音楽

ちょこバナナ通信

シンガーソングライターToMo K.のライブ、新譜等の情報及び近況報告

全て表示する >

ちょこバナナ通信 vol.56

2006/04/20

ちょこバナナ通信 vol.56
すごい天気ですね。っていう挨拶で配信が遅れたことをひっそり誤魔化そうとしているともっけです。ひーゴメンナサイ!!

さて、目次。
◎ライヴだったらしいよ?
◎実録!ToMo語録
◎毎度おなじみ!C-T2's Recommend!
◎ToMo's Recommend!




◎ライヴだったらしいよ?
3/25にライブに出てきました。
気になる(?)演奏曲一覧。
1.和你一起走
2.少年天使remix
3.Artemis
4.深淵
5.空耳の口笛
6.Angel

出だし以外はとにかく暗い曲ばっかりだったのでMCは「暗い話/悲しい話」。
・新宿から曙橋に向かおうと思ったのに乗った電車が急行でサラバ曙橋な話(都営線は地下鉄のくせになまいきだとおもう。)
・あさりを買って食べようと思って砂抜きしておいたらなんかこわいぐらい伸びられた上お亡くなりになられて結局食べられなかった件(以来こわくてあさりが買えません。悲しいことです。)
をお送りしました。
最近ライブは突発的に告知するような参加の仕方しかしていないのでホント皆様に申し訳ないです(T_T)

◎実録!ToMo語録
今回は小ネタを。
<日本語って奥深いの巻>
ToMo : そうそう、某ライブハウスしばらくライブハウスの方おやすみみたい
Ariko: え?埋まらないとかではなく?
ToMo : 改装かなあ
Ariko: 海草とか   ←注:わざとではなく、素だった
ToMo : わかんない
Ariko: あああああ
ToMo : 回想とか
    階層とか!!
Ariko: あい(笑
ToMo : 回送!
Ariko: 色々あるね(笑

<突っ込みようがない>
ToMo : おつかれちゃんちゃんこ (あたらしい
Ariko: あたらしい
(注 : しばし間があき、 )
Ariko: …のうみそがついていけなかった ←注:本当は続けたかった

<税金より罰金>
Ariko: ほんっとスパムは迷惑ですよ、なんとか取り締まれないのかしらねえ
ToMo : スパム取締法(勝手に作る
Ariko: いいなぁ 罰金とるの
ToMo : 一通当たり10円とかでも
ToMo : そうだよー、それで稼げよ日本国。
Ariko: 税金上げる前に、是非。刑務所埋まってんなら罰金増やせよ

刑務所に人収容するとお金かかるじゃないですか
軽犯罪なら罰金取った方がみんなのためだと思う。
今気付いたけどもしかして殺人犯とかってわれわれの税金でごはん食べてるの!?もたもたしてないでさっさと裁判してよー(>_<)

◎毎度おなじみ!C-T2's Recommend!
今回も2アーティストの紹介デス!
●CHABA
<http://www.chaba-net.com/>
<http://www.sonymusic.co.jp/Music/Arch/KS/Chaba/index.html>
 平野一郎(Vocal, Guitar)、比嘉大祐(Sansin, Chorus)、鹿嶋 静(Fiddle, Chorus)の3人からなるユニット。
 比嘉大祐(沖縄出身)が奏でる三線の音色が絶妙にRockやJ-POPと融合した独特のサウンドが印象深いです。
 聴いていてすごく心に響くサウンドでいつのまにか引き込まれるような、さらにちょっとクセのあるボーカルの平野一郎の声が個人的にツボで非常に気に入ってるユニットです。元々11人編成でやっていたのを最小限のバンド編成にしようと音数を減らし, 今の編成になったそうで, 1つ1つの音が存在感があってバンドの個性も強く出ている気がします。今年2月にリリースされた最新シングル「パレード」も素晴らしい曲なので是非チェックしてみて下さい。

●CEYREN (セイレン)
<http://www.avexnet.or.jp/ceyren/>
 作詞家としてこれまでBoAやShelaに詞を提供、またシンガーとしての活動も平行して続け、2006年ソロデビュー。バラードからリズム系まで幅広く歌いこなすマルチなボーカリストとして高く評価されています。
デビューシングルの「雨」は森高千里のカヴァーでテレビ朝日ドラマ『時効警察』の主題歌に起用。
 CEYREN (セイレン)の命名はギリシャ神話の海の精「セイレーン」にちなんでつけたもので語源は「Siren」(サイレン叉はシレーヌ「美声の女性歌手」)に由来するそうです。

CHABAは確かにJ-POPなんだけど嫌味なく和楽器と調和してて、いいっすね。私もおすすめですね。
でも試聴ページで試聴したあと放っておいたら「恋のダウンロード」が始まっちゃったのは助けてください!(笑)

◎ToMo's Recommend!
またも小説。
恩田陸「黒と茶の幻想」
いや、確か一年ぐらい前に文庫化するって本屋の文庫発売スケジュールに書いてあったんですよ。
でも全然発売されなくて。???と思っていたらついに出ました。二冊組。

あらすじ?
学生時代の同級生、利枝子、彰彦、蒔生、節子の四人は卒業から十数年後に再会し、四人で旅に出ることになる。
「安楽椅子探偵紀行」と題して「美しい謎」を各自用意して美しい解決を見ようというオマケつきで。
それはかつて恋人同士だった利枝子と蒔生の間に一体何があったのか、彰彦の高校時代の友人に何があったのか、過去の謎に迫る旅でもあった。

なんてなお話です。
正直雰囲気や作品の内容にさほど目新しさはなかったです。「木曜組曲」や「ネバーランド」あたりと雰囲気似てます。
今回すごいと思うのが、過去の話についてはそれなりに事件性があるのだけど、現在進行形では全くと言っていいほど事件が起こらないのに読んでいて飽きないと言うことです。
それよりこの方の作品、毎度読んでいて思うんだけど、普通なら泊まりにでかけた時に揉め事があったりしたときって仲直りせずそのままお開きになったら次の日はそれなりに気まずい感じになると思うのだけど、「木曜組曲」にしても本作にしてもみなさま非常にさばさばとしていらっしゃる。
ご本人がそういうタイプなんだろうなあと思うけれど「こんなんだったらあんま苦労しないよなあ」と毎度羨ましく思うのでした。


てなわけでちょこバナナ通信でした。また来月!

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2002-03-12  
最終発行日:  
発行周期:月刊  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。