新車

新車を買って後悔したくないですよね?

かつて自動車メーカー&販売店で勤務した経験を持つ筆者が運営する、新車の購入を控えたユーザーが集う情報コミュニティ。実際に販売店に新車を見に行ったレポートやユーザーから寄せられたメールなどを掲載。

全て表示する >

★新車を買って後悔したくないですよね?★第67号★

2005/02/04

□■――――――――――――――――――――――――――――――――□■

      ★新車を買って後悔したくないですよね?★第67号★

                  http://www7.plala.or.jp/kokaishinai/

 「私は、このメールマガジンを通じて、クルマにあまり詳しくない方でも、
  買ったあと後悔しない、楽しいクルマ選びができるコミュニティ並びに
  仕組みを皆さんと共につくりたいと考えております。」   

□■――――――――――――――――――――――――――――――――□■

                目┃次┃
                ━┛━┛

【1】ごあいさつ
【2】最近発売&モデルチェンジしたクルマ
【3】engraulis_japonicaさんの”ミステリーショッピング的”購入活動記(4)
【4】ひとりごと 〜 「初売りに行くの巻(1)」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【1】ごあいさつ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

こんにちは。
また、今号からこのメールマガジンをお読みになられている方、はじめまして。
私は発行責任者の堀(Hori)です。



昨年末の話ですが、生まれて初めてドンペリ(↓)を飲みました。
 http://www.rakuten.co.jp/yamaka/359853/373965/402504/

このドンペリ、出所は彼女です。(笑)
彼女が取引先の忘年会で景品としてゲットしてきたのです!
このような縁起物は早く頂かないとバチが当る(?・笑)、
ということで、年を越す前に二人で飲みました。

で、肝心のお味の方ですが、たしかに不味いことはないものの、
大して美味しいとも思いませんでした。

敗因は、「飲み屋で開けると、数万円は下らない代物だから・・」
などという不埒な気持ちで飲んだからか、
と一瞬思ったりしましたが、すぐさまそれは違うことに気づきました。
正解は、ドンペリの味を適正に評価できるだけの五感を、
私がまだ持ち合わせていなかったから、に違いありません。

このように、消費者&使い手の評価判断基準の高低で、
価値が上下する商品は枚挙に暇がありません。
勿論、車もそうでしょう。

また、本質を捉えるならば、これは商品に留まりません。
人格、素養、能力と言った目に見えないモノも同様ではないでしょうか。

私は、この考え方をいかに自分の中で消化するか、
これが人生の分かれ目と言っても過言では無い気がします。
”今評価できない”モノ&人を除外するのは極めて簡単です。
しかし、それらを評価できて初めて知り得る世界もあるのではないでしょうか。

”今評価できない”モノや人をすぐに除外せず、
なぜ自分はそれorその方を評価できなかったのか自らに問いかけ、
その回答を解決すべく留意or行動したら、ひたすら時が過ぎるのを待つ。
現代は意思決定の速度が死命線であるかのように言われていますが、
こんなスローライフ(?)な生き方もあるのではないでしょうか。

折角、生まれて初めて賞味したドンペリです。
数年後、「こりゃぁ美味しいね」と心から言えるようになりたいものです。(笑)



今回のメールマガジンも一所懸命書きました。
最後までどうぞお付き合いください!


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【2】最近発売&モデルチェンジしたクルマ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●スバル R1

 http://www.fhi.co.jp/news/04_10_12/04_12_24_1.pdf

 http://www.subaru.co.jp/r1/

 http://www.webcg.net/WEBCG/news/000016143.html


●ダイハツ ムーヴ、ムーヴカスタム (マイナーチェンジ)

 http://www.daihatsu.co.jp/wn/041224-1f.htm

 http://www.daihatsu.co.jp/showroom/lineup/move/index.htm

 http://www.daihatsu.co.jp/showroom/lineup/move_custom/index.htm

 http://www.auto-g.jp/news/200412/24/newcar06/index.html


●ホンダ オデッセイ (マイナーモデルチェンジ)

 http://www.honda.co.jp/news/2004/4041224-odyssey.html

 http://www.honda.co.jp/auto-lineup/odyssey/

 http://www.auto-g.jp/news/200412/24/newcar03/index.html


●スバル フォレスター (商品改良)

 http://www.fhi.co.jp/news/05_01_03/05_01_27.pdf

 http://www.subaru.co.jp/forester/index.html

 http://www.webcg.net/WEBCG/news/000016292.html


●トヨタ ヴィッツ

 http://www.toyota.co.jp/jp/news/05/Feb/nt05_005.html

 http://toyota.jp/vitz/index.html

 http://www.webcg.net/WEBCG/news/000016303.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【3】engraulis_japonicaさんの”ミステリーショッピング的”購入活動記(4)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

このコーナーは、ミステリーショッピングレポートに込めた私の思いに賛同
されたengraulis_japonicaさんが、その方法論をご自身の新車購入活動において
活用し、結果をレポートしてくださったものです。

あなたさまが新車を購入なさる際の参考になれば幸いです。


┌──────────────────────────────────
│engraulis_japonicaさんのプロフィール&代替をご希望されたキッカケ
└──────────────────────────────────

【お住まい】
関東地方の某県

【ご年齢】
40代前半

【お仕事】
会社員(※経営企画部門にご所属)

【ご家族構成】
お二人

【ご愛車】
スマート、ハイエースワゴン(※今回の代替対象車)

【ご愛車の用途】
ドライブ、お買い物、釣り、ご旅行(地方主要都市巡り)

【代替をご希望されたキッカケ】
ディーゼル規制により、来秋以降、お住まいのエリアで走れなくなる為


             ◇◆◇◆◇◆


こんにちは、engraulis_japonica(カタクチイワシ)です!

前回まで二回に渡り、愛車ハイエースワゴン(※2004年10月に買取店にて売却↓)
を購入した〇〇トヨペット××店へ訪問し、お奨めの車は無いものか、
という切り口で、営業担当の△△氏と面談した際の模様をお伝えしました。

お店&△△氏は、私に対していつもと変わらぬ良い応対をしてくださいました。
ただ、私自身が、購入車種の絞込みを十分行っていなかったことに加え、
「新車に何を求めるのか?」を明確に認知していなかったため、
アルファード、ハリアー、マーク2ブリッドの三車種をお奨めいただいたものの、
いずれに対しても大きな魅力を感じることはありませんでした・・。

今回は、視力の不安を解消してくれるかもしれない
”ADA(Active Driving Assist”(↓)をオプション装着できる
 http://www.jama.or.jp/lib/jamagazine/199911/14.html
レガシィ(↓)を見に、スバル店へ行くことにしました。
 http://www.subaru.co.jp/legacy/index.html


             ◇◆◇◆◇◆


まず、スバルのHPで家の近くに販売店がないか調べてみました。
すると、該当店舗が二つヒットしました。
一つは自宅から車で5分ほどの所、もう一つは15分ほどの所です。
それぞれの店舗がどこを営業エリアにしているのかわからないので、
どちらへ行くべきか悩みました・・。(汗)
が、結局、自宅から最も近い店舗に行くことにしました。

その店舗に訪れたのは、ある週の火曜日の十時半頃。
店舗には、売却予定のハイエースワゴンではなく、
もう一台所有しているスマート(↓)で行きました。
 http://www.smart-j.com/index2.html
これには理由がありました。
良くも悪くもスマートのスタイリングは人目を引きます。
過去これで販売店へ行くと、後で電話や再訪した際に、
私のことを覚えていてくれること多かったのです。(笑)

その店舗は比較的交通量のある県道沿いにあります。
販売協力店ではなく正規の販売店なのですが、
とりわけ、この界隈の販売店はどこもきらびやかだからか、
外から見ると、「古めだなぁ」という印象を受けました。

敷地の中は駐車場・店舗・サービス工場と言う配置になっています。
サービス工場に入るには、店舗を挟んだ反対側の進入路から入るようです。

駐車場にスマートを停め、店舗の中に入りました。
平日の朝にも関わらず、中には3〜4組のお客さんがいます。
社員は、お客に説明をしている営業マン(?)が1名、
カウンターの中でコンピュータに向かっている人が1名です。

そんな訳で、私のところへ誰も来ません。(涙)
平日ということもあり、営業マンは外回りに出ているのかもしれません。
こう考えたのは、長くつき合っているトヨペット店がそうだからです。
アポ無しで馴染みの営業担当者に会うには、朝一番か昼食時、
又は18時以降を狙う必要があります。
(※ただ、そのトヨペット店には、カウンターに整備担当者が1名、
女性事務員が1名ほぼ必ずおり、いずれかが応対してくれます。)

社員が誰も来ない以上、ボーっとしていても仕方無いので、
とりあえず展示してあるアウトバック(↓)を見ていました。
 http://www.subaru.co.jp/legacy/outback/
すると、他のお客に応対していた営業マンがこちらを気にして、
チラチラと様子をうかがうのが分かりました。
が、そのままこちらから声をかける事はせず、
アウトバックを見続け、店内を観察しました。
その営業マンもこちらに手が回らない感じでした。

店内の観察をひと通り終えても状況が一向に変わらないので、
仕方なく、カウンターでPCとにらめっこしている人に声をかけました。


【私】
すみません。
このお店で○○地区を担当している営業さんはいらっしゃいますか?

【営業】
どういったご用件でしょう?

【私】
今、新車の購入を考えています。
スバルの車も候補の一つなんです。

【営業】
そうですか。
ありあとうございます。
では、こちらへどうぞ。

(接客ブースへ案内する。)

車種は何をお考えですか?

【私】
レガシィです。

【営業】
ではまずカタログをお持ちします。

(離籍し、一旦デスクに戻って作業中のPCデータを保存(?)した後、
封筒を持ってすぐ戻ってくる。)

こちらがカタログになります。

【私】
ありがとうございます。
(封筒の中から、本カタログ・価格表・オーディオオプションカタログ・
販売店オプションカタログを出す。)

【営業】
レガシィの中でグレードなどは既にお決めですか?

【私】
いえ・・。
実は私、もう一台ハイエースを所有しています。
まもなくディーゼル規制で乗れなくなるので、次の車を思案しています。
ただ、ハイエースの車検が切れるのは来年(2005年)の秋なので、
詳細はまだ何も決まっていません。
でも、できることなら、自分にとっていい車を見つけて、
年内(2004年)には乗り換えたいと思っています。
HPを見た限りでは、ADAが付いている車に興味があります。
ですので、ADAについて詳しい説明を受けたいのですが・・。

【営業】
そういうご事情なのですかぁ。
わかりました。
ADAですが・・
(カタログのADAの箇所を開き、記載されている内容をひと通り説明する。)

【私】
実は私、目に障害があるので、このような機能にはとても興味があります。
ひとつお尋ねしてもいいですか?

【営業】
はい、どうぞ。

【私】
ご説明によると、前の車や対向してくる車は感知するそうですが、
遠くを横断している人や自転車なども感知したり、
更にドライバーへ警告などを発してくれるのですか?

【営業】
ADA車は販売台数が少なく、実際の状況は私も体感していません。
メーカーの説明から判断すると、そこまでは期待されない方がいいと思います。

【私】
なるほど。
では、ADA付きの車を購入した場合、最も恩恵にあずかれるのは、
どのような事なんでしょうか?

【営業】
一つは、車両間隔を制御するクルーズコントロールでしょう。
車間を自動的に制御しますので、長距離を運転される方にはお薦めです。
もう一つは、スリップしそうな状況を予測し、
スタビリティコントロール等の機能をスタンバイ状態にすることです。
一般のスタビリティコントロールはその事象をセンサーが感知して作動しますが、
ADAはステレオカメラとミリ波レーダーで感知し、必要と思われる際には、
事象が起こる前にスタンバイ状態となります。
衝突が避けられないと判断した場合には、ブレーキを制御します。

【私】
つまり、安全性は高いがあくまでも対車、ということですね。

【営業】
今の所はそうです。

【私】
ADA車はどのグレードに付いているんですか?

【営業】
3リッター車をベースに受注生産となります。

【私】
ADA車を試乗することはできますか?

【営業】
正直、難しいですね。(汗)
他のグレードなら、大抵他の店から引っ張ってこれますが、
恐らく、ADAが付いている試乗車自体無いと思います。

【私】
そうですかぁ・・。
ちなみに、ADA付き車は受注生産ということですが、
その場合、納期はどのくらいかかるんですか?

【営業】
おおむね1カ月から1カ月半くらいになると思います。

【私】
わかりました。
こちらのお店で、ADA付きのレガシィは何台か出ていますか?

【営業】
今の所ゼロです。

【私】
ゼロですかぁ。
売れ筋のグレードは何になるんですか?

【営業】
やはり2リッターのNA車ですね。
あと、2リッターのターボ車と3リッター車はほぼ価格が同じなので、
この辺も比較的よく出ます。
ただ、これはお客様の嗜好と年代で別れますねぇ。

【私】
ターボ車を購入するのは、いわゆる”スバリスト”の人達ですか?(笑)

【営業】
そうですねぇ。
スバルの場合は何台も乗り継ぐ方が多いせいか、そう言われますね。(笑)

【私】
”スバリスト”なんて聞かされると、何となく近寄りがたい雰囲気があります。

【営業】
そんなことはないですよ〜。

【私】
そうですか。
実は私、大型バイクに乗っています。
二輪の世界では結構、ホンダ党・カワサキ党など色合いが強いんです。

【営業】
何に乗っていらっしゃるんですか。

【私】
ホンダ○○です。

【営業】
実は私もバイク乗っているんです。
私はカワサキの○○です。
兄はホンダの○○に乗ってるんですよ。
(この後、しばらくの間バイク談義に花が咲く。笑)

【私】
そんなこんなで、私の持つスバルのイメージって、
バイクで言うところのカワサキっぽい感じなんです。
カワサキ車は技術者が頑張っている。
特にエンジン系は素晴らしい。
だが、作りが雑なのと、トータルバランスが悪くて、
止まらなかったり、曲がらなかったり、よく壊れる。
しかし、それでこそカワサキ、って言う感じですよね。
実は僕もカワサキ党です。
けど社会人になると「さあ乗ろう」と思った時に壊れていると困るので、
今はホンダに乗っているという訳です。
まあ、バイクは実用より趣味の色が濃いから、それでもいいんですけど。(笑)

【営業】
そうですねぇ。
そこまではないですが、そんな匂いは確かにスバルにはあるかもしれません。
ちなみに、バイクでも、目は気になりますか?

【私】
今のところ、気になりません。
バイクは趣味なので、危険を感じたらやめられます。
でも、車は実用なので、そう簡単にはやめられません。
無いと不便ですからね。
ところで、3リッター車と2リッター車だと、どこが大きく違うのですか?

【営業】
装備では・・ですね。
(カタログを使って説明する。)
それと、乗り味が大きく違います。
バイクで言えば、2リッターターボは2サイクルエンジンのような感じなのに対し、
3リッターはツアラーバイクという感じですね。
一度試乗されてはいかがですか?

【私】
今日はあまり時間がないので次の機会にでもお願いします。
他にも見てみたい車がありますし・・。
ちなみに、お願いすれば、3リッター車、2リッター車などいくつか乗れますか?

【営業】
日にちを決めていただければご用意できます。
場合によって、他店で乗り換えていただく可能性はありますが。

【私】
店毎に置いてある(試乗)車が違うんですね。

【営業】
そうです。
当店にあるのは2リッターのNA車です。

【私】
ただ、ADAを付けるのであれば、3リッター車以外選べませんでしたよね?

【営業】
そうですね。

【私】
わかりました。では後日また連絡をします。

【営業】
わかりました。
申し遅れましたが私○○と申します。
(名刺を手渡す。)

【私】
(あら、名刺に店長って書いてある。)
店長さんだったんですね。(驚)

【営業改め店長】
はい。
あの者(※来店時に他のお客様を応対していた営業マンを指差す)が、
入社二年目ですが、当店におけるお客様の地区の担当者になります。
宜しければお見積りをしましょうか?

【私】
まだその段階ではないので結構です。

【店長】
それでは、ご来店カードをお書きいただくことは?
(カードとペンを差し出す。)

【私】
それは構いません
(カードを記入する。)

【店長】
こちらからお知らせをしても宜しいですか?

【私】
いいですよ。
ただしつこいのは御免です。(笑)

【店長】
わかりました。(笑)
外に試乗車がおいてあります。
簡単に見ていかれませんか?

【私】
そうですね〜。



《後編へ続きます》22:21 2005/02/03



   ●今回のレポートをwebで読みたい時はココ↓(※コメントもOK!)
    http://blog.livedoor.jp/masterhori/archives/13587397.html


======================================================================

●ミステリーショッピングレポート(「他では見られない新車情報」)
 のwebページはこちら↓
 http://www7.plala.or.jp/kokaishinai/newcarinfo.htm


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【4】ひとりごと 〜 「初売りに行くの巻(1)」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

”頼まれごと(→”L”と”M”という二つの車をチェキして欲しい)”
があり、1月4日、自動車販売店を三箇所訪問(ミステリーショッピング)した。
いずれも新聞や折込チラシで「初売り開催!」と大々的に打ち出していた
お店だったが、一来店客として見た場合、残念に思うことが多々あった。
その中で、とりわけ強く印象に残ったことを何回かに分けて述べてみたい。


【その1・初売りなのに、実車が見られない&見積りがもらえない!?】


まずは、チラシを新聞に折り込んでいたA店へ行き、
”L”という車のナマ情報を収集することにした。

店に入るや否や、ガスコンロと比較的大きめな鍋が目に飛び込んできた。
瞬間、「そう言えば、『ご来店のお客様におしるこサービス!』
みたいなことがチラシに書いてあったっけ」と思い出した。

それは置いといて(笑)、私は要件を済ませるべく、
店奥のカウンターに座っていた女性社員に話しかけた。


【私】
すみません。
”L”の実車を見たいのですが・・。
できれば、チラシに出ていた特別仕様車だと助かります。

【女性社員】
”L”ですかぁ・・ちょっとお待ちください。
(と言って奥の事務所に引き込む。)

【私】
(女性社員がなかなか戻ってこないので、イライラし始める。
「勝手に鍋を開けて、おしるこを食べてしまおうか」と気持ちになる。笑)

【女性社員】
(5分位して戻ってきた。)
え〜とですね、”L”は、展示車、試乗車共にありません。

【私】
えっ、無いんですか。(汗)

【女性社員】
はい、こちらには・・。

【私】
それって、チラシに載っていた特別仕様車も・・ってことですか?(大汗)

【女性社員】
はい。
どちらもありません。

【私】
チラシに大きく出ていたので、てっきりお店にあると思っていたんですが・・。
こちらの近くで”L”の実車が見られるお店というと、どこになりますか?

【女性社員】
申し訳ありませんが、こちらではわかりません。
お店に直接お尋ねいただけませんか?

【私】
(一瞬言葉を失う。)
わかりました。
では、”L”のカタログと価格表、それと見積りだけ頂けませんか?

【女性社員】
はい、今カタログと価格表をお持ちします。
ただ、見積りはお出しできません。

【私】
ん、というのは・・?

【女性社員】
今、見積りを書ける営業がおりませんので・・。
ご連絡をお教えいただければ、後で営業マンを行かせますが・・?

【私】
(店内を見渡す。
営業マンらしき男性が一人、カップルと商談している。
その他、店内に営業マンらしき人は居ない。)
・・そうですかぁ・・。
でしたら、見積りは結構です。

【女性社員】
そうですかぁ。
では、少々お待ちください。
(カタログと価格表を準備している。
まもなくして、こちらへ戻ってくる。)
こちらがカタログと価格表になります。

【私】
(カタログと価格表が入った袋をもらう。)
ありがとうございました。
失礼します。
(そそくさ、店を出る。)


実車の在庫を確認することなく、お店へ出向いたのは私のミスだった。
チラシでいかに、「初売り開催!」と大きく打ち出されていても、
また、表面に車の画像&価格が掲載されていても、
在庫確認の電話を入れてからお店へ出向いた方が無難なのだ。

しかしながら、逆ギレする訳ではないが、
「チラシの表面にデカデカと掲載した車を店頭に展示しない」、
「接客商談ができる営業マンを店に置いておかない」、
というのは、顧客満足的に&経営的にいかがなものだろう。

わざわざ店まで出向いて行ったものの、お目当ての商品が無い、
大したもてなしもされなければ見積もりさえもらえない・・。
こんな”仕打ち”を受けたお客様は、当分の間(or永遠に?)、
その店へ行くことはないだろう。
多額の販売費をかけて商圏のお客様の気分を損ねた販売会社は、
新規顧客を獲得できず、その費用の回収に苦慮するだろう。

販売会社は、少なくともマス広告で大きく取り上げている車は店に展示し、
店ならではのナマ情報をお客様に伝えるよう営業マンを配置&指導すべきだ。

たしかに、これを実現するのは決して簡単ではない。
詰まるところ、メーカー⇔販社営業本部、及び、販社営業本部⇔店舗
の”協働力”が問われることになる。
でも、お客様が望む以上、できる所からこの力を高めて行くしかないだろう。

いずれにせよ、”L”という車をチェキできなかった私は出直し決定だ。(涙)



 ★↑ののコラムはウェブログにも掲載されています!(※コメント大歓迎!)
 http://blog.livedoor.jp/masterhori/archives/13510183.html



               ◇◆◇◆◇◆


           ■あなたのお声頂けませんか?■

   ...............(コピー&ペーストしてご利用下さい).............
┌──────────────────────────────────
│【1】今回のメールマガジンはご満足頂けましたか?
└──────────────────────────────────
 ・はい
 ・いいえ
 (※当てはまらない答えをご削除願います。)

┌──────────────────────────────────
│【2】↑をお選びになったご理由をお聞かせ願えませんか?
└──────────────────────────────────
 ・理由→

        《これより下は任意のご選択で結構です》

┌──────────────────────────────────
│【3】ミステリーショッピングして欲しい新車はございますか?
└──────────────────────────────────
 ・車名→
 ・特に突っ込んで欲しい箇所→

┌──────────────────────────────────
│【4】2Daysアンケートで取り上げて欲しいテーマはありますか?
└──────────────────────────────────

┌──────────────────────────────────
│【5】お叱りorお褒めのお言葉、新コーナーのアイデア等々何か一言!
└──────────────────────────────────


   ...............(コピー&ペーストしてご利用下さい).............
 ┌──┐
 │\/│ mailto:master-h@jmail.plala.or.jp お気軽に!
 └──┘    

□■――――――――――――――――――――――――――――――――□■

【補足事項】

1・掲載内容は元業界人である私の就業経験及び独自に入手した情報
  に基くものです。
  これらの情報をご利用され万が一何らかの不利益が生じたとしても
  その補償はできません。 

2・実在の企業及び商品に関して記述している箇所がありますが、
  これらはあくまで私の見解です。

  私が問題意識を感じ且つ警鐘を鳴らしているのは、
  顧客満足並びに従業員満足の醸成に配慮を欠く
  業界の流通構造や商慣習に対してであり、
  個別の企業及び商品を否定するものではありません。

  私はこのサイト&メールマガジンを通じ、
  顧客満足並びに従業員満足を重視した事業経営が行われ、
  消費者と企業間の"win-win"の商取引が実現するのを切望しております。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

【発行責任者】 堀 公夫(Hori)
【職業】 (有)キャタリスト・取締役社長兼サティスファクションプロデューサー
【ご感想・お仕事のご依頼など】 mailto:master-h@jmail.plala.or.jp
【個人のホームページ】 http://www7.plala.or.jp/kokaishinai/
【会社のホームページ】 http://www.catalyst.co.jp
【メルマガ解除】 http://www7.plala.or.jp/kokaishinai/magagine.htm

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

【編集後記】

1月29日(土)、錦糸町にて新年恒例オフ会は無事とり行われました。
ご参加くださった方には改めてお礼を申し上げます。(礼)

オフ会が終わり、私は、「良いユーザーさんに恵まれて、
サイト運営者として幸せだなぁ」、とつくづく思いました。

会は終始あるユーザーさん(Sさん)の私的なお悩み相談と化したものの、
他のユーザーさんは、それを否定することなく、すっとSさんの声に耳を傾け、
真摯なコメントをしてくださいました。
私が自身のサイトの趣旨を↓と掲げているのは、みなさんご存じだと思います。
 http://www7.plala.or.jp/kokaishinai/thema.htm
私が先のように思ったのは、その中の↓の箇所が、
もはや新車の購入の枠を越えて実現していたからです。

┌──────────────────────────────────

│(前略)
│こうした疑問を抱く人々が出会い、有益な情報をシェアし、
│お互いを励まし合いながら、満足度の高い新車の購入を実現するのが
│このサイトの趣旨です。
│元業界人の私並びにこの趣旨に賛同して下さっている多くのコミュニティ
│メンバーが、あなたの抱える様々な問題を一緒に悩み、考えます。
│問題が解決した後、あなたがこのコミュニティーにご参加下さるのなら、
│それは私の望外の喜びです。

└──────────────────────────────────

オフ会は不定期に開催しております。
興味を持たれた方は、「オフ会専用メーリングリスト(↓)」にご登録の上、
開催情報が届くのをお待ちくだいさいますようお願い申し上げます。(礼)
 http://groups.yahoo.co.jp/group/kokaishinai-off/

まだ見ぬあなたとお会いできるのを楽しみにしております!

 ◆

次回のメールマガジンは3月3日(木)に発行する予定です。
(うまくいけば、2月25日(金)に発行できるかもしれません。)
またあなたさまにお会いできるのを楽しみにしております。



規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2002-03-21  
最終発行日:  
発行周期:隔週2回(木・金)  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。