トップ > 地域情報 > 海外 > 北米・南米 > アメリカ事情

1995年より在米(カリフォルニア)、生活者の視点から、ガイドブックには載っていない生きのいいニュース、知って得する情報、カルチャーショックの数々を取り混ぜて、レポート。

RSS


メルマガの登録・解除

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。



アメリカ事情 #340 映画 Shall We Dance

発行日:3/14

☆☆☆★★★☆☆☆★★★☆☆☆★★★☆☆☆★★★

_第340号・3・13・2005アメリカ事情_3800部発行

☆☆☆★★★☆☆☆★★★☆☆☆★★★☆☆☆★★★

<もくじ>
*MITSUKOのひとり言_「映画SHALL WE DANCE」
*2005年3-4月の読者プレゼント「コエンザイムQ10」
http://www.genki-usa.com/front/f_product_display.asp?product_id=544
*<ととろニュース>
*あとがき「新作映画情報 Pacifier」・・最後まで読んでね! 
〜〜〜〜〜〜〜〜

アメリカの元気を直送「Genki-USA」今週のびっくり企画は?
http://www.genki-usa.com/genki-usa/index.asp
〜〜〜〜〜〜〜〜〜

MITSUKOのひとり言__「こんな風に愛されたい!」

日本映画「 Shall we ダンス」のリメイク版。
Mitsukoのお勧め度 ★★★★★(5つ星=95〜100%)

日本版は、残念ながら細かいところまでは覚えていないけど、楽しくて
いい映画だった。禿の彼がいい味出していたよね。
さて、リチャード・ギア主演のこれ、期待以上の面白さ。
あまりに素敵で 何度も繰り返し見ている。私もダンス習おうかな?
なーーんてちょっと思ったりして・・・。

最後のほうで、ジョン(リチャード・ギア)が なぜ、黙ってダンスの
レッスンを取り始めたのかを妻のビバリーに説明しようとする。
「僕が人生で一番誇りに思うことは、君が僕といて幸せだってことなんだ。
その一番の宝であるはずの君といるのに、自分は時々幸せでないってことを
君にいえなかった。だって、そんなことを言って君を傷つけたくなかった。
ごめんなさい」

このシーン、なんて素敵!!とはじめは思ったんだけど、でも、よく考えると
「妻として、これほど馬鹿にされていることって無いんじゃない」と腹が
立ってきた。最初は、「謝るほどのことかしら?それほど妻を愛しているのね。
なんてやさしいんだろう」と感激して涙しちゃったんだけど・・・何度も見て、
考えるうちに 彼の罪悪感は、当然だ!となり、おまけに ポーリーンへの
プラトニックな愛はイコール妻への裏切り。むちゃくちゃ腹立つ!!

そんな彼に「とうとうあなたの欲しいものを見つけたわ」とダンスシューズと
タキシードをプレゼントするビバリー。なんて、健気。妻の鏡。こんなに
奥さんに愛されて ジョンは なんて幸せもの。

最後に、真っ赤なバラを一つ持って「ダンスするにはパートナーが必要なんだ。
僕のパートナーは君だ」って、妻の元へ行く彼。アメリカの男ってこういう
演出が出来るんだよね。くさすぎると思いながらも涙が・・・。

めでたし、めでたし。
〜〜〜〜〜〜〜〜

<あらすじ> かなり日本版に忠実。日本のものをアメリカに持って来ること
自体無理があると思っていたが、うまく作ってある。

主人公ジョンの誕生パーティー。幸せそのものの家族に囲まれて誕生日を
祝ってもらう彼。やさしい妻とティーンエイジャーの2人の子供。何一つ
文句の無い人生。もう、自分には欲しいものが何もない・・・なのに
この寂しさは何だろう?

その隙間に入り込む謎の美女。遠い目をしてダンス教室の窓の外を見つめる
プリンセス ポーリーン。数日後、ジョンは その目に吸い込まれる
ようにダンス教室へ。思っても見なかったダンスのレッスンを始める彼。

ダンス教室に通い始めて生き生きするジョン。娘がその父の変化に気づき
「このごろお父さん遅いわね。仕事?」と母親に尋ねる。「なぜ?」と
尋ねる母に「だってこのごろお父さん、楽しそうよ」と娘。

妻はやっとそこで夫のことを怪しいとかんぐり始め・・・。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜

実は、これ、友達からのバースデープレゼント。3月3日めでたく誕生日を
迎えた私。なんだか私もジョンみたい。

私も、とても幸せ。優しさウルトラ級???のわが夫は 10日前に、
私のために一世一代のサプライズのパーティーを企画してくれた。

その日、何も知らずに家に帰ってきた私。我が家が友達でいっぱいに
なっていて、ほんとに驚いた。
「何で気がつかないかなあ?鈍いね」と皆に言われたけど
「やられた!」って感じ。当日、ウィークデーにもかかわらず駆けつけて
くださった皆様、ありがとう。この場を借りて、お礼を。

このプレゼントには「ご主人と見てね」と友人からのメッセージが
添えられていた。

が、残念ながら、一緒には見損ねた。私が見る前にわが亭主は見てしまった
らしい。自分のものは自分のもの。人のものは自分のもの。それが家族だから
気にしない。でも、ちょっとデリカシーに欠けるかな。やさしいんだけど、
つめが甘い。が、そんなことはどうだっていい。

この映画を見た最初は 「ビバリーみたいにジョンのような夫に愛されたい」
って思ったけど、本当は、「ビバリーみたいにジョンのような夫であっても
愛さなくっちゃいけない」・・・のね。きっと。そんなこと、できるだろうか?

みなさん、この映画、ご覧になりましたか?
どう思われましたか?感想など、お聞かせください。
あなたにとって、良い夫、良い妻って???
〜〜〜〜〜〜〜

<2005年2月の読者プレゼント当選発表>
アルファリボ酸当選者はNagaiさんです。おめでとうございます。
https://www.genki-usa.com/front/f_product_display.asp?product_id=560
尚、当選された方には個別にメールにてお知らせしております。

<2005年3-4月の読者プレゼント>
「コエンザイムQ10」
http://www.genki-usa.com/front/f_product_display.asp?product_id=544
みなさんのご応募 お待ちしております。

<プレゼント応募の方法>
メールのタイトルに「プレゼント応募」と入れてください。
「アメリカ事情」へのご要望、感想などなどいただけるとうれしいです。
<しめ切り>=2005年4月30日 
<メールの送り先>  
mitsuko@takagi-usa.com
〜〜〜〜〜〜〜〜

ただいま「アメリカ事情」ではメルマガの相互紹介をお願いしています。
われこそは・・・というメルマガ発行者の方、Mitsukoまで、ご連絡ください。
 mitsuko@takagi-usa.com


<ととろ会員の皆さんへ、お知らせ>

1)2005年3月の特別土曜開館予定日は、19日(土)
10時半から12時半まで 
変更があるときは、お知らせいたします。
http://www.genki-usa.com/genki-usa/totoro/totoro.htm
〜〜〜〜〜〜〜〜〜

「目で見る今日のアメリカ」(HTMLメール)
もっとリアルなアメリカを皆さんに!絵つきの「アメリカ事情」。
登録は↓ 豪華客船のカリブ海紀行を配信中
http://www.genki-usa.com/genki-usa/news/html%20back%20NO/html%20back%20NO.htm
〜〜〜〜〜〜〜〜

<お願い>アメリカ事情を、お友達に、ご紹介ください。
配信登録は、↓から、
http://www.genki-usa.com/genki-usa/news.htm
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

新作映画「Pacifier」 __Mitsukoのお勧め度 子供向き 95%
あまりにも「Shall We Dance」が面白かったので、最近ご無沙汰だった劇場で
映画を見てみたいなどと思い、プレビューが面白そうだったし、娘もわが夫も
これなら楽しめるかも と、新作映画「Pacifier」と見に行った。
なかなか楽しい映画だった。悲しいかないつものごとくに細かい会話が聞き
取れない。DVDが出たらもう一度キャプションつけて見よう。__Mitsuko


最新の記事

ブックマークに登録する

TwitterでつぶやくLismeトピックスに追加するdel.icio.usに追加Buzzurlにブックマークニフティクリップに追加Yahoo!ブックマークに登録記事をEvernoteへクリップ
My Yahoo!に追加Add to Google

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。


この記事へのコメント

コメントを書く


上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。
コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  1. コメントはありません。

このメルマガもおすすめ

  1. Japan on the Globe 国際派日本人養成講座

    最終発行日:
    2014/12/21
    読者数:
    13188人

    日本に元気と良識を。歴史・文化・政治・外交など、多方面の教養を毎週一話完結型でお届けします。3万8千部突破!

  2. ワールド・ニューズ・メール

    最終発行日:
    2014/12/19
    読者数:
    1113人

    世界各地に滞在し、その国の空気を吸って生活しているライターが、現地の目と日本人の目で多角的に分析したレポートです。毎週2回の配信で、世界を一つかみして下さい。

  3. 宮崎正弘の国際ニュース・早読み

    最終発行日:
    2014/12/21
    読者数:
    22013人

     評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

  4. ほしやそらのこと

    最終発行日:
    2014/12/21
    読者数:
    954人

    天文や気象のことについて、歳時記風に書いていきます。また、身近な話題も掲載していきます。よかったら読んでみてください。

  5. イタリア猫の小言と夢

    最終発行日:
    2014/12/17
    読者数:
    345人

    イタリアに興味のあるあなたに発信。軽やかなイタリア案内、大人のイタリアエッセイです。 気になる話題を、軽い猫足のコラムと日記でお届けします。

発行者プロフィール

Mitsuko

Mitsuko

http://americajijo.jugem.jp/

1998年より、アメリカから生のアメリカ情報を発信。 だんだんアメリカナイズしていく自分に戸惑いながらも しぶとく日本人魂を持ち続け 日本とアメリカの違いを面白おかしくお届けできたらと思っています。

過去の発行記事