新車

新車を買って後悔したくないですよね?

かつて自動車メーカー&販売店で勤務した経験を持つ筆者が運営する、新車の購入を控えたユーザーが集う情報コミュニティ。実際に販売店に新車を見に行ったレポートやユーザーから寄せられたメールなどを掲載。

全て表示する >

★新車を買って後悔したくないですよね?★第81号★

2008/05/30


こんにちは!新車を買って後悔したくない@堀(Hori)です!

□■――――――――――――――――――――――――――――――――□■

      ★新車を買って後悔したくないですよね?★第81号★

                  http://www7.plala.or.jp/kokaishinai/

 「私は、このメールマガジンを通じて、クルマにあまり詳しくない方でも、
  買ったあと後悔しない、楽しいクルマ選びができるコミュニティ並びに
  仕組みを皆さんと共につくりたいと考えております。」   

□■――――――――――――――――――――――――――――――――□■

                目┃次┃
                ━┛━┛

【1】ごあいさつ
【2】engraulis_japonicaさんの”ミステリーショッピング的”購入活動記(17)
【3】ひとりごと「トヨタの渡辺社長のインタビュー記事を読むの巻」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【1】ごあいさつ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

あらためまして、こんにちは!
また、今号からこのメールマガジンをお読みになられている方、はじめまして!
私は発行責任者の堀(Hori)です。



今号も発行が大幅に遅延してしまいました。(汗)
まずはこの件を深くお詫びいたします。(敬礼)

主因は、カレー作りに勤しむ(↓)など(笑)、
 http://blog.livedoor.jp/masterhori/archives/51370647.html
再婚に基づく(?・笑)時間管理の不徹底にあります。

近頃行動習慣を見直しましたので、主因は除去できる見込みです。
あなたさまに寛いお心で見ていただけたら、望外の喜びです。(敬礼)


ところで、過日、妻に自転車をプレゼントしました。
夫として、妻の「週末、都内を自転車でドライブしたい!」という数ヶ月来の
リクエストに応えました。(笑)
ヤフオクで調達したことは、スルー願います。(爆)

プレゼントした自転車は、スペシャライズドのクロストレイルスポーツです。(↓)
 http://www.cso.co.jp/bikeshop/specialized07/ctsport.html 
 http://image.blog.livedoor.jp/dekirueigyoman/imgs/e/3/e3317ddb.JPG

プレゼントする自転車を↑にした理由は、大きく五つあります。

一つ目の理由は、「妻の用途&ニーズをよく満たしそうだから」です。
「around40」(↓)の天海祐希さん演じるビアンキ(↓)乗りの聡子に憧れる&
 http://tinyurl.com/yntc4z
 http://item.rakuten.co.jp/ride-on/rr08bia033/
自転車ビギナー&非スポーツウーマンの妻が、週末、何気で坂の多い都内を
ひーひー言いながらドライブする&し続けるとは思えません。(笑)
この自転車は、27段ギアを搭載した、比較的軽量のスポーツサイクルなので、
<ひーひー言う度>は低いです。

二つ目の理由は、「道路の段差に頓着しなくても良さそうだから」です。
大雑把な妻が、道路の段差に頓着するとは思えません。(笑)
現在時の人であられる勝間和代さん(↓)がご愛用のロードバイクや
 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8B%9D%E9%96%93%E5%92%8C%E4%BB%A3
私が愛用するフラットバイク(↓)は道路の段差に要頓着ですが、
 http://www.cso.co.jp/bikeshop/jamis07/flat/index.html
この自転車はクロスバイクとMTBの合いの子なので、要頓着とまではいきません。

三つ目の理由は、「程度が良かったから」です。
見た目重視&掃除嫌いの妻が、リペアやメンテナンスに励むとは思えません。(笑)
この自転車は、積算走行距離が100キロ未満で、室内保管されていました。

四つ目の理由は、「落札価格がリーズナブルだったから(笑)」です。
不肖の夫は、ポケットマネーに限りがあります。(笑)
出品者さんは、ご購入価格の半値で早期終了してくださいました。

五つ目の理由は、「再販し易そうだから(笑)」です。
飽きっぽい妻が、この自転車を乗りつぶすとは思えません。(笑)
この自転車は人気があるので、妻に飽きられても、新しいご主人に拾われます。(爆)

現在妻は、太陽が覗く週末、この自転車で都内を30〜40キロドライブしています。
それも、「結構楽勝で」&「かなり楽しげに」、です。(笑)
この自転車をプレゼントしたことは、現時点では吉と出ているようです。(爆)

ただ、実を言うと、これは危うかったのです。
当初、妻の自転車は、スポーツサイクルらしからぬ、鈍く不安定なコーナリング
&加速を繰り返していました。
そう、妻は、私が気づいて手ほどきするまで、ギアを誤って使っていたのです。

妻にとって自転車は、趣味であり、非必需品です。
自転車に代わる移動手段は、それなりにあります。
妻は、私が気づかなかったら、当分の間は「こんなものか?」と思いながら
ドライブを続けていたでしょうが、いずれやめてしまったに違いありません。(汗)
予想外のパフォーマンスに「スポーツサイクルと言っても所詮チャリだな」と落胆したり、
痛い思いをして「もう、自転車は乗らない!」と叫びながら。

ユーザーが、知識や経験を欠くために、本来体感できるはずの
<スポーツサイクルをドライブする喜び>を体感できないこと。
更に、<スポーツサイクルをドライブするリスクやコスト>のみ体感してしまうこと。
結果、スポーツサイクル、もとい、自転車から降りてしまうこと。
これらは、ユーザーにとってはもちろん、自転車にとっても悲劇です。

話は飛びますが、この悲劇の構造は、昨今よく言われる新車の販売不振の構造と
重なるところがあるような気がします。

たしかに、現在発売されている新車には、<自動車をドライブする喜び>を欠く
ものが少なくありません。
でも、<自動車をドライブする喜び>を有しているからといって、
それがユーザーに体感いただけているか、というと疑問です。
また、ユーザー自身、<自動車をドライブする喜び>を的確に体感しているかor
体感しようと努めているか、というとこれまた疑問です。

経済社会に生きる私たちは、ある時は製販者で、ある時はユーザーです。
製販者は、そのモノ本来の価値を高め、ユーザーに体感orイメージいただく。
ユーザーは、そのモノ本来の価値を的確に体感orイメージし、購入意思決定を下す。
私たちが経済社会で幸せに生きるには、いずれをも努めることが必要なようです。



今号も一所懸命書きました。
どうぞ最後までお付き合いください!
 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【2】engraulis_japonicaさんの”ミステリーショッピング的”購入活動記(17)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

このコーナーは、ミステリーショッピングレポートに込めた私の思いに賛同
されたengraulis_japonicaさんが、その方法論をご自身の新車購入活動において
活用し、結果をレポートしてくださったものです。

あなたさまが新車を購入なさる際の参考になれば幸いです。


┌──────────────────────────────────
│engraulis_japonicaさんのプロフィール&代替をご希望されたキッカケ
└──────────────────────────────────

【お住まい】
関東地方の某県

【ご年齢】
40代前半

【お仕事】
会社員(※経営企画部門にご所属)

【ご家族構成】
お二人

【ご愛車】
スマート、ハイエースワゴン(※今回の代替対象車)

【ご愛車の用途】
ドライブ、お買い物、釣り、ご旅行(地方主要都市巡り)

【代替をご希望されたキッカケ】
ディーゼル規制により、来秋以降、お住まいのエリアで走れなくなる為


             ◇◆◇◆◇◆


こんにちは、engraulis_japonica(カタクチイワシ)です!

前回までは、レガシィツーリングワゴンをスバル店へ行って試乗した時の模様を
三回に渡ってレポートいたしました。(↓)
 http://blog.livedoor.jp/masterhori/archives/50747566.html(前編)
 http://blog.livedoor.jp/masterhori/archives/50747597.html(中編)
 http://blog.livedoor.jp/masterhori/archives/50747658.html(後編)

予めレンタカーで走行性能をチェックしていた(↓)ことと相まって、
 http://blog.livedoor.jp/masterhori/archives/29141220.html
私は、この試乗により、レガシィツーリングワゴンの等身大の姿&実力を
完全に理解すると共に、レガシィツーリングワゴンが購入ニーズを最も満たす
ことを確信しました。

そして、訪問したスバル店や担当営業マン(Mさん)にも特段問題が感じられ
なかったことから、レガシィツーリングワゴンを引き続き購入第一候補車種とし、
次回訪問時にディーラーオプション(↓)を含めた見積書をもらうことにしました。
 http://www.subaru.jp/accessory/legacy/index.html(純正)
 http://www.subaru-sti.co.jp/parts/blbp_legacy/index.html(STI)

ついては、見積書に含めるディーラーオプションを選定するべく、
スバル車好きの大学時代の友人と↑のディーラーオプションカタログを見ながら
アレコレ話し合いました。

今回はその過程&結果をレポートいたします!


             ◇◆◇◆◇◆


┌───────────────────────────────
│【1】外装品
└───────────────────────────────

 ------------------------------------------
 ウエストスポイラー
 ------------------------------------------

■評価
私:◎
友人:○

■理由
<私>
この車は後ろから見ると商用車に見えることがあるんだよなぁ。
これを付ければ多少は・・・。
<友人>
うーん、気持ちはわからんでも無い。
俺たちの年代のせいだ(^^)。

 ------------------------------------------
 フロントアンダースポイラー(STI)
 ------------------------------------------

■評価
私:○
友人:◎

■理由
<私>
スタイルよりも機能重視。
(これまで使っていた)ハイエースにも、
メーカーオプションのオートスポイラーを付けていたしね。
高速道路でも横風に煽られ難い、接地感を高めるものがいい。

<友人>
それならSTI製が無難だな。

 ------------------------------------------
 リヤコンビランプガーニッシュ(ワゴン用)
 ------------------------------------------

■評価
私:○
友人:△

■理由
<私>
「ウエストスポイラー」と同じ。
<友人>
ゴテゴテし過ぎでは?

 ------------------------------------------
 カーゴステップパネル(STI)
 ------------------------------------------

■評価
私:◎
友人:○

■理由
<私>
バンパー保護になりそう!
<友人>
保護になるかなぁ?
ドレスアップ商品だと思うぞ。
そういう意味なら、フロントスポイラーがSTI製だから、
統一感を持たす為にこれだな。

 ------------------------------------------
 ドアミラーフィニッシャー
 ------------------------------------------

■評価
私:◎
友人:○

■理由
<私>
ミラーの付け根がむき出しなのは安っぽい感じがするので。
<友人>
異論なし。
好きにすればいいよ。

 ------------------------------------------
 ドアミラーオートシステム
 ------------------------------------------

■評価
私:○
友人:△

■理由
<私>
便利そうなので・・・。
<友人>
うーん、否定はしないがどうだろう・・・。

 ------------------------------------------
 スプラッシュボードセット
 ------------------------------------------

■評価
私:○
友人:○

■理由
<私>
特段の考えなし。
<友人>
同上。

 ------------------------------------------
 ナンバープレートベース
 ------------------------------------------

■評価
私:○
友人:○

■理由
<私>
特段の考えなし。
<友人>
同上。

 ------------------------------------------
 Fインジケーター
 ------------------------------------------

■評価
私:◎
友人:◎

■理由
<私>
左の視界を考えると必要では。
<友人>
そういうことならいいのでは。

 ------------------------------------------
 Rインジケーター
 ------------------------------------------

■評価
私:○
友人:○

■理由
<私>
ハイエースで便利だったから。
<友人>
そうねぇ・・・。

 ------------------------------------------
 H6オーナメント・ゴールド
 ------------------------------------------

■評価
私:○
友人:○

■理由
<私>
後ろが寂しいからねぇ。
<友人>
異論なし。
好きにすればいいよ。

 ------------------------------------------
 レガシィエンブレム(ゴールド)
 ------------------------------------------

■評価
私:○
友人:○

■理由
<私>
車体色次第では付いていた方がいいのでは?
<友人>
車体色が濃い色なら、付いていると映えると思う。


┌───────────────────────────────
│【2】内装品
└───────────────────────────────

 ------------------------------------------
 オールウェザーカーゴマット
 ------------------------------------------

■評価
私:◎
友人:◎

■理由
<私>
釣りに行くから耐水性が高くないと。
<友人>
その通り。
今度はどこに行く?(しばし釣り話へ。笑)

 ------------------------------------------
 カーペットマット(ツーリスモアイボリー)
 ------------------------------------------

■評価
私:○
友人:○

■理由
<私>
これは消耗品だから安いものでいいんじゃないか?
<友人>
これの方が耐久性が高い気がする。
これがいいね。

 ------------------------------------------
 カーゴファンキット
 ------------------------------------------

■評価
私:◎
友人:○

■理由
<私>
これも釣りに行く時、使えそう。
ネギも積める。(笑)
<友人>
価格がちょっと高い気がするが・・・。

 ------------------------------------------
 デュアルコンソール
 ------------------------------------------

■評価
私:◎
友人:◎

■理由
<私>
元々小物入れが少ないし、肘掛けにも使えそう。
<友人>
これはあった方がいいだろう。

 ------------------------------------------
 ラゲッジネット
 ------------------------------------------

■評価
私:?
友人:△

■理由
<私>
どうなんだろう?
<友人>
荷物が荷室で転がらないようにするためのモノだね。
転がりそうなモノを積むのが確定してから検討しても遅くないのでは?
またその時、汎用品も検討していいんじゃないか?
まあ当面は(所有している)バイクのツーリング用ネットで代用ということで。


┌───────────────────────────────
│【3】電装品
└───────────────────────────────

 ------------------------------------------
 のれんわけハーネス
 ------------------------------------------

■評価
私:―
友人:―
(※電装品をつけるのに必要なものとカタログに書かれているため)

 ------------------------------------------
 フットランプ(F)
 ------------------------------------------

■評価
私:○
友人:◎

■理由
<私>
見栄えの問題では?(笑)
<友人>
サンルーフ付きだと、前席が夜暗いらしいぞ。
付けた方がいいだろう。

 ------------------------------------------
 フットランプ(R)
 ------------------------------------------

■評価
私:○
友人:△

■理由
<私>
前を付けるなら後ろもね。
<友人>
後ろはルームランプで十分じゃないか?
後ろに人を乗せる機会もそれほど無いのでは?

 ------------------------------------------
 光ビーコン
 ------------------------------------------

■評価
私:◎
友人:―

■理由
<私>
ハイエースでも便利だったから。
<友人>
異論なし。
好きにすればいいよ。

 ------------------------------------------
 ボイスコントロール
 ------------------------------------------

■評価
私:◎
友人:―

■理由
<私>
ハイエースでも便利だったから。
<友人>
異論なし。
好きにすればいいよ。

 ------------------------------------------
 ハンズフリー
 ------------------------------------------

■評価
私:◎
友人:―

■理由
<私>
ハイエースでも便利だったから。
<友人>
異論なし。
好きにすればいいよ。

 ------------------------------------------
 ETC
 ------------------------------------------

■評価
私:◎
友人:◎

■理由
<私>
ハイエースでも便利だったから。
<友人>
異論なし。
好きにすればいいよ。


┌───────────────────────────────
│【4】その他
└───────────────────────────────

 ------------------------------------------
 タッチアップペイント
 ------------------------------------------

■評価
私:○
友人:―

■理由
<私>
後で買うのが面倒だから。
<友人>
好きにすればいいよ。
「無いよりはあった方が」と言う程度だね。

 ------------------------------------------
 安心パック36カ月
 ------------------------------------------

■評価
私:◎
友人:?

■理由
<私>
整備は、軽いものは別として、基本的にはディーラーに全部頼むつもりなので。
<友人>
止めはしない。
が、俺だったら好きにやりたいから頼まないけどねぇ・・・。



《【購入記その11・見積書に含めるディーラーオプションを友人と選定する】終わり》
(次回、【購入記その12・レガシィの見積書をもらいにスバル店へ行く】へ続く)


   ●今回のレポートをwebで読みたい時はココ↓(※コメントもOK!)
    http://blog.livedoor.jp/masterhori/archives/51524679.html


======================================================================

●ミステリーショッピングレポート(「他では見られない新車情報」)
 のwebページはこちら↓
 http://www7.plala.or.jp/kokaishinai/newcarinfo.htm


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【3】ひとりごと
「トヨタの渡辺社長のインタビュー記事”F1でも「カイゼン」”を読むの巻」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

報道記事の大半は、衆目を引いたり、広告主のご機嫌をとるべく、
恣意的に編集されている。
私はオヤジであり(笑)、この現実は理解しているつもりだ。

過日、トヨタ自動車の社長を務める渡辺捷昭さんのインタビュー記事
”F1でも「カイゼン」(2008年3月17日付時事ドットコム↓)”を読んだ。

> ◆トヨタの渡辺社長、F1での苦戦「リバース・エンジニアリングができず…」
> |
>  市販車の開発ではライバル車を購入して分解・分析するのが常道だが、F1の
>  世界では不可能。「実物が手に入らない中で、敵の力を分析するための経験
>  値が足りなかった」「今年は表彰台の真ん中を強く希望している」と社長。
http://www.jiji.com/jc/c?g=spo_30&k=2008031700473
<出典:自動車ニュース&コラム2008年03月17日号>

本記事も多かれ少なかれ恣意的に編集されているとは思うが、私は以下を直感した。
「トヨタは、当分F1で勝てない。
<ベンチマーキングに基づくカイゼン>を最重要業務指針としている間は・・・」。

そう直感した理由を述べる前に、まず、<カイゼン>及び
<ベンチマーキングに基づくカイゼン>に関する私の解釈を述べたい。

<カイゼン>とは、「現存の業務プロセス(方法論)の中に機会損失を見つけ、
業務プロセスを最適化すること」だ。
<ベンチマーキングに基づくカイゼン>とは、
「カイゼンを、優秀他企業との差異分析により実行すること」だ。

断っておくが、私は、<ベンチマーキングに基づくカイゼン>をナンセンスだと
つゆも思っていない。
<ベンチマーキングに基づくカイゼン>は、費用対効果良く業務プロセスの品質
(生産性)を高める極めて有効な手法だ。
私は、トヨタが規格大量生産を旨とする自動車メーカーとして今日成功を収めている
のは、「GM車を分解&研究&カイゼンすることから始まったクルマ創りを
愚直なまでに貫いてきたから」である、と考えている。

なのになぜ、私は先述のように直感したのか?
それは、<ベンチマーキングに基づくカイゼン>は、コストパフォーマンスを命とする
市販車(=規格大量生産品)創りには有効性が高いものの、技術的先進性を命とする
F1マシン(=高品質受注生産品)創りには有効性が低いから、だ。

競合チームのベンチマーキングを基本視座としてカイゼンに注力している限り、
競合チームより秀でた技術を競合チームより早く開発することは、原則あり得ない。
「既にあるモノの品質を高めること」と「無から有を生み出すこと」は、
考え方において通じるところこそあれ、根本的に違う。

トヨタは優れた人材の宝庫という。
そのトヨタがF1に参戦し、今年で7年目になる。
このブログ記事(↓)によると、トヨタは、F1事業へマクラーレンに次いで
 http://kyobito.blog.shinobi.jp/Entry/1994/
二番目の巨費を投じている。

にも関わらず、トヨタがまだ一度も勝利に恵まれていないのは、
このことに気づいてはいるものの本業の成功体験が得心の邪魔をしているから
ではないだろうか。
トヨタがF1で勝つために今すべきことは、無から有を生み出す人、即ち、
競合チームより秀でた技術を競合チームより早く開発できる技術者を擁するべく、
<ベンチマーキングに基づかない(=独創的)カイゼン>を最重要行動指針とする
ことではないだろうか。

仕事は、成功体験が無いと、自信を持ってできない。
が、成功体験があるからといって、必ずしもうまくできない。
というのも、ゼロベース思考が困難になり、結果、目的と手段(方法)を誤認したり、
現状を盲目肯定してしまうことが少なくないからだ。

「成功体験を持つ好機を得たら、体験の内容よりも、
成功のエッセンスを五臓六腑に染み入らせる」。
私は、一クルマ好き&株主として(笑)、今回トヨタからこのことを学びたい。



★追伸:不遜な余談(?・笑)

日本の経営者は、とにかく、<ベンチマーキング>いや
<同業界の競合企業が遂行している業務プロセスの物まね>が大好きだ。
成功体験が無くてもだ。(笑)

彼らは、事あるごとに、「先生、ヨソはこれ、どうやってます?」と私のような外部
の有識者に効果性を尋ね、聞いた内容を社内で展開するようすぐに担当役員へ命じる。

たしかに、F1のような高品質受注生産品を創るビジネスでなければ、
その行動は必ずしもNGではない。
が、彼らは、大抵、該当企業の業務プロセス(方法論)がどのような背景や目的から
生まれたのかを得心しない(←しようとしない)まま始めるため、その取り組みは、
高確率でカイゼンに至ることなく立ち消える(→社員さんは「やらされている感」&
「失敗体験」が増える)。

彼らのような経営者が経営する企業は、枚挙に暇がない。

だから、本文の内容から誤解を受けるかもしれないが、
<ベンチマーキングに基づくカイゼン>がやり切れる(徹底できる)のは、
企業にとってそれだけで素晴らしいことだったりする。

ちなみに、私堀は、トヨタが本業の自動車の規格大量生産事業で今日成功を収めている
真因をここに見出していたりする。



 ★↑のコラムは↓のブログにも掲載されています!(コメント&トラバ大歓迎!)
  http://blog.livedoor.jp/masterhori/archives/51448560.html
  (※↑のコラムをお読みになったTさんから頂戴したメールもあります。)



               ◇◆◇◆◇◆


 ◆「デキる」営業マンから新車を買いたいと思っている方、
 ◆「デキる」営業マンになりたい現役自動車販売店営業マンの方、
 ◆「デキる」営業マンを増やしたい自動車販売会社の社長&営業部長&店長さん
 ◆小売、飲食、サービス業など人的サービスを競合優位とする仕事に就いている方
 にとって高確率で助かるweb&メールマガジン(↓)もやっています!(Hori)

 <自動車販売店営業マン、「デキるorデキない」は紙一重。>
 http://blog.livedoor.jp/dekirueigyoman/archives/50084431.html(web版)
 http://www.mag2.com/m/0000217480.html(メールマガジン版)



               ◇◆◇◆◇◆



           ■あなたのお声頂けませんか?■

   ...............(コピー&ペーストしてご利用下さい).............
┌──────────────────────────────────
│【1】今回のメールマガジンはご満足頂けましたか?
└──────────────────────────────────
 ・はい
 ・いいえ
 (※当てはまらない答えをご削除願います。)

┌──────────────────────────────────
│【2】↑をお選びになったご理由をお聞かせ願えませんか?
└──────────────────────────────────
 ・理由→

        《これより下は任意のご選択で結構です》

┌──────────────────────────────────
│【3】ミステリーショッピングして欲しい新車はございますか?
└──────────────────────────────────
 ・車名→
 ・特に突っ込んで欲しい箇所→

┌──────────────────────────────────
│【4】2Daysアンケートで取り上げて欲しいテーマはありますか?
└──────────────────────────────────

┌──────────────────────────────────
│【5】お叱りorお褒めのお言葉、新コーナーのアイデア等々何か一言!
└──────────────────────────────────


   ...............(コピー&ペーストしてご利用下さい).............
 ┌──┐
 │\/│ mailto:kimio.hori@gmail.com お気軽に!
 └──┘    

□■――――――――――――――――――――――――――――――――□■

【補足事項】

1・掲載内容は元業界人である私の就業経験及び独自に入手した情報
  に基くものです。
  これらの情報をご利用され万が一何らかの不利益が生じたとしても
  その補償はできません。 

2・実在の企業及び商品に関して記述している箇所がありますが、
  これらはあくまで私の見解です。

  私が問題意識を感じ且つ警鐘を鳴らしているのは、
  顧客満足並びに従業員満足の醸成に配慮を欠く
  業界の流通構造や商慣習に対してであり、
  個別の企業及び商品を否定するものではありません。

  私はこのサイト&メールマガジンを通じ、
  顧客満足並びに従業員満足を重視した事業経営が行われ、
  消費者と企業間の"win-win"の商取引が実現するのを切望しております。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

【発行責任者】 堀 公夫(Hori)
【職業】 (有)キャタリスト・取締役社長兼サティスファクションプロデューサー
【ご感想・お仕事のご依頼など】 mailto:kimio.hori@gmail.com
【個人のホームページ】 http://www7.plala.or.jp/kokaishinai/
【会社のホームページ】 http://www.catalyst.co.jp
【メルマガ解除】 http://www7.plala.or.jp/kokaishinai/magagine.htm

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

【編集後記】

前号の号外版で<mixiコミュ「後悔しない新車購入研究会」>を開設する旨
をお知らせいたしました(↓)が、無事開設を果たし、現在40名ものメンバー
 http://archive.mag2.com/0000088012/20071110123000000.html
さんに集っていただいております!

 ★<mixiコミュ「後悔しない新車購入研究会」>
 http://mixi.jp/view_community.pl?id=2750302
 (注:mixiへ参加&ログインしていないと、閲覧できません。)

開設してから半年が経過しましたが、まだまだ発展途上中でございます。(笑)
あなたさまのご参加を心からお待ちしております!
(※参加方法は、↓の「3.本コミュの参加方法」をご参照願います。)
 http://archive.mag2.com/0000088012/20071110123000000.html

 ◆

次回のメールマガジンは、7月初旬までには発行したいと考えております。
またあなたさまにお会いできるのを心から楽しみにしております!







規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2002-03-21  
最終発行日:  
発行周期:隔週2回(木・金)  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。