数35名をこえる場合車内立ち見の可能性が出て来ます。
 エントリーナンバー36番の方から、その旨おしらせします。
 ※同時にあまりに多いエントリーの場合、抽選でのチケット販売になることを
ご了承ください。
・このプランのみの参加料:4500円
 (山頂までのケーブルとロープウェイの往復料金1700円が含まれています)
・ご予約専用フォーム↓
https://ssl.form-mailer.jp/fms/65798222508364

☆夜の部 "京町バとおしゃれカフェでビアガーデン打ち上げ"
 18:00〜20:30 ビュッフェ&飲み放題!@マールカフェ
 河原町五条にあるマールカフェにて生声ライブ付きビアガーデン打ち上げ!!

・要予約(ご予約は下記専用フォームからお願いします)
・限定50人
・このプランのみの参加料:6500円
・昼の部、夜の部を両方参加の場合:9500円
・ご予約専用フォーム↓
https://ssl.form-mailer.jp/fms/65798222508364
__________________________________

■2■ メンバーから、「この20年を振り返って」。Vol.4

<有田さとこ>
いまちょうど夏の町内会20周年ツアーにむけて
アルバム作りをしてます。 

ふと、過去のアルバムを思いだしてみたら
15年ほど前のOBU OBUというアルバムの事を考えてました。

 OBU OBUは本当にいろんな意味で手作りしたアルバムで、
アレンジは当時の笹野さんの部屋でみんなで頭を付き合わせて考えて、
ジャケットはいろんな案が出た中から、
焼き鳥のイラストとお茶っぱを貼り付けるという斬新な ものに!

 このお茶っぱ貼り付け作業がめちゃくちゃ大変で、
ジャケットの中央にいい塩梅の量を置いて、
透明のシールで押さえつけるという、、、がっつり手作業なのです。

 お茶っぱの量は難しいし、風を起こさないように気をつけて、
透明のシールにはなるべく指紋がつかないように(笑)
 そんなことを全員で楽しくやってたのが、
ついこの前のことのようだなぁー! 

限定CDだったからもう販売はしてないけど、
あのお茶っぱは今頃どうなってるのだろう。


<原田博行>
渋谷エッグマン。
東京でのライブを京都町内会バンドがワンマンで行った
最初の場所だったように思う。
満員のお客さん。

でも、ほとんどが、
あの「笹野みちる」が久しぶりに東京で歌うというので、
そのことに期待して集まったお客さんだったんだと思う。

東京少年とソロでロックスターだった笹野。
でも、僕にとっては、歌う事が少ししんどくなった、
昔からの友達だった。

「ボーっとしてるくらいなら一緒になんかやろうぜ!」と
始まったバンドだ。

いやー、よかったね、鈍感力があって(笑)。
僕らは町内会のオリジナルを中心に、
しかも、半分は僕がメインボーカルの曲を
セットメニューにしていたように思う。

「あの、関西弁のあんちゃんは誰なんや?
機嫌良く喋って歌ってたけど。」的なクエッションが、
ライブ後の客席に蔓延していた気もする(笑)。

「これもまたよし。おもろいやん!」
そんな風に受け止めてくれた人たちに支えられて、
町内会は20年続いたんだと思う。

京都町内会バンドは、最初からきっと
4人がそれぞれの力を自然に出し合って形作られたバンドだ。
それぞれのその時の想いを反映しながら、
いつも結局は正直な表現をしてきたように思う。
ありがたいね。


<村田聡>
町内会バンドが出来た頃、僕はバンドを5、6個位掛け持ちしていた。
殆どはメンバーと言ってもただ鍵盤弾きの人間が必要で手伝っていた感じで
自分の音楽として思える事はあまり無かった。

町内会バンドもそんな感じのひとつではあった。 
でも町内会バンドと他の手伝いバンドでは、大きく違う点があった。
言うまでもなく原因は、笹野のメジャーの経歴だった。

あっという間にインディーズ・レーベルからのCDリリースが決まり、
事務所の方がブッキング始め、色々な世話をしてくるというのは、
僕には始めてだった。

そしてそんな中で出会う人達もメジャーなミュージシャンは勿論、
いわゆる「業界の人」という未知の人種で、ただ驚くばかりだった。

そんな中で、ほぼ最初のライブから見に来る方に、
音楽ライターの角野恵津子さんがいた。
勿論笹野のメジャー時代からの繋がりで、中々最初は話す機会も無かったが、
不思議な人だな、との強い印象だった。
メジャーな音楽雑誌にもレビューを書いたりされて名前も知っていたが、
その後僕が北畠弘子とラブシェアリングという二人ポップスユニットを始めると、
CDを気に入って下さって、当時ブッキングマネージャーをされてた
代官山の「晴れ豆」に出してもらうようになった。 

その後、突然の旅立ちの知らせには、驚くばかりで残念でならなかった。
町内会バンドの20周年ライブ、必ず天から見てらっしゃる事でしょうね。


<笹野みちる>
あっという間な気もするけど、確かに振り返ってみると、
やっぱり長いよね、20年は。

つーわけで、今回は、私が町内会バンドの20年で「人間として学んだこと」を
振り返ってみたい。

1)「文句」を言わなくなった
これはデカイ。もっとも大きい学びがこれ。

振り返ると、自分の幼少期の頃に身近に触れ、見聞きしてきたオトナ達や、
メジャーの音楽業界で、初めてオトナとして過ごした自分の仕事環境すべてが、
何かにつけて「文句を言うてばっかりカルチャー」だったのだ。

人というのは、文句を言ってこそ、存在意義があるかのごとく、
みな誰かが誰かの文句を言っているというのが、フツーだった。

ところが、町内会に入って(この言い方おもろいね!)、驚いたことが、
明らかにこれは文句を言ってもいいだろう!と思う状況に出くわしても、
他のメンバーは一切文句を言わず、黙々とそのとき必要な動きをしている。
「えっ!なんでっ!?こんなん、向こうが悪いやん!ゼッタイ!!?」
と思ってブツクサ言っている私を、言外にやんわり諭すかのように、
ただただ、皆サクサクと、その場で必要な動きをしていた。

ここ重要なとこやけど、「誰に命令されるわけでもなく」よ。。。

これは、かなり鮮烈な体験で、あとから思うと、
そのことによってようやく本物の「オトナ」の生き方というものの種が、
私の荒れ地のような心に、しかと植えられたのだった。

そのとき必要な動きを、善悪や損得や義務や責任などの概念をこねくりまわさず、ただ、やる。
ちょっと禅なのである。カルマヨーガなのである。
いや…皆、同志社出身でクリスチャンもいるのに、禅やカルマヨーガはアレですけどね…。
まあ、そこに在るのは、ただ神の愛。人間はその働き手、ということでもあるのかな。
ホンマに、メンバーみな、ニンゲンが出来てるのよぉ〜。。。(涙)

とはいえ、どーでもええときには、
世間話や時事ネタで、皆ギャーギャー好きなこと言うて、
理屈くさくクチも悪ぅ〜く盛りあがるのがまたおもろいところ。
しかも、メンバー全員、かなりリベラル。自由と人権大好き。
ゼッタイ「サヨク」とか言われていじめられるでぇ〜!(笑)

・・・というわけで、1)だけで、ずいぶん語ってもーたから、
2)以降はまた今度。

ホンマ、ありがとうやねん。おもろいでぇ、町内会バンド。
__________________________________

■3■ 編集後記

てなわけで、だんだん夏になってきましたねぇ〜!
町内会の20年目の夏が、もうすぐそこまで来てます。
今年の夏は、特別やでぇ〜!

ではでは!次回は6月半ばに。
レコーディング報告できるかな!?
お楽しみに〜〜〜(^0^)♪
__________________________________

 京町バの【日常生活めーるDEポン!】
 編集・発行者:「京都町内会バンド」

 本誌へのご意見・ご感想↓
 obu@obu.to
 バックナンバーはこちら↓
 http://www.melma.com/backnumber_61424/
 本誌の登録と解除はこちらでお願いします。↓
 http://www.obu.to
 →MAIL MAGAZINEをクリックして下さい
_______________________ See you! __







規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2002-04-01  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: 100 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。