ペット

犬のなんでも相談室

元獣医師のコロコロ先生と仲間達が、病気、健康、しつけを中心に犬に関するいろいろな悩み、相談ごとにお答えします。

全て表示する >

犬のなんでも相談室

2007/11/06


■■■───────────────────────────■■■
■□■   ★★★コロコロ先生と仲間たちが答えます!★★★       ■□■
■□■                              ■□■
■□■      週刊 「犬のなんでも相談室」          ■□■
■□■         2007/11/06  Vol.245          ■□■
■■■───────────────────────────■■■

==============================MENU========================
★今週の相談
 「ワクチンについて」
 「血液検査の数値がとても高く気になっています」
===========================================================

今週の質問

<病気>

Q.2回目のワクチン接種後、副作用(顔面の腫脹・嘔吐)があったの
ですが、続けて狂犬病の予防接種を受けさせても大丈夫でしょうか?
副作用は1日でおさまり、今は元気なのですが。

A.狂犬病は100%近く副作用はでないので、安心して受けて大丈夫です。
ただ、ワクチンですので、健康な状態の時を選んで接種し、当日はできる
だけ安静にするようにしてください。

<病気>

Q.血液検査でGPTが580、ALP-Pが1273と数値がとても高く気になって
います。病院では、1か月間おやつを与えずに様子をみてから症状が
改善されないようならエコーの検査をすると言っていましたが、とて
も心配です。

A.GPTが580、ALP-Pが1273という数字は、肝臓の酵素の値でかなり
高い数値となります。1週間たってもこの数値であるということは、
なんらかの問題がある可能性が高いので、検査をして1週間たったら
再診を受けることをおすすめします。おやつをあげる程度ではこのよ
うな数字になるとは少し考えにくいので、レントゲンやエコー検査を
先に受けられることをおすすめします。肝臓治療用の薬もありますの
で、処方して貰うこともおすすめします。肝臓の値が悪いので、食事
は肝臓に負担のかかるものは避けなければいけません。脂肪、たんぱ
く質が少ないものを与えるようにしてください。肝臓病の子用の療法
食もあるので、獣医師と相談して処方してもらうのもよいかと思います。

=============================
☆犬の悩み相談を随時受付中です。
悩めのある方は
コロコロ先生の「ペットなんでも相談室」にアクセスしてください。
みんなで情報交換する相談コーナーもありますよ!
http://www.pets-j.com/soudan/anq.html
にアクセス!
***********************************************************
犬のなんでも相談室
発行者 コロコロ
http://www.pets-j.com/soudan/
melma 登録・解除はhttp://www.melma.com/backnumber_60528/
mailto:korokoro@pets-j.com
***********************************************************
本誌の無断転載及び引用は禁じます
===========================================================
CO PHI
===========================================================

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2002-03-22  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: 96 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。