野球

ぼーる通信 〜Voice From The Dreamfield〜

小学生の皆さんから社会人の皆さんまで、野球を中心に、一緒にスポーツを面白がろうという、チャンキースープのようなメールマガジンです。おもしろいメールマガジンにしていきますので、読者の皆さんの参加を、首をなが〜くしてお待ちしております。

全て表示する >

ぼーる通信 〜Voice From The Dreamfield〜 Webリニューアル告知号

2007/10/27

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○

 ぼーる通信 
   〜Voice From The Dreamfield〜 
                 webリニューアル告知号

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○

 読者のみなさま、こんばんは。
 発行を1年間にわたって停止しておりまして、申し訳ありません。

 理由は、今年の春先にも触れました、ウェブサイトのリニューアル
です。
 サイトの再編成、HTMLの組みなおしを行うと同時に全文章を見直し、
校正・編集を行いました。
 その作業が膨大になったために1年間発行停止となったのですが、
より、読者のみなさまにとって読みやすい文章・サイト構成を考えた
末のことですので、いつかはやらなければならない、と私は思ってい
ました。
 新しいぼーる通信公式サイトについては、こちらからご確認ください↓

> > http://www.balltsushin.com/

 また、いままでは毎週木曜日発行+特別号という形式を基本にして
いたのですが、この方式ですと、どうしても”第5木曜日”の扱いに
困ることになります。
 そこでこの問題を解決するために、毎月7・17・27日に発行す
ることにいたしました。
 この方式なら、毎月同じペースで発行できるからです。

 ちなみにぼーる通信の発行スケジュールですが、当面は私自身の去年
のコナミカップの報告、アトムフライヤーさんのプロ野球球団史シリ
ーズの特集号を発行します。
 その後、レギュラー号発行を再開します。
 この件については追って告知を出していきますので、よろしくお願
いします。

 なお、新しい執筆者が2人、加わりました。
 この挨拶ののちに2人からの挨拶がありますので、ぜひ目を通して
いただければ、と思います。
 今後もこの2人のあたらしい執筆者、”野球鳥瞰図”のまさじろう
さんと”想ひ出の球鳴”の安威川敏樹さんの連載にご期待ください。

 そして、台湾を中心に精力的な活動を続けている高原成龍副編集長
のblog、就是愛棒球↓

> > http://www.plus-blog.sportsnavi.com/giants3so/

 にもぜひいらしてください。

 最後に、私がコアスタッフをやっているアフリカ野球友の会↓

>> > > http://www.catchball.net/

 のページにて今後、本ぼーる通信の私自身の連載、”ニグロリーグ
と愉快な仲間たち”のダイジェスト版を徐々に掲載していきます。
 本連載の全体像を把握されたい、という方はぜひ、3ヵ月後ぐらい
からチェックしてみてください。

 以上、よろしくお願いします。
 ぼーる通信は今後も方針を変えず、より深いスポーツのおもしろさ、
そして文化としてのコアを追求し続けます。
 執筆者・関係者一同を代表して、今後もよろしくお願い申し上げます。

         ぼーる通信 編集長 Thomas Gwynn Mountainbook

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○

 『まさじろうの野球鳥瞰図』 by まさじろう

 ぼーる通信の読者の皆様、はじめまして。

 この度、ぼーる通信でコラム執筆させていただく事になりました、ま
さじろうと申します。
 よろしくお願い致します。

 『野球鳥瞰図』とは、日本野球やMLBという枠を飛び越えて、もっと
『ワールドワイド』に野球界を語っていこうという、壮大な企画であり
ます。

 野球という競技で『ワールドワイド』というのも、なかなか難しいテ
ーマではありますが、それだけに私のような者でも切り込める余地があ
ると思っております。ロス五輪で日本が金メダルを獲得したのを見て
「こんな世界もあるんだ」と興味を持つようになりました。

 それから20年以上経ちまして、野球界も徐々にではありますが国際
化の波に乗って来つつあるようです。もちろん課題も多くありますが、
それでも良い方向には進んでいます。

 これからもっと発展することを願いつつ、この壮大な企画に挑戦した
いと思います。

 今後ともよろしくお願いします。

 (まさじろう)

 m☆spo http://m-spo.cocolog-nifty.com/

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○

 想ひ出の球鳴―はじめに― by 安威川敏樹

 歳はとりたくないもんだ。

 年々、物忘れがひどくなる。夕べ食った晩メシのオカズすら思い出せ
ない。

 このたび、僕はこの「ぼーる通信」で執筆することになった。という
のも編集長のMB Da Kiddさんが、安威川さん独特の視点からぜひ記憶に
残る野球についてエピソードを書いていただきたい、と言われたからだ。

 たしかに僕は子供の頃から野球を見てきた。だからといって僕に専門
的知識があるわけではない。
 だがMBさんは「想ひ出の球鳴」というタイトルを提示した上で、僕に、
ぜひ書いていただけないだろうか、と依頼してきたのだ。

 「想ひ出の球鳴」か。いいタイトルじゃないか。これなら面白いもの
が書けるかも。そこでそう考えた僕は、この話を引き受けることにした。
 「球鳴」なんて言葉は日本語にはないが、球が鳴る、音は野球におけ
る最大の魅力ではないか。
 夕べの晩メシは覚えていなくても、子供の頃に見た野球の風景は鮮明
に憶えている。MBさんは、そろそろオジサンの年代に差し掛かってきた
僕がしっかりと抱えている”想ひ出”というやつを僕自身の言葉で紹介
することに、期待をしているに違いない。

 しかしその申し出は、僕自身の年齢を感じさせた。正直、ちょっとさ
みしい。

 ホント、歳はとりたくないもんだ。

 (安威川敏樹)

 The Kingdom of Netherlands http://d.hatena.ne.jp/aigawa2007/

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○

★ 本メールマガジンの登録と解除について

 本メールマガジンは、まぐまぐさん、カプライトさん、
melma!さん、めろんぱんさんの各配信エンジンを通じて配信
されています。登録ならびに解除につきましては、公式ページ↓

 http://www.balltsushin.com

 の下部、各配信エンジンの登録・解除フォームより行ってく
ださい。よろしくお願いします。

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○

 本メールマガジンの掲示板、

>> > > http://jbbs.shitaraba.com/sports/1629/

 にてみなさまと楽しいお話ができることを心待ちにしてお
ります。

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○

 ぼーる通信 〜Voice From The Dreamfield〜は、大リーグ
にこだわった、掲示板がとても楽しくて活発なサイト、牛親
方のMLB部屋↓

 http://oyakata.m78.com/index.html

 の牛親方の協力を得ています。 

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○

(著作権等について)

 このメールマガジンに関する著作権は各執筆者に帰属します。
引用等については事前に必ずmountainbook91@yahoo.co.jpに
一報を入れ、各執筆者から許可を得るようにしてください。
なお、無断で記事を利用して生じた損害等の責任は、一切負
いません。

(c)2002-2007 ぼーる通信 
〜Voice From The Dreamfield〜 編集部

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2002-03-30  
最終発行日:  
発行周期:原則毎週木曜日発行、特別号あり  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。