技術

連鎖理論と脳、序でに時空の泡と無限後退するホムンクルス

連鎖理論と脳の話題を中心に解説しますが、時たま時空の泡と無限後退するホムンクルスの話題も解説します。

メルマガ情報

創刊日:2002-03-17  
最終発行日:2019-03-16  
発行周期:不定期  
Score!: 非表示   

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

最新記事

最新のコメント

  • 縮約(縮退)自然数2019-03-19 12:16:27

     ≪…サビタイズ(スービタイズ)…≫の[1 2 3 4]を『自然比矩形』に顕現させる事を、西洋数学の成果の6つのシェーマ(符号)【e ? ∞ 0 1】とで観る。

    ≪…変数(パラメータ)化することにより…計算(演算)を必要に応じて型(type)毎に場合分けしてアルゴリズム化し、さらに関数で隠ぺい(ブラックボックス化)する…≫の 

    変数(パラメータ)化   ⇒ 【e】

     関数(ブラックボックス化) ⇒ [指数関数] [反比例関数]

      とする。



     『自然比矩形』に左上頂点と右下頂点とに指数関数を通し

             左上頂点から右縦辺に反比例関数を通す。 

    線分や曲線に囲まれた図形面積は、

     『自然比矩形』            [e?1] 

    左縦辺と底辺と指数関数          [e?2]

    反比例関数と右縦辺の一部と底辺と左縦辺   [1]

    反比例関数と指数関数と右縦辺の一部   [3?e]

    上辺と右縦辺の一部と反比例関数     [e?2]



    左縦辺と底辺と指数関数 と

    上辺と右縦辺の一部と反比例関数     [2e?4]



    『自然比矩形』 [e?1]=[2e?4]+[3?e]

              ?1=?4+3 

              

    『自然比矩形』の周長(辺の総和)   2((e?1)+1)

                     =2e 

     [2e]は円周[2π]に通じて[《全体》と《部分》]の[ 《2》 《1》 ]の[二次元]と[一次元]との関係と観る。

     すると、[極座標]と[直交座標]から≪…サビタイズ(スービタイズ)…≫の[1 2 3 4]を観る。

    このコメントのついた記事をみる