新車

新車を買って後悔したくないですよね?

かつて自動車メーカー&販売店で勤務した経験を持つ筆者が運営する、新車の購入を控えたユーザーが集う情報コミュニティ。実際に販売店に新車を見に行ったレポートやユーザーから寄せられたメールなどを掲載。

全て表示する >

★新車を買って後悔したくないですよね?★第72号★

2005/07/29

□■――――――――――――――――――――――――――――――――□■

      ★新車を買って後悔したくないですよね?★第72号★

                  http://www7.plala.or.jp/kokaishinai/

 「私は、このメールマガジンを通じて、クルマにあまり詳しくない方でも、
  買ったあと後悔しない、楽しいクルマ選びができるコミュニティ並びに
  仕組みを皆さんと共につくりたいと考えております。」   

□■――――――――――――――――――――――――――――――――□■

                目┃次┃
                ━┛━┛

【1】ごあいさつ
【2】最近発売&モデルチェンジしたクルマ
【3】engraulis_japonicaさんの”ミステリーショッピング的”購入活動記(9)
【4】ヒーロー誕生 〜 さとさん(トヨタイスト)
【5】ひとりごと 〜 「藤田晋社長と奥菜恵さんのご多幸を祈念するの巻」


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【1】ごあいさつ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

こんにちは。
また、今号からこのメールマガジンをお読みになられている方、はじめまして。
私は発行責任者の堀(Hori)です。



東京ドームで、サントリーが主催する「モルツドリームマッチ2005」を観ました。

ゲームは、大沢監督率いる”モルツ球団”が板東英二監督率いる
”ワールドドリームス”を15対0で下しました。(↓)
 http://www.suntory.co.jp/culture-sports/dreammatch/2005.html

ワールドドリームスが大敗した主たる原因は、
ファーストのバースが守備をやる気が無かったから、に違いありません。(笑)
彼は、飛んで来た球をよける、という前代未門のプレーをしていました。
でも、「神様、仏様、バース様」と崇め奉られた時代の彼を知る者としては、
「バースに守備を求めるべからず!」、と心得るのが賢明でしょう。(笑)

とにかく、このゲームは、正に”ザ・エンターテインメント”でした。
野球音痴の私でさえ、とても楽しめました。

私は、「真のプロフェッショナルは、絶えず技量向上に励み、
その技を『ここ一発で』お客さまに魅せなければいけない」、と再認識しました。
そして、「自分もそうあらねばならない!」、と強く思いました。

私がそう思ったのは、元近鉄の佐野重樹投手がお約束の”ピッカリ投法”(↓)
 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BD%90%E9%87%8E%E9%87%8D%E6%A8%B9
を見せてくれたことに加え(笑)、50代半ばを過ぎた元ロッテの村田兆治投手が
”マサカリ投法”(↓)にて130キロ台後半の球をビシビシ投げてくれたからです。
 http://www.meikyukai.co.jp/member/tousyu/kojin/murata.htm
ヒットこそ打たれたとは言え、彼とかつてのチームメートである
レロン・リー(↓)選手との真剣勝負を見ていて、私は思わず鳥肌が立ちました。
 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AC%E3%83%AD%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%AA%E3%83%BC

このゲームが催されて10年になると言います。
今回ゲームを初めて観て、その長寿(?・笑)の理由がよくわかりました。
叶うものなら、来年も観たいです。



今回のメールマガジンも一所懸命書きました。
最後までどうぞお付き合いください!


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【2】最近発売&モデルチェンジしたクルマ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●トヨタ ハイラックス サーフ (マイナーチェンジ)

 http://www.toyota.co.jp/jp/news/05/Jul/nt05_036.html

 http://toyota.jp/hiluxsurf/

 http://www.webcg.net/WEBCG/news/000016940.html


●レクサス GS

 http://www.toyota.co.jp/jp/news/05/Jul/nt05_040.html

 http://lexus.jp/models/gs/index.html

 http://www.webcg.net/WEBCG/news/000016969.html


●レクサス SC

 http://www.toyota.co.jp/jp/news/05/Jul/nt05_040.html

 http://lexus.jp/models/sc/index.html

 http://www.webcg.net/WEBCG/news/000016969.html


●レクサス IS

 http://www.toyota.co.jp/jp/news/05/Jul/nt05_040.html

 http://lexus.jp/models/is/index.html

 http://www.webcg.net/WEBCG/news/000016969.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【3】engraulis_japonicaさんの”ミステリーショッピング的”購入活動記(9)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

このコーナーは、ミステリーショッピングレポートに込めた私の思いに賛同
されたengraulis_japonicaさんが、その方法論をご自身の新車購入活動において
活用し、結果をレポートしてくださったものです。

あなたさまが新車を購入なさる際の参考になれば幸いです。


┌──────────────────────────────────
│engraulis_japonicaさんのプロフィール&代替をご希望されたキッカケ
└──────────────────────────────────

【お住まい】
関東地方の某県

【ご年齢】
40代前半

【お仕事】
会社員(※経営企画部門にご所属)

【ご家族構成】
お二人

【ご愛車】
スマート、ハイエースワゴン(※今回の代替対象車)

【ご愛車の用途】
ドライブ、お買い物、釣り、ご旅行(地方主要都市巡り)

【代替をご希望されたキッカケ】
ディーゼル規制により、来秋以降、お住まいのエリアで走れなくなる為


             ◇◆◇◆◇◆


こんにちは、engraulis_japonica(カタクチイワシ)です!

前回まで、お奨め車種を見繕ってもらうべく取引のあるトヨタ店を、
レガシィを見るべくスバル店を、そして、ステージアを見るべく日産店を、
それぞれ訪問しました。

視力に自信が無くなってきた私は、ADA(Active Driving Assist↓)
 http://www.jama.or.jp/lib/jamagazine/199911/14.html
の装着が可能なハリアーとレガシィを購入候補車種として残し、
装着が不可能な&店頭対応に不満を感じたステージアを除外することにしました。

 ★ハリアー
 http://toyota.jp/harrier/index.html
 ★レガシィ
 http://www.subaru.co.jp/legacy/index.html

今回は、上記二車種を出張先のレンタカーにてチェキすることにしました。


             ◇◆◇◆◇◆


私は、厳冬の北海道への長期出張が多く、移動にレンタカーを利用しています。
折角なので(?・笑)、購入候補車種として残ったハリアーとレガシィを
それぞれ長期間レンタルし、日常使用の観点からチェキすることにしました。


              目┃次┃
              ━┛━┛

 【1】レンタルした機種と走行距離
 【2】日常使用の観点から重視した箇所とその評価
 【3】購入第一候補車種の選択


┌──────────────────────────────────
│【1】レンタルした機種と走行距離
└──────────────────────────────────

ハリアー→240G-ATにて約2,500キロ走行。
レガシィ→2.0R-ATにて約3,000キロ走行。

┌──────────────────────────────────
│【2】日常使用の観点から重視した箇所とその評価
└──────────────────────────────────

注)3L車の検討につき、動力性能については評価対象から除外しました。

 ------------------------------------------
 01.着座時の位置感と視界の良さ(停止状態での座面の位置)
 ------------------------------------------
■ハリアー:○
■レガシィ:○

両車共に問題を感じませんでした。
感覚としては、ハリアーは先日売却したハイエースに近く、
また、レガシィは使用中のスマートに近かったです。


 ------------------------------------------
 02.前方の見切りの良さ
 ------------------------------------------
■ハリアー:○
■レガシィ:△

着座位置が高い為か、ハリアーの方が優れていると感じました。
鼻先の長い車に乗るのは初めてのマイカー”ピアッツァ”(↓)以来であり、
 http://www.isize.com/carsensor/s/smodel/IS_7_3.html
且つ、自身の視力障害と密接に関係してくる為、
前方の見切りの良さは、私にとって購入車種の要件です。


 ------------------------------------------
 03.車全体の見切り感・車両感覚の掴みやすさ
 ------------------------------------------
■ハリアー:△
■レガシィ:○

レガシィの方が死角が少なく感じられました。
駐車場での幅寄せや峠道での対向車に進路を譲る脇寄せを、
あまりドキドキすることなく実施できました。(笑)

ハリアーは、左側の中央から後方にかけて、死角が多いと感じました。
それから、ボンネット左にある補助ミラーは殆ど助けになりませんでした。

標題の事項の優劣は、死角が多いor少ないと関連していると思います。
また、それは、ボディのデザインは勿論のこと、
個々人の体格や着座姿勢に起因してくると思います。
上記の評価はこのことを前提に置いた私の主観です。


 ------------------------------------------
 04.Uターン・切り返しの容易さ
 ------------------------------------------
■ハリアー:×
■レガシィ:○

レガシィの方が優れていると感じました。
この優劣は最小回転半径の短さで決まりますが、
実際に長時間乗り比べてみると、その差は歴然でした。


 ------------------------------------------
 05.室内の質感の高さ
 ------------------------------------------
■ハリアー:○
■レガシィ:△

ハリアーの方が良いと感じました。
レガシィが悪いかと言うと、決してそんなことはありませんが。(笑)

また、スイッチ類の操作感もハリアーの方が良いと感じました。
これは、今まで私がトヨタ車に乗っていたことが関係しているでしょうが、
操作のメリハリ感やし易さは、ハリアーの方が一枚上手だと感じました。

ちなみに、レガシィはウィンカーの作動音が小さめです。
高速道路でレーンチェンジした際、ウィンカーを切り忘れることがありました。
ただ、この音量は、善し悪しと言うより、好みの問題かもしれません。(笑)


 ------------------------------------------
 06.ドライブ中の安定感
 ------------------------------------------
■ハリアー:○
■レガシィ:◎

レガシィの方が優っていると感じました。
移動の大半は雪道でしたが、重心が低いことに加え、
思わず「さすが!」と感じる4WDシステムにより、
どのような状態の路面でもスムーズに走り抜けられました。
また、制動時の挙動変化が少なくいことと相まって、
ドライブ中の安定感は感動モノでした。

ハリアーは、普通に運転している範囲では何ら問題を感じません。
しかしながら、レガシィと比較すると、車高が高い為か、
ロールやピッチングが大きめで、旋回時や制動時に不安を感じます。


 ------------------------------------------
 07.燃費の良さ
 ------------------------------------------
■ハリアー:△
■レガシィ:○

レガシィの方が優っていました。
この原因が、排気量の差(400CC)にあるのか、車重の差にあるのか、
それとも、エンジン設計の新旧にあるのかわかりませんが。(笑)

ただ、レンタルしたハリアーはレギュラーガソリンを、
レガシィはハイオクガソリンを、それぞれ要求していました。
従って、ランニングコストの観点で考えると、
レンタルした両車の燃料消費に優劣は無いのかもしれません。


 ------------------------------------------
 08.荷室の使い勝手の良さ
 ------------------------------------------
■ハリアー:○
■レガシィ:○

両車に遜色は無いと感じました。
ハリアーは床の位置が高い為、荷物を載せる際は腕力が求められるものの、
中腰にならなくて済むので、腰には優しいかもしれません。


 ------------------------------------------
 09.運転中の前方視界の良さ
 ------------------------------------------
■ハリアー:△
■レガシィ:○

レガシィの方が優っていると感じました。
着座位置が高い為か、当初ハリアーの方が優っていると感じました。
しかし、峠道や交差点など旋回を行う状況を経験していく内に、
左ピラーがとても邪魔に感じられ、上記の評価と致しました。

但し、この評価は、私個人の理由に起因するところが大きいかもしれません。
私は左目に障害があり、そこに不安を感じていることから、
「見える範囲」に関して、走行中or停車中の別無く、
一般のドライバーよりも非常に敏感だと思います。


┌──────────────────────────────────
│【3】購入第一候補車種の選択
└──────────────────────────────────

レガシィを第一候補にしました。
上記事項の評価やその他細かい感想も踏まえた上で自問した際、
「レガシィの方が運転していて楽しく、また、楽だったなぁ〜」、
と思ったのが決め手となりました。



《【購入記その5・ハリアー&レガシィのレンタカーを借りる】終わり》
(次回、【購入記その6・スバルのお客様相談室へ問い合わせをする】へ続く)



   ●今回のレポートをwebで読みたい時はココ↓(※コメントもOK!)
    http://blog.livedoor.jp/masterhori/archives/29141220.html


======================================================================

●ミステリーショッピングレポート(「他では見られない新車情報」)
 のwebページはこちら↓
 http://www7.plala.or.jp/kokaishinai/newcarinfo.htm


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【4】ヒーロー誕生 〜 さとさん(トヨタイスト)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

当サイトをご利用され、2003年7月にイストをご購入されたさとさんが、
諸事情により、二年の時を越えて、ヒーローとなられました!
おめでとうございます!!!


             ◇◆◇◆◇◆


【ご購入車種】
 トヨタイスト 1300F・Lエディション
 http://toyota.jp/ist/index.html

【お住まい】 
 兵庫県

【前使用車】 
 スズキアルトワークス

【競合車種】 
 ホンダフィット
 http://www.honda.co.jp/auto-lineup/fit/
 三菱コルト
 http://www.mitsubishi-motors.co.jp/COLT/index.html

【購入の決め手】
 運転の楽しさ、担当営業の対応の良さ、予算との乖離の少なさ

【担当営業】
 彼は、自社の車については勿論のこと、他社の車についても知識が豊富で、
 両車を的確に比較評価してくれました。
 また、私の要望(「○○の色の実車を見てみたい!」、
 「□□の機種を試乗してみたい!」など)を適宜叶えてくださいました。
 彼は、私を、一人の個客としてのみならず、
 心ある人間として見てくれたので、 私はとても嬉しかったものです。
 その為、私は、彼から営業されることが全く苦になりませんでした。
 彼は内面が非常に魅力的なので、私は、担当営業としてのみならず、
 友人として付き合いたいと思いました(※購入後二年経った今も、
 良いお付き合いをさせていただいています)。

【値引き】
 車両本体から約13万円。各種諸費用から約1万円。

【オプション】
 シガーライター ナンバープレートホルダー、ガソリンカバー

【納期】
 約1ヶ月


              目┃次┃
              ━┛━┛

 ■購入ストーリー
  1・背景
  2・候補車種の選出
  3・各候補車種の評価
  4・各営業マンの評価
  5・購入車種の決定

 ■購入後レポート
  納車後のお店&営業マンの対応(2004年2月20日)
  第1回(2004年2月20日)
  第2回(2004年2月22日)
  第3回(2005年7月7日)


             ◇◆◇◆◇◆


┌──────────────────────────────────
│■購入ストーリー
└──────────────────────────────────
 
------------------------------------------
 1・背景
 ------------------------------------------

アルトワークスの走行距離数が9万キロを越え、
だいぶくたびれてきていました。
マフラーが落ちる一歩手前になったことを契機に、代替を決意しました。
主に妻が乗るので、当初はまた軽自動車買おうと思っていたのですが、
安全性や購入価格を考慮した結果、1300CCのコンパクトカーを買うことに
しました。


 ------------------------------------------
 2・候補車種の選出
 ------------------------------------------

イスト、フィット、コルト、の3台を選び出しました。


 ------------------------------------------
 3・各候補車種の評価
 ------------------------------------------

《イスト》
○:エンジンの音が静かなこと。
  走りがキビキビしていること。
  デザインが好みだったこと。
  シートのホールド性が良いこと。
×:室内空間が狭く感じること。
  後部座席がやや狭いこと。
  前後の見切りが悪いこと。
  悪路を走行した際、突き上げ感があること。
  最少回転半径が大きく、小回りがきかないこと。
  ハイマウントがないこと。
  水温計が無いこと。
  シガーライターがなく、電源がとれないこと。

《フィット》
○:室内空間が広いこと。
  燃費が良いこと。
×:あまりにもよく走り過ぎていること。
  車のつくりが薄っぺらい感じがすること。
  エンジン音がうるさいこと。

《コルト》
○:パワーとトルクの両方が強く感じられたこと。
  ゆったりした感覚で運転できること。
  室内空間に開放感が感じられること。
  ベンチシートが選べること。
  車速感知ワイパーやドアミラーなど電子制御装備が充実していること。
×:前方の見切りが悪いこと。
  後部座席はリクライニング(2段)できるものの、
  傾斜する角度がイマイチなこと。
  シートがやわらか過ぎること。
  ウォーム内装は比較的に汚れ易いこと。


 ------------------------------------------
 4・各営業マンの評価
 ------------------------------------------

《イスト・・・某ネッツ店》
担当営業の方は、イストの商品知識は勿論のこと、
競合車のそれについても非常に豊富で、尚且つ、
それらが、セールスマニュアルに書かれているような内容だけに留まらず、
ご自身の感想を含めたものであったため、大変助かりました。
試乗をする際は、イストの特徴がわかりやすい道を設定して下さり、
これまた大変助かりました。
商談は強引さが全く感じられず、全般的に良い印象を持ちました。

《フィット・・・某ホンダ店》
担当営業の方は、人は良さそうでしたが、商品知識が乏しく、
質問しても回答が得られないことが多々ありました。
試乗を終え、店の中に入るといきなり店長さんが登場。
「お住まいがお近くですから、長いお付き合いを・・・」などと
話し掛けてくるものの態度が横柄で、あまり良い印象は持ちませんでした。
その後、私の要望を全く聞かずに、見た目の汚い見積書(※手書き)を
値引ゼロで提示してきました。

《コルト・・・某三菱店》
担当営業の方は、入社してまだ二年目だと仰ってましたが、対応が良く、
全般的に良い印象を持ちました。
商品知識については、カタログに記載されている程度のものは
十分習得されておられました。
質問に対して即答できないこともありましたが、すぐに調べて下さいました。
また、「納得いくまで試乗したい」とか「競合車と比較考察をしている箇所
のセールスマニュアルを見せて欲しい」などの私の希望を、
いやな顔ひとつせず叶えて下さり、大変助かりました。


 ------------------------------------------
 5・購入車種の決定
 ------------------------------------------

走行性能や安全性能など、車の基本的性能に関しては
三車共にほぼ互角だと思いました。
ただ、車自体を細かく見ると、装備で勝るコルトが一番良いように思えました。
しかしながら、各社に対して希望額を提示したところ、コルトは若干割高で、
イストが当初予算に一番近くなり、結局イストを買うことにしました。
また、トヨタは人、施設を含めたアフターサービスが一番充実している
ように感じたのも、イストを買う大きな理由となりました。
「イストを買うとアフターもついてくる」という印象を持ったくらいでした。


┌──────────────────────────────────
│■購入後レポート
└──────────────────────────────────

 ------------------------------------------
 納車後のお店&営業マンの対応(2004年2月20日)
 ------------------------------------------

ハイパーボディコートを施行したため、月に2回程度お店へ行くのですが、
その際の対応が非常に良いです。
お陰で、もう一台使っている車(シビック)の車検を
お願いすることになってしまいました(笑)。
でも、もしかすると、担当営業の方は、シビックが既に18万キロ走っているので、
これを機に、新車の売り込みを画策しているのかもしれません(謎・笑)?


 ------------------------------------------
 第1回(2004年2月20日)
 ------------------------------------------

室内空間はそれなりに広く感じています。
主に妻が通勤で使っている(※往復5キロ程度)のですが、
燃費はリッター当たり約16キロです
(※長距離ドライブ時、スタッドレスタイヤの装着時も含む)。
高速走行時の安定性はとても良いです。
ただ、加速はあまりいい感じはしません。
運転席から見た前方の視界はやはり良くありません。


 ------------------------------------------
 第2回(2004年2月22日)
 ------------------------------------------

みなさん既にご存知だと思いますが、イストは1300CCの排気量ながら、
タイヤサイズは15インチです。
以前、この理由について担当営業の方に質問したことがあるのですが、
いまだに明確な回答は得られていません(笑)。
個人的には、ボディとのバランスを勘案してのことなのではないか
と考えていますが、必ずしも良いことばかりではありません。
例えば、今年は冬タイヤを買うのに高くつきました。
15インチともなると、スタッドレスタイヤは結構いい値段になります。
ちなみに、このことはイストを買う時には予見できいていたので、
「その分値引きしてくれ!」と言ったものです(笑)。

ドアの厚み&高い剛性感はやっぱり良いです。
気分だけのものかもしれませんが、
他のコンパクトカーにはない長所だと思います。
これはプラス評価していいと思います。

室内空間はフィットなど競合車と比べて狭いようですが、
今のところ不便を感じたことはありません。
4人乗車(※大人)をした時でも、
後席の乗員から文句が出たことはありません。


 ------------------------------------------
 第3回(2005年7月7日)
 ------------------------------------------

事情があり、レポートが遅くなりました(礼)。

イストの燃費は約16km/Lをキープしています。
特段、不具合が発生することも無く、購入検討時から認知していた
見切りの悪さを除いて、とても満足しています。
また、担当営業を含む販売店の対応も相変わらず良好で、大変助かっています。

ただ、都合により、この度、イストを代替をすることになりました。
良くしてくださった担当営業のTさんには申し訳ない気持ちでいっぱいです。


======================================================================

●さとさんのページはこちら↓
 http://www7.plala.or.jp/kokaishinai/member/hsato.htm


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【5】ひとりごと 〜 「藤田晋社長と奥菜恵さんのご多幸を祈念するの巻」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

サイバーエージェントの藤田晋社長が、自らのブログで、
奥様であり女優の奥菜恵さんとの離婚を報じた。(↓)
 http://ameblo.jp/shibuya/entry-10002996862.html
勿論私は、藤田社長、奥菜さんの双方共に面識は無いが、
かつて離婚を経験しているのと、小さいながらも会社を経営している為か、
お二人が下したこの決断を残念に思うと同時に、心穏やかでない。

「男と女の愛情は永続不可能なのか?」
「夫としての成功と経営者としての成功は背反関係にあるのか?」
「夫婦のコミュニケーションは一定の時間&場の共有がマストなのか?」

私の心が穏やかでないのは、私の古傷とも言えるこうした問いが
次から次へと想起されるものの、それらに対して何一つ明快かつ合理的な
返答ができない自分に焦燥感を抱いているからかもしれない。

私は離婚をした時、尊敬するある先輩から次のように言われた。

「離婚は、夫婦という大人が自ら引き起こした喧嘩を解決できなかった結果だ。」

これを言われた時、私は、人間としての能力の低さ及び未熟さを恥じた。
自分は、それなりに難易度の高い仕事を全うできるようになった。
即ち、世の中に存在する問題を解決する能力が身に付いてきた。
自らを恥じたのは、こうした思いが妄想であることを思い知らされたからだ。

あれから数年が経った。
私は希望していた企業経営者となった。
私は個人&企業の問題を解決し、対価を頂戴している。
私を”only one value provider”として高く評価してくださるみなさまには、
感謝しきりである。

そんな私が抱いているのは、まだ妄想なのだろうか?
藤田社長の離婚報道で自分に対し焦燥感を抱くのだから、その可能性は十分ある。

私は、とにかく、今をもっともっと大事にしなければいけない。
私は、これまで以上に、自分に対して厳しく、人に優しくあらねばならない。
私は、自助努力できる領域を広めると共に、その深度を深くしていかねばならない。

これらの決意を新たにさせてくださった藤田社長と奥菜さんのご多幸を
祈念申し上げる。(礼)


 ★↑ののコラムはウェブログにも掲載されています!(※コメント大歓迎!)
  http://blog.livedoor.jp/masterhori/archives/29074966.html


               ◇◆◇◆◇◆


           ■あなたのお声頂けませんか?■

   ...............(コピー&ペーストしてご利用下さい).............
┌──────────────────────────────────
│【1】今回のメールマガジンはご満足頂けましたか?
└──────────────────────────────────
 ・はい
 ・いいえ
 (※当てはまらない答えをご削除願います。)

┌──────────────────────────────────
│【2】↑をお選びになったご理由をお聞かせ願えませんか?
└──────────────────────────────────
 ・理由→

        《これより下は任意のご選択で結構です》

┌──────────────────────────────────
│【3】ミステリーショッピングして欲しい新車はございますか?
└──────────────────────────────────
 ・車名→
 ・特に突っ込んで欲しい箇所→

┌──────────────────────────────────
│【4】2Daysアンケートで取り上げて欲しいテーマはありますか?
└──────────────────────────────────

┌──────────────────────────────────
│【5】お叱りorお褒めのお言葉、新コーナーのアイデア等々何か一言!
└──────────────────────────────────


   ...............(コピー&ペーストしてご利用下さい).............
 ┌──┐
 │\/│ mailto:master-h@jmail.plala.or.jp お気軽に!
 └──┘    

□■――――――――――――――――――――――――――――――――□■

【補足事項】

1・掲載内容は元業界人である私の就業経験及び独自に入手した情報
  に基くものです。
  これらの情報をご利用され万が一何らかの不利益が生じたとしても
  その補償はできません。 

2・実在の企業及び商品に関して記述している箇所がありますが、
  これらはあくまで私の見解です。

  私が問題意識を感じ且つ警鐘を鳴らしているのは、
  顧客満足並びに従業員満足の醸成に配慮を欠く
  業界の流通構造や商慣習に対してであり、
  個別の企業及び商品を否定するものではありません。

  私はこのサイト&メールマガジンを通じ、
  顧客満足並びに従業員満足を重視した事業経営が行われ、
  消費者と企業間の"win-win"の商取引が実現するのを切望しております。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

【発行責任者】 堀 公夫(Hori)
【職業】 (有)キャタリスト・取締役社長兼サティスファクションプロデューサー
【ご感想・お仕事のご依頼など】 mailto:master-h@jmail.plala.or.jp
【個人のホームページ】 http://www7.plala.or.jp/kokaishinai/
【会社のホームページ】 http://www.catalyst.co.jp
【メルマガ解除】 http://www7.plala.or.jp/kokaishinai/magagine.htm

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

【編集後記】
私がサラリーマンを辞めて独立した時、ジャルダン・ヴェールと言う
フレンチレストランのwebとメールマガジンに、とても助けられました。
ただ誠に残念なことに、同レストランは6月25日に閉店・・。
4年11ヶ月に渡る清水社長のご苦労に改めて敬意を表します。(敬礼)
 http://blog.livedoor.jp/masterhori/archives/29154616.html

 ◆

次回のメールマガジンは9月2日(金)に発行する予定です。
またあなたさまにお会いできるのを楽しみにしております。
素敵な夏休みを!



規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2002-03-21  
最終発行日:  
発行周期:隔週2回(木・金)  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。