音楽

ちょこバナナ通信

シンガーソングライターToMo K.のライブ、新譜等の情報及び近況報告

全て表示する >

ちょこバナナ通信 vol.63

2006/11/21

ちょこバナナ通信 vol.63
寒くなってきましたね。ひよこセレブではおっつかずについにストーブを出しちゃいました。
ストーブといって思い出すのは小学生のころお向かいに住んでいた友達の家に遊びに行っておやつにいただいた豆もち。ストーブの上で焼いてもらったのが妙においしかったなあ。
豆もちってあれから私にとってはすごーくいいものなんだけど、なぜか買わないんだよなあ。
思い出したら食べたくなっちゃった。買おう。すぐ買おう。
ToMoです。

さて、目次。
◎近況〜
◎実録!ToMo語録
◎毎度おなじみ!C-T2's Recommend!
◎ToMo's Recommend!



◎近況〜
今月は何も壊れてません!
危なかった。二度あることは三度あるとか三度目の正直とかで今度は私が壊れちゃいましたエヘヘとかそういう報告をせにゃならんかと思ってまじめに心配した。
ぱそこさんのほうもHDDから無事データも吸い出せたしひとまず安心です。お騒がせしましたというかお騒ぎしました。

◎実録!ToMo語録
ふたりともつかれていたんでしょうなあ。なんだかへんです(いつもか!?)

■壊れたPCのその後
ToMo : ごめぬ。(メッセが)おちた
     理由がわかったんだよ、落ちるの
     多分Atokが原因
     Atokで「め」「うぇ」を入れると落ちるということがわかった
     (なんなんだそのピンポイント 
Ariko: すげえピンポイント! (笑
     すげー 語録だ (PCの? 
ToMo : すげえしょ! 
Ariko: よく発見したね(笑)デバッガーになれる(笑 
ToMo : ほかにもあるかもしれん 
※こんなバグというかエラーというかってあるだねえ。
今はAtokを落としてIMEで生活してますが別にインストールしなおせばいいんだよな、とさっき気づいた。

■アライグマの肉祭り
ToMo : このあいだユーハイムでお食事したの
    「豚の角煮とハンバーグ」という最強の盛り合わせがあって
    それを頼んだら
Ariko: うまそうだ!!! 
ToMo : うまいの!
    だが 全面肉! 
Ariko: すぺありぶとすてーきか 
ToMo : それがねー 
    本当に角煮なの!
    でも洋風の味付けで 激馬 
Ariko: ソーセージとチョリソーか 
ToMo : 馬か 
Ariko: うまそー!!!!! あうあーじゅる 
ToMo : 今度デートしようぜー 
Ariko: 激馬(笑 
    どこのユーハイム? 
ToMo : 新宿るみね! サラダ頼むべきだった(笑)そこだけ大失敗 
Ariko: わははははは 肉祭りだな(笑 
ToMo : まさしく肉祭り 
Ariko: 肉は肉でも肉だけなのだな 
ToMo : この私がしばらく肉はイイと思い 
    実際それから二日間肉を口にしなかったと言うぐらいだ でもうまいのー 
    ハンバーグだけでもおいしいのに 角煮がもー じゅーしー 
Ariko: うひゃー 
    ユーハイムで何故角煮?と思うけど 肉ですね 
ToMo : にくですとも 
Ariko: 肉々しいというか 
ToMo : 肉MAXというか 
    肉感的というか(違 
    それは結果だ!>肉感的 
Ariko: 語録ですね(笑 
ToMo : 肉が好きすぎる(笑) 
Ariko: げっ歯類のくせに! 
    木の実でも食べていろ! ですか? 
ToMo : 全くだ! 
    アライグマかつうぐらいの肉への飽くなき執着 
    見習いたいモノだ (お前だつうのに 
Ariko: 洗いすぎてみがなくなるほどに 執着している 
ToMo : いやー なくなっちゃいやー 

■眠すぎるのは働きものの証拠(多分)
Ariko: 激しく寝たいんだけど 
ToMo : ねるんだ! 
Ariko: 仕事があって 
ToMo : 明日で大丈夫だ!(ほんとうか? 
Ariko: 4時までに郵便局いかねえと
    …
    なまけものの虫が。 
ToMo : 明日だ! 
Ariko: 明日にしちまえ!
    と 
ToMo : 今日中にまとめてあと出すだけにしておけばさー
    だいじょうぶだよー
    つうか君は充分働いた! 
Ariko: 二重にきこえたt… 
ToMo : なまけもののむしじゃない、それはかみさまだ!
    (なまけもののかみさまかもしれんが 
Ariko: そっか!!! (笑 
ToMo : (なにぶん百八万もいるもんだから 
Ariko: いるねえ
    たのしいねえ
    二度と会わない神様もたくさん 
    なまけものの神様は既に守護霊なみかと… 
ToMo : 憑いてるね
    ちなみにわたしの左肩には
    ねぼすけの神様が 
Ariko: (笑 
ToMo : (怠け者の神様は右肩 
Ariko: 語録だ…
    しかしそれではまるで私が毎度仕事を明日に回しているかのような
    語録だ… 
ToMo : だめっぽい語録だ 
※ありこたんははたらきすぎて眠かったのです。ほんとうです。

◎毎度おなじみ!C-T2's Recommend!
こもともけ最後の良心、Cubic Tea2によるアーティストレビュー!
今回も2アーティストを紹介です。

●CLAZZIQUAI PROJECT (クラジクワイ・プロジェクト)
<http://www.clazziquai.jp/>
 韓国人4人組のプロジェクト。メンバーはDJ クラジクワイ, そしてボーカルは兄妹 のアレックスとクリスティーナ, そしてホランの 3 人が曲ごとにさまざまな編成で聴かせてくれます。 CLAZZIQUAIはクラシック, ジャズ, グルーヴ(QUAIはジャミロクワイに由来)からとった造語とのこと。テイ・トウワ、m-flo、FPM、野宮真貴などクラブ系アーティストのビッグネームとの交流が多く, 音楽的な評価が高い証です。日本ではミニアルバムを含めて3枚のアルバムをリリース。最新アルバム(2006. 8月)「Love Mode」ではラウンジ系, ソウル, ブラジリアン, ボサノヴァ, ハウス等をベースに幅広いサウンドで魅了してくれます。アルバム同タイトル曲「Love Mode」はHPにアクセスした瞬間に流れてきてクォリティの高さは絶品です。

●AIRBUS (エアバス)
<http://www.getacd.org.uk/airbus/>_airbus official HP
ジャズファンク系バンド。メンバーは 樋口聡(elg), 山口 真志(org, elp), 酒井 崇(laptop), 若生 禎志(elb), 福井 啓介(dr)。演奏テクニックはもちろんのこと、アレンジ、プロデュース、映像編集、イベントの音楽プロデュース、さらに自身のアルバム製作まで何でもこなすマルチ軍団、とはいえライブ演奏の瞬間が彼らの本職でファンも一番楽しい空間でしょう。ジャズファンクはとにかくハウス、ブラジリアン系、他のジャンルとの境界など
全く感じないくらい簡単に取り込んでしまえる自由さが聴いていて面白くてかっこいいです。

カタカナは四文字以上並んでいると絶対並び替えて読んじゃうToMoは当然「クジラクライ」と読んでいましたとさ。(当然なのか)「ほう、クジラが泣くのか」ってクジラはホエールだ落ち着け私!

◎ToMo's Recommend!
今回は映画も見なかったし小説も当たりがなかった・・・
食べ物でお茶を濁そうと思ったけれどToMo語録で紹介しちゃったし・・・(ホントおいしいのですよユーハイムの角煮!)
こんなときはこれだ!過去に紹介した小説を読み直したぞ的ご紹介。

東野圭吾「片想い」再読。
最初に読んだときよりも響いたのでここにご紹介。
私はどちらかというと多分男性的な要素のほうが多い女性だと思うのだけど、そのせいか「女性らしさ」「男性らしさ」というものに結構疑念を持っていたりする。
男女の友情はあり得ると思うし、男のほうがロマンチストだの女のほうが現実的だのっていうのも個人差の問題なんじゃないの?と思う。それに反して社会は決して男女平等などではないし、それが将来的にどうこうなることもあり得ないだろうとも思っているんだけどそれはまた別の話。(生物学上の問題として男の人がいくらがんばっても子供産めるわけじゃないしね)
閑話休題。
男と女について作中で性同一性障害で男性として生きる道を選んだ女性が「メビウスの輪の表と裏」だと表現するシーンがあるのだけど、なるほどそれは納得できる話なのかもしれない。
男性だから、女性だからという前に「人間」であること。自分であること。それを誇りにして生きればきっとどんな生き方でも美しいと思うのだけど・・・。
それはきっとそんなに簡単なことじゃない。
ということを実感させてくれつつ「あー、いかん。がんばらないといかんなあ」という気にさせてくれる本でした。
未読の方は是非これを期にご一読を。

最近映像化などですっかり有名作家の東野圭吾。彼が作家になった理由が「賞金目当て」だったというのを御存知でしょーか?(笑)
私も賞金目当てでいっちょなんか書いてみるか!

それでは、またー!

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2002-03-12  
最終発行日:  
発行周期:月刊  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。