音楽

ちょこバナナ通信

シンガーソングライターToMo K.のライブ、新譜等の情報及び近況報告

全て表示する >

ちょこバナナ通信 vol.49

2005/09/15

月刊ちょこバナナ通信 vol.49
吹く風に秋を感じる今日この頃…
と書こうと思ったら「秋を囓る」と書いてしまった…囓るな!
さて、今月のトピックス

◎近況!
◎実録!ToMo語録
◎毎度おなじみ!C-T2's Recommend!
◎ToMo's Recommend!

◎近況!
うーん。色々あって仕事が忙しすぎたりしてアルバム準備が進んでません…(T_T)
が、がががんばりまーす!
年内には何らかのお知らせができればいいんですが。な、長い目でみてやってください…
そこ!流し目で見ないでーーーーー!(T_T)

◎実録!ToMo語録
Ariko:なんか基準があるんだよね
   一日X時間以上睡眠を毎日だと眠り病っていう
ToMo :なんですって! 私確実にそれだよ(笑)
Ariko:忘れちゃったけど 結構ギリギリと思った覚えが(笑
ToMo :うははは 私なんかあきらかにそうだが
   多分乳も 父です! 乳上 (だれだ
Ariko:乳… 胸囲 と書こうとしたら脅威とか驚異とか
ToMo :驚異の胸囲
Ariko:「書こうとしたら」と書こうとしたら「囲うとしたら」
ToMo :加工のね ちがうんだ
Ariko:そうそう それも出た
   もうね、ほんと面倒だね
ToMo :雰囲気嫁よ! みたいな (嫁か
Ariko:それそれ 文節変換まともにでき点の佳代お前
   懐かしいね、なんかこの誤字具合
ToMo :ぶははは なんだろう たいふうのせいだな たいふうすげえな
Ariko:そりゃすごいな 侮りがたし
ToMo :なんつっても カトリーヌですから
Ariko:カトリーナ?
ToMo :カトリーナだっけ? いやん どこの人よ
Ariko:全米のカトリーナが暴れるなと思った
ToMo :なんかさ、その昔台風の名前は全部女性の名前で
   ジェンダー協会がキレて今一個ごと男女変えているらしいと聞いた
Ariko:わはははははは(笑 そんなことあったのか(^_^;
ToMo :しかし、そのジェンダー協会の反応こそが
Ariko:台風なみだな!!
ToMo :台風をして女性の名前をつけることの正当性を
   ええ、やっぱり女性は 台風ですよ(と女性が語る
Ariko:暴走するのは女台風と 思うね
   まれに男性でもいるかもしれないけど 圧倒的に女性っぽいな
ToMo :そうおもいます なので異論はないが(笑)
Ariko:かわりにハリケーンに男性名をつけてやればいいじゃないか
ToMo :いいね! 男性的で
Ariko:ケンが来た! にげろ!かくれろ!
ToMo :ケン! ああああああわわわわ みたいな
Ariko:ロバートでもいいんですけど 敢えてここはケンで
ToMo :露バーとは何過信しぽい
   …なんだこれ
   「ロバートはなんか紳士ぽい」がただしかった!
Ariko:読めたから安心して
ToMo :すげえな
Ariko:脳内逆変換で自動読み直し機能搭載
ToMo :す、すげえ! 買いだ! (なにを
Ariko:買いか!?
ToMo :買いです。

何買うんだよ!
やっぱりあほまるだしのとも&ありこでしたー。
来月もおたのしみに???

◎毎度おなじみ!C-T2's Recommend!
今回は活動歴の長いアーティスト二組!
●ALL ABOUT EVE (オール・アバウト・イヴ) / Julianne Regan (ジュリアンヌ・リーガン)
<http://www.julianneregan.net/>
英国きっての美人シンガー:ジュリアンヌ・リーガン率いるALL ABOUT EVE。活動時期は1985-92, その後再結成(1999〜), 現在は中心人物ジュリアンヌ・リーガンのソロ・プロジェクト的な活動になっていますが、20年以上にもわたり数々の音源をリリースしてきた実績にはひたすら頭が下がります。最高傑作としては1stアルバム「ALL ABOUT EVE (1988)」, 2ndアルバム「Scarlet and Other Stories (1989)」をあげる人が多いです。
個人的には完成度が高い2ndの「Scarlet〜」がオススメです。ジュリアンヌ・リーガンの素晴らしく伸びのあるボーカルと壮大なスケールを感じさせる楽曲は他をよせつけないものがあります。全盛期の音源自体はもう古いものですが、今聴きかえしても全く輝きが失せないというか、素晴らしい作品だなと感じます。

●GENE LOVES JEZEBEL (ジーン・ラヴス・ジザベル)
<http://www.genelovesjezebel.com/>
 たまにGLJと略記されているのを見かけますが、ALL ABOUT EVEと同じく20年以上にもわたって活動を続けるつわものアーティストです。 先に紹介したジュリアンヌ・リーガン嬢(ALL ABOUT EVE)が、初期GLJでベースを弾いていた経歴もあり、ボーカリストがベースというのも非常にめずらしいケースだと思います。 
 再びGLJの話にもどって、デビュー当時はビジュアル系のイメージが強くて美形兄弟のツインボーカルというスタイルがとてもインバクトがありました。来日ライブを友達と日本青年館で見ましたが、ちょうどメジャーへ移籍した頃だったのでインディーズ時代からのファンとメジャーリリース盤を聴いてファンになった人が混じっていて, リアクションが人によって全然違うのが印象的でした。演奏はわりとリアルにスタジオ録音の音を再現していて、
パフォーマンスは兄のほうが思いっきり派手で弟のほうがクールな感じです。3作目の「DISCOVER」が売れてのちにアメリカ進出を果たしています。デビュー当時は正直こんなに長く活動するとは思っていなかったので、是非今後も多くの音源をリリースしてくれることを期待します。

やっぱりよい音楽って10年20年後に聴いてもいいものなんですよね。
私もそういう楽曲が作れるようにがんばりたいもんです。
では、来月もお楽しみに〜

◎ToMo's Recommend!
今回は…うーん、本も映画もぱっとしなかったなあ。
でっ、しつこくガラスの仮面をおすすめする(笑)

ナント現在テレビ東京で火曜深夜1:30〜ガラスの仮面アニメ版を放映してるのです!
夜更かししてるときに見つけて以来毎週録画しているのだけど、これがあるいみ凄まじい。
●変な髪型の人はことごとく現代版にアレンジ(特に麗!だれだおまえ!)
●桜小路くんはシティーボーイに変貌
全体的に現代にアレンジしてあるので、みんな携帯持ってるし役決定会議もコンピュータ化してるしそりゃもーすごいです。
●でも速水真澄は同じ髪型。
こうなったら見るしかない!
というか、今大河ドラマ編に入るとこなんですが、この後見所満載じゃないスか!
☆お母さんのアノねたをどうやって現代化するつもりなのか!?
☆青春スターの扱いはどうなるのか!?
☆「初恋宣言」はどうするのか!
気になるポイントがもりだくさんですよ先生!
というわけで、目が離せません。今からでも間に合います、みんな、見るんだ!

ちなみに原作について、最新刊で桜小路くんがふつーに携帯を使っているとご紹介しましたが、実は月影先生の過去話と照らし合わせると…

いったい今は西暦何年だ!?

とツッコミを入れざるを得なくなります。いや、

月影先生、あんた今いくつだ!?

なのかもしれぬ。戦時中にあれだけお若かったことを考えると…ええええっ
お、お若く見えますねえ。

その辺もアニメでどうごまかすのか知りたいです。っていうか最初の方を見そびれたのがまじで悔やまれます…

てなかんじで、今月も熱いメールマガジンをお届けしました。
来月またお会いしましょう〜

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2002-03-12  
最終発行日:  
発行周期:月刊  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。